Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

  • 『特集ワイド 「SMAPロス」の克服法 年末解散まで1カ月あまり… 300万枚に迫る「世界に一つだけの花」 毎日新聞?2016年11月22日 東京夕刊 』
    belstaff for cheap (11/18)
  • 『特集ワイド 「SMAPロス」の克服法 年末解散まで1カ月あまり… 300万枚に迫る「世界に一つだけの花」 毎日新聞?2016年11月22日 東京夕刊 』
    asics store nyc (11/18)
  • 『特集ワイド 「SMAPロス」の克服法 年末解散まで1カ月あまり… 300万枚に迫る「世界に一つだけの花」 毎日新聞?2016年11月22日 東京夕刊 』
    KennethRef (11/18)
  • 『特集ワイド 「SMAPロス」の克服法 年末解散まで1カ月あまり… 300万枚に迫る「世界に一つだけの花」 毎日新聞?2016年11月22日 東京夕刊 』
    ovo canada goose (11/18)
  • 『特集ワイド 「SMAPロス」の克服法 年末解散まで1カ月あまり… 300万枚に迫る「世界に一つだけの花」 毎日新聞?2016年11月22日 東京夕刊 』
    karen millen shop (11/18)
  • 『特集ワイド 「SMAPロス」の克服法 年末解散まで1カ月あまり… 300万枚に迫る「世界に一つだけの花」 毎日新聞?2016年11月22日 東京夕刊 』
    cheap emu boots (11/18)
  • 「フレンドシップキャンプ」とは
    reebok online (11/18)
  • 『特集ワイド 「SMAPロス」の克服法 年末解散まで1カ月あまり… 300万枚に迫る「世界に一つだけの花」 毎日新聞?2016年11月22日 東京夕刊 』
    nike outlet gilroy (11/18)
  • 『特集ワイド 「SMAPロス」の克服法 年末解散まで1カ月あまり… 300万枚に迫る「世界に一つだけの花」 毎日新聞?2016年11月22日 東京夕刊 』
    cheap Callaway Golf sale (11/18)
  • 『特集ワイド 「SMAPロス」の克服法 年末解散まで1カ月あまり… 300万枚に迫る「世界に一つだけの花」 毎日新聞?2016年11月22日 東京夕刊 』
    arcteryx outlet (11/18)

w closet×JUGEM

voice

「マシュー・カスバート」

今日は、アニメ版「赤毛のアン」のセリフ集をじっくり味わいました。

以前から、マシュー・カスバートは、なぜこれほどまでに心に深く残るのか不思議です。


もの静かに生きて、たまに話す言葉がどれも暖かく、そして、長年患っていた心臓による発作で、最後の時はあっという間。

話し始める時は、いつも「そうさのう」で始まる。

改めてアン・シャーリーは孤児院から、マシュー・カスバート マリラ・カスバートの兄妹の下に引き取られ幸せだったなぁと、しみじみ(o^^o)
  • 2016.06.21 Tuesday
  • 17:27

voice

「しゃべることと書くことは違うもの」

皆さんは、アニメなどで好きなセリフはありますか?それは、どんなセリフですか?

私は、ひとつはタイトルにした「しゃべることと書くことは違うもの」です。これは2015年に母とハマった「赤毛のアン」に出てくるセリフです。ある日、作文を宿題にされて何をどう書くか悩んでいる時に、主人公のアン・シャーリーが言った言葉です。この一言を字幕放送で読んだ瞬間に思わず笑顔になりました。同時に、彼女との共通点を見つけられた喜びは、今も鮮明で思い出し笑いをしそうなほどです。
私は、子供の頃から詩を書く事が好きで、よく書いています。しかし、長文はずっと評価されずにいたので、このまま変わらないものと思っていました。
ところが、2013年に初エッセイを医学雑誌に掲載して頂いた事がきっかけとなり、最初の一歩を認めて頂けたのです。大げさに思われるのは確実ですが、「私が生きているうちに、こんな経験ができるとは!」と喜びも倍増以上でした。
そして、あれから3年が経った今もまだ、夢うつつのような感覚が抜けません。
そのような私の様子を見て、もどかしい思いをされている方もいて…いろいろアドバイスを頂くも…私にとっては難題でして、思うように進んでいない事に対しまして、申し訳なさを感じるほどです。

しかし書く事は、あくまでも私なりではありますが、楽しく好きです。なので、とにかく続けていきます!!

もう一つ、アン・シャーリーの言葉の中で、心に刻みながら…
「曲がり角のむこうになにがあるか、今はわからないけど、きっとすばらしいものが待っていると信じることにしたわ。それに道が曲がっているというのも、またなかなかいいものよ、マリラ。あの角を曲がったら、その先はどうなっているんだろうって思うもの。」と。

私も、いろいろ楽しみたい!
  • 2016.06.17 Friday
  • 16:58

voice

「涙の場所」

伝わる言葉が

見つけられなくて

泣いていた日々

それが「音のない世界」に移住して一変

人の話を「聴くこと」に集中するために

泣けなくなった

さらに「3.11」から間もない頃

被災地の現状を映像を目の当たりにして

時には泣きたいのに

泣けなくなっていた

ある時、ママと震災関連番組を見ていて

彼女が涙しているのに気づいたから

思い切って聴いてみた

「今って、泣いていい時?」と

すると

「泣いていいんだよ」

と言ってくれてホッとした瞬間は、今も鮮明

これが、やっと涙の場所を見つけられた時
  • 2016.06.15 Wednesday
  • 19:24

voice

「障害って、なんだろうね。」

常に、ぼんやり考えている事ですが…今日は改めて少し意識して思う時間がありました。
きっかけとなったのは、心友のブログとLINEでの会話でした。

先天性当事者である私にとって、障害がある事が自然です。
もちろん、介助してもらう事の多さ・症状の解明が長期化、さらに病気が増えれば説明も長くなるなど厄介な面も、もれなくついてきます。
さらに、私は外見から障害当事者と分かります。しかし聴覚障害に関しては、補聴器をしていなくて、音声も自然なので自ら伝えない限り、誰もわかりません。また、お話をしていても…「本当に聞こえないの?」と数え切れないほど聴かれてますが、もう慣れました(笑)
高度難聴の認定を受けてから、2016年10月で10年になるんですけど。説明は、やっぱり必須です。

さらに、外見からは障害を有している事が分かりにくい、もしくは分からない方は、このような事がもっと頻発なのは確実だと思います。
そして、自分自身が障害について受け入れる事も非常にハードルが高いことを、これまで、多くの当事者の方々にお会いしたりする事で感じ続けています。
人それぞれ、病気も受け入れ方も様々です。

たくさんモヤモヤする事も、あるでしょう。

まず大事なのは、自責しすぎないでくださいね。どこから障害なのかも、説明しきれるものではないと思いますし。
障害って何?と、聴かれても私も答えきれません。


そして、1番確実なのはみんな「人」であることは共通ですよね(*^_^*)

コツコツと、より多くの人が過ごしやすい世界になる事を願いつつ、伝えられる事を1つずつ私なりに伝え続けたいです(^_-)
  • 2016.06.14 Tuesday
  • 19:35