Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

食事

今朝は

・自家製なめ茸 小丼

・米麹甘酒



を、安全においしくいただきました(^O^)
  • 2017.09.18 Monday
  • 08:32

ニュース

台風18号 再び暴風域伴い日本海を北上

大型の台風18号は再び暴風域を伴い、1時間に85キロと速度をさらに上げて日本海を北上していて、これから昼前にかけて北海道と東北にかなり近づく見込みです。北海道と東北では18日夕方にかけて非常に激しい雨が降り、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあり、気象庁は、土砂災害や川の氾濫、暴風、高波などに厳重に警戒するよう呼びかけています。

気象庁の発表によりますと、大型の台風18号は、午前7時には、青森県弘前市の西70キロの海上を1時間に85キロと速度をさらに上げて、北北東へ進んでいると見られます。

中心の気圧は975ヘクトパスカルと再び発達し、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで、再び暴風域を伴い、中心の北東側170キロ以内と南西側110キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

この時間は、北海道と東北北部の一部が暴風域に入っています。

台風は、このあとも日本海を北寄りに進み、これから昼前にかけて北海道と東北にかなり近づく見込みです。

まず、厳重な警戒が必要なのは、大雨です。

この時間、北海道や東北などに発達した雨雲がかかり、午前6時半までの1時間には北海道の登別市カルルスで39ミリの激しい雨を観測しました。

またレーダーによる解析では、北海道知内町付近で午前4時10分までの1時間におよそ120ミリ、午前4時までの1時間におよそ100ミリ、北海道木古内町付近で午前4時10分までの1時間におよそ100ミリの猛烈な雨が降ったと見られ、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表しました。

このほか、17日は西日本と東日本でも大雨となり、これまでの雨で、北海道や岩手県、宮城県、岡山県には、土砂災害の危険性が非常に高まり自治体が避難を呼びかける目安とされる「土砂災害警戒情報」が発表されています。

また、岩手県では氾濫の危険性が非常に高い氾濫危険水位を超えている川があります。

北海道と東北では18日夕方にかけて雷を伴い、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、このうち北海道では昼前にかけて局地的に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。

19日の朝までに降る雨の量は、いずれも多いところで北海道で200ミリ、東北で120ミリと予想されています。

さらに暴風にも厳重な警戒が必要です。

台風の接近に伴って風が強まり、午前5時すぎに新潟市西蒲区で32.4メートル、午前4時前には青森県八戸市で32メートル、午前4時15分に函館空港で30.3メートル、午前2時10分に横浜市で30.3メートルの最大瞬間風速を観測しました。

台風に近い北海道や東北では海上を中心に、18日夜にかけて猛烈な風が吹くおそれがあるほか、台風が次第に温帯低気圧に変化しながら再び発達するため、台風から離れた地域でも暴風となるおそれがあります。

18日の最大風速は東北と北海道で30メートル、北陸で25メートル、最大瞬間風速は35メートルから45メートルに達すると予想されています。

海上は波が高く、18日の波の高さは北海道で8メートル、関東甲信と東北で7メートル、東海で6メートルと大しけが続く見込みです。

気象庁は、土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水、暴風、高波に厳重に警戒するとともに、高潮にも警戒するよう呼びかけています。

すでに大雨となっている地域では早く安全な場所に避難し、避難を終えた方は、安全が確認されるまで避難を続けてください。

また、すでに周囲で風が非常に強まったり、浸水しているなど、外に出るのが危険な場合は建物の2階以上に移動するなどできるかぎり安全を確保してください。

これから台風が近づく地域では自治体の出す避難勧告などの情報に注意し、特にお年寄りなど避難に時間がかかる人がいる施設や家庭などは、状況が悪化する前に早めに避難を始めてください。

また、雨や風が強まってから、屋外で作業したり、田畑の様子を見に行ったりするのは危険です。

不要不急の外出は控えるとともに増水した川や用水路には絶対に近づかないでください。

NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2017.09.18 Monday
  • 07:38

挨拶・報告・アクセス数

おはようございます

今、目覚めました。
  • 2017.09.18 Monday
  • 06:00

ニュース

台風18号 兵庫県明石市付近に再上陸

大型の台風18号は、午後10時ごろ兵庫県の明石市付近に再上陸し、速度をさらに上げながら北東へ進んでいます。この時間は京都府で1時間に100ミリ前後の猛烈な雨が降るなど、西日本の各地で大雨となっていて、安全が確認されるまで厳重な警戒と避難を続けてください。台風は、18日にかけて西日本から東北・北海道へ進む見込みで、広い範囲で大雨や暴風、高波などに厳重な警戒が必要です。

気象庁の発表によりますと、大型の台風18号は、午後10時ごろ兵庫県明石市付近に再び上陸し、午後11時には京都府亀岡市の西およそ30キロを1時間に55キロとさらに速度を上げながら北東へ進んでいると見られます。

中心の気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心から南東側190キロ以内と北西側130キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風は、このあと西日本を通過し、その後、18日にかけて東北や北海道へ進む見込みです。

まず、厳重な警戒が必要なのは、大雨です。この時間、近畿を中心に台風本体の発達した雨雲がかかり、気象庁によりますと、午後10時半までの1時間にレーダーによる解析で、京都府京丹後市丹後町付近と京都府伊根町付近でいずれもおよそ90ミリの猛烈な雨が降ったと見られます。

また、午後10時までの1時間にはレーダーによる解析で、京都府宮津市付近と京都府与謝野町付近でいずれもおよそ90ミリの猛烈な雨が降ったと見られ、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表しました。

これまでの雨で土砂災害の危険性が非常に高まり大分県や、香川県、愛媛県、徳島県、鳥取県、岡山県、兵庫県、京都府、滋賀県の各地に、自治体が避難を呼びかける目安とされる「土砂災害警戒情報」が発表されています。

また、兵庫県や京都府、香川県、鳥取県、島根県、広島県、岡山県の各地で氾濫の危険性が非常に高まり、氾濫危険水位を超えている川があります。

台風や前線の影響で、今後も広い範囲で雨が強まり、西日本はこのあとしばらく、18日は、東日本や北日本でも雷を伴って非常に激しい雨が降る見込みで、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。

18日夜遅くまでの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、北海道で250ミリ、東北で180ミリ、東海と北陸で150ミリ、近畿で120ミリ、関東甲信で100ミリと予想されています。

さらに暴風にも厳重な警戒が必要です。

この時間は近畿で猛烈な風が吹いていて、和歌山県の友ケ島灯台で午後8時半すぎに44.7メートル、午後9時には和歌山市で38.4メートルの最大瞬間風速を観測しました。

18日にかけては北海道や東北、北陸など広い範囲で暴風となるおそれがあり、18日の最大風速は中国地方と北海道、東北で30メートル、四国、近畿、東海、北陸で25メートル、関東甲信で20メートルと予想され、最大瞬間風速は35メートルから45メートルに達すると予想されています。

また、18日にかけて海上の波の高さは北海道で8メートル、四国と近畿、東海、関東甲信、東北で7メートル、中国地方で6メートルなどと大しけになる見込みです。

また、瀬戸内海を中心に海岸や川の河口付近の低い土地で高潮によって潮位が上がっているところがあります。

気象庁は土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水、暴風、高波に厳重に警戒するとともに、高潮にも警戒し、すでに大雨となっている地域では、自治体の情報にしたがって直ちに安全な場所に避難するか、周囲の状況を確認して外に出るのが危険な場合は建物の2階以上に移動するなどできるかぎり安全を確保するよう呼びかけています。

また、今後の進路にあたる地域では自治体の出す避難勧告などの情報にしたがい、状況が悪化する前に早めに避難してください。

雨が強まってから、屋外で作業したり、田畑の様子を見に行ったりするのは危険です。

増水した川や用水路には絶対に近づかないでください。

NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2017.09.17 Sunday
  • 23:18

webサイト

『車いすダンスで「平等」を訴えるダンサーMarisa Hamamoto さん』

私の車いすダンス経験は、かわいらしいものですが久しぶりにやりたくなりました!!以下は、原文のままです。


数年前、ロジャー・フェデラー選手に対して、ある記者が「なぜ日本のテニス界には世界で活躍するような選手が出てこないのか」という旨の質問をしました。すると、彼は「何を言っているのだ。日本には国枝慎吾がいるじゃないか」と切り返したそうです。
「車いすダンス」にもその可能性がある。と、魅力を多くの人に届けるべく、奔走する女性がいます。
一度は絶たれた「夢」
車いすダンスに
新たな可能性を見出した。

ダンサー兼振付師として活躍する日系アメリカ人のMarisa Hamamotoさん。幼い頃には、周りの友だちと肌の色や目の形が違うことを理由に、イジメを受けたこともあったそう。それでもダンスを踊っている時だけはネガティブな想いを忘れることができた──。
そんな彼女に悲劇が襲ったのは大学生のとき。レッスン中に突然、首から下に麻痺感覚を覚えたそうです。病院で検査、結果は「脊髄梗塞」という難病。医師からは「再び歩くことは難しいかもしれない」とも告げられました。

大好きなダンスをもう一度踊るためにという一心で、リハビリにも耐えました。その彼女の強い意志が奇跡を呼んだのかもしれません。一度は手足の感覚を失っていたにも関わらず、Marisaさんは2ヵ月後に歩けるまでに回復していたのです。
しかし、いつ再発するか分からないという不安が消えずに、PTSDに苦しむ日々。数年間、スタジオに行くこともできませんでした。

鬱ぎ込む彼女はある日、手を取り合って楽しそうに踊る社交ダンスを目の当たりにしました。それは、Marisaさんの心の奥底に沈んでいた想いに、再び火がつく瞬間だったのでしょう。無我夢中で踊っているうちに、いつしかトラウマは消え去り、2年後には、LAを拠点にするプロダンサーにまで成長していました。
車いすダンスが、
「平等」を教えてくれた。

彼女が「車いすダンス」に出会うのは2014年。知名度があまりないことを知り、その魅力をより多くの人に知ってもらうために、翌年、Infinite Flowを創立。
「健常者と車いすのダンサーがペアで踊るのは非常に強いメッセージが。特に、子どもにとっては障害を持つ人への偏見を無くし、平等を学ぶことができる機会なのです。2本の足だろうと、2つのタイヤであろうと、ダンスは楽しむことができるのです」
周りと違うことを理由にしたイジメ、手足を思うように動かせない病気の両方を経験したMarisaさんだからこそ言えることなのだと、僕は感じずにはいられませんでした。
アメリカから日本へ。そして、
世界でも注目される存在になりたい。

今後の活動について、Marisaさんに質問をしたところ、こう答えてくれました。
「踊りを通して絆を深めるという想いを軸に、社会運動をリードしながらも、Infinite Flowを世界的に有名なダンスカンパニーに育てあげたいですね。日本でも影響力のある存在になれるように」
その先駆けとして彼女が選んだのは日本でした。去る7月13日に慶應義塾大学三田キャンパスで開催されたイベント「#DanceForInclusion」。健常者と障害者の間にある溝をダンスが埋めてくれるようにという願いを込めて。
  • 2017.09.17 Sunday
  • 21:20

スポーツ

《祝》フィギュア 本田真凜 選手がシニアデビュー戦で優勝

フィギュアスケート、女子シングルでピョンチャンオリンピックの日本代表を目指す16歳の本田真凜選手が16日、シニアデビュー戦となるアメリカでの国際大会で優勝しました。

世界ジュニア選手権で優勝するなどの実績を残している本田選手は、来年2月のピョンチャンオリンピックの日本代表を目指して、今シーズンからシニアに参戦します。

シニアデビュー戦となるアメリカでの国際大会で、前半のショートプログラムで首位に立った本田選手は16日、後半のフリーに臨みました。

フリーはオペラの曲「トゥーランドット」に合わせた演技で、会場が標高およそ1400メートルにあることから、体力面を課題としていましたが、後半に3連続ジャンプを決めるなど、最後までしっかりと滑り切りました。

さらに、持ち味の表現力でも高い評価を受けて131.52とショートプログラムに続いてフリーでもトップの得点をマークし、合計198.42で、2位に15点近くの大差をつけて、シニアデビュー戦で優勝しました。

本田選手は次の試合として来月、さいたま市で開かれるジャパンオープンに臨むことにしています。

本田選手と同じく今シーズンからシニアに参戦する17歳の坂本花織選手は、後半の3回転ジャンプで転倒するなどミスが続き、合計169.12で4位でした。

本田 選手「自分との戦いに勝つことできた」

シニアデビュー戦となる国際大会で優勝した本田真凜選手は「表現の面で評価してもらえてうれしい。後半はどんな演技をしたのか覚えていないほど疲れたが、自分との戦いに勝つことができた」と落ち着いた様子で話していました。

そのうえで、「今の自分の力は出せたと思うが、まだまだ頑張らないといけないところもあるし、満足できる演技ではなかった。これから次の試合に自信を持って臨める練習をしていきたい。シニア1年目だが、気持ちの部分で負けていてはだめなので、自分らしいシーズンを送りたい」と話していました。

坂本 選手「自分見失わず演技できるように」

4位となった坂本花織選手は「悔しさしかない。最初は落ち着いて演技ができたが、ミスをしたあとに崩れる昔からの傾向が出てしまった」と話し、後半のジャンプでミスが続いた演技を振り返りました。

そのうえで、今後に向けて「どんな状況でもミスなく演技ができるように、『これだけ練習したから大丈夫』というくらい追い込んで練習したい。今回、周りの選手の雰囲気に飲まれてしまったが、これからシニアのもっと強い選手たちとたくさん試合をするので、自分を見失わずにしっかりと演技ができるようにしたい」と話していました。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2017.09.17 Sunday
  • 20:31

スポーツ

大相撲 照ノ富士 関が大関から陥落へ

大相撲秋場所を途中休場している大関・照ノ富士が、18日の9日目も出場せず、角番の今場所の負け越しが確定し、大関の座から陥落することになりました。

大関・照ノ富士は先場所、左ひざのけがのため途中休場し、秋場所を5回目の角番で迎えました。

今場所は初日から出場したものの、序盤戦で1勝4敗と成績が上がらず、再び左ひざを痛めて6日目から途中休場していました。

照ノ富士は18日の9日目も出場しないため、ふた場所連続での負け越しが確定し、2年余り務めていた大関の座から関脇に陥落することが決まりました。

大関が陥落するのは、ことし初場所で負け越した琴奨菊以来で、現在の制度となった昭和44年以降では17人目になります。

照ノ富士は次の九州場所で10勝以上すれば、大関に復帰できます。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2017.09.17 Sunday
  • 20:28

ニュース

台風18号 高知 宿毛付近に再上陸 大分では河川氾濫も

大型の台風18号は午後5時ごろ、高知県宿毛市付近に再び上陸しました。西日本の広い範囲に発達した雨雲がかかり続けていて、大分県では1時間に100ミリを超える猛烈な雨が降り、氾濫した河川もあります。土砂災害や川の氾濫に厳重に警戒し、早めに安全な場所に避難するか、外に出るのが危険な場合は建物の2階以上に移動するなど、できるかぎり安全を確保してください。

気象庁の発表によりますと、大型の台風18号は午前11時半ごろに鹿児島県の南九州市付近に上陸したあと、午後5時ごろ高知県宿毛市付近に再び上陸しました。

午後6時には高知県の四万十市の東北東30キロ付近を1時間に35キロの速さで北東へ進んでいると見られます。

中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心から南東側190キロ以内と北西側130キロ以内では、風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風は、このあと、次第に速度を上げて、17日夜遅くにかけて西日本を通過する見込みで、その後、18日にかけて北日本へ北上する見込みです。

九州や四国では局地的に猛烈な雨が降っていて、厳重な警戒が必要です。高知県仁淀川町の鳥形山で午後5時20分までの1時間に80.5ミリの猛烈な雨を、愛媛県大洲市に国土交通省が設置した雨量計で午後5時半までの1時間に62ミリの非常に激しい雨を観測しました。

また、気象庁のレーダーによる解析で、大分県津久見市付近では、午後2時半までの1時間と午後3時40分までの1時間に、大分県佐伯市佐伯付近などでは午後3時までの1時間におよそ110ミリから120ミリの猛烈な雨が降ったと見られ、気象庁は記録的短時間大雨情報を発表しました。

大分県臼杵市と佐伯市では、この12時間の雨量が350ミリを超え、平年の9月1か月分の雨量を上回っています。

これまでの雨で土砂災害の危険性が非常に高まり、大分県や熊本県、香川県、愛媛県、徳島県、広島県それに山口県の各地に自治体が避難を呼びかける目安とされる「土砂災害警戒情報」が発表されています。

また、大分県や宮崎県、高知県、それに山口県の各地で氾濫の危険性が非常に高まり、「氾濫危険水位」を超えている川があります。

台風や前線の影響で今後も広い範囲で雨が強まり、17日夜遅くにかけて西日本で、さらに18日は進路にあたる東日本や北日本でも雷を伴って非常に激しい雨が降る見込みで、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。

18日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、四国と近畿、北海道で250ミリ、中国地方と東海、東北で200ミリ、関東甲信と北陸で150ミリ、九州北部と新潟県で120ミリと予想されています。

次に暴風です。高知県の室戸岬では午後5時半に36.8メートル、大分県の佐伯市蒲江では午後4時前に32.7メートルの最大瞬間風速を観測しました。

西日本では猛烈な風が吹く見込みで、17日夜遅くにかけての最大風速は、四国と中国地方、近畿、九州北部で30メートル、北陸と東海、九州南部で25メートル、関東甲信で20メートルなどと予想され、最大瞬間風速は35メートルから45メートルに達すると予想されています。

海上では四国と近畿で8メートル、九州北部と東海で7メートル、九州南部と中国地方、関東甲信で6メートルなどと大しけになる見込みです。さらに、瀬戸内海を中心に海岸や川の河口付近の低い土地で高潮による浸水のおそれがあります。

気象庁は土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水、暴風、高波に厳重に警戒するとともに、高潮にも警戒し、すでに雨や風が強まっている地域では自治体の情報に従って直ちに安全な場所に避難するか、周囲の状況を確認して外に出るのが危険な場合は建物の2階以上に移動するなど、できるかぎり安全を確保するよう呼びかけています。

また、今後の進路にあたる地域では自治体の出す避難勧告などの情報に従い、夜間、状況が悪化する前に早めに避難してください。
また、雨が強まってから、屋外で作業したり、田畑の様子を見に行ったりするのは危険です。増水した川や用水路には絶対に近づかないでください。

台風は18日にかけて、東日本や北日本の日本海側を速度を上げて北東へ進む見込みで、北海道や東北、北陸など広い範囲で暴風となるおそれがあります。

18日の最大風速は、東北と北海道で30メートル、北陸で25メートルなどと予想され、最大瞬間風速は35メートルから45メートルに達する見込みです。

また、海上は北海道で8メートル、東北で7メートルの大しけとなる見込みです。

気象庁は台風の進路にあたる地域では、自分が住む地域でどのような災害が起こりやすいか事前に確認し、早めに備えを進めるよう呼びかけています。

NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2017.09.17 Sunday
  • 19:15

食事

今夜は

・蒸しダコのマリネ

・「野菜入り 長崎天ぷら」とピーマンの素焼き



に、



・自家製 梅酒



の晩酌付きで、安全においしくいただきました(^O^)
  • 2017.09.17 Sunday
  • 18:58

挨拶・報告・アクセス数

昨日のJUGEMのアクセス数は

11,651でした(^O^)



皆様、ありがとうございます(^O^)
  • 2017.09.17 Sunday
  • 10:00