Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

食事

ランチは

・クリームチーズ サンドクラッカー

・トマトジュース



を、安全においしくいただきました(^O^)
  • 2017.11.16 Thursday
  • 14:40

ニュース

紅白歌合戦の出場歌手 発表

大みそか恒例の紅白歌合戦の出場歌手が、16日、発表されました。ことしは初出場の10組を含め、紅白合わせて46組が出場します。

16日、東京・渋谷のNHK放送センターで、初出場の歌手が出席して記者会見が開かれ、出場歌手が発表されました。

今回紅組で初めて出場するのは、演歌歌手の丘みどりさん、中学生や高校生を中心に人気を集めている女性3人のロックバンド「SHISHAMO」、韓国・日本・台湾出身の女性9人からなる「TWICE」、女性ボーカルグループ「Litttle Glee Monster」の4組です。

白組の初出場は6組で、デビュー30周年のロックバンド「エレファントカシマシ」、「東京五輪音頭ー2020ー」の歌い手の1人としても知られる竹原ピストルさん、「ウルフルズ」のボーカルでソロとしては初出場となるトータス松本さん、人気アイドルグループの「Hey! Say! JUNP」、ことしデビュー20年を迎えダンスパフォーマンスが国内外で高く評価されている三浦大知さん、ことしメジャーデビューした男性3人組のロックバンド「WANIMA」が選ばれています。

ことしの出場者のうち、出場回数が最も多いのは白組の五木ひろしさんの47回、紅組で最も出場回数が多いのは石川さゆりさんの40回です。また、総合司会はNHKニュースウオッチ9のキャスターを務める桑子真帆アナウンサーが、内村光良さんとともに担当することになりました。

第68回NHK紅白歌合戦は、大みそかの午後7時15分から総合テレビとラジオ第1で放送されます。

(「Say」の「a」の表記は、「@」の丸の中の形です。)
  • 2017.11.16 Thursday
  • 13:40

食事

今朝は

・キャベツとブロックベーコンのスープ

・クリームチーズ ライ麦トースト



に、


・コーヒー



付きで、安全においしくいただきました(^O^)
  • 2017.11.16 Thursday
  • 11:47

挨拶・報告・アクセス数

昨日のJUGEMのアクセス数は

9,392でした(^O^)



皆様、ありがとうございます(^O^)
  • 2017.11.16 Thursday
  • 10:00

挨拶・報告・アクセス数

おはようございます

今、目覚めました。
  • 2017.11.16 Thursday
  • 06:10

食事

今夜は

・キャベツの具だくさんオイル煮

・しらす 冷や奴



に、



・焼酎



の晩酌付きで、安全においしくいただきました(^O^)
  • 2017.11.15 Wednesday
  • 21:39

ニュース

デジタル薬ってなに?

患者が薬を飲んだかどうかを自動的に教えてくれるデジタル技術を使った薬が開発されました。秘密は、薬に埋め込まれた小さなセンサー。害はないの?トイレで回収するの?そもそも何のため?薬とIT技術の融合が目指す先を取材しました。(ネットワーク報道部記者 飯田耕太・戸田有紀・野町かずみ)

デジタル薬とは?

この薬は、日本の大手製薬会社、大塚製薬とアメリカの医療機器メーカープロテウス・デジタル・ヘルスが共同開発し、アメリカのFDA=食品医薬品局に承認されました。

秘密は患者が薬と一緒に飲み込む直径0.5ミリの金属製のチップ。

本来は、薬の中に埋め込まれていますが比較しやすいように錠剤の上にチップを置いた写真を見るとその小ささがわかります。


この薬を患者が飲み胃液の酸に触れるとチップからごくわずかな電波が発信されます。

すると患者の腹部に貼っておいた薄いパッチ型の装置が電波を受信して、スマートフォンやモバイル端末に転送し、患者が薬を飲んだことを医師や家族といった第三者が確認できるという仕組みです。

薬に埋め込まれたチップは、体内で吸収されずに自然と排せつされ、回収の必要はありません。アメリカでの販売価格は未定だということです。


患者を監視!?課題も

大塚製薬によりますと、この薬は統合失調症の患者向けに開発されました。統合失調症は薬を飲み忘れると幻視や幻聴が現れる場合があるほか、患者が飲み忘れたり飲んだふりをしたりすることで、適切な治療の効果を得られないことが課題になっていました。

一方で、センサーで患者の様子を遠くから監視することになりかねないといった懸念があることや、服薬データという個人情報を扱うために高い情報セキュリティーも求められます。


統合失調症などの家族などで作る全国精神保健福祉会連合会の小幡恭弘事務局長は、「患者は、単に薬を飲み忘れているわけではなく、薬を飲みたがらないという人も多い中で、医療側から監視されるようなデジタル薬は患者にとっても抵抗があると思う。精神疾患は薬だけで改善するものでもないのに、医療側も薬を過信することにもなりかねず、患者さんを丁寧に診ないことにもつながるのでは」と懸念を示しています。

大塚製薬では、「治療の選択肢の一つとして考えてほしい」としていますが現段階では、日本での承認申請や販売は予定していないということです。ただ、将来的には薬の飲み忘れが多いお年寄りなどでも応用できる可能性があると言います。

飲み忘れ防止に最新薬箱も

高齢化がますます進み「老々介護」も増える中、薬の飲み忘れや飲み間違いを防ぐ最新の薬箱も登場しています。

その1つが埼玉の車載情報機器メーカーが開発した服薬を支援する装置です。


使い方はまず、専用のピルケースに処方された錠剤や袋入りの薬を入れます。ピルケースは、「朝」「昼」「夜」「寝る前」の4種類にわかれたカートリッジに装填(そうてん)。その後、本体にセットします。

最後に、モニターのタッチパネルで服薬時間を設定。時間になると、「夜のお薬の時間です」などという音声案内とともに、1回分の薬が出てくる仕組みです。


この薬箱を使うと飲み忘れの防止のほか、飲んだことを忘れて2度飲んでしまう「飲みすぎ」も防げるということです。

目指すは患者と周囲の負担軽減

この薬箱の価格は1台12万円。地域の薬局が購入して必要な人や施設に貸し出すことが多いほか、医療や介護の負担を減らそうと、患者の自宅での服用データをインターネットを通じて担当者が共有する取り組みを試験的に始めた自治体もあるということで、おととしの販売開始以降、全国で1000台を売り上げたということです。

この装置を使ったサービスを展開する日立システムズは、「高齢者の増加を背景に在宅医療などのニーズが高まる中、今後も患者や家族、介護・医療関係者の負担軽減につなげていきたい」と話しています。薬の服用にIT技術を活用する流れは、今後、ますます盛んになりそうです。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2017.11.15 Wednesday
  • 19:55

ニュース

囲碁 井山七冠 世界最強の中国棋士に勝利

先月、2度目の七冠独占を果たした囲碁の井山裕太七冠が15日行われた国際大会で、世界最強とされる中国のトップ棋士、柯潔九段を破りました。

井山裕太七冠は、去年4月、囲碁で史上初の七大タイトル独占を果たしたあと、去年11月に「名人」のタイトルを失いましたが、その後、6つのタイトル戦をすべて防衛し、ことし10月、名人戦の七番勝負で高尾紳路名人を下して2度目となる七大タイトル独占を成し遂げました。

井山七冠は15日、東京都内で日本・中国・韓国のトップ棋士が参加する国際大会の準決勝に臨み、現在、中国国内のランキングが1位で世界最強とされている柯潔九段と対局しました。

日本棋院によりますと、井山七冠は中盤まで押され続ける厳しい展開となりましたが、終盤に形勢を逆転させ、中押し勝ちしました。公式戦で日本の棋士が柯九段に勝ったのは初めてだということです。

対局を終えた井山七冠は、「日頃から世界戦の決勝進出と優勝を目標にしてきたので、喜びをかみしめています。決勝は少し先ですが、心して戦いたいと思います」などとコメントしています。

井山七冠は、来年2月に行われる決勝の三番勝負で、同じく中国の強豪、謝爾豪五段と対局します。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2017.11.15 Wednesday
  • 19:50

スポーツ

九州場所 稀勢の里 関が2敗 貴景勝 関は金星2つ目

大相撲九州場所は福岡市の福岡国際センターで4日目の取組が行われ、横綱・稀勢の里 関が21歳の若手、貴景勝 関に突き出しで敗れて2敗目を喫しました。貴景勝は今場所2つ目の金星です。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2017.11.15 Wednesday
  • 18:19

スポーツ

侍ジャパン 稲葉監督初の公式戦を前に前日練習

東京オリンピックを見据えて若手で編成された野球の日本代表が、16日から行われる野球の国際大会「アジアプロ野球チャンピオンシップ」に向けて練習を行い、選手たちが精力的に体を動かしました。

稲葉篤紀監督率いる若手主体の野球日本代表は、16日から東京ドームで行われるアジアプロ野球チャンピオンシップで韓国と台湾と対戦します。

稲葉監督にとって初の公式戦となる韓国戦を16日に控え、選手たちは15日午後、東京ドームでおよそ2時間半の練習を行いました。

稲葉監督が16日の先発に指名した広島の薮田和樹投手は、亜細亜大のチームメートで、抑えを任されるDeNAの山崎康晃投手とキャッチボールや遠投を行ったあと、守備練習を行い、野手との動きを確認していました。

一方、野手陣はフリーバッティングを行い、稲葉監督が4番と明言している西武の山川穂高選手が、鋭いスイングで大きな当たりを飛ばしていました。山川選手は、「かっこよくやるタイプではないので、4番というのを意識しつつ、自分らしさを出して、元気に泥臭くやることを徹底したい。僕が引っ張っていくつもりで全力でやって優勝したい」と意気込んでいました。

日本と韓国の試合は16日午後7時開始です。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2017.11.15 Wednesday
  • 18:17