Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

テレビ

「悩むより考える!」

これは、今日の「ごごナマ」「おしゃべり日和」のゲスト 美輪明宏さんの言葉です。

以前からそのステキさに、癒されております(^_^)
じっくりお話を聴いたのはかなり久々でした。
言うまでもなく、年齢も人生経験も雲泥の差ですが…色々な人の心を救って下さる事は、ありがたいと思います。
50分程のお話で、これまでの人生を振り返られて最後は視聴者の方々から寄せられたお悩み相談に対して、愛で包んでいらっしゃいました(^_^)



「ごごナマ」のコンセプトは「オトナの井戸端、作りました」。
平日の午後、家にいらっしゃる「オトナ世代」に向けてゆったりと午後のおしゃべりを楽しんでいるような空間を提供します。番組を通して、世の中とつながりつつ、くつろいだ時間を過ごせる、“ゆるく” “ハプニングいっぱい”の「スタジオショー」と、番組サイトに紹介されています。


司会は、美保純さん・船越英一郎さん・阿部渉アナウンサーの3人です。

阿部渉アナウンサーが「お元気ですか、日本列島」を担当されていた時から、大好きで彼が出演する番組は、良く観てます(^_^)

ご覧になられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2017.07.20 Thursday
  • 14:31

食事

ランチは

・おにぎり 〜焼きハラス〜




に安全においしくいただきました(^O^)
  • 2017.07.20 Thursday
  • 12:15

スポーツ

世界選手権 シンクロ フリー 日本4位で決勝へ

ハンガリーで開かれている水泳の世界選手権は19日、シンクロナイズドスイミングのチームのフリールーティンの予選で、日本は4位で決勝に進みました。

世界選手権のシンクロナイズドスイミングは、規定演技のテクニカルルーティンと自由演技のフリールーティンがそれぞれ単独の種目として行われます。

19日に行われたフリールーティンの予選で、前回銅メダルで2大会連続のメダルを目指す日本は、選手を持ち上げるリフトでミスが出て得点が伸びず、92.4667で4位で決勝に進みました。

また女子高飛び込みの決勝が行われ、リオデジャネイロオリンピック8位の板橋美波選手が357.85で7位に入りました。金メダルは397.50をマークしたマレーシアのチョン・ジャンフーン選手で、世界選手権で、マレーシア勢初の金メダルとなりました。

NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

  • 2017.07.20 Thursday
  • 11:41

新聞

『「ひよっこ」シシド・カフカさん“ドS役”に感謝「私の役回り」女優業板につくスポニチアネックス 2017年07月20日付』

皆様は、ご覧になられていますか?
私は、カフカさんが演じている役がぴったりハマっていると思いながら観ています!!
以下は、原文のままです。


 ドラマー・歌手で女優のシシド・カフカさん(32)がNHK連続テレビ小説「ひよっこ」(月〜土曜前8・00)にレギュラー出演。ヒロイン・谷田部みね子(有村架純)と同じアパートに住むOL・久坂早苗役を好演し、存在感を示している。女優デビュー作「ファーストクラス」(フジテレビ、2014年10月期)などに続き、気が強く、ズバズバとものを言う“ドSキャラ”が話題。本人は「もう私の役回りなんだろうなというところで『ありがとうございます』という感じです」と笑いながら感謝した。連続ドラマは3作目。女優業への手応えは「正直、まだ分からない」としながらも、過去2作のドSキャラと変化をつけるため「セリフの速度だったり、抑揚だったり、ちょっとずつ調整しました」と板についている。
 シシド演じる有楽町のOL・早苗は第11週(6月12〜17日)から登場。みね子と同じ赤坂のアパート「あかね荘」の1階に住む“永遠の25歳”。私生活は謎に包まれているが、そのきつい性格ゆえ、お見合いは38回破談。常に何かにイラ立っている雰囲気が漂うも、無愛想で意地の悪い物言いは照れ隠し。実は情に厚い。
 ――朝ドラ初出演になりました。
 「一番遠いところにある存在だったので、そこに自分が挑むというのは考えたこともありませんでした。なので、まだリアルじゃないというか、放送が始まって友人たちから連絡が来たりして、やっぱり現実なんだと実感しました。うれしい?心配の方が多いです。特に今回はドラマの途中から参加。それまでのストーリーのファンだったので、作品を汚さないか本当に怖かったです」
 ――ドSキャラが反響を呼んでいますが、ご自身はどう思われていますか?
 「最初に脚本を読ませていただいた時は『また強い感じの女性か』と思いました(笑い)。もう私の役回りなんだろうなというところで『ありがとうございます』という感じです(笑い)。私、(みね子が働く東京・赤坂の洋食屋)『すずふり亭』で本当に働きたいと思ったぐらい、登場人物がみんないい人。そのほのぼのした雰囲気の中、早苗はちょっとしたスパイスになっているんだと思います。そこを視聴者の皆さんにおもしろがっていただけたのかなと。今後、早苗がみんなと打ち解けていくところもありますが、スパイスという存在を忘れず、いい色を出していきたいと思います」
 ――ドSキャラの役作りはどうされていますか?
 「今回は、これまで2回(「ファーストクラス」、日本テレビの今年1月期「視覚探偵 日暮旅人」)のドSキャラで演じていないところを通りたいと思って、仕草などは一応、間を縫っているつもりです。過去2作から、どう変化をつけて演じるかが自分にとって大切。今回は、早苗の少し強がっている感じ、不器用さをうまく表現したかったので、セリフの速度だったり、抑揚だったり、ちょっとずつ調整しました。参考にした女優さん?ドラマとかで強い女性を演じていらっしゃるのを見ると、自然と研究しちゃっているので、いろいろな方のミックスにはなっていると思います」
 ――ご自身もS?
 「自分に対しては、Sなのかもしれません。人に対して、となると、それほどSじゃないと思っています。ただ、自分に何かを課すというのはMのような、Sのような…紙一重だなと。どっちだと思います?ご想像にお任せしたいところです。取材で、こういうふうにしゃべると思われていなくて、よく『すごく優しい方なんですね〜』と言われます。その点、いい役を頂いたなと思います(笑い)」
 ――連続ドラマ3作目。女優業に手応えは?
 「正直、まだ分からないですかね。ただ、人とモノを作り上げる作業は楽しいと思っているので、ドラマはレコーディングより多くの人が携わっていて、そういう意味で撮影現場にいるのは楽しいです。演技のお仕事させていただいて、必要だと感じているのは適応能力。自分だけでプランを固めていくと、人とぶつかってしまうので、いかに柔らかく準備して、ジャムセッション(即興演奏)じゃないですが、いかに相手のお芝居に対して反応して、一瞬でその場をつくっていけるか。朝ドラは、今までより演者さんの数が多いので、より意識しています。これは、音楽にも返ってくる、学べるところだと思っています。音楽と女優の割合?特に考えていませんが、女優業はすごく有意義なお仕事をさせていただいているので、おもしろい話を頂いたら、チャレンジしたいと思います。もちろん、音楽の方もキッチリ取り組んでいきたい。そういう意味で、今回は視聴者の皆さんに自分を認知していただくチャンス。音楽と女優業、相乗効果でいけたらいいと考えています」
 ――今後もドS役?
 「ここまで来たら、どれだけきついキャラクターでバリエーションを出せるか、極めてみるのもいいかもしれません(笑い)。とはいえ、もう少しライトな感じの役をやってみてもいいかもしれないですね。その方が視聴者の皆さんにとって、新しい私を見ていただく可能性が大きいんじゃないかと思います。ドSキャラも3回目ともなると、いろいろ悩みましたが、今はやりやすい役を頂いている状態だと思います。ここから別の役になった時、意外とスンナリいけるのか、ものすごく悩むのか、未知数ですね」
 <7月期はTBSの連続ドラマ「カンナさーん!」(18日スタート、火曜後10・00)にレギュラー出演。ヒロイン(渡辺直美)の夫(要潤)の不倫相手を演じる>
 ――早苗の今後について。お見合い話などはありますか?
 「まだ聞いていないですが、(脚本の)岡田(惠和)さんには、早苗は結婚相手を見つけて『あかね荘』を出ていきたいと希望を伝えました。どんな男性?2つ、あり得ると思います。あのままの早苗を受け入れてくれる男性か、早苗のすべてを変えてくれる男性か。どちらかだと思っているんですが、決めかねています」
  • 2017.07.20 Thursday
  • 11:16

「フシギなくらい 見えてくる! 本当にわかる言語学 名古屋大学教授 佐久間淳一著 -日本実業出版社-」6回目の読了

本書は…

あらゆる学問の基礎は「言語」にあり!

コミュニケーションの道具である言語は、人間が進化の過程で言語を獲得したときから最大の関心事。
その研究はとどまることがなく、心理学や教育学、社会学、生物学、工学など、さまざまな領域から言語の探究が進んでいます。
言語学は「人間を知るための最も基礎的な学問」といえるのです。

◆言語のしくみを学べば、自分を取り巻く世界が見えてくる

言語学は文字通り「言語」について研究する学問ですが、言語のしくみを知ることで自分を取り巻く世界が見えてきます。
「人は事象をどのように認識するのか」」「思考や推論をどう形成しているのか」「意思の疎通をどう図っているのか」といったことも、言語を考察することでつかめてしまうのです。

◆普遍的な原理を中心に解説。全体像がスッキリわかる

現在、世界で使用されている言語は約6,000語ともいわれているため、言語学が扱う研究領域は多様性に富んでいます。
本書は「音」「単語」「文法」「意味」「文化」などをキーワードに、研究領域が広い言語学に対して「普遍的な原理」を中心に解説。
一読することで言語学の全体像がスッキリわかります。



情報が豊富すぎて、まだ整理できていませんが…
面白さは確実に増えている事を実感しながら読了しました。

今回は、イギリス英語を読み取る時にヒントになると思ったこちら!

《一口メモ》容認発音

イギリスでは、容認発音(Received Pronunciation)と呼ばる、大学出の上流会出身者の発音が長く模範とされてきた。しかし、BBCのアナウンサーの発音も
容認発音とは限らず、この発音で話しているのはイギリス英語の話者のうちの2〜3%だと言われている。

実際に話すのは2〜3%であっても、そのルーツを知ることで読唇術のポイントとする事は、できそうに思います。


お読みになられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2017.07.20 Thursday
  • 10:24

挨拶・報告・アクセス数

昨日のJUGEMのアクセス数は

28,490でした(^O^)



皆様、ありがとうございます(^O^)
  • 2017.07.20 Thursday
  • 10:00

新聞

「浅田真央さんの頭を座布団直撃!小塚氏と名古屋場所を観戦 2017年7月19日付 サンケイスポーツ」  

以前から、危ないと思っています。
何か他の表現方法に変えられないものでしょうか?

それと…今場所は土俵に早い段階から大きな亀裂が目立ちすぎて…連日ハラハラしています。
皆様は、どのように思われますか?
以下は、原文のままです。


大相撲名古屋場所11日目(19日、愛知県体育館)フィギュアスケート女子の2010年バンクーバー冬季五輪銀メダリストで4月に現役引退した浅田真央さん(26)が観戦。横綱白鵬(32)が関脇御嶽海(24)に寄り切られ、土がついた直後、館内に舞う座布団が頭を直撃するハプニングに見舞われた。

 名古屋市出身の真央さんは枡席で、11年世界選手権男子銀メダルの小塚崇彦氏(28)と観戦。うちわをあおぎ、笑みを浮かべながら、幕内の熱戦を見守った。歴代最多に並ぶ通算1047勝がかかった結びの一番で白鵬がまさかの黒星を喫すると、観客が土俵に向かって座布団を投げ始め、真央さんの頭にも当たった。

 真央さんは今夏、ラフマニノフの曲を使った新演目「エレジー〜スイートメランコリー〜」をアイスショーで滑る予定。アンコールのナンバーは名曲「ウインド・ビニース・マイ・ウィングス(愛は翼にのって)」で、二つのプログラムを大阪公演(7月29〜31日・大阪市中央体育館)から始まるアイスショー「ザ・アイス」で演じる。
  • 2017.07.20 Thursday
  • 08:42

食事

今朝は

・おにぎり 〜辛味噌〜


に、



・トマトジュース

付きで、安全においしくいただきました(^O^)
  • 2017.07.20 Thursday
  • 08:32

スポーツ

パラ陸上世界選手権 男子走り幅跳びで芦田 選手5位

ロンドンで行われているパラ陸上の世界選手権は19日、大会6日目に男子走り幅跳びの腕に障害のあるクラスの決勝が行われ、三段跳びで銅メダルを獲得した23歳の芦田創選手は6メートル40センチで5位となり、今大会2つ目のメダル獲得はなりませんでした。

NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

おめでとうございます(^O^)
  • 2017.07.20 Thursday
  • 07:09

ニュース

大分 日田の地滑り現場 今後の雨で再び地滑りも

九州北部豪雨で、大分県日田市で発生した大規模な地滑りの現場を専門家のグループが調べたところ、斜面にまだかなりの量の土砂が残り、多くの亀裂が入っていることがわかりました。今後の雨で再び地滑りが起きるおそれがあるとして、注意を呼びかけています。

斜面災害が専門で京都大学防災研究所の釜井俊孝教授の研究グループは九州北部豪雨で大分県日田市で発生した大規模な地滑りの現場を19日、調査しました。

その結果、現場では固さの異なる2つの層を境に大量の土砂が滑っていたことがわかりました。さらに周辺の地質調査や昭和40年代に撮影された航空写真の分析結果なども加えると、現場では同じ層を境に過去にも大規模な地滑りが起きていた可能性が高いということです。

こうした場所は「地滑り地形」と呼ばれ、斜面の状態が不安定で繰り返し地滑りが起きやすい性質があるということで、今回も斜面の弱い部分に大雨が降ったことで、大規模な地滑りが起きたと見ています。

さらに斜面の上の部分には、まだかなりの量の土砂が残っているうえ、そこに幅10センチ程度の亀裂が数十か所入っているのが見つかり、今後の雨で再び地滑りが起きるおそれがあるとしています。

釜井教授は「まだ土砂が滑りきらずに斜面に残っていると考えられるので注意してほしい」と話しています。

NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2017.07.20 Thursday
  • 07:06