Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

雑誌

「宮崎駿監督の新作『毛虫のボロ』新世界すぎてワクワクした ハフポスト日本版 2018年3月15日付」

記事を読んだら、「三鷹の森ジブリ美術館」のみの公開はもったいないと思い、ぜひテレビで観たいです!以下は、原文のままです。

たった14分。だけど、ものすごくワクワクする14分だった――。

スタジオジブリの宮崎駿監督が5年ぶりに手掛けた『毛虫のボロ』が完成し、3月14日に東京・三鷹の「三鷹の森ジブリ美術館」で試写会が開かれた。

『毛虫のボロ』は、わずか14分の短編アニメーションだ。だがそこには、宮崎監督が抱いている自然への崇敬と畏怖の思いや子供たちへのメッセージ、スタジオジブリの"進化"がぎっしりと詰まっているように思えた。

作品について、少し掘り下げてみたい。
人間から見た世界が全てではない


主人公は、ボロギクの茎で生まれた毛虫の「ボロ」。

宮崎監督は、この小さな小さな毛虫の目線で、自然と世界の美しさと怖さを描いた。

試写会にあたって、宮崎監督はこんなコメントを発表した。

「生まれたばかりのちっぽけな毛虫に世界はどう見えているのでしょう。小学生のとき、植物の光合成について教えられて、光合成はどう見えるのかズーッと気になっていました。毛虫には空気の粒は見えるのかなぁとか、葉っぱをかじった時はゼリーのような味がするのかなぁとか、狩人蜂は今の戦場でとびまわっている無人攻撃機みたいなものかなぁとか......。それでこんな映画ができてしまいました」

私たち人間が、日々の暮らしの中で意識する機会が少ない「ミクロ」の世界。それを宮崎監督は、生命力あふれる青々とした色で表現した。

舞台となっているのは、住宅地にある空き地。その中でもボロが生きるのは、半径1メートルに満たない狭い範囲だろう。それでも虫からすれば、とてつもなく広い世界なのだ。

世界は、人間の尺度が全てではない。

世の中には、たくさんの小さな虫たちが、その命をつなごうと生きている。映画からは、そんな宮崎監督の思いが伝わってきた。
構想のきっかけは、宮崎監督が少年時代に読んだマンガだった。


『毛虫のボロ』の構想は、宮崎監督が『もののけ姫』(1997年)よりも前からあたためていたものだった。

きっかけは、宮崎監督が少年時代に読んだ「空飛ぶあくま」という漫画。戦後間もない1948(昭和23)年の単行本『コグモの冒険』に収録された短編作品だ。

登場するキャラクターは虫を擬人化したもので、その中にはこんなシーンがある。

主人公が、道に倒れていた青虫を見つける。

青虫はとっても具合が悪そうだ。

花の蜜を飲ませ、介抱しようとしたその時だった。

青虫のお腹が裂け、中からたくさんのヤドリバチが飛び立っていった。

青虫は泣きそうな表情で、こう語る。

「ヤドリバチは青虫の卵の中へタマゴをうみつけるのです。そして青虫がタマゴからかえると(中略)青虫のおなかを食べて大きくなるのです」

朗らかなタッチとは裏腹に、そこには虫たちの現実世界が描かれていた。

自然の恐ろしさを象徴するようなシーンは、宮崎監督の記憶の片隅にずっと残っていたという。

『毛虫のボロ』にも、狩人蜂(カリウドバチ)が登場する。感情のない「無人攻撃機」のような動きで、不気味な存在感を放っていた。

宮崎監督、CG表現に挑む


『毛虫のボロ』は、宮崎監督にとって挑戦的な面がいくつかあった。

まず、宮崎監督がCGでの表現に挑んだことだ。

今回はキャラクター、ボロの目から見た「空気」や「花粉」を表現したゼリー状の物体など「動く立体物」にCGを使った。

ボロが歩くときは一本一本の毛が柔らかそうに揺れ、足の動きもリアルだった。CGなのに、手書きっぽさも感じられた。


もちろん従来通り、ジブリの緻密な背景描写も健在だ。

葉っぱの形や質感、厚みなどはとてもリアルで、美術監督・吉田昇さんのこだわりが垣間見えた。

古くもあり、新しくもある。宮崎監督も、新たなスタイルを模索しながら、実験しているようでもあった。


思わず出た「タモさんすげぇ...」の言葉


音にも注目だ。今作では全編を通して、タモリさんが「声」と「音」をひとりで担当。

宮崎監督が何度もラブコールをおくって実現したキャスティングだという。

セリフらしいセリフは一つも無い。BGMも、エンディング以外は一切ない。

私たちが日頃見ているアニメーション作品で、いかにBGMが大きな役割を果たしているのかを実感した。

一方で、タモリさんの演技とジブリの作画に、観客は全神経を集中させることができる。

コミカルな顔をしたボロと、タモリさんが声で作り出した効果音。

その相乗効果に、思わず夢中になった。

ボロが外の世界を不思議そうに眺める様子、一生懸命に植物の茎を昇る音、みずみずしい葉っぱをおいしそうに食べる音、敵に狙われ恐怖に震えるボロの様子、昆虫たちの羽音、果ては人間の女の子が漕ぐ自転車の音まで...。

作品を見ながら、思わず私は「タモさん、すげぇ...」とつぶやいてしまった。

思えばタモリさんは、「密室芸」と呼ばれる形態模写や声マネを得意としたエンターテイナーだった。

イグアナ、サル、ハエなどのマネのほか、ポットにお湯を入れる音、戦闘機のプロペラ音などニッチな声帯模写も得意としている。

野生動物の声マネを織り交ぜたアフリカ民族音楽風の曲「SOBAYA(ソバヤ)」も、往年のファンには人気だ。

そうだ。タモリさんの声は、まさに「楽器」なのだ。

『毛虫のボロ』では、タモリが培ってきたそんな芸の一端を垣間見ることができる。宮崎監督も、コメントで「タモリさんなくては、この映画は完成しませんでした」と綴っている。

タモリと宮崎駿、密室芸とアニメーション――二人の天才と、2つの世界の融合、それが『毛虫のボロ』の真骨頂かもしれない。
上映にあたって、宮崎駿監督のコメント(全文)


ごあいさつ

生まれたばかりのちっぽけな毛虫に世界はどう見えているのでしょう。

小学生のとき、植物の光合成について教えられて、光合成はどう見えるのかズーッと気になっていました。

毛虫には空気の粒は見えるのかなぁとか、葉っぱをかじった時はゼリーのような味がするのかなぁとか、狩人蜂は今の戦場で飛び回っている無人攻撃機みたいなものかなぁとか...。

それでこんな映画ができてしまいました。

さいごまでつきあってくれたスタッフと、ノボロギクを教えてくれた家内と、音をあててくれたタモリさんに感謝します。

タモリさんなくては、この映画は完成しませんでした。

ありがとう。

宮崎駿監督

 ◇

毛虫のボロは3月21日〜8月末まで「三鷹の森ジブリ美術館」で上映される。美術館の入場は日時指定の予約制。
  • 2018.03.17 Saturday
  • 07:35

雑誌

『音声翻訳機「ili(イリー)」CMで草なぎ剛さんが大興奮! ザ・テレビジョン 2018年3月15日付』

皆様は、もうご覧になりましたか?私はまだなので、早く観たいです!草彅さんと語学の相性抜群なので!以下は、原文のままです。


世界初の瞬間オフライン音声翻訳機「ili(イリー)」のCMが3月15日(木)より関東・関西エリアでスタートした。CMは、イメージキャラクターの草なぎ剛が、海外で腹痛に苦しむ友人を搬送中に使用した「ili」の翻訳能力に大興奮し、苦しむ友人の肩を思わず激しく揺すってしまうというストーリー。コミカルにその魅力を分かりやすく伝えている。また、新CMの放映開始に伴って、「ili×草なぎ剛さん 特設サイト」が公開。

昨年12月に実施された先行販売の時には、初めて「ili」を使い操作に戸惑っていた草なぎさんだが、今回のCM 撮影では完全に「ili」マスターに。

また、シリアスなシーンにもかかわらずユーモラスな演出だったこともあり、草なぎさんの全力の演技に撮影スタッフが笑ってしまうこともしばしばあったそう。終始和気あいあいとした雰囲気で撮影が行われた。

草なぎさんは、インタビューで「Wi-Fiがなくても使用できるところが、コレすごいと思います! 海外に行ったら、レストランでのちょっとした注文のシーンで好き嫌いを伝えるときに妥協しちゃうことがあるので。でも『ili』があれば、例えば、『温かい水が良かった』『冷たいのにして!』とか完璧に通訳してくれるので良いですよね。

一歩踏み出すとき何にもないよりか何かあった方が良いと思います。『ili』は絶対に心強い味方になると思います!」と、自身の体験とともに「ili」の魅力を熱く語った。
  • 2018.03.15 Thursday
  • 19:13

雑誌

『大杉漣さん語っていた名脇役の矜持「現場が僕の生きる場所」女性自身 2018年2月22日付』

私がこの訃報を知ったのはスマホのニュースでした。一夜明けた今も、まだ信じられずにいるのが現状です。大杉さんと共演された方々は多くいらっしゃる中で、同記事には書かれていませんが、真っ先に思い浮かべたのは草彅剛さんです。亡くなられたご本人の無念と御家族やご共演された方々のお心に、お見舞い申し上げます。以下は、原文のままです。

俳優・大杉漣さんが2月21日、急性心不全で亡くなった。66歳だった。

名バイプレイヤーとして、数多くの作品で存在感を示してきた大杉さん。44年にわたる俳優人生の始まりは劇団「転形劇場」だった。

特殊なメソッドの舞台をやる劇団で、セリフなしに演じる<沈黙劇>は世間で高く評価されていた。

その後、Vシネマやピンク映画などへ活躍の場を広げていく。98年、北野監督『HANA-BI』、崔 洋一監督『犬、走る DOG RACE』で助演男優賞を受賞。一躍注目を集めた。

この会見で、記者から「これで下積みが終わりますね」と声をかけられたという大杉さん。このときのエピソードを、女性自身2014年6月17日号のインタビューで次のように語っていた。

「言わずにはいられなかった。『僕自身、今までやってきたことを、下積みと思ったことは一度もありません。僕は、そのときに、それがやりたかったんです。だから僕は、一生、下積みます!』って。その気持ちは、今でも変わりません。何が上で、何がしたという感覚が、僕にはないんです。脚本が面白いと思えば、どんな現場にも駆けつけたい。60歳を過ぎても、いい意味でのフットワークというか、さまよえる精神というものを、自分の中につねに持っていたい」

フットワーク軽く、硬軟さまざまな役を自在に演じ分けていた。大杉さんは<現場>に抱く思いをこう語っている。

「基本的に自分の考え方とか見方というものは、現場というフィルターを通すことによって感じたものの影響が大きかったと思います。そういう意味で、自分は<現場者>で、現場は僕がいちばんいたい場所ですし、さらに言えば『現場が僕の生きる場所』。その気持ちは今でも変わりません」

その言葉通り、亡くなった前日にもドラマ『バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』(テレビ東京系)の撮影に臨んでいたという。

共演していた遠藤憲一さん(56)、田口トモロヲさんさん(60)、松重豊さん(55)、光石研さん(56)の4人は以下のようにコメントを寄せている。

「最後の日まで、役者として現場に立ち、みんなを笑わせ続けていました。永遠に我々の目標であり、憧れでもある漣さんを、一同、心から誇りに思います。お疲れ様でした。どうか、安らかにお休みください」
  • 2018.02.22 Thursday
  • 08:01

雑誌

「森且行さん、SMAPを象徴する星マーク付きパーカーの広告塔に週刊女性2018年2月27日号 2018/2/13」

久しぶりに森さんの話題に、嬉しくなりました(^-^)以下は、原文のままです。


《6色買いました!》《森くん最高だよ 森くんも 必死に守ってくれてる パーカー何色にしようかな》《何色にするか迷ってたら売り切れてる……》

 星は消させない。SMAPが解散し、ある者は事務所に残り、ある者は離れ、新たな一歩を踏み出した。

「解散騒動が起こった'16年から、ことあるごとに彼らの象徴的なマークである“星”柄を身につけ、SMAPへの愛を無言でアピールし続けていたのが、森且行さんでした」(スポーツ紙記者)

 '96年にオートレーサーを目指すため、SMAPを脱退した森さん。以降、公の場で彼がSMAPを語ることはなかった。しかし、解散が現実となった昨年が特に顕著だったが、イベント時やレースのヘルメットなど、公の場に出る際は、ほぼ毎回、星柄を身につけていた。そしてこのたび星はさらなる動きを見せた。

「2月1日に、森さんがプロデュースするパーカーの発売が発表されました。胸と袖には、“5人”を思わせる5つの星柄が施されています。

 また、色も中居正広さんの青、木村拓哉さんの赤、稲垣吾郎さんのピンク、草なぎ剛さんの黄色、香取慎吾さんの緑、そして森さんの白と、SMAPカラーはすべて用意されています」(同・スポーツ紙記者)

 冒頭の言葉は、その発売を知ったファンたちの声だ。パーカーは、イギリスのアパレルブランド『KANGOL』(カンゴール)とのコラボの形で発売される。

「カンゴールの公式サイトと一部販売サイトで展開されていますが、色とサイズによっては即売り切れとなるなど、注文が殺到しています」(ファッション雑誌ライター)

 昨年11月末の、『72時間ホンネテレビ』では21年ぶりに稲垣さん、草なぎさん、香取さんと共演。3人は4月1日より、毎月7時間を超える長時間のレギュラー番組をAbemaTVでスタートさせるなど、本格的に動き出した。森さんも新たなる動きを見せていくのか。

「今月は森さんの名前を冠したパチンコ台もリリースされます。しかし、パチンコ台もパーカーも、あくまでオートレーサーとしてのコラボであり、彼は“オートレースがもっと広まってほしい”という思いが第一にあり、自ら広告塔的な役割を担っているのでしょう。もちろん、そのなかでSMAPへの愛も伝えられたら、という意識も強いですが」(芸能ジャーナリスト)

 ずっと星を背負い続けてきた森さん。星は5つだけではなく当然、彼も星の1つ。今後ももっと輝く姿をファンに届けてほしい!
  • 2018.02.14 Wednesday
  • 14:37

雑誌

『PRESIDENT 2018年2/12号(仕事に役立つ「日本史」入門) -プレジデント社-〈広岡浅子の「変化する力」〉』

本書は…

先が読める、勇気が出る、自分が変わる
仕事に役立つ「日本史」入門

現代の人口減少は4度目だった――超長期データで歴史の真実に迫る
江戸から400年、どうやって経済発展したか?
学校では教えない「近代史のナゾ」
人口減少は新時代到来の前触れ/国難は金融緩和が救う/冷夏が飢饉を招く/日本人の身長は江戸時代が最低!?

対談●丹羽宇一郎×河合敦――時代の転換期をどう乗り切るか
先手を打つ、人を動かす「幕末・明治のリーダー学」
西郷と龍馬「意外な共通点」/パンはペンより強し/女性が活躍した理由

▼《脳科学診断》激動期に成功する人、ビンボーになる人

幕末イノベーションで大儲け
今日から実践!「明治の大富豪」のすごい仕事術
●渋沢栄一の「会社の作り方」▼大きな発展に必要なものは「道徳」
●岩崎弥太郎の「事業の起こし方」▼必要なら?下衆なもの?でも取り入れる
●安田善次郎の「利益を生み出す力」▼いいものを安く、投機でなく投資する
●広岡浅子の「変化する力」▼新しい時代に合わせて「古いものを生かす」

▼時代遅れにならないための処方箋

肖像画は弟と大山巌の合わせ技、陰嚢が大きすぎて馬に乗れない……
大河ドラマがもっと面白くなる
テレビでは放映できない「西郷どん」の真実

職場で迷ったらこれに従え
「正念場で必ず勝つ」名将の生き方ルール
無欲と義の姿勢/二番手を目指す/部下あっての自分/弱者の選択/無神経を押し通す

▼そうだったのか、武士の「給料」と「人事評価」

西郷、高杉、龍馬、木戸、ジョン万次郎、新撰組……
あなたはどんな人生を目指すか?
読者500人調査◎「維新の偉人」人気ランキング

▼津田梅子、楠本イネ、新島八重……「日本初」を実現した女性列伝

日米合同委員会、三菱金曜会、日本会議――ここで決まることとは
新聞はなぜ、詳しく報じないか?
日本を陰で動かす「伝統会議」の研究

▼教育ママ、教育パパの日本史――江戸時代、農家の子に勉強が必要なわけ

トヨタ、パナソニック、資生堂……わが社の歴史はこの一品から始まった
蔵出し! 大企業博物館の「お宝」誌上公開

・・・・・・

企業の活路◎NTN▼「EVショック」をチャンスに変えよ! 部品メーカーの挑戦

・・・・・・

大前研一の「日本のカラクリ」▼「働き方改革」が日本企業をダメにする
飯島 勲の「リーダーの掟」」▼「総理大臣」次は菅長官、その次が進次郎
弘兼憲史の「日本のキーマン」解剖 ▼回転寿司を世界へ「辣腕のプロ経営者」●水留浩一・スシローグローバルホールディングス社長CEO
田原総一朗「次代への遺言」▼秋元康も認めたエンタメ界の革新者●前田裕二・SHОWRООM社長
池上 彰の「トップの読書術」▼丹羽さんの戦争論●松本 晃・カルビー会長兼CEO(後編)
経営者たちの四十代▼デンカ会長・???紳介▼横並びを脱した「能與世推移」●街風隆雄
本田 健の「成功と幸せの法則」▼あなたに力を貸してくれる味方は何人いますか?
マネーの新流儀▼高年収の会社員は増税! 確定申告でできることは?●井戸美枝
世のなか法律塾▼神社は?跡目争い?が起きるほど儲かるのか●村上 敬
数字の学校▼複数条件を整理する「集合の法則」●永野裕之
世界一の発想法▼できる人とできない人の簡単な見分け方●茂木健一郎
出口治明の「悩み事の出口」▼情報過多の現代、何を取捨選択すればいいか
「橋下 徹」通信▼弁護士は殺人鬼をどう弁護すべきか
判断意見▼空き家問題は、金融市場から解決しよう●浜田 宏(アルヒ会長兼社長)
職場の最新心理学▼なぜ日本はお酒に寛容なのか●島井哲志
ビジネススクール流 知的武装講座▼失速した家電メーカーが復活するには●長内 厚
クエスチョンタイム▼なぜ楽天のキャリア参入を専門家は疑問に思うか●北 俊一・・・・ほか

さらに!

先が読める、勇気が出る、自分が変わる 仕事に役立つ「日本史」入門 現代の人口減少は4度目だった――超長期データで歴史の真実に迫る 江戸から400年、どうやって経済発展したか? 学校では教えない「近代史のナゾ」 人口減少は新時代到来の前触れ/国難は金融緩和が救う/冷夏が飢饉を招く/日本人の身長は江戸時代が最低!? 対談●丹羽宇一郎×河合敦――時代の転換期をどう乗り切るか 先手を打つ、人を動かす「幕末・明治のリーダー学」 西郷と龍馬「意外な共通点」/パンはペンより強し/女性が活躍した理由 ▼《脳科学診断》激動期に成功する人、ビンボーになる人 幕末イノベーションで大儲け 今日から実践!「明治の大富豪」のすごい仕事術 ●渋沢栄一の「会社の作り方」▼大きな発展に必要なものは「道徳」 ●岩崎弥太郎の「事業の起こし方」▼必要なら?下衆なもの?でも取り入れる ●安田善次郎の「利益を生み出す力」▼いいものを安く、投機でなく投資する ●広岡浅子の「変化する力」▼新しい時代に合わせて「古いものを生かす」 ▼時代遅れにならないための処方箋 肖像画は弟と大山巌の合わせ技、陰嚢が大きすぎて馬に乗れない…… 大河ドラマがもっと面白くなる テレビでは放映できない「西郷どん」の真実 職場で迷ったらこれに従え 「正念場で必ず勝つ」名将の生き方ルール 無欲と義の姿勢/二番手を目指す/部下あっての自分/弱者の選択/無神経を押し通す ▼そうだったのか、武士の「給料」と「人事評価」

といった盛りだくさんの内容をギュッと、1冊に凝縮された1冊です。

今回は、朝ドラ「あさが来た」のモデルとなった事を楽しく思い出しながら、〈広岡浅子の「変化する力」〉を読み進めました。

彼女の座右の銘は、「九転十起」ですが、私は「万転無起」ではないかと思いながら(苦笑)



お読みになられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2018.02.05 Monday
  • 15:08

雑誌

『PRESIDENT 2018年2/12号(仕事に役立つ「日本史」入門) 《脳科学診断》激動期に成功する人、ビンボーになる人 -プレジデント社-』

本書は…

先が読める、勇気が出る、自分が変わる
仕事に役立つ「日本史」入門

現代の人口減少は4度目だった――超長期データで歴史の真実に迫る
江戸から400年、どうやって経済発展したか?
学校では教えない「近代史のナゾ」
人口減少は新時代到来の前触れ/国難は金融緩和が救う/冷夏が飢饉を招く/日本人の身長は江戸時代が最低!?

対談●丹羽宇一郎×河合敦――時代の転換期をどう乗り切るか
先手を打つ、人を動かす「幕末・明治のリーダー学」
西郷と龍馬「意外な共通点」/パンはペンより強し/女性が活躍した理由

▼《脳科学診断》激動期に成功する人、ビンボーになる人

幕末イノベーションで大儲け
今日から実践!「明治の大富豪」のすごい仕事術
●渋沢栄一の「会社の作り方」▼大きな発展に必要なものは「道徳」
●岩崎弥太郎の「事業の起こし方」▼必要なら?下衆なもの?でも取り入れる
●安田善次郎の「利益を生み出す力」▼いいものを安く、投機でなく投資する
●広岡浅子の「変化する力」▼新しい時代に合わせて「古いものを生かす」

▼時代遅れにならないための処方箋

肖像画は弟と大山巌の合わせ技、陰嚢が大きすぎて馬に乗れない……
大河ドラマがもっと面白くなる
テレビでは放映できない「西郷どん」の真実

職場で迷ったらこれに従え
「正念場で必ず勝つ」名将の生き方ルール
無欲と義の姿勢/二番手を目指す/部下あっての自分/弱者の選択/無神経を押し通す

▼そうだったのか、武士の「給料」と「人事評価」

西郷、高杉、龍馬、木戸、ジョン万次郎、新撰組……
あなたはどんな人生を目指すか?
読者500人調査◎「維新の偉人」人気ランキング

▼津田梅子、楠本イネ、新島八重……「日本初」を実現した女性列伝

日米合同委員会、三菱金曜会、日本会議――ここで決まることとは
新聞はなぜ、詳しく報じないか?
日本を陰で動かす「伝統会議」の研究

▼教育ママ、教育パパの日本史――江戸時代、農家の子に勉強が必要なわけ

トヨタ、パナソニック、資生堂……わが社の歴史はこの一品から始まった
蔵出し! 大企業博物館の「お宝」誌上公開

・・・・・・

企業の活路◎NTN▼「EVショック」をチャンスに変えよ! 部品メーカーの挑戦

・・・・・・

大前研一の「日本のカラクリ」▼「働き方改革」が日本企業をダメにする
飯島 勲の「リーダーの掟」」▼「総理大臣」次は菅長官、その次が進次郎
弘兼憲史の「日本のキーマン」解剖 ▼回転寿司を世界へ「辣腕のプロ経営者」●水留浩一・スシローグローバルホールディングス社長CEO
田原総一朗「次代への遺言」▼秋元康も認めたエンタメ界の革新者●前田裕二・SHОWRООM社長
池上 彰の「トップの読書術」▼丹羽さんの戦争論●松本 晃・カルビー会長兼CEO(後編)
経営者たちの四十代▼デンカ会長・???紳介▼横並びを脱した「能與世推移」●街風隆雄
本田 健の「成功と幸せの法則」▼あなたに力を貸してくれる味方は何人いますか?
マネーの新流儀▼高年収の会社員は増税! 確定申告でできることは?●井戸美枝
世のなか法律塾▼神社は?跡目争い?が起きるほど儲かるのか●村上 敬
数字の学校▼複数条件を整理する「集合の法則」●永野裕之
世界一の発想法▼できる人とできない人の簡単な見分け方●茂木健一郎
出口治明の「悩み事の出口」▼情報過多の現代、何を取捨選択すればいいか
「橋下 徹」通信▼弁護士は殺人鬼をどう弁護すべきか
判断意見▼空き家問題は、金融市場から解決しよう●浜田 宏(アルヒ会長兼社長)
職場の最新心理学▼なぜ日本はお酒に寛容なのか●島井哲志
ビジネススクール流 知的武装講座▼失速した家電メーカーが復活するには●長内 厚
クエスチョンタイム▼なぜ楽天のキャリア参入を専門家は疑問に思うか●北 俊一・・・・ほか

さらに!

先が読める、勇気が出る、自分が変わる 仕事に役立つ「日本史」入門 現代の人口減少は4度目だった――超長期データで歴史の真実に迫る 江戸から400年、どうやって経済発展したか? 学校では教えない「近代史のナゾ」 人口減少は新時代到来の前触れ/国難は金融緩和が救う/冷夏が飢饉を招く/日本人の身長は江戸時代が最低!? 対談●丹羽宇一郎×河合敦――時代の転換期をどう乗り切るか 先手を打つ、人を動かす「幕末・明治のリーダー学」 西郷と龍馬「意外な共通点」/パンはペンより強し/女性が活躍した理由 ▼《脳科学診断》激動期に成功する人、ビンボーになる人 幕末イノベーションで大儲け 今日から実践!「明治の大富豪」のすごい仕事術 ●渋沢栄一の「会社の作り方」▼大きな発展に必要なものは「道徳」 ●岩崎弥太郎の「事業の起こし方」▼必要なら?下衆なもの?でも取り入れる ●安田善次郎の「利益を生み出す力」▼いいものを安く、投機でなく投資する ●広岡浅子の「変化する力」▼新しい時代に合わせて「古いものを生かす」 ▼時代遅れにならないための処方箋 肖像画は弟と大山巌の合わせ技、陰嚢が大きすぎて馬に乗れない…… 大河ドラマがもっと面白くなる テレビでは放映できない「西郷どん」の真実 職場で迷ったらこれに従え 「正念場で必ず勝つ」名将の生き方ルール 無欲と義の姿勢/二番手を目指す/部下あっての自分/弱者の選択/無神経を押し通す ▼そうだったのか、武士の「給料」と「人事評価」



今回は、「《脳科学診断》激動期に成功する人、ビンボーになる人」に注目しました。

都立病院の現役 脳神経外科医が激動期を生きた日本の偉人達を脳科学診断された内容が書かれています。
これによると、人は以下の4つのタイプに分類されるようです。



〈右脳3次元〉「行動する人」

空間のなかでの動きが速い/思考と発言が同時/周囲を巻き込む力が強い/常に自由で楽しいことや刺激を求める 《桐野利秋・高杉晋作・豊臣秀吉》

〈右脳2次元〉「尽くす人」

相手に合わせすぎて主体性を失いがちになる/狭くてこい人間関係をつくる 《坂本龍馬・西郷隆盛・前田利家》

〈左脳3次元〉「考える人」

本質を見るスピードや考え方の変化が速い/目的・目標が明確で、結論から考え始める/情動的な関わりが苦手 《大久保利通・徳川家康・織田信長》

〈左脳2次元〉「支える人」

原理原則にこだわって人間関係に問題を起こす/緻密な情報をもとに、物事や考えを整理整頓するのを得意とする



皆様は、どのタイプにあてはまるでしょうか?
お読みになられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2018.02.05 Monday
  • 11:21

雑誌

『PRESIDENT 2018年2/12号(仕事に役立つ「日本史」入門) -プレジデント社-〈江戸は小氷期で寒く冬は雪景色だった〉』

本書は…

先が読める、勇気が出る、自分が変わる
仕事に役立つ「日本史」入門

現代の人口減少は4度目だった――超長期データで歴史の真実に迫る
江戸から400年、どうやって経済発展したか?
学校では教えない「近代史のナゾ」
人口減少は新時代到来の前触れ/国難は金融緩和が救う/冷夏が飢饉を招く/日本人の身長は江戸時代が最低!?

対談●丹羽宇一郎×河合敦――時代の転換期をどう乗り切るか
先手を打つ、人を動かす「幕末・明治のリーダー学」
西郷と龍馬「意外な共通点」/パンはペンより強し/女性が活躍した理由

▼《脳科学診断》激動期に成功する人、ビンボーになる人

幕末イノベーションで大儲け
今日から実践!「明治の大富豪」のすごい仕事術
●渋沢栄一の「会社の作り方」▼大きな発展に必要なものは「道徳」
●岩崎弥太郎の「事業の起こし方」▼必要なら?下衆なもの?でも取り入れる
●安田善次郎の「利益を生み出す力」▼いいものを安く、投機でなく投資する
●広岡浅子の「変化する力」▼新しい時代に合わせて「古いものを生かす」

▼時代遅れにならないための処方箋

肖像画は弟と大山巌の合わせ技、陰嚢が大きすぎて馬に乗れない……
大河ドラマがもっと面白くなる
テレビでは放映できない「西郷どん」の真実

職場で迷ったらこれに従え
「正念場で必ず勝つ」名将の生き方ルール
無欲と義の姿勢/二番手を目指す/部下あっての自分/弱者の選択/無神経を押し通す

▼そうだったのか、武士の「給料」と「人事評価」

西郷、高杉、龍馬、木戸、ジョン万次郎、新撰組……
あなたはどんな人生を目指すか?
読者500人調査◎「維新の偉人」人気ランキング

▼津田梅子、楠本イネ、新島八重……「日本初」を実現した女性列伝

日米合同委員会、三菱金曜会、日本会議――ここで決まることとは
新聞はなぜ、詳しく報じないか?
日本を陰で動かす「伝統会議」の研究

▼教育ママ、教育パパの日本史――江戸時代、農家の子に勉強が必要なわけ

トヨタ、パナソニック、資生堂……わが社の歴史はこの一品から始まった
蔵出し! 大企業博物館の「お宝」誌上公開

・・・・・・

企業の活路◎NTN▼「EVショック」をチャンスに変えよ! 部品メーカーの挑戦

・・・・・・

大前研一の「日本のカラクリ」▼「働き方改革」が日本企業をダメにする
飯島 勲の「リーダーの掟」」▼「総理大臣」次は菅長官、その次が進次郎
弘兼憲史の「日本のキーマン」解剖 ▼回転寿司を世界へ「辣腕のプロ経営者」●水留浩一・スシローグローバルホールディングス社長CEO
田原総一朗「次代への遺言」▼秋元康も認めたエンタメ界の革新者●前田裕二・SHОWRООM社長
池上 彰の「トップの読書術」▼丹羽さんの戦争論●松本 晃・カルビー会長兼CEO(後編)
経営者たちの四十代▼デンカ会長・???紳介▼横並びを脱した「能與世推移」●街風隆雄
本田 健の「成功と幸せの法則」▼あなたに力を貸してくれる味方は何人いますか?
マネーの新流儀▼高年収の会社員は増税! 確定申告でできることは?●井戸美枝
世のなか法律塾▼神社は?跡目争い?が起きるほど儲かるのか●村上 敬
数字の学校▼複数条件を整理する「集合の法則」●永野裕之
世界一の発想法▼できる人とできない人の簡単な見分け方●茂木健一郎
出口治明の「悩み事の出口」▼情報過多の現代、何を取捨選択すればいいか
「橋下 徹」通信▼弁護士は殺人鬼をどう弁護すべきか
判断意見▼空き家問題は、金融市場から解決しよう●浜田 宏(アルヒ会長兼社長)
職場の最新心理学▼なぜ日本はお酒に寛容なのか●島井哲志
ビジネススクール流 知的武装講座▼失速した家電メーカーが復活するには●長内 厚
クエスチョンタイム▼なぜ楽天のキャリア参入を専門家は疑問に思うか●北 俊一・・・・ほか

さらに!

先が読める、勇気が出る、自分が変わる 仕事に役立つ「日本史」入門 現代の人口減少は4度目だった――超長期データで歴史の真実に迫る 江戸から400年、どうやって経済発展したか? 学校では教えない「近代史のナゾ」 人口減少は新時代到来の前触れ/国難は金融緩和が救う/冷夏が飢饉を招く/日本人の身長は江戸時代が最低!? 対談●丹羽宇一郎×河合敦――時代の転換期をどう乗り切るか 先手を打つ、人を動かす「幕末・明治のリーダー学」 西郷と龍馬「意外な共通点」/パンはペンより強し/女性が活躍した理由 ▼《脳科学診断》激動期に成功する人、ビンボーになる人 幕末イノベーションで大儲け 今日から実践!「明治の大富豪」のすごい仕事術 ●渋沢栄一の「会社の作り方」▼大きな発展に必要なものは「道徳」 ●岩崎弥太郎の「事業の起こし方」▼必要なら?下衆なもの?でも取り入れる ●安田善次郎の「利益を生み出す力」▼いいものを安く、投機でなく投資する ●広岡浅子の「変化する力」▼新しい時代に合わせて「古いものを生かす」 ▼時代遅れにならないための処方箋 肖像画は弟と大山巌の合わせ技、陰嚢が大きすぎて馬に乗れない…… 大河ドラマがもっと面白くなる テレビでは放映できない「西郷どん」の真実 職場で迷ったらこれに従え 「正念場で必ず勝つ」名将の生き方ルール 無欲と義の姿勢/二番手を目指す/部下あっての自分/弱者の選択/無神経を押し通す ▼そうだったのか、武士の「給料」と「人事評価」

といった盛りだくさんの内容をギュッと、1冊に凝縮された1冊です。

今回は、〈江戸は小氷期で寒く冬は雪景色だった〉の記事で、当時の気象状況について多くの事を知ることができました。

特に、「1780年代には両国川や浅草川が氷結したという記述も残っています。」という一文には驚かされました。
先日の大雪の事もあって、読んでみたいと思いました。当時の江戸の気象情報について広く共有できれば、環境は大きく変わっている現代生活にも役立てられるかも知れませんね(^-^)


お読みになられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2018.02.04 Sunday
  • 15:52

雑誌

『PRESIDENT 2018年2/12号(仕事に役立つ「日本史」入門) -プレジデント社 〈日本人の身長は江戸時代が『最低』だった〉-』

本書は…

先が読める、勇気が出る、自分が変わる
仕事に役立つ「日本史」入門

現代の人口減少は4度目だった――超長期データで歴史の真実に迫る
江戸から400年、どうやって経済発展したか?
学校では教えない「近代史のナゾ」
人口減少は新時代到来の前触れ/国難は金融緩和が救う/冷夏が飢饉を招く/日本人の身長は江戸時代が最低!?

対談●丹羽宇一郎×河合敦――時代の転換期をどう乗り切るか
先手を打つ、人を動かす「幕末・明治のリーダー学」
西郷と龍馬「意外な共通点」/パンはペンより強し/女性が活躍した理由

▼《脳科学診断》激動期に成功する人、ビンボーになる人

幕末イノベーションで大儲け
今日から実践!「明治の大富豪」のすごい仕事術
●渋沢栄一の「会社の作り方」▼大きな発展に必要なものは「道徳」
●岩崎弥太郎の「事業の起こし方」▼必要なら?下衆なもの?でも取り入れる
●安田善次郎の「利益を生み出す力」▼いいものを安く、投機でなく投資する
●広岡浅子の「変化する力」▼新しい時代に合わせて「古いものを生かす」

▼時代遅れにならないための処方箋

肖像画は弟と大山巌の合わせ技、陰嚢が大きすぎて馬に乗れない……
大河ドラマがもっと面白くなる
テレビでは放映できない「西郷どん」の真実

職場で迷ったらこれに従え
「正念場で必ず勝つ」名将の生き方ルール
無欲と義の姿勢/二番手を目指す/部下あっての自分/弱者の選択/無神経を押し通す

▼そうだったのか、武士の「給料」と「人事評価」

西郷、高杉、龍馬、木戸、ジョン万次郎、新撰組……
あなたはどんな人生を目指すか?
読者500人調査◎「維新の偉人」人気ランキング

▼津田梅子、楠本イネ、新島八重……「日本初」を実現した女性列伝

日米合同委員会、三菱金曜会、日本会議――ここで決まることとは
新聞はなぜ、詳しく報じないか?
日本を陰で動かす「伝統会議」の研究

▼教育ママ、教育パパの日本史――江戸時代、農家の子に勉強が必要なわけ

トヨタ、パナソニック、資生堂……わが社の歴史はこの一品から始まった
蔵出し! 大企業博物館の「お宝」誌上公開

・・・・・・

企業の活路◎NTN▼「EVショック」をチャンスに変えよ! 部品メーカーの挑戦

・・・・・・

大前研一の「日本のカラクリ」▼「働き方改革」が日本企業をダメにする
飯島 勲の「リーダーの掟」」▼「総理大臣」次は菅長官、その次が進次郎
弘兼憲史の「日本のキーマン」解剖 ▼回転寿司を世界へ「辣腕のプロ経営者」●水留浩一・スシローグローバルホールディングス社長CEO
田原総一朗「次代への遺言」▼秋元康も認めたエンタメ界の革新者●前田裕二・SHОWRООM社長
池上 彰の「トップの読書術」▼丹羽さんの戦争論●松本 晃・カルビー会長兼CEO(後編)
経営者たちの四十代▼デンカ会長・???紳介▼横並びを脱した「能與世推移」●街風隆雄
本田 健の「成功と幸せの法則」▼あなたに力を貸してくれる味方は何人いますか?
マネーの新流儀▼高年収の会社員は増税! 確定申告でできることは?●井戸美枝
世のなか法律塾▼神社は?跡目争い?が起きるほど儲かるのか●村上 敬
数字の学校▼複数条件を整理する「集合の法則」●永野裕之
世界一の発想法▼できる人とできない人の簡単な見分け方●茂木健一郎
出口治明の「悩み事の出口」▼情報過多の現代、何を取捨選択すればいいか
「橋下 徹」通信▼弁護士は殺人鬼をどう弁護すべきか
判断意見▼空き家問題は、金融市場から解決しよう●浜田 宏(アルヒ会長兼社長)
職場の最新心理学▼なぜ日本はお酒に寛容なのか●島井哲志
ビジネススクール流 知的武装講座▼失速した家電メーカーが復活するには●長内 厚
クエスチョンタイム▼なぜ楽天のキャリア参入を専門家は疑問に思うか●北 俊一・・・・ほか

さらに!

先が読める、勇気が出る、自分が変わる 仕事に役立つ「日本史」入門 現代の人口減少は4度目だった――超長期データで歴史の真実に迫る 江戸から400年、どうやって経済発展したか? 学校では教えない「近代史のナゾ」 人口減少は新時代到来の前触れ/国難は金融緩和が救う/冷夏が飢饉を招く/日本人の身長は江戸時代が最低!? 対談●丹羽宇一郎×河合敦――時代の転換期をどう乗り切るか 先手を打つ、人を動かす「幕末・明治のリーダー学」 西郷と龍馬「意外な共通点」/パンはペンより強し/女性が活躍した理由 ▼《脳科学診断》激動期に成功する人、ビンボーになる人 幕末イノベーションで大儲け 今日から実践!「明治の大富豪」のすごい仕事術 ●渋沢栄一の「会社の作り方」▼大きな発展に必要なものは「道徳」 ●岩崎弥太郎の「事業の起こし方」▼必要なら?下衆なもの?でも取り入れる ●安田善次郎の「利益を生み出す力」▼いいものを安く、投機でなく投資する ●広岡浅子の「変化する力」▼新しい時代に合わせて「古いものを生かす」 ▼時代遅れにならないための処方箋 肖像画は弟と大山巌の合わせ技、陰嚢が大きすぎて馬に乗れない…… 大河ドラマがもっと面白くなる テレビでは放映できない「西郷どん」の真実 職場で迷ったらこれに従え 「正念場で必ず勝つ」名将の生き方ルール 無欲と義の姿勢/二番手を目指す/部下あっての自分/弱者の選択/無神経を押し通す ▼そうだったのか、武士の「給料」と「人事評価」

といった盛りだくさんの内容をギュッと、1冊に凝縮された1冊です。

今回は、〈日本人の身長は江戸時代が『最低』だった〉の記事に注目しました。

徳川家康・江戸庶民・西郷隆盛・大谷翔平選手のイラストと写真が並んでいて、身長を比較されていて、

「平均身長比、幕末の西郷どんのデカさは現代の大谷翔平以上!」と添えられているコメントに惹かれました!

ここに書かれている内容によると…

徳川家康 159cm
江戸庶民 155cm
西郷隆盛 180cm
大谷翔平 193cm

という事なので、うーん納得です!

改めて栄養補給の大切さと過度のダイエットの危険性を考えさせられました。


お読みになられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2018.02.04 Sunday
  • 15:29

雑誌

『PRESIDENT 2018年2/12号(仕事に役立つ「日本史」入門) 池上 彰の「トップの読書術」▼丹羽さんの戦争論●松本 晃・カルビー会長兼CEO(後編) -プレジデント社-』

本書は…

先が読める、勇気が出る、自分が変わる
仕事に役立つ「日本史」入門

現代の人口減少は4度目だった――超長期データで歴史の真実に迫る
江戸から400年、どうやって経済発展したか?
学校では教えない「近代史のナゾ」
人口減少は新時代到来の前触れ/国難は金融緩和が救う/冷夏が飢饉を招く/日本人の身長は江戸時代が最低!?

対談●丹羽宇一郎×河合敦――時代の転換期をどう乗り切るか
先手を打つ、人を動かす「幕末・明治のリーダー学」
西郷と龍馬「意外な共通点」/パンはペンより強し/女性が活躍した理由

▼《脳科学診断》激動期に成功する人、ビンボーになる人

幕末イノベーションで大儲け
今日から実践!「明治の大富豪」のすごい仕事術
●渋沢栄一の「会社の作り方」▼大きな発展に必要なものは「道徳」
●岩崎弥太郎の「事業の起こし方」▼必要なら?下衆なもの?でも取り入れる
●安田善次郎の「利益を生み出す力」▼いいものを安く、投機でなく投資する
●広岡浅子の「変化する力」▼新しい時代に合わせて「古いものを生かす」

▼時代遅れにならないための処方箋

肖像画は弟と大山巌の合わせ技、陰嚢が大きすぎて馬に乗れない……
大河ドラマがもっと面白くなる
テレビでは放映できない「西郷どん」の真実

職場で迷ったらこれに従え
「正念場で必ず勝つ」名将の生き方ルール
無欲と義の姿勢/二番手を目指す/部下あっての自分/弱者の選択/無神経を押し通す

▼そうだったのか、武士の「給料」と「人事評価」

西郷、高杉、龍馬、木戸、ジョン万次郎、新撰組……
あなたはどんな人生を目指すか?
読者500人調査◎「維新の偉人」人気ランキング

▼津田梅子、楠本イネ、新島八重……「日本初」を実現した女性列伝

日米合同委員会、三菱金曜会、日本会議――ここで決まることとは
新聞はなぜ、詳しく報じないか?
日本を陰で動かす「伝統会議」の研究

▼教育ママ、教育パパの日本史――江戸時代、農家の子に勉強が必要なわけ

トヨタ、パナソニック、資生堂……わが社の歴史はこの一品から始まった
蔵出し! 大企業博物館の「お宝」誌上公開

・・・・・・

企業の活路◎NTN▼「EVショック」をチャンスに変えよ! 部品メーカーの挑戦

・・・・・・

大前研一の「日本のカラクリ」▼「働き方改革」が日本企業をダメにする
飯島 勲の「リーダーの掟」」▼「総理大臣」次は菅長官、その次が進次郎
弘兼憲史の「日本のキーマン」解剖 ▼回転寿司を世界へ「辣腕のプロ経営者」●水留浩一・スシローグローバルホールディングス社長CEO
田原総一朗「次代への遺言」▼秋元康も認めたエンタメ界の革新者●前田裕二・SHОWRООM社長
池上 彰の「トップの読書術」▼丹羽さんの戦争論●松本 晃・カルビー会長兼CEO(後編)
経営者たちの四十代▼デンカ会長・???紳介▼横並びを脱した「能與世推移」●街風隆雄
本田 健の「成功と幸せの法則」▼あなたに力を貸してくれる味方は何人いますか?
マネーの新流儀▼高年収の会社員は増税! 確定申告でできることは?●井戸美枝
世のなか法律塾▼神社は?跡目争い?が起きるほど儲かるのか●村上 敬
数字の学校▼複数条件を整理する「集合の法則」●永野裕之
世界一の発想法▼できる人とできない人の簡単な見分け方●茂木健一郎
出口治明の「悩み事の出口」▼情報過多の現代、何を取捨選択すればいいか
「橋下 徹」通信▼弁護士は殺人鬼をどう弁護すべきか
判断意見▼空き家問題は、金融市場から解決しよう●浜田 宏(アルヒ会長兼社長)
職場の最新心理学▼なぜ日本はお酒に寛容なのか●島井哲志
ビジネススクール流 知的武装講座▼失速した家電メーカーが復活するには●長内 厚
クエスチョンタイム▼なぜ楽天のキャリア参入を専門家は疑問に思うか●北 俊一・・・・ほか

さらに!

先が読める、勇気が出る、自分が変わる 仕事に役立つ「日本史」入門 現代の人口減少は4度目だった――超長期データで歴史の真実に迫る 江戸から400年、どうやって経済発展したか? 学校では教えない「近代史のナゾ」 人口減少は新時代到来の前触れ/国難は金融緩和が救う/冷夏が飢饉を招く/日本人の身長は江戸時代が最低!? 対談●丹羽宇一郎×河合敦――時代の転換期をどう乗り切るか 先手を打つ、人を動かす「幕末・明治のリーダー学」 西郷と龍馬「意外な共通点」/パンはペンより強し/女性が活躍した理由 ▼《脳科学診断》激動期に成功する人、ビンボーになる人 幕末イノベーションで大儲け 今日から実践!「明治の大富豪」のすごい仕事術 ●渋沢栄一の「会社の作り方」▼大きな発展に必要なものは「道徳」 ●岩崎弥太郎の「事業の起こし方」▼必要なら?下衆なもの?でも取り入れる ●安田善次郎の「利益を生み出す力」▼いいものを安く、投機でなく投資する ●広岡浅子の「変化する力」▼新しい時代に合わせて「古いものを生かす」 ▼時代遅れにならないための処方箋 肖像画は弟と大山巌の合わせ技、陰嚢が大きすぎて馬に乗れない…… 大河ドラマがもっと面白くなる テレビでは放映できない「西郷どん」の真実 職場で迷ったらこれに従え 「正念場で必ず勝つ」名将の生き方ルール 無欲と義の姿勢/二番手を目指す/部下あっての自分/弱者の選択/無神経を押し通す ▼そうだったのか、武士の「給料」と「人事評価」

といった盛りだくさんの内容をギュッと、1冊に凝縮された1冊です。


今回は、『池上 彰の「トップの読書術」▼丹羽さんの戦争論●松本 晃・カルビー会長兼CEO(後編)』を読了しました。


中でも、松本さんのこちらの言葉に惹かれました。

「私は読書ほど最良にして安上がりな自己投資はないと思っているのです。」

本の価格は、ピンからキリまであるので一概にお手頃とは言い難いとは思いますが、一番身近な自己投資である点には深く納得し、今後も「継続する意思」を強くさせていただきました(^O^)


お読みになられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2018.02.04 Sunday
  • 14:43

雑誌

『PRESIDENT 2018年2/12号(仕事に役立つ「日本史」入門) -プレジデント社-』

本書は…

先が読める、勇気が出る、自分が変わる
仕事に役立つ「日本史」入門

現代の人口減少は4度目だった――超長期データで歴史の真実に迫る
江戸から400年、どうやって経済発展したか?
学校では教えない「近代史のナゾ」
人口減少は新時代到来の前触れ/国難は金融緩和が救う/冷夏が飢饉を招く/日本人の身長は江戸時代が最低!?

対談●丹羽宇一郎×河合敦――時代の転換期をどう乗り切るか
先手を打つ、人を動かす「幕末・明治のリーダー学」
西郷と龍馬「意外な共通点」/パンはペンより強し/女性が活躍した理由

▼《脳科学診断》激動期に成功する人、ビンボーになる人

幕末イノベーションで大儲け
今日から実践!「明治の大富豪」のすごい仕事術
●渋沢栄一の「会社の作り方」▼大きな発展に必要なものは「道徳」
●岩崎弥太郎の「事業の起こし方」▼必要なら?下衆なもの?でも取り入れる
●安田善次郎の「利益を生み出す力」▼いいものを安く、投機でなく投資する
●広岡浅子の「変化する力」▼新しい時代に合わせて「古いものを生かす」

▼時代遅れにならないための処方箋

肖像画は弟と大山巌の合わせ技、陰嚢が大きすぎて馬に乗れない……
大河ドラマがもっと面白くなる
テレビでは放映できない「西郷どん」の真実

職場で迷ったらこれに従え
「正念場で必ず勝つ」名将の生き方ルール
無欲と義の姿勢/二番手を目指す/部下あっての自分/弱者の選択/無神経を押し通す

▼そうだったのか、武士の「給料」と「人事評価」

西郷、高杉、龍馬、木戸、ジョン万次郎、新撰組……
あなたはどんな人生を目指すか?
読者500人調査◎「維新の偉人」人気ランキング

▼津田梅子、楠本イネ、新島八重……「日本初」を実現した女性列伝

日米合同委員会、三菱金曜会、日本会議――ここで決まることとは
新聞はなぜ、詳しく報じないか?
日本を陰で動かす「伝統会議」の研究

▼教育ママ、教育パパの日本史――江戸時代、農家の子に勉強が必要なわけ

トヨタ、パナソニック、資生堂……わが社の歴史はこの一品から始まった
蔵出し! 大企業博物館の「お宝」誌上公開

・・・・・・

企業の活路◎NTN▼「EVショック」をチャンスに変えよ! 部品メーカーの挑戦

・・・・・・

大前研一の「日本のカラクリ」▼「働き方改革」が日本企業をダメにする
飯島 勲の「リーダーの掟」」▼「総理大臣」次は菅長官、その次が進次郎
弘兼憲史の「日本のキーマン」解剖 ▼回転寿司を世界へ「辣腕のプロ経営者」●水留浩一・スシローグローバルホールディングス社長CEO
田原総一朗「次代への遺言」▼秋元康も認めたエンタメ界の革新者●前田裕二・SHОWRООM社長
池上 彰の「トップの読書術」▼丹羽さんの戦争論●松本 晃・カルビー会長兼CEO(後編)
経営者たちの四十代▼デンカ会長・???紳介▼横並びを脱した「能與世推移」●街風隆雄
本田 健の「成功と幸せの法則」▼あなたに力を貸してくれる味方は何人いますか?
マネーの新流儀▼高年収の会社員は増税! 確定申告でできることは?●井戸美枝
世のなか法律塾▼神社は?跡目争い?が起きるほど儲かるのか●村上 敬
数字の学校▼複数条件を整理する「集合の法則」●永野裕之
世界一の発想法▼できる人とできない人の簡単な見分け方●茂木健一郎
出口治明の「悩み事の出口」▼情報過多の現代、何を取捨選択すればいいか
「橋下 徹」通信▼弁護士は殺人鬼をどう弁護すべきか
判断意見▼空き家問題は、金融市場から解決しよう●浜田 宏(アルヒ会長兼社長)
職場の最新心理学▼なぜ日本はお酒に寛容なのか●島井哲志
ビジネススクール流 知的武装講座▼失速した家電メーカーが復活するには●長内 厚
クエスチョンタイム▼なぜ楽天のキャリア参入を専門家は疑問に思うか●北 俊一・・・・ほか

さらに!

先が読める、勇気が出る、自分が変わる 仕事に役立つ「日本史」入門 現代の人口減少は4度目だった――超長期データで歴史の真実に迫る 江戸から400年、どうやって経済発展したか? 学校では教えない「近代史のナゾ」 人口減少は新時代到来の前触れ/国難は金融緩和が救う/冷夏が飢饉を招く/日本人の身長は江戸時代が最低!? 対談●丹羽宇一郎×河合敦――時代の転換期をどう乗り切るか 先手を打つ、人を動かす「幕末・明治のリーダー学」 西郷と龍馬「意外な共通点」/パンはペンより強し/女性が活躍した理由 ▼《脳科学診断》激動期に成功する人、ビンボーになる人 幕末イノベーションで大儲け 今日から実践!「明治の大富豪」のすごい仕事術 ●渋沢栄一の「会社の作り方」▼大きな発展に必要なものは「道徳」 ●岩崎弥太郎の「事業の起こし方」▼必要なら?下衆なもの?でも取り入れる ●安田善次郎の「利益を生み出す力」▼いいものを安く、投機でなく投資する ●広岡浅子の「変化する力」▼新しい時代に合わせて「古いものを生かす」 ▼時代遅れにならないための処方箋 肖像画は弟と大山巌の合わせ技、陰嚢が大きすぎて馬に乗れない…… 大河ドラマがもっと面白くなる テレビでは放映できない「西郷どん」の真実 職場で迷ったらこれに従え 「正念場で必ず勝つ」名将の生き方ルール 無欲と義の姿勢/二番手を目指す/部下あっての自分/弱者の選択/無神経を押し通す ▼そうだったのか、武士の「給料」と「人事評価」

といった盛りだくさんの内容をギュッと、1冊に凝縮された1冊です。


これを読んだけで、表現方法・時代の流れ・生きていくためのヒントが満載で、情報の宝庫です!
これから、私なりに感じたものから記事として掲載させて頂きます!


お読みになられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2018.02.04 Sunday
  • 13:08