Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ニュース

東京五輪チケット 2回目の抽せん申し込み13日開始

来年の東京オリンピックの観戦チケットの2回目の抽せん販売は、申し込みが今月13日から始まることになりました。会場が変更されるマラソンなど一部の種目が販売の対象外となりますが、初めてボクシングが販売されるほか、1回目の抽せんで倍率が低く、比較的販売するチケットが多い競技も公表し、大会組織委員会は少しでも多くの人に当選のチャンスを提供したいとしています。

東京オリンピックの観戦チケットは、1回目の抽せん販売で1枚も当たらず落選した人が全体の8割に当たる416万人に上ったため、組織委員会は急きょこの人たちだけを対象に追加の抽せん販売を行い、ここでも12万人が当選した一方、128万人が落選しました。

大会組織委員会は8日記者会見し、オリンピックの2回目の抽せん販売の申し込みを今月13日の未明から26日の午前11時59分まで行うと発表しました。

申し込みは、1回目と同様、すべての人が対象で、インターネットの公式販売サイトで行われます。

今回は、会場が札幌に変更された男子と女子のマラソンや、時間が前倒しされるトライアスロンと馬術の一部の種目などが販売の対象外となる一方、国際競技団体の運営上の問題で、ことし6月に正式に実施が決まったボクシングが初めて販売されます。

1回目の抽せん販売と追加の抽せん販売で、これまでに合わせて350万枚以上が購入されていますが、組織委員会は今回販売するチケットの枚数は、100万枚余りになるとしています。

申し込みは、第1希望と第2希望、それぞれ18枚まででき、最大の当選枚数は合わせて18枚となっています。

しかし、申し込める枚数は、「セッション」と呼ばれる競技スケジュールの単位ごとに上限があり、開閉会式は2枚、メダルがかかるセッションでは4枚、予選などのセッションは6枚までです。

また、1回目や追加の抽せんで購入済みのチケットがある場合は、この枚数もセッションごとの上限に含まれるということです。

一方、申し込みがある競技にはばらつきが出ていて、組織委員会は、今回初めて、1回目の抽せん販売で倍率が高かった競技と、倍率が低く、比較的販売するチケットが多い競技を公式販売サイトで公表することにし、少しでも多くの人に当選のチャンスを提供したいとしています。

抽せん結果は、来月18日に発表されます。

ボクシングのチケットも

今回の抽せん販売からボクシングのチケットの取り扱いが始まります。
ボクシングをめぐっては、統括団体だったAIBA=国際ボクシング協会に問題が相次いでいたことから東京大会で実施されるかどうか不透明な状態が続き、ことし6月に正式に実施が決定し、ようやくチケットの販売準備が整いました。

ボクシングは国技館を会場に行われ、価格の高いA席から価格の安いD席までの座席があり、予選、準々決勝、準決勝、それに決勝でチケットの価格が異なっています。

最も高い決勝のA席は4万5000円で、最も安い予選のD席は3500円となっています。

また、B席はいす席ではなく、枠で囲まれた「マス席」となっていて、1つのマス席に2人が座れますが、ほかのグループの人と一緒に座るケースもあるということです。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.11.08 Friday
  • 15:17

Comment
Send Comment