Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ニュース

台風19号 各地で氾濫や土砂災害 厳重警戒呼びかけ

大型の台風19号の影響で、東北や関東甲信越などでは1日から2日間の雨量が年間降水量の3割から4割に達する記録的な豪雨となりました。各地で川の氾濫や土砂災害が発生している上、新たな災害が起きる危険性の高い状態が続いていて、気象庁は厳重な警戒を続けるよう呼びかけています。

気象庁によりますと、大型の台風19号は午前11時には三陸沖を1時間に60キロの速さで北東へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は、980ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心から北西側220キロ以内と南東側190キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

この台風の影響で、宮城県では24時間に降った雨の量が500ミリを超えたところがあるほか、岩手県では各地で6時間の雨量が300ミリを超えました。

また、神奈川県箱根町で48時間に降った雨の量が1000ミリを超えるなど、東北や関東甲信越などではわずか1日から2日の雨量が年間降水量の3割から4割に達する記録的な豪雨となりました。

これまでの雨で、長野県の千曲川、福島県の阿武隈川、宮城県の吉田川など、各地で川の氾濫が相次いでいます。

この時間、氾濫の危険性が非常に高い「氾濫危険水位」を超えている川があるのは、青森県、岩手県、宮城県、福島県、新潟県、長野県、茨城県、栃木県、埼玉県、千葉県、神奈川県です。

また、土砂災害の危険性も非常に高い状態が続いていて、岩手県、宮城県、山形県、福島県、埼玉県、長野県、それに新潟県に土砂災害警戒情報が発表されています。

また、北日本と東日本では、昼すぎにかけて風が強い状態が続き、最大風速は東北で30メートル、北海道で28メートル、関東甲信で23メートル、北陸と東海で20メートル、最大瞬間風速は30メートルから45メートルと予想されています。

海上は、東北で10メートルの猛烈なしけが続くほか、関東甲信と近畿で8メートル、北海道と伊豆諸島、それに北陸で7メートル、中国地方と九州北部で6メートルの大しけとなる見込みです。

各地に出されていた大雨の特別警報は、これまでにすべて解除されましたが、東北や関東甲信越では、川の氾濫や土砂災害が発生している上、川の水位が非常に高く地盤も緩んでいて、新たな災害が起きる危険性の高い状態が続いています。

気象庁は、川の氾濫や土砂災害、低い土地の浸水、暴風や高波に引き続き厳重に警戒するとともに、増水した川や斜面など危険な場所には近づかないよう呼びかけています。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2019.10.13 Sunday
  • 11:26

Comment
Send Comment