Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ニュース

大雨特別警報 静岡 神奈川 東京 埼玉 群馬 山梨 長野

大型で非常に強い台風19号の影響で、東海と関東甲信では、多いところで平年の10月1か月分の2倍を超える記録的な大雨となっていて、気象庁は静岡、神奈川、東京、埼玉、群馬、山梨、長野の合わせて1都6県に大雨の特別警報を発表しました。5段階の警戒レベルのうち最も高いレベル5にあたる情報でふだんは災害が起きないと思われているような場所でも、最大級の警戒するとともに、安全の確保をしてください。気象庁は避難場所への移動が危険な場合は近くの頑丈な建物に移動したり、建物の2階以上で崖や斜面と反対側の部屋に移動したりするなど、少しでも命が助かる可能性が高い行動を取るよう呼びかけています。

大雨特別警報

気象庁によりますと台風19号の影響で関東甲信や東海では非常に激しい雨が降り続き、午後5時までの48時間の雨量は、神奈川県箱根町で800ミリを超えているほか、静岡県伊豆市市山でも700ミリを超えるなど平年の10月1か月分のおよそ2.5倍に達する記録的な大雨となっています。

気象庁はすでに重大な災害が発生している可能性が極めて高いとして、午後3時半に静岡、神奈川、東京、埼玉、群馬、山梨、長野の合わせて1都6県に大雨の特別警報を発表しました。

5段階の警戒レベルのうち最も高いレベル5にあたる情報で最大級の警戒するとともに、安全の確保をしてください。

これまでの雨で、茨城県、群馬県、栃木県、東京都、埼玉県、神奈川県、山梨県、長野県、静岡県、奈良県、宮城県、福島県、山形県、新潟県では土砂災害の危険性が非常に高まり、「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があり、神奈川県ではすでに土砂災害が発生しています。

また、神奈川県、群馬県、東京都、埼玉県、静岡県、長野県では氾濫の危険性が高まり、「氾濫危険水位」を超えている川があります。

台風19号



気象庁の発表によりますと、大型で非常に強い台風19号は、午後5時には静岡県下田市の西南西60キロの海上を1時間に35キロの速さで北北東へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで中心の南東側330キロ以内と北西側260キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。



すでに関東甲信と東海、伊豆諸島、近畿、それに北陸が暴風域に入っていて、伊豆諸島の神津島で午後3時15分に44.8メートル、三宅島の坪田で午後5時15分すぎに42.2メートルの最大瞬間風速を観測しました。

台風が大型のため、西日本や東北でも風が強まっています。

台風は非常に強い勢力を保ったままこれから夜にかけて静岡県や関東南部に上陸する見込みです。

このあとも西日本から東北にかけての広い範囲で非常に激しい雨が降り特に関東と東海を中心に猛烈な雨が降るおそれがあります。

13日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、北陸で400ミリ、東北で300ミリ、関東甲信で250ミリ、伊豆諸島で200ミリ、東海で150ミリ、中国地方で120ミリ、北海道と近畿で100ミリと予想されています。

また、台風が近づく東海や関東などでは記録的な暴風となる見込みです。

13日にかけての最大風速は、東海と伊豆諸島で45メートル関東甲信で40メートル、東北で35メートル、北陸で27メートル、近畿と中国地方で25メートル四国で23メートル、北海道と九州北部で20メートルと予想され、最大瞬間風速は東海と関東甲信、伊豆諸島で60メートル、東北で50メートル、北陸で40メートル、近畿と中国地方、四国で35メートル、北海道と九州北部で30メートルに達する見込みです。

海上はうねりを伴って波が高く、東海と関東、伊豆諸島で13メートル、東北で11メートルの猛烈なしけとなり、北海道と北陸、近畿で7メートル、中国地方と四国、九州北部で6メートルの大しけとなる見込みです。

さらに13日明け方にかけて西日本から北日本の広い範囲で潮位が高くなり、特に台風が接近している静岡県や神奈川県では記録的な高潮のおそれがあります。

土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫、暴風や高波、高潮にも最大級の警戒が必要です。

ふだん災害が起きないと思われているような場所でも、今後、台風の接近で状況が悪化するおそれがあります。

周囲の状況をよく確認し、近くの人と声を掛け合うなどしてください。

気象庁は避難場所への移動が危険な場合は近くの頑丈な建物に移動したり、建物の2階以上で崖や斜面と反対側の部屋に移動したりするなど、少しでも命が助かる可能性が高い行動を取るよう呼びかけています。

また、台風の中心から離れている地域でも竜巻などの激しい突風のおそれがあり十分な注意が必要です。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2019.10.12 Saturday
  • 17:54

Comment
Send Comment