Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ニュース

将棋 藤井七段 新年度初対局で白星 相手は森内元名人

高校2年生になった将棋の藤井聡太七段が今年度最初の対局に臨み、永世名人の資格を持つ森内俊之九段に勝って、今年度も白星でスタートを切りました。

高校2年生になった将棋の最年少棋士、藤井聡太七段(16)は12日、東京の将棋会館で行われた王将戦の予選で、今年度初めての対局に臨みました。

対戦相手はこれまでにタイトルを通算12期獲得し永世名人の資格を持つ森内俊之九段(48)で、おととしNHK杯のトーナメント戦で対局したときは、当時四段だった藤井七段が積極的な攻めで勝利しています。

対局は、的確な差し回しを見せた藤井七段が次第に優勢になり、午後5時半すぎ、92手までで森内九段を投了に追い込みました。

これまで年度の初戦を勝っている藤井七段は昨年度は歴代3位となる高い勝率を記録するなどの活躍を見せていて、今年度も白星でスタートを切りました。

藤井七段「令和の時代にもっと強くなる」

対局のあと藤井七段は「新年度の初対局ということで白星スタートできたのはよかったです。ことしも成長できる1年になればいいと思います」と話していました。

新しい元号が「令和」に決まったったことについて受け止めを聞かれると「元号が変わるのは自分には初めてのことなので感慨がありました。新しい時代にもっと強くなって活躍できればと思います」と抱負を語っていました。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.04.12 Friday
  • 20:44

Comment
Send Comment