Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

雑誌

「婦人公論 2019年2月12日号」

本誌は、以下の通りの内容となっています。

表紙
美輪明宏 つまずかない「女の定年後」|別添:小冊子(中津川りえ傾斜宮占い2019 金運篇)
[出版社情報]
☆特別付録
 ・運勢を味方につけて毎日を輝かせる
   中津川りえの傾斜宮占い2019 金運篇


【特集】
●つまずかない
 「女の定年後」

 ◇60歳、65歳……
   私はいったい、いつまで働くの?
 ◇他人まかせにしない。
  人生の節目は自分で決めればいいんです
   吉永みち子
 ◇まさか私が55歳!?
  会社員卒業を前に目下、心が揺れに揺れています
   長峰由紀
 ◇「ざんねん老後」にしないための心得
  ・お金篇 受給額が4割アップ!?得する年金のもらい方とは 
  ・仕事篇 “おばちゃん力”を生かした「ゆる起業」のススメ 
 ◇夫の定年は、地獄のはじまり
 ◇「悠々自適」よりも楽しい!退職後に手にした新しい仕事 
 ◇もうすぐ還暦。生涯書き続けた
  母のように、女優の道を貫きたい
   山村紅葉


◆美智子さまと平成皇室の30年 
 ◇年表 両陛下が歩まれた“平成ヒストリー”
 ◇皇太子さま、雅子さまが築かれる新たな“スタイル”とは 
 ◇左手のピアニストが触れた
  音楽を愛される美智子さまの横顔
   舘野 泉
 ◇ロイヤルファミリーの注目ニュースを深読み!
   工藤美代子×辛酸なめ子×本郷和人

 

◆表紙の私 撮影・篠山紀信
 驕らず 美輪明宏

◆平成の次の時代を生きるための美学
  美輪明宏
   未来に希望が持てないなら日本文化を振り返ってごらんなさい

初対談 父娘はともに漫画家でバレエダンサー!?
 『パタリロ!』作者の娘はやっぱり“腐女子”になりました
   魔夜峰央×山田マリエ

◆母と絶縁して32年の今
  内田春菊
   あえて“毒母”になりきってみたら

◆大人になるほど不器用になっていく
  稲森いずみ
   もがいて、苦しんで。まだまだ“未完成”な私です

【カラーグラビア&インタビュー】
◆市川染五郎
  すべては歌舞伎のために

【イベントレポート】
◆平成ファイナル!ジャニーズカウントダウンコンサート
  タッキー&翼
   最後は笑顔で

 
…ほか




この中で、今回熟読したのはこちらです。


「新春特別インタビュー 平成の次の時代を生きるための美学 美輪明宏 ~未来に希望が持てないなら日本文化を振り返ってごらんなさい~」

この記事は冒頭で、ご自身の最近の体調について触れられており、「10年くらい前から、『びまん性汎細気管支炎』という呼吸器疾患を抱えているのです。」と告白されています。
次に、その病気に対する治療を受けながらも、長年大切にされてきた舞台やディナーショーなどの活動を通して、たくさんの方々にパワーや癒しを届けている事。

今年、新元号となる事を受けて、明治以降の日本の歩みを振り返り。


そして、このように結ばれています。

〈『婦人公論』の読者の皆様には、「正負の法則」を知り、美しい言葉を使い、質のいい文化に触れていただきたいものです。そうすれば、どんな世が訪れようと、恐れることはありません。〉



同記事の中で、特に惹かれたのはこの部分でした。

「ステージが終わる頃には全身がこわばってしまっているので、いつも若いスタッフたちにマッサージをしてもらいます。けれど一方で、歌っている時には生命力が充満してくるのを感じているのです。私からお客様にエネルギーをさしあげますが、私もお客様から感動というエネルギーをいただく。エネルギーは循環するのですね。」


私もエネルギーを頂けたような思いとなりました。


お読みなられた方は、どれほどいらっしゃるでしょうか?
  • 2019.01.29 Tuesday
  • 14:57

Comment
Send Comment