Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ニュース

北海道 今後1週間程度は震度5弱以上に注意を 気象庁





北海道で震度7の揺れを観測する地震が発生してから余震とみられる地震が相次ぎ、体に揺れを感じる地震はおよそ240回観測されています。気象庁は「今後1週間ほどは震度5弱程度かそれ以上の揺れに注意してほしい」と呼びかけています。

今月6日、北海道胆振地方を震源とする震度7の揺れを観測した地震の発生から1週間の13日、気象庁は会見を開きました。

この中で松森敏幸地震津波監視課長は「震度7程度の地震が発生するおそれは当初に比べて低くなった。地震の発生数は緩やかに減少しているものの、地震活動は依然として活発な状態で、今後1週間ほどは震度5弱程度かそれ以上の揺れに注意してほしい」と呼びかけました。

また、はじめの地震の発生直後、震度の情報が得られなかった地域の地震についてデータを精査した結果、6日の午前6時11分の地震では厚真町とむかわ町で震度5弱の揺れを観測していたことが確認されたということです。

最初の地震のあと、13日午前9時までに体に揺れを感じる地震はあわせて238回に達しています。このほか、今回の地震の震源の周辺には石狩低地東縁断層帯があることを踏まえ、松森課長は「今回の地震が断層帯に影響を与えた可能性は否定できない。今後、強い揺れを伴う地震がいつ発生してもおかしくないため、家具の固定などよりいっそうの備えを進めて欲しい」と呼びかけました。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai

  • 2018.09.13 Thursday
  • 12:27

Comment
Send Comment