Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

  • 「聴くこと と 聞くこと」1 「プロフィール」
    viagra receta (02/22)
  • canadagooseさんへ
    EvaWoora (02/22)
  • 「樹木希林 120の遺言 ~死ぬときぐらい好きにさせてよ~ 樹木 希林著 -宝島社-」9回目の読了
    matematik mundtlig eksamen stx (02/22)
  • 小竹向原駅最寄りの病院にて
    Bennygusly (02/22)
  • おはようございます
    JaneWoora (02/22)
  • 「文藝春秋 2016年 8月号」「田中角栄と小泉進次郎 演説・政策・人を動かす力を徹底比較する 時事通信社特別解説委員 田崎史郎」
    JudyWoora (02/22)
  • 「アンのゆりかご 〜村岡花子の生涯〜 村岡恵理著 -新潮文庫- 」5回目の読了
    KennethRef (02/22)
  • 「文藝春秋 2016年 8月号」「田中角栄と小泉進次郎 演説・政策・人を動かす力を徹底比較する 時事通信社特別解説委員 田崎史郎」
    JeaExhimb (02/22)
  • 「文藝春秋 2016年 8月号」「田中角栄と小泉進次郎 演説・政策・人を動かす力を徹底比較する 時事通信社特別解説委員 田崎史郎」
    KiaWoora (02/22)
  • 学生時代、何部だった?
    Michaelargus (02/22)

w closet×JUGEM

スポーツ

夏の甲子園 済美が史上初の逆転サヨナラ満塁弾で星稜に勝利

100回の記念大会となる夏の全国高校野球、8日目の第3試合で、愛媛の済美高校が石川の星稜高校にタイブレークに入った延長13回、大会史上初となる逆転サヨナラ満塁ホームランで13対11で勝ちました。

星稜は1回、打者一巡の攻撃で5点を先制すると、3回と5回にも追加点を挙げて、終盤まで7対1としました。

これに対し、済美は8回、打線がつながって1点差に詰め寄ると、9番の政吉完哉選手がスリーランホームランを打ってこの回8点を挙げ、9対7と初めてリードしました。

追う展開となった星稜は直後の9回、5番の竹谷理央選手のタイムリーヒットなどで2点差を追いつき、試合は延長戦に入りました。そして、9対9の同点のまま延長13回となり、今大会2試合目のタイブレークに持ち込まれました。

タイブレークはノーアウト一塁二塁から攻撃が始まり、星稜は13回、スクイズなどで2点を勝ち越し、11対9としました。

粘る済美はその裏、1番の矢野功一郎選手が大会史上初となる逆転サヨナラ満塁ホームランを打って13対11で勝ち、3回戦に進みました。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.08.12 Sunday
  • 19:36

Comment
Send Comment