Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ニュース

広範囲で大気不安定 13日にかけ土砂災害など警戒を

湿った空気の影響で大気の状態が不安定になり、岐阜県では12日夕方、1時間に110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は低い土地の浸水や土砂災害に警戒するよう呼びかけています。大気の不安定な状態は西日本と東日本の広い範囲で13日にかけて続く見込みで、急な非常に激しい雨や、落雷、竜巻などの突風に十分注意が必要です。
気象庁によりますと、西日本と東日本は暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定になっていて、特に東海や中国地方で雨雲が発達しています。

岐阜県各務原市付近では、レーダーによる解析で、午後3時50分までの1時間におよそ110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表したほか、名古屋市では午後4時20分ごろまでの1時間に62.5ミリの非常に激しい雨を観測しました。

また、午後5時までの1時間に岡山県鏡野町富西谷で51.5ミリの非常に激しい雨が降りました。

13日にかけて西日本と東日本の広い範囲で大気の不安定な状態が続く見込みで、雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。

13日夕方までに降る雨の量は、いずれも多いところで東海で150ミリ、関東甲信で100ミリと予想されています。

気象庁は、低い土地の浸水や川の増水、土砂災害に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風に十分注意するよう呼びかけています。

一方、12日も西日本を中心に気温が上がり、日中の最高気温は大分県日田市で39度1分、長崎空港で38度7分、島根県益田市で37度7分、京都市で37度3分などと猛烈な暑さになりました。

気象庁は、西日本と東海では今月15日にかけて気温が35度以上の猛暑日になるところがある見込みだとして、引き続き熱中症に十分注意するよう呼びかけています。


NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2018.08.12 Sunday
  • 18:07

Comment
Send Comment