Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

スポーツ

車いすラグビー世界選手権 日本が金メダル

オーストラリアのシドニーで開かれた車いすラグビーの世界選手権で、日本はパラリンピックを2連覇している強豪のオーストラリアに決勝で62対61で勝ち金メダルを獲得しました。日本が車いすラグビーで金メダルを獲得するのは、パラリンピックと世界選手権を通して初めてです。

車いすラグビーの世界選手権は4年に1回開かれている大会で、5大会連続出場で世界ランキング4位の日本は、決勝で世界1位のオーストラリアと対戦しました。

日本は、予選リーグではオーストラリアに13点の大差をつけられて敗れましたが、決勝では、キャプテンの池透暢選手からエースの池崎大輔選手にロングパスでつなぐ得意な形でトライを決め、守りでも女子の倉橋香衣選手など障害の重い選手が健闘し、4点をリードして前半を折り返しました。

このあと第3ピリオドにオーストラリアが地力を発揮して、4連続トライを奪われ一時逆転されましたが、61対60と1点リードで迎えた第4ピリオドの終盤に、エースの池崎選手が相手のパスを奪って得点につなげるビッグプレーを見せてリードを広げました。

日本は、オーストラリアに62対61で競り勝ち、金メダルを獲得しました。

日本が車いすラグビーで金メダルを獲得するのは、パラリンピックと世界選手権を通して初めてで、2年後の東京パラリンピックに向けて大きなはずみをつけました。

車いすラグビーは、手足に障害のある選手が専用の車いすに乗ってバレーボールとほぼ同じ大きさのボールをドリブルやパスでつなぎ、得点を争う競技で、8分間の4つのピリオドで行われます。

普通のラグビーと違って前にパスをしてもよく、ゴールラインを通過するとトライとなり、1点が入ります。

また、タックルが許されていて車いすどうしが激しくぶつかる迫力のあるプレーが特徴です。

1チーム4人で戦い、選手は障害の程度によって0.5から3.5までの7段階の持ち点があり、コート上の4人の持ち点の合計は8点以下にする必要があります。

男女の区別はなく女子選手が加わる場合は1人につき持ち点の上限が0.5ポイントずつあがるためどのような組み合わせで戦うかも注目点となります。

過去は銅メダルが最高

車いすラグビーで日本は、パラリンピックと世界選手権を通して過去最高の成績となる金メダルを獲得しました。

車いすラグビーは、パラリンピックでは2000年のシドニー大会から正式競技となり、日本は2004年のアテネ大会から4大会連続で出場しています。

最初のアテネ大会では8位に入り、その後は大会ごとに成績をあげ、おととしのリオデジャネイロ大会では初めてのメダルとなる銅メダルを獲得しました。

また、世界選手権もパラリンピックと同じように4年に1回行われ、日本は、2002年のヨーテボリ大会から今大会まで5大会連続で出場を果たしました。

世界選手権では、2010年に銅メダルを獲得したのがこれまでの最高の成績でした。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.08.10 Friday
  • 17:25

Comment
Send Comment