Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ニュース

台風13号 関東の一部が暴風域 東北太平洋沿岸進む見込み

強い台風13号は、関東の東の海上を北上しています。9日夜にかけて東北の太平洋沿岸を北寄りに進む見込みで、台風の速度が遅いため影響が長引くおそれがあり、暴風や高波、大雨に警戒が必要です。

気象庁の発表によりますと、強い台風13号は、9日午前10時には、水戸市の東60キロの海上を1時間に15キロの速さで北へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心の東側90キロ以内と西側40キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

この時間、千葉県と茨城県の一部が暴風域に入っています。

関東では風が強まり、
▽千葉県銚子市で午前7時半前に27.5メートル、
▽宇都宮市で午前8時半すぎに21.4メートルの最大瞬間風速を観測しました。

台風は、暴風域を伴ったまま、9日夜にかけて、東北の太平洋沿岸を北寄りに進む見込みです。

関東では昼ごろにかけて、東北では9日夜にかけて、沿岸を中心に暴風となるおそれがあり、
9日の最大風速は、
▽関東で35メートル、
▽東北で30メートルと予想され、
最大瞬間風速は、
▽関東で50メートル、
▽東北で45メートルに達する見込みです。

海上の波の高さは、関東と東北で10メートルと猛烈なしけとなるおそれがあります。

また、台風の中心付近の発達した雨雲の影響で、
▽関東ではこのあと数時間、
▽東北南部の太平洋側では9日昼すぎにかけて、
1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

10日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
▽東北南部で150ミリ、
▽関東と東北北部で100ミリと予想されています。

台風は速度が遅いため、影響が長引く可能性があり、気象庁は、暴風や高波、それに大雨に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風、それに高潮にも十分注意するよう呼びかけています。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2018.08.09 Thursday
  • 10:13

Comment
Send Comment