Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ニュース

西日本豪雨1週間 複数の要因重なり記録的な豪雨に

甚大な被害をもたらした西日本豪雨災害から13日で1週間です。今回の豪雨について専門家がデータを解析した結果、新しい積乱雲が次々と発生する「バックビルディング」と呼ばれる現象に加え、雨雲の動きの遅さなど複数の要因が重なり記録的な豪雨になったと見られることがわかりました。

西日本を中心とした豪雨では、1週間前の今月6日、広島県や岡山県などに大雨の特別警報が発表されて以降、合わせて11の府と県に特別警報が発表され、各地で甚大な被害が出ました。

防災科学技術研究所の清水慎吾主任研究員のグループは、今月6日から7日にかけての雨雲の様子を、レーダーの観測データをもとに詳しく解析しました。

その結果、湿った空気が流れ込み続けたことで、風上側に新しい積乱雲が連続的に発生する「バックビルディング」と呼ばれる現象が、広島県や岡山県、岐阜県などの各地で起きていたことがわかりました。

1つの積乱雲の寿命は長くても1時間程度ですが、この現象が起きると同じ場所に次々と新たな積乱雲がかかって大雨をもたらします。

さらに、広島市付近では今月6日の夜、積乱雲が帯状に連なる「線状降水帯」も観測されていたということです。

また、豪雨には雲の高さも関係していたと見られ、去年、九州北部に豪雨をもたらした積乱雲が高さ15キロに達していたのに対し、今回の積乱雲は7キロ程度と半分以下で、上空の風に流されにくいため動きが遅く、雨量の増加に拍車をかけた可能性があるということです。

清水主任研究員は「今回、広い範囲での大雨はある程度予測できたが、より局地的な大雨に関しても、時間的な余裕を持って予測できるよう技術を向上させる必要がある」と話していました。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2018.07.13 Friday
  • 09:21

Comment
Send Comment