Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

  • 「 ぼくはぼく 谷川俊太郎著-童話屋-」
    unge homoseksuelle pics (03/19)
  • 「くまモン」佐田の海 初白星“自分らしい相撲”で巻き返し スポニチ
    CharlesWoora (03/19)
  • 「多聴多読マガジン 12月号 コスモピア」
    AmyWoora (03/19)
  • 「多聴多読マガジン 12月号 コスモピア」
    Michaelargus (03/19)
  • 「アンのゆりかご 〜村岡花子の生涯〜 村岡恵理著 -新潮文庫- 」5回目の読了
    AmyWoora (03/19)
  • 苦笑い
    CharlesWoora (03/19)
  • 3か月予報 降水量 太平洋側で平年並みか少なめ
    Michaelargus (03/19)
  • 「文藝春秋 2016年 8月号」「田中角栄と小泉進次郎 演説・政策・人を動かす力を徹底比較する 時事通信社特別解説委員 田崎史郎」
    JaneWoora (03/19)
  • 「多聴多読マガジン 12月号 コスモピア」
    Bennygusly (03/19)
  • 3か月予報 降水量 太平洋側で平年並みか少なめ
    Bennygusly (03/19)

w closet×JUGEM

「かがみの孤城 辻村深月著 -ポプラ社- 」41回目の読了

今回は、フリースクールの喜多川先生との新年度に向けての話し合いで、喜多川先生がこころに伝えてくれた事に感動して、見入ってしまいました(^-^)




「学校は、絶対に戻らなきゃいけないところではない。今の第五中でも、隣の中学でも、こころちゃんが行きたくないと思うのなら、私たちは、他にこころちゃんがどうすればいいのか ー どうしたいのか、いくらでも考えるよ。『心の教室』に来てもいいし、自宅学習って形にできるかどうかも考える。こころちゃんには選択肢がたくさんあるの」


こんなにも、徹底したサポート体制が取れる場所に恵まれる事ができれば、このようなシステムが可能であればもちろん最適ですが、現実にはかなりハードルが高い話だと思います。

最終的に、どの道を選ぶかはこころ自身ですが、共に寄り添ってくれる存在がいる事が、彼女とお母さんにとって大きな支えとなっていると感じる最大のシーンだと私は感じています(^-^)





本書は、中学一年生のこころは、ある出来事を機に学校へ行けなくなり、いつも家で過ごしている。ある日一人で家にいると、部屋の鏡が突然輝き始め、潜り抜けてみると、そこは城の中だった。集められたのはこころを含め、似た境遇にいるらしき中学生が七人。九時から十七時まで滞在が許されるその城で、彼らにはひとつの課題が出される。猶予は一年。戸惑いながらも七人は、少しずつ心を通い合わせていくのだが……。
ああ、久々に初期の頃のような青春小説を書いたのだな……と思いながら読み進めた。自分も思春期にこんなふうに傷ついていたなと思い出すというより、自分があの頃傷ついたのは、こういうことだったのか、と気づかせる描写の巧さに唸る。だが途中で、それだけではないと気づいた。これは、あの頃の気持ちを失わないまま、かつ、大人としての目を持ち合わせるようになった今の著者だからこそ書ける作品なのだ。泣けるのは娘を理解しようと手探りする母親の戸惑いや怒りや喜びが、それに無自覚なこころの目を通しながらもありありと伝わってくる点。子どもが大人に望むことはもちろん、大人が子どもに対して思うことを、こんなふうに巧みに表現してのけるとは。

大人も子どもも、みんなが関係を構築していこうとしている。その部分だけでも充分読ませるが、もちろんミステリーパートも秀逸で、孤城の秘密がすべて明かされていく終盤は驚きの連続。それがまた、胸をしめつける真相だ。救いを求める側から救う側へとなった時、人は本当に救われるのだとも気づかせてくれる一冊となっています。

お読みになられた方は、どれほどいらっしゃいますか?
  • 2018.06.12 Tuesday
  • 11:48

Comment
Send Comment