Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

情報

「12歳で量子力学の本を書いた少年!」

皆様は、TBSラジオで毎週土曜日、午後1時から放送している「久米宏 ラジオなんですけど」がお好きでしょうか?

8月12日(土)放送のゲストコーナー「今週のスポットライト」では、『12歳の少年が書いた量子力学の教科書』という本を先月(2017年7月)を出版した近藤龍一さんをお迎えして、久米さんとお話された事を、ご存じの方はどれほどいらっしゃいますか?
私は、先ほど父から聴いてTBSラジオサイトで内容を読んだところです!


その中で、一番次元の違いを感じたのはこちらです!原文のままです。

近藤さんは2001年、東京都生まれ。現在15歳の高校1年生。量子力学の本を書き始めたのは小学6年生、12歳ということですから驚きです。

小学校に上がった頃から、歴史・文学・天文学・哲学・医学・経済学…と、あらゆる学問分野の本を読みあさり、小学3年の時にはトランクを持って近隣5つの市の図書館をめぐり、年間3000冊もの学問書を読んだそうです。その9歳のときに「理論物理学」の独学を始め、「量子」のことを知ります。元々、日本史より世界史、日本地理より世界地理というように、遠い世界のことに興味があった近藤さんにとって、現実の常識がまったく通用しない量子の分野は、究極の遠い世界。その不可解なものをなんとしても理解したい! と思ったのだそうです。そして10歳で、物理学者にとっても難解な「量子力学」の独学を開始。

独学する中で近藤さんは、量子力学には入門書から専門書への架け橋になるような中間レベルの本がないと実感し、それなら自分で本を書こうと決意。それが11歳の時。本当はすぐにでも書き始めたかったのですが中学受験を控えていたので、1年間は本の構想をひたすら練るだけにして受験勉強を優先。そして2014年2月、中学受験の翌日から執筆に取りかかり、7ヵ月で原稿用紙400枚以上を一気に書き上げたのです。


驚きの連続で、なんと表現しようかと考えても「すごい!」というありきたりの言葉しかなく、圧巻です!

さらに本書は、これはあくまで「中間本」ですから、入門書レベルをクリアしていないとやはり少しハードルが高い のも事実と紹介されています。

やっぱり、すごい才能の持ち主は、いるものですね!!

将来的には、アメリカの大学院を目指すそうです。
  • 2017.08.16 Wednesday
  • 10:12

Comment
Send Comment