Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

雑誌

「PHP Special 特集 逆境をチャンスに変える!2009年5月号」

今回は、特集だけに注目して読みました。

「いつ変えるの? 今でしょ!」と、言われているような心境になりました汗
  • 2017.05.08 Monday
  • 13:01

雑誌

「[特集]転んでも、落ち込んでも 前を向いて生きる! 堀尾 正明、葉室 麟 [特別企画]ボケない脳の鍛え方 PHP 2017年 3月号」

本書は、落ち込んだり、悩んだりするとき、上手に自分を励まして、気持ちをプラス方向に向けられる人と、いつまでもマイナスの気持ちを引きずってしまう人がいます。その違いはどこからくるのでしょうか。2017年3月号では、フリーキャスターの堀尾正明さんのインタビューをはじめ、競泳選手でリオ五輪金メダリストの金藤理絵さん他のエッセイで、気持ちを前向きに持っていく方法について考えます。特別企画では「ボケない脳の鍛え方」について紹介されています。

今回は、『「あきらめ」を原動力にしよう 斉藤司? (お笑い芸人・トレンディエンジェル)』を読了しました。

ジャニーズ事務所に、履歴書を送った事があるのは知っていましたが、改めて活字で読んだクスッと笑わずにいられません(笑)

一方、23歳でストレスにより一気にハゲてしまった現実が綴られている箇所には衝撃を受け、言葉見つかりませんでした。

読み進めると、タイトル『「あきらめ」を原動力にしよう』とは、この頭髪に受け入れようという事だと分かります。

しかし、結びでジャニーズ事務所入については、今も「あきらめていない」気持ちが明記されている事に、凄みを感じました!!
  • 2017.03.27 Monday
  • 16:17

雑誌

「確かに、お前は大器晩成だけどな!! 『其ノ十九「私には、これくらいしかできませんので」(ジューシーズ児玉)』又吉直樹著 -キネマ旬報-」

本作品は、又吉直樹さんが隔月で連載しているエッセイです。中学生時代から現在までに、彼の人生を大きく揺るがした彼の周囲の人々からかけられた名言が1話に1人ずつ紹介されていています。

今回は、「ジューシーズ」の児玉さんの言葉にポイントになっています。

又吉さんの家には、ジューシーズというトリオで活動している児玉さん、そしてパンサーというトリオで活動している向井さんが同居しています。

2人との出会い、同居に至るまでの経緯とその生活ぶりが、詳細に書かれていて、思わずクスッと笑う所もありました(^_^)
  • 2017.03.26 Sunday
  • 15:00

雑誌

「[特集]転んでも、落ち込んでも 前を向いて生きる! 堀尾 正明、葉室 麟 [特別企画]ボケない脳の鍛え方 PHP 2017年 3月号」

本書は、落ち込んだり、悩んだりするとき、上手に自分を励まして、気持ちをプラス方向に向けられる人と、いつまでもマイナスの気持ちを引きずってしまう人がいます。その違いはどこからくるのでしょうか。2017年3月号では、フリーキャスターの堀尾正明さんのインタビューをはじめ、競泳選手でリオ五輪金メダリストの金藤理絵さん他のエッセイで、気持ちを前向きに持っていく方法について考えます。特別企画では「ボケない脳の鍛え方」について紹介されています。

今回は、堀尾正明さんのインタビュー 「望んでいない場所に幸せがある」を、前回より深く味わいました。

堀尾さんがアナウンサーになるきっかけとなったのは、大学で相談した時に勧められた事だったを知りました。
私が彼を注目し始めたのは「スタジオパークからこんにちは」でした。ご自身も、この番組を担当された事で面白さを見つけられたようです。

その「スタジオパークからこんにちは」は、2017年3月17日をもって22年の歴史に幕が下ろされました。
そして、現在キャスター担当されている「Nスタ」は2017年3月31日で卒業されます。




懐かしさとともに、何か一つの時代の節目を感じています。
  • 2017.03.25 Saturday
  • 10:58

雑誌

「確かに、お前は大器晩成だけどな!! 『其ノ十八「すみません!立って良いですか?」(真心ブラザーズさんと開催したライブの観客の一人)』又吉直樹著-キネマ旬報-」

本作品は、又吉直樹さんが隔月で連載しているエッセイです。中学生時代から現在までに、彼の人生を大きく揺るがした彼の周囲の人々からかけられた名言が1話に1人ずつ紹介されていています。

今回は、真心ブラザーズさんと開催したライブの観客の一人が言った一言がポイントになっています。

ですがそれ以上に、又吉さんと吉本の養成所の同期だったF君の「真心ブラザーズ」ファンとしての思い入れにまず、驚き!

さらに、又吉さんと真心ブラザーズが一緒にライブをした事がある事を初めて知りました!

そして、「二年か三年経った時に、F君のコンビは解散し、F君はミュージシャンになった。F君のコントも独特だったけど、F君が紡ぐ歌詞は本当に凄く素晴らしかった。詩集を出版してくれたら絶対に買う。やっぱりF君は天才なんだと思った。」とF君への思いも伝わって、彼の歌を聴いてみたくなりました(^O^)


お読みになられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2017.03.24 Friday
  • 16:11

雑誌

「確かに、お前は大器晩成だけどな!! 『其ノ十七「又吉! サボるな!」(三ツ沢球技場サポーター)』又吉直樹著 -キネマ旬報」

本作品は、又吉直樹さんが隔月で連載しているエッセイです。中学生時代から現在までに、彼の人生を大きく揺るがした彼の周囲の人々からかけられた名言が1話に1人ずつ紹介されていています。


今回は、少年のサポーターにかけられた一言によって、又吉さんが嬉しくなった事がキーポイントに!


これは、2013年11月4日横浜の三ツ沢球技場にて、三浦淳宏選手の引退試合が行われた時の事でした。又吉さんがなぜか、その試合参加した時間帯のです!
高校時代まで、サッカーをしていたといってもそこはプロの世界。

実力の差を感じながら、憧れの選手とひと時を共に出来て、さらに少年から声を書けられて喜びが満載となるという話にとても心が暖かくなりました(^_^)

三浦淳宏選手については、この記事で初めて知りました。
選手への思いと、又吉さん自身のサッカー経験を丁寧に書かれているなぁと思って読み進めると、参戦した話にいつの間にか移行していまして!

まるで、鮮やかなプレーに追いつかなったような気持ちなりました(^_^)


お読みになられた方は、いらっしゃいますか?

JUGEMテーマ:読書



  • 2017.03.20 Monday
  • 11:30

雑誌

「確かに、お前は大器晩成だけどな!! 『其ノ十六「モグリなんじゃないかって噂になってたよ」(『若松屋』の常連さんの言葉)』又吉直樹著 -キネマ旬報-」

本作品は、又吉直樹さんが隔月で連載しているエッセイです。中学生時代から現在までに、彼の人生を大きく揺るがした彼の周囲の人々からかけられた名言が1話に1人ずつ紹介されていています。

今回は、 太宰治が愛した鰻屋の常連さんにかけられた一言がポイントとなっています。

初めて訪れてから、再び来店するまで2年が空いてしまい…
太宰治ファンというのは、「モグリ」ではないかと問われてしまったという展開でした。
もちろん、又吉さんは否定していました。

何だか、タイムスリップしてでもお店に行って又吉さんの近くに居たくなりました(^_^)



お読みになられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2017.03.17 Friday
  • 18:20

雑誌

「確かに、お前は大器晩成だけどな!! 『其ノ十五「皆さん、ご家族なんですか?」(山に詳しい女性編集者) 』又吉直樹著 -キネマ旬報-」

本作品は、又吉直樹さんが隔月で連載しているエッセイです。中学生時代から現在までに、彼の人生を大きく揺るがした彼の周囲の人々からかけられた名言が1話に1人ずつ紹介されていています。

今回は、 数年前に山登りのファッションを紹介するロケ番組に出演された時に、女性編集者の方から質問を話題にされています。

暖かい現場光景が、目に浮かぶような気持ちにさせてもらいました。


お読みになられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2017.03.16 Thursday
  • 14:45

雑誌

「確かに、お前は大器晩成だけどな!! 『其ノ十四 おひとりで、よろしいですか?(京都のタクシー運転手)』又吉直樹著 -キネマ旬報-」

本作品は、又吉直樹さんが隔月で連載しているエッセイです。中学生時代から現在までに、彼の人生を大きく揺るがした彼の周囲の人々からかけられた名言が1話に1人ずつ紹介されていています。

今回は、京都や仕事現場で、良く言われてしまうという経験があるというお話。

「ピース」の相方 綾部祐二さんと一緒にいても、そこまで気づかれない?と、信じられない内容でした(笑)
  • 2017.03.16 Thursday
  • 11:33

雑誌

「確かに、お前は大器晩成だけどな!! 『其ノ十三「Good Sound」(あるジャズヴァイオリニストの言葉)』又吉直樹著 -キネマ旬報-」

本作品は、又吉直樹さんが隔月で連載しているエッセイです。中学生時代から現在までに、彼の人生を大きく揺るがした彼の周囲の人々からかけられた名言が1話に1人ずつ紹介されていています。

今回は、あるヴァイオリニストにポイントに置きながら、アドリブについてが書かれています。

良く聴く言葉ではあるけれど、それを本物として伝えて人々に喜びや感動を与えられるようになるには、奥深いものだと気づかせてもらいました(^-^)

お読みになられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2017.03.16 Thursday
  • 11:15