Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

新聞

《利用しやすくなることが楽しみですね!!》「車いすに見る未来を見据えた障害者対策 毎日新聞?2017年9月16日付」

以下は、原文のままです。


全日本空輸(ANA)では、障害をもつ乗客への対応に力を入れている。保安検査場の金属探知機を通ることができる樹脂製の車いす(2016年導入)は全国の空港に約200台配備され、残る約200台の金属製車いすも19年度末までに入れ替える予定だ。20年東京五輪・パラリンピックの「オフィシャルパートナー」としてという意味合いもあるが、その後を見据えた取り組みでもあるという。車いすを例に、ANAの次の時代への対応策を探った。


さまざまな種類の車いす

 ANAでは一般的に使用される樹脂製の車いす以外に、特別な車いすも用意している。

  • 2017.09.16 Saturday
  • 19:43

新聞

『手話漫才コンビ公演100回 「ぷ〜&み〜」23日ライブ 山陽新聞デジタル 2017年9月10日付』

この記事を目にした瞬間に、「観たい!!」と心の中で叫びました!以下は、原文のままです。


手話を交えた独自の漫才を繰り広げる岡山県内の男性コンビ「ぷ〜&み〜」が、23日に岡山市で開くライブで100回目の舞台を踏む。「笑いに障害の有無は関係ない」と活動を始めて7年。2人は「節目の公演を今まで以上に盛り上げたい」と練習に励んでいる。

 「虹の色は?」「赤、黄、青…“愛”」「『ラブ』じゃねぇ、そこは『藍』だろ!!」

 会社員三宅寿さん(49)=岡山県矢掛町、写真右=と耳が不自由な自営業さとう正士さん(48)=倉敷市。手話とジェスチャーを交えて、さとうさんがボケると、三宅さんが手話と言葉で突っ込む。8月末、同市内で行った第99回公演では、気象をテーマにしたネタで会場を沸かせた。

 出会いは約15年前。三宅さんが、さとうさんと知り合いの近所のろう者宅で手話を教わっていた際、偶然居合わせ意気投合した。「交流を深めるうち、手話にもジョークやくだけた表現があると知り、『漫才にできる』と思った」と三宅さん。

 2010年からインターネット動画サイトに2人の掛け合いを投稿。12年に聴覚障害者らが集まる京都市のイベントで初舞台を踏むと、口コミで評判が広がり、今では全国で年間約20公演をこなす。

 2人が「忘れられない」と口をそろえるのが、13年の愛知県内でのステージ。最前列に終始不機嫌そうに見えた高齢者がいた。不安を感じながら出番を終えると、施設スタッフから「病気で体が動かないおじいちゃんが、口元をわずかに動かして笑っていた。2人には不思議な力がある」と言われた。さとうさんは「役に立てたという充実感で体がいっぱいになった」と振り返る。

 「僕たちの漫才を見て、手話の面白さや可能性に気付いてもらいたい」と2人。記念の公演を控え、お披露目予定の新ネタを懸命に練習している。

 第100回公演は、岡山市北区下石井のピュアリティまきびで行う。午前(開演10時半)と午後(同2時)の2回。中学生以上前売り1800円、小学生以下同1300円(当日はいずれも500円増)。定員は各120人。
  • 2017.09.11 Monday
  • 11:38

新聞

『つんく♂さん紅白狙う「かなえば日本は明るい」 アッキーさん感涙 2017年9月11日付 デイリースポーツ』

活動内容を目にするたびに、嬉しいです!!以下は、原文のままです。

音楽プロデューサーのつんく♂さん(48)が10日、都内で行われた、障がい者のための働き方改革プロジェクト第1弾「LIVES TOKYO2017」に登場し、歌手・Beverlyさん(23)とともに「NHK紅白歌合戦」出場を目指すことを誓った。この日、作詞作曲した同プロジェクトのテーマ曲「Happy now」を初披露したつんく♂は、「(紅白出場が)かなうと日本も明るいね!」と年末に向けて意気込んだ。
 つんく♂が紅白を狙うことを宣言した。
 Beverlyが「Happy now」を歌い、会場が温かな雰囲気に包まれる中、イベントの司会を務めたプロジェクトチームの南正一郎氏が「ぜひ紅白で歌ってほしいと思います」と呼びかけた。つんく♂さんは苦笑いしながらも「おお!すごいねぇー。でもまじでそれがかなうと日本も明るいね!」とパソコン画面に文字を打ち出した。「紅白目指してがんばりましょう。みなさまもぜひ応援してください」。決意の一文をつづると、会場からは大きな拍手がわき起こった。
 つんく♂さんは同プロジェクトから依頼され、障がい者も健常者もなく皆が支え合って生きる社会を思い描き、同曲を作詞・作曲。歌い手には美しいハイトーンボイスを持つBeverlyに白羽の矢を立てた。
 Beverlyは「つんく♂さんとすてきなお仕事ができてうれしいです。この曲を通してみなさんが幸せになってくれたらうれしいです」と意義深い仕事に笑顔。つんく♂のギターと、児童合唱団のコーラスをバックに生歌を披露した。会場は感動に包まれ、訪れていた安倍昭恵氏(55)も「この会場のような社会が広がったらいいなと思いました」と目に涙を浮かべた。
 つんく♂さんは14年に咽頭がんを患い、声帯を摘出したが、復帰後は楽曲制作など精力的に活動。紅白には90年代にシャ乱Qとして出演経験がある。
  • 2017.09.11 Monday
  • 11:27

新聞

「清宮幸太郎選手 111号バックスクリーン直撃弾も空砲 2017年9月9日付」

<U18W杯:日本4−6カナダ>◇8日(日本時間9日)◇スーパーラウンド◇カナダ・サンダーベイ

 清宮幸太郎内野手(3年=早実)が今大会2本目、自らの高校通算記録を更新する111号を放った。

 2点を追う5回2死走者なし。カウント1−0から2球目の131キロを捉えると、打球は中堅バックスクリーンを直撃した。

 「逆風だったので捕られちゃうかなと思いましたが芯で捉えたので入ってくれました。その後みんなに火がついて当たりだしたことがうれしかったです。打って良かった」と話した。

 しかしチームは4−6で敗北。「まだ終わっていない。切り替えて頑張るしかない」と次の韓国戦へ闘志を燃やしていた。
  • 2017.09.09 Saturday
  • 11:09

新聞

「ジャニー社長が惜別エール「子供が成長…一番うれしい」3人のジャニーズ退所でデイリースポーツ 2017年09月09日付 」

形を変えても、多くを語り合う事がなくても「Best Friend」でいて欲しいと願っています。以下は、原文のままです。

 元SMAPの稲垣吾郎さん(43)、草なぎ剛さん(43)、香取慎吾さん(40)が8日、1987年入所から30年在籍したジャニーズ事務所を退所した。3人は今後、事務所に所属しないフリーの立場となり、各々でソロ活動を続けていくことが明らかになった。また、デイリースポーツの取材などに応じたジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(85)は卒業する“息子たち”に、「子供が成長していくのが一番うれしい。僕は応援しますよ」と退社後も見守ると誓った。
 稲垣さん、草なぎさん、香取の退社発表時に
「S(すばらしい)M(MEMORIES)A(ありがとう)P(POWER)」と異例のコメントを公表したジャニー氏が柔和な笑みを浮かべながら、惜別のエールを送った。
 「ティーンエイジャーを過ぎたら、20代か、30代かと(ピークが過ぎたように周囲は)カウントするけど、それにプラスされる何かがあって、彼たちは卒業する」
 3人が40代まで一線で活躍した功績を称えた上で、「皆、それぞれ(卒業への思いが)あると思う」としみじみ。3人に突っ込まれる姿を想像して笑いもした。
 「僕は応援しますよ、今までと同じように。『何を言っているんだ。八十幾つになりやがって!』と思われるからいいたくない(けど)」
 3人が入所した30年前から親のように育ててきた。故マイケル・ジャクソンの日本公演に連れて行き、世界のエンターテインメントに触れさせた。88年結成のSMAPがコンサートで同じトークをすれば注意もした。厳しく育てたSMAPはバラエティー開拓、5大ドーム、国立公演、通算23回の紅白歌合戦出場と成長。国民的グループとして愛された。
 プロデュース業は「すごく生きがいのあること」と語るジャニー氏は、大きくなった“子供たち”に目を細める。
 「親のように付き合ってくれて、『成長したなあ』という気持ち。子供が成長していくのが一番うれしい」。
 直接、声は掛けなかった。「そんな野暮っちいことはしない。『頑張れよ!』なんて気持ち悪い」と以心伝心の仲を強調する。
 今後も、「自分で作り上げていく。そういう気構えがないと」と激励も忘れない。中居正広さん(45)、木村拓哉さん(44)を含む元SMAP5人には「年を取っても一生懸命やっている僕を見ろと。今の僕にはなれないけども、真似事ぐらいはしなさいってこと」。創造力豊かに個性を発揮することに期待した。
  • 2017.09.09 Saturday
  • 10:27

新聞

「日本ハム大谷 投手の優しさに見るプロの姿、少女は泣いた 2017年9月8日付<ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>」

プロ野球選手は、やっぱり子どもたちのあこがれのヒーローだ。8月19日の日本ハム対西武戦(札幌ドーム)の試合後に、そんな場面を目の当たりにした。この日は「ぼくたちのボールパーク2017」と銘打ち、少年少女らが、さまざまな仕事を体験するイベントが行われていた。日本ハムが勝利すれば、ヒーローインタビュアーも、テレビ局のアナウンサーではなく、ある少女が務める予定だった。

 その少女は、懸命に応援したが、残念ながら日本ハムは敗戦。大役を務めることは出来なかった。待機していたバックネット裏で落ち込んでいたが、そこにヒーローが現れた。大谷がサプライズで、少女の元に出向いたのだ。驚きのあまり、感激の涙を流すほど喜んでいた。一緒に写真撮影をし、着ていたユニホームにサインも書いてもらい、何度も頭を下げて、お礼をしていた。

 たまたま、その現場に居合わせたのだが、その光景に心が温まった。同時に、子どもや大人にだって夢を与えられるプロ野球選手は、本当にすばらしい職業なのだと実感した。日本ハムは苦しいシーズンを送っているが、ファンの声援は変わらない。一般の仕事とは比べられない、大きな使命を背負いながら、選手たちは今日もグラウンドに立っている。

  • 2017.09.08 Friday
  • 19:20

新聞

「車いす可能に リフト付きバス乗り場、年内に 毎日新聞?2017年9月6日付」

国内最大級のバスターミナル「バスタ新宿」(東京都渋谷区)を管理する国土交通省は、車いすで利用できるリフト付きバスの乗降場を年内にもターミナル内に設置する方針を固めた。羽田空港と新宿を結ぶ路線の乗り入れを想定し、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて車いす利用者の利便性向上を図る。


 バスタ新宿は昨年4月、周辺に分散していた19の高速バス乗降場を集約、118の運行業者が乗り入れして開業した。1日平均約1470便の高速バスが発着し、約2万8000人が利用する。

NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2017.09.08 Friday
  • 10:44

新聞

「手話バッジ配布 来春、支援意志ある人に 日本海新聞 2017年9月6日付」

この取り組みが全国に広がる事を願いながら読みました。以下は、原文のままです。

鳥取県手話施策推進協議会(石橋大吾会長)の本年度第2回会合が5日、県庁で開かれた。ろう者が街中で聞こえる人との意思疎通を図りやすくするため、手話でサポートする意志のある人に「手話バッジ」を来年3月に配布する方針を確認した。

 手話バッジは、障害者への支援の意志を示す「あいサポートバッジ」を応用し県が新たに作成。あいサポートマークの下に両手を添え「手話」を表すデザインとなっている。

 県は今後、どの程度手話ができる人にバッジを付けてもらうのが適当か、ろう者や手話学習者らの意見を聞いて決める。協議会では「手話を広めるにはハードルは上げない方がいい」といった意見が出た。

 一方、手話通訳者がかかりやすい頸肩腕(けいけんわん)症候群の健康診断支援について県が説明。10〜11月に県内の登録手話通訳者ら約350人に県が問診票を送付し、専門医が書類で1次検診。必要に応じて県外の医療機関での2次検診を促す。旅費と受診費は県が負担する。

 このほか委員からは、手話通訳者が深夜に活動する際の報酬の加算、ろう者との接し方に関する医療機関向けの冊子作成を県に求める意見が出た。
  • 2017.09.06 Wednesday
  • 14:44

新聞

『有村架純さん号泣「みんなのことが大好きです」ひよっこ撮了 スポーツ報知 2017年9月5日付』

確実にラストは近づいているのですよね…。最後まで楽しみたいです。以下は、原文のままです。


女優の有村架純さん(24)が主演するNHK連続テレビ小説「ひよっこ」(月〜土・前8時)の撮影が4日、クランクアップを迎え、東京・渋谷の同局で取材会が行われた。

 30日放送の最終回で、みね子(有村さん)が働く洋食店「すずふり亭」からコックの秀俊(磯村勇斗さん)と出かけるラストシーンを撮り終え、これまでを振り返るVTRが流されると有村は号泣。ハンドタオルで涙をぬぐいながら「みね子として『ひよっこ』の世界を過ごせたことは私の宝物」とあいさつした。両親役の沢村一樹さん(50)、木村佳乃さん(41)ら共演者も多数駆けつけ、有村さんは「自分は愛されていたんだと実感しています。みんなのことが大好きです!」と大感激していた。
  • 2017.09.06 Wednesday
  • 14:35

新聞

『追悼CD注文殺到…「政次ロス」続出 大河「直虎」で最期 2017年9月5日付』

この記事を読んで、「聞こえなくても振動で感じてみたい!!」と、心の中で叫びました!
以下は、原文のままです。

先月20日に放送されたNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、主人公を支える小野但馬守政次(おのたじまのかみまさつぐ)(高橋一生さん)が壮絶な最期を迎えた。その放送後、視聴者の間からインターネット上を中心に「号泣した」「政次ロス」などの言葉が飛び交い話題を集めている。23日には政次への鎮魂歌としてCDが発売され注文が殺到。追加生産中だ。

                   ◇

 主人公、井伊直虎(柴咲コウさん)と幼少期から寄り添い、時に対立し嫌われながらも井伊家を守り続けた井伊家筆頭家老、政次(高橋さん)。20日放送の第33回「嫌われ政次の一生」では、井伊家を守るため政次は自ら磔(はりつけ)になることを選び、その意をくんだ直虎が長槍で突き、絶命した。

 最近は、ドラマで活躍するほか、女性ファッション誌にも登場する高橋。「どこか疲れた感じが色っぽい」「見た目と低い声のギャップがたまらない」などと女性からの人気が急上昇している。

 政次の最期の放送後、ネット上には、その死を嘆く声が噴出。「直虎と政次の“最後の大芝居”に号泣」「大河史に残る究極の愛のカタチ」などの書き込みが相次いだ。

 SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)や独自調査からテレビの流行を計る、ウェブサイト「ザテレビジョン」(KADOKAWA)の指標「視聴熱」では8月14〜20日の週間ランキング1位を獲得。「『直虎』『政次』など、ドラマ関連の言葉が多くトレンド入りする盛り上がりとなった」としている。

 放送直後、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルが、壮絶な最期を遂げた政次の魂を慰めるための追悼CD「鶴のうた」の緊急発売をSNS上で告知。するとレコード店やネットに予約が殺到、24日には初回盤の追加生産が急遽(きゅうきょ)決まった。

 CDに収められたのは全14曲。政次が辞世の句などを朗読、「直虎」の音楽を手がける菅野よう子の音楽でその一生をたどる。同社の担当者によると、「事前に台本を読んだ菅野さんがあまりの衝撃に『政次ロス』になり、自ら企画立案した」という。

 「テレビドラマを学問する」などの著書がある、中央大学の宇佐美毅教授は、「直虎と政次の、自己の存在をかけた必死の思いが込められているからこそ、視聴者の心に響いた」とみる。「最期の場面も2人の“大芝居”のために必要で、だからこそ切ない。近年の大河においてまれに見る、印象的かつ名場面といえるでしょう」と分析している。
  • 2017.09.06 Wednesday
  • 14:15