Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

新聞

「潔さ、温かみ 没後1年 樹木希林の言葉響く 東京新聞 2019年9月17日付」

希林さんが遺した言葉に、癒され・励まされ・楽しませていただいている一人として、心が温かくなって、嬉しくなりました。以下は、原文のままです。




 潔く、温かく、ユーモラスに…。昨年9月15日に75歳で死去した個性派女優の樹木希林(きききりん)の語録や文章が今なお、多くの人の心に灯をともしている。「全身がん」を悲観せず淡々と自身を見つめ、自分らしさを貫いた生涯。その日々から紡ぎ出された言葉は“希林本”として相次いで世に出て、ベストセラーにもなった。10月にはドキュメンタリー映画の公開も控える。没後1年、樹木希林が発信する珠玉のメッセージとは。 (竹島勇)
◆前向きになれる”希林本”
 幸せというのは「常にあるもの」ではなくて「自分で見つけるもの」/「人は死ぬ」と実感できれば、しっかり生きられる 「一切なりゆき 樹木希林のことば」(文芸春秋)

 自分で<人>を見極めるためには、一人にならなければならない 「樹木希林120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ」(宝島社)

相次いで出版された樹木希林の関連本


 飾らず温かい言葉が並ぶ“希林本”は、二〇一九年の出版界の一つのトレンドになった。昨年末に刊行され、発行部数百五十万部を突破した「一切なりゆき」を筆頭に、五十七万部の「〜120の遺言」など、いずれも生き方、達観した人生観などが盛り込まれた本はよく読まれた。

 なぜ、こんなに関心を集めているのか。

 過去の雑誌インタビューなどでの言葉をまとめた「一切なりゆき」を担当した文芸春秋の石橋俊澄編集委員は「八百ほどの言葉から選んだが、どれも潔く生に未練がない。しかも謙虚で面白く、元気になれる」と分析する。文春によると、大手書店チェーンの調査で、購入者の平均年齢は五五・六歳、78・5%が女性だった。読者が感想文を送ってくるのも特徴的で、母親ががんを患っているという小学六年生の男子からも「前向きに生きる気持ちになった」と寄せられたという。



 八月以降も娘でエッセイストの内田也哉子(ややこ)との共著「9月1日 母からのバトン」(ポプラ社)、映画「万引き家族」などで仕事を共にした是枝裕和監督によるインタビュー集「希林さんといっしょに。」(スイッチ・パブリッシング)など五冊が出て、十冊になった(別表参照)。

 最晩年の仕事ぶりや暮らしに密着し、死の直後に放送されて反響を呼んだNHKスペシャル「“樹木希林”を生きる」に未公開映像などを加えた同名のドキュメンタリー映画(木寺一孝監督)が、十月四日から公開される(東京・シネスイッチ銀座ほか)。Nスペでの放送より長い、一時間四十八分の作品だ。関係者は「(描いたのは)女優の面だけでなく、生地から自分で服を作ったり、スタッフに手作りの梅干しを振る舞ったりと、日常生活を大切にする姿」と話す。

ドキュメンタリー映画「“樹木希林”を生きる」の中で化粧をするシーン

 八月には遺作となったドイツ映画「命みじかし、恋せよ乙女」(ドーリス・デリエ監督)が公開された。東京・日比谷の映画館で鑑賞した東京都墨田区の事務員の女性(65)は「あの人の生き方や言葉にうそはなく心に染みる。亡くなるまであの人らしかった」。千葉市の主婦、狩野朝子さん(83)は「内側からにじみでる人間としての品格にひかれた。(ロック歌手の故)内田裕也さんとの夫婦関係も特殊でしたが、お互いが良さを認めていたと思う。私も希林さんの生き方に近づきたい」と話した。

 そんな希代の女優の日常を体感できるイベントもある。東京・西武池袋本店西武ギャラリーで十月二〜十五日、企画展「樹木希林 遊びをせんとや生まれけむ展・完全版」が開催される。愛用品で「日常の部屋」を再現したコーナーや直筆の手紙など、趣味や心情が垣間見える趣向だ。



◆聞き返す「ばあば」の声
 「ばあば」「美代ちゅあん」と呼び合う仲だった。女優の浅田美代子(63)は樹木と四十五年ほど家族のように付き合ってきたという。初盆の行事を七月に済ませ、十五日は一周忌。「まだ近くにいるような気がする」と穏やかに話す。

 親交はデビューした一九七三年のドラマ「時間ですよ」(TBS系)から。「私は本当に素人だったので演技には『ちゃんとしなさい』とよく叱られました」。でもかわいがられ、しょっちゅうお互いの家を行き来する仲になった。お互いの私生活もさらけ出し合って生きてきた。

2018年2月15日、「エリカ38」の撮影現場で浅田(右)の誕生日を祝う樹木

 樹木の数々の言葉が思い出されるが、その中でも「良いことも悪いこともすべて自分が選んだ結果。他人のせいにはできないよ」が特に心に残っている。

 晩年の樹木はがんの身を押して浅田が主演した映画を初めて企画。自ら助演もした「エリカ38」(日比遊一監督)が今年六月に公開された。浅田に与えられたのは、詐欺で集めた金で年下の男と享楽的なひとときを過ごし破滅する中年女役。「あんたには人のいい、かわいい役ばかり来る。女優としての代表作を作りなさい」との配慮だった。

 「思いに応えられたとは思わないが、ばあばのような生き方ができるのはすごいと思う。自分の信念、言いたいことを言いながらユーモアも忘れない」

 長く別居した夫の内田裕也については「彼は純粋な人なのよ。面倒はかけるけど間違ったことはしない。私なんて女優の仕事はあるし、孫までいる、裕也さんの存在がなきゃ世間にねたまれちゃうよ」と笑いとばしていたという。

 「多くの人があこがれる生き方なんだと思う」。「美代ちゅあん、ばあばです…。用事じゃないのでもう寝ます」。浅田は寂しくなると、消去できずにいる留守番電話を聞き返す。
◆作家の下重暁子「死を受け入れる諦観の境地」見た

 女性の生き方に関心を持つ作家で、日本ペンクラブ副会長の下重暁子(しもじゅうあきこ)=写真=は一七年十月、静岡県伊豆市であったペンクラブのイベントで面会した時の顔を見て、「波立たぬ水面(みなも)のようでした」と心から驚いたと明かす。病気に苦しみながらも仕事を続けていた日々に「死を受け入れる諦観の境地」を見た。地方でのがん治療を控えながらも、映画の撮影に臨んでいることを知った。「波乱の人生を彼女なりに生きてたどり着いた。私もそうありたいし、多くの方もあこがれている」と語った。

<きき・きりん> 1943年、東京都生まれ。文学座付属演劇研究所に入所後、テレビドラマ「七人の孫」に出演し、森繁久弥に才能を認められる。当初は「悠木千帆」の名で活動していたが、77年に改名。ドラマ「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」、フィルムのテレビCMなどの個性的な演技が話題になった。映画は「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」「悪人」「万引き家族」など多数出演。2013年、70歳の時に「全身がん」であることを公表。18年9月15日、都内の自宅で死去。夫で長く別居生活を続けたロック歌手の内田裕也は今年3月に死去した。
  • 2019.09.18 Wednesday
  • 13:50

新聞

【浅田真央さん、『24時間テレビ』パーソナリティーに初挑戦「新しいことにチャレンジ」 2019年6月16日付 サンケイスポーツ】

 バンクーバー五輪女子フィギュアスケート銀メダリスト、浅田真央さん(28)が8月24、25日放送の日本テレビ系「24時間テレビ42」でチャリティーパーソナリティーに初挑戦することが15日、分かった。今年のメインパーソナリティーを務める人気グループ、嵐が出演する同局系「嵐にしやがれ」(土曜後9・0)で発表された。

 真央さんは「『私にできるかな?』と不安もありましたが、新しい令和という時代とともに自分自身も新しいことにチャレンジしたいと思いました」と笑顔。嵐とのタッグに「誰もが知っているスーパーアイドル。何度もご一緒したことがあるので、助けていただけるかな?」とはにかんだ。

 会場は例年使用している東京・日本武道館が改修のため、今年は両国国技館で初めて開催する。

  • 2019.06.16 Sunday
  • 10:08

新聞

〈稲垣吾郎、広げる「地図」 映画『半世界』で新境地 強まる草彅&香取との結束 東京新聞 2019年1月4日付〉

こちらを読んで、稲垣さんがSMAP時代よりさらに充実した日々を過ごされている様子が伝わってきました(^_^)3人の関係性も以前に比べてさらに、そして、主演映画もぜひ観たいです!
以下は、原文のままです。


 2019年、文化娯楽面の幕開けを飾るのは稲垣吾郎(45)。SMAP解散後、ファンサイト「新しい地図」を拠点に活動を続けていて、俳優としては2月15日公開の主演作「半世界」で新たな境地を切り開き、盟友の草彅剛(44)、香取慎吾(41)と一緒に取り組む2020年東京パラリンピックの啓発活動にも特別な思いを抱く。地図に終わりはなく、広げていくもの−。稲垣が語る新年の抱負は、力強いメッセージでもある。(酒井健)

不器用な父親…炭焼き職人を熱演

 「世の中は、波瀾(はらん)万丈な人生を送る人ばかりじゃない。派手なエンターテインメントではないけれど、普通の悩みを抱えた市井の人の心に響いてほしい」

 「半世界」への思いをそう語る。地方で暮らす炭焼き職人の紘(こう)を演じた。山中の窯で備長炭を焼き、街で売る庶民的な自営業者だ。知的でスタイリッシュな役が多かったが、「環境が変わり、新しいスタートを切った時期に、ふさわしい映画を与えていただいた」と新たなチャレンジに手応えをつかんだ。



「半世界」の一場面。左は息子役の杉田雷麟

 反抗期の息子との対話も劇中の見どころの一つだ。「自分も父親になったら、こんなふうに不器用になっちゃうのかなと思った。没頭して何かを作るのも好きだし、かけ離れた役のようで、どこか自分っぽいところがあるのかも」と振り返る。約一カ月滞在した三重・伊勢志摩地方でのロケでは「日本の原風景のような場所で、多くの方に協力をいただきながら役作りができた」と感謝する。

『ばるぼら』では破滅型の小説家

 映画では今年、手塚治虫原作の主演作「ばるぼら」も公開予定で、こちらは破滅型の小説家役。「他人の人生を演じ、その世界に連れて行ってもらえるのが俳優の仕事の魅力。どんな役にも、どんな世界にもなじめるようにしていきたい」と信条を語る。

 芸歴は三十年を超えるが「俳優一筋の方に比べれば、出演数は少ない。作品数を増やしていきたい。映画に舞台、もちろんテレビドラマもチャンスがあればやりたい」と意欲を見せる。

東京パラリンピック盛り上げたい

 SMAP解散後、草彅、香取と始めた「新しい地図」は、基本的に個人としての三人の集まる“場所”。そこに集うファンやスタッフも大切な仲間だという。でも「グループ名ととらえてもらっても、応援してくれる人の見方で良いと思う」。草なぎ、香取の二人とは「SMAP時代よりもよく話し、ほどよい距離感を保っている」と話す。

 その三人が力を入れているのが、東京パラリンピック開催に弾みをつける「スペシャルサポーター」の役割だ。パラスポーツ(障害者スポーツ)の普及や認知度の向上に励んでいる。



昨年7月、パラスポーツ応援ソング「雨あがりのステップ」で得た収益を寄付する3人=東京都品川区で

 三人で歌う応援曲「雨あがりのステップ」を配信で出し、昨夏にはその売り上げ約二千三百万円を競技の発展のために寄付した。「皆さんが多くの寄付金を与えてくれた。みんなでパラ五輪を盛り上げていくことにつなげたい」と喜ぶ。同十一月に東京都調布市で啓発イベントに三人で出演し、選手や障害のある音楽家らと交流した。

 年末にも千葉市で開かれたウィルチェアー(車いす)ラグビー大会で、ゲストとして競技用車いすに乗り、選手のタックルも受けた。「車いすでぶつかる衝撃とかを体験できた。障害者の競技というより、新しいスポーツの一ジャンルです」と目を輝かせる。







 国民的人気グループの活動に終止符を打って二年が過ぎた。稲垣、草彅、香取の三人は真っ白で大きなスペースに向き合い、自分たちの地図を描き始めている。

 三者三様の活動は充実している。パリ・ルーブル美術館で個展を開くなど画伯としても活躍する香取を「平昌(ピョンチャン)(冬季パラリンピック)も観戦し、パラスポーツには一番意欲的」、草彅を「先月の舞台『道』で、パワーや気迫といった新しい姿を見せてくれた」。刺激し合う仲間のことをうれしそうに語る。

 先月四十五歳になった稲垣は「新しい地図」に託して心境を語る。「人生って、描いて旅して終わりじゃない。地図をずっと広げていくことだと思う。知っている場所もアップデート(更新)されていく。終着点は、考えたことがない」

<映画「半世界」> 地方都市で製炭業を営む39歳の紘(稲垣吾郎)は、妻の初乃(池脇千鶴)と中学生の長男明(杉田雷麟(らいる))との3人暮らし。ある日、自衛隊員として海外派遣されていた同級生の瑛介(長谷川博己)が退官して帰郷する。心の傷を察した紘は、中古車販売業を手掛ける光彦(渋川清彦)を誘い、同級生3人で十数年ぶりに酒を酌み交わす。数日後、紘は瑛介を炭焼きの仕事に誘うが…。昨年の東京国際映画祭コンペティション部門に出品。阪本順治監督。

<いながき・ごろう> 1973年12月8日、東京都出身。6人組グループ「SMAP」(のちに5人に)のメンバーとして91年デビュー。歌や映画、テレビドラマ、バラエティーなど多彩に活躍。2016年末に解散後は、元メンバーの草なぎ剛、香取慎吾と志を共にし、ウェブサイト「新しい地図」を拠点に活動を続けている。

  • 2019.01.17 Thursday
  • 14:12

新聞

『児童虐待「冤罪」に警鐘 松山出身の小児脳神経外科医が共著出版 愛媛新聞 2018年9月6日付』

これまでにも、藤原医師が発表されたものを紹介させていだいたことがあります。

今回の共著出版については、今朝届いたメールで知りました。

そして、記事の中で一番心に残ったのは、「虐待を疑うのは最後でいい。親だけでなく、子どもに関わる医師や児相職員らにもぜひ読んでほしい。」という藤原医師の言葉です。


そして、これまでに添えさせて頂いたコメントと重なりますが、ご家族とお子様の安心が広がるような医師や相談員の方々との連携が強化されることを願っています。

冒頭にあるのは、同医師から送られてきたメールに添付されていた新聞記事の写真です。以下は、「愛媛新聞 ONLINE」の記事に掲載されている原文のままです。




【乳幼児 頭打つけが 病院が児相に通告 一方的 親子分離の恐れ 「医師はまず親を信じて」】


 東京・目黒の児童虐待死事件などを受け虐待防止意識が社会で高まる中、松山市出身の小児脳神経外科医藤原一枝さん(73)=東京都江東区=らが「赤ちゃんが頭を打った、どうしよう!? 虐待を疑われないために知っておきたいこと」を岩崎書店から出版した。乳幼児が転んで頭にけがをした事故を病院や児童相談所が虐待と疑い、一方的な親子引き離しにつながる事例があるという冤罪(えんざい)の指摘で、疑わしきは罰する「推定有罪」の現状に警鐘を鳴らす一冊だ。




 藤原医師や同書によると、乳児がつかまり立ちからの転倒やソファの上など低い場所からの転落など、回転力が加わるような落ち方で頭を打った場合、頭蓋骨と脳の間に血がたまる乳幼児急性硬膜下血腫(中村儀拭砲起きる恐れがある。生後4カ月〜1歳の乳児の頭蓋骨内には脳脊髄液がたまる隙間が広がっており、頭蓋骨と脳をつなぐ静脈が伸びていて、弱い力でも切れやすいためだ。


 一方、乳児を両手で抱えて強く前後に揺さぶる虐待でも急性硬膜下血腫は起き「乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)」と呼ばれる。中村儀燭硲咤贈咾肋評から区別が難しいことも多い。中村儀燭梁減澆蝋餾歸に認められていないとの見解や、児童虐待を見逃さないとの強い思いから、乳幼児の急性硬膜下血腫は虐待が原因とみなす医師も少なくないという。


 このため眼底や頭の中の出血を確認した病院が児童相談所に通告。児相が虐待を疑った場合、子どもを一方的に親から引き離して一時保護下に置き、退院後は乳児院に収容。子どもの安全が確認されるまで、長ければ数カ月以上、親子が引き離されることもあり、退所後も監視下に置かれる。保護者が事情を説明すればするほどクレーマー扱いされ、親子分離が長引くこともあるという。


 約30年前、父親による児童虐待死事件に関わった藤原医師だが、SBSとみなされた中に中村儀燭含まれ、冤罪で人権を侵害され泣き寝入りしている親たちがいるとの疑いを抱き、専門誌などで改善を主張してきた。統計はないが、中村儀燭倭換颪杷100〜200件あるとみている。


 本書では、乳幼児が頭を打った場合の処置に始まり、中村儀燭瞭団Б子どもが急性硬膜下血腫で入院した家族の6事例▽児童虐待を疑われた場合の流れや対処法▽児童虐待対策の問題点に関する専門家の解説―などを漫画も交えて分かりやすく記している。


 藤原医師は「病院に連れて行くのは治療のためで、医師は親の言うことを信じることから始めるべきだ。虐待を疑うのは最後でいい。親だけでなく、子どもに関わる医師や児相職員らにもぜひ読んでほしい」と話している。




 「赤ちゃんが―」は、藤原医師と小児脳神経外科医西本博氏の共著。A5変型判、64ページ。1188円。

  • 2018.09.06 Thursday
  • 10:33

新聞

《愛媛テーマも2冊》「松山出身・藤原一枝さん、絵本4冊の英語版刊行 」愛媛新聞 2018年8月8日付




こちらは、藤原一枝さんがご自身の作品に関する取材を受けられた記事です。
このうち、3冊については読んだことがあります。そして、SNSに記事を掲載させて頂いたことがあり、それぞれに楽しさと暖かさが伝わってくるところが好きです。
より多くの方々に読んでいただけたらと思っています。以下は、原文のままです。


「湯めぐり一番 道後の温泉」を英訳した「No.1 Hot Spring,Dogo Onsen」など英語版の絵本4冊を刊行した藤原一枝さん=7月31日、東京都墨田区
【外国人客向けに活用も】
 松山市出身の小児脳神経外科医で絵本作家の藤原一枝さん(73)=東京都江東区=が、日本最古の湯を舞台にした「湯めぐり一番 道後の温泉」など、これまでに手掛けた絵本4冊の英語版を刊行した。「湯めぐり―」は県立図書館や松山市立中央図書館、まつやま国際交流センターなど市内の19施設・団体に寄贈している。
 「湯めぐり―」は、2005年2月に本紙「ふるさとの童話」コーナーに載った藤原さん作「まどかなカラス」を基に、同8月出版。東京で銭湯を経営するツルやカメなどの動物たちが道後温泉を訪れ、日ごろの疲れを癒やして元気になるというストーリーだ。英語版の題名は「No.1 Hot Spring,Dogo Onsen」。
 英語版刊行に際し、藤原さんは「近年、道後を訪れる外国人観光客が増えており、英語版を観光案内所などに置いて道後温泉にまつわる話をアピールしてもらえれば」と話す。
 松山を舞台にした絵本「まほうの夏」(岩崎書店)も既刊のフランス語版や韓国語版、中国語版に続き、英語版「Magical Summer」になった。
 英訳した他の2冊は「雪のかえりみち」(2001年児童福祉文化賞受賞作)と、排便習慣の大切さを教える「ちょうかいちょうのキョウコちゃん」(偕成社)。いずれも藤原さんと小学校の同級生だった翻訳家栗田桂子さん(横浜市)が訳した。
 4冊とも松山市木屋町3丁目のカフェ「スーホ」で販売中。「ちょうかいちょう―」が1296円、他の3冊が1404円。いずれも藤原さんが代表を務める出版社「藤原QOLスペース」(東京)からの刊行。スーホへの問い合わせは大西美恵子さん=電話090(2782)3021
  • 2018.08.09 Thursday
  • 07:30

新聞

「有働由美子アナ マツコさん所属事務所入り、私生活で交流 マツコさんが口説き落とすスポニチアネックス 2018年04月26日付」

退局された事が発表されて以来、所属先がどこになるのか注目されていましたが、ついに決定するようですね!以下は、原文のままです。

3月末でNHKを退局した有働由美子アナウンサー(49)が、芸能事務所「ナチュラルエイト」に所属する方向で最終調整に入ったことが25日、分かった。同社にはお笑いコンビ「くりぃむしちゅー」やマツコ・デラックスさん(45)が所属。今後、民放各局を含めたさまざまな仕事のオファーが舞い込むことになりそうだ。

 今月3日に退局が明らかになって以降、芸能事務所が繰り広げてきた争奪戦が決着した。スポニチ本紙の取材では、有働アナを同社入りへと口説き落としたのはマツコさん。私生活で交流のあるマツコさんが“オトコ”を見せたことが決め手となり、テレビ関係者は「マツコさんが女性を口説く姿を見たのは初めてですね」と驚いていた。

 2人は昨年からNHKスペシャル「AIに聞いてみたどうすんのよ!? ニッポン」で共演しており、より仲を深めていた。今年3月放送の同番組の第2弾では、マツコさんが有働アナに向けて「民放で働ける、この人」と言う場面もあった。毒舌のマツコも魅力的なキャラクターと認めていた。

 所属事務所が決まり、今後はテレビ局の争奪戦が一層熾烈(しれつ)になっていきそうだ。そこで今後も“パイプ役”となる可能性があるのがマツコさん。テレ東を除く民放キー局4社でレギュラー番組を持っており、行く先々で局員から「有働さんをウチの番組に呼んでもらえませんか?」と仲介役をお願いされることもありそうだ。

 有働アナはジャーナリストとして活動していくことを希望。現時点では古巣NHKの特番に出演することが決まっている。
  • 2018.04.26 Thursday
  • 10:55

新聞

『草なぎ剛さん「残された僕らは時が止まって…ずるいですよ」 弔辞で大杉さんへ悲痛な思い吐露 スポニチANNEX 2018年04月14日付』

草彅さんとって、大杉漣さんがどれほど大きな存在だったのかを感じさせていただきました。以下は、原文のままです。



 2月21日に急性心不全のため亡くなった俳優・大杉漣さん(享年66)のお別れの会が、14日、東京・青山葬儀所で営まれ、親交のあった元SMAPの草なぎ剛さん(43)が弔辞を読んだ。草なぎは自身の代表作となった「僕の生きる道」などの“僕シリーズ3部作”をはじめ、数々のドラマで共演していた。

 草なぎさんは「漣さんがいなくなってもう2カ月ですね。そっちの生活はどうですか?みんなと仲良くしてるんでしょうね」と問いかけ、「残された僕らはそのまま時が止まって、整理がつかず困ったもんですよ。どうしたらいいかわからない。ずるいですよ」と悲痛な思いを吐露。「何度も何度も悔やんで悔やんで早すぎるよって問いかけるけど、あの低い声で笑って漣さんの笑顔が残るだけ。本当にずるいよ。漣さんみたいに優しい人をこんなに早く天国に連れていくなんて、神様って本当にいるのかと思ってる」と打ち明けた。

 そして「僕はやっぱりまた漣さんとお芝居したいです。そしてまた漣さんが連れて行ってくれた海でまたギター持って歌いましょうよ。それまでしばらく待ってて下さい。心からご冥福をお祈りします。それじゃまたね」と声を詰まらせながら続け、天国の大杉さんに語りかけた。

 草なぎさんは1日夜、インターネットテレビ局「AbemaTV」の7・2時間生番組「7.2新しい別の窓」(毎月第1日曜後5・00)でも大杉さんを悼み、「まだ亡くなられて日にちも経っていないので、整理も気持ち的につかない」と語っていた。
  • 2018.04.14 Saturday
  • 18:09

新聞

『有働アナNHK退社していた「組織を離れる決断を」日刊スポーツ 2018年4月3日付』

私は、今朝の「あさイチ」の冒頭の発表にて知り、「ついに、この決断をしたんだ」と思いました。寂しい気持ちもありますが、またテレビで拝見できる事を、楽しみにしています!

 NHKの有働由美子アナウンサー(49)が、3月31日付で、同局を退社していたことが4月3日、分かった。前日の3月30日には、8年間メインキャスターを務めた「あさイチ」を卒業したばかり。現場への強いこだわりが理由とみられる。今後の活動は未定という。有働アナはこの日夜、NHKを通じてコメントを発表した。

 冒頭から「平成30年3月31日付でNHKを退職させていただきました。27年間勤めさせていただいたNHKには大変愛着があり、定年までしっかり働き続けようと思っておりましたが、以前から抱いていた海外での現場取材や興味ある分野の勉強を自分のペースで時間をかけてしたいという思いが捨てきれず、組織を離れる決断をしました」としている。

 有働アナは、10年の番組開始から8年間メインキャスターを務めた「あさイチ」を3月30日をもって卒業。その翌日の退社だった。 現時点ではまだ退職から間もないため、どこかに再就職するのか、フリーアナに転身するのかなどは未定。それでも「今後、有働由美子という一(いち)ジャーナリストとしてNHKの番組に参加できるよう精進してまいります」と、報道の仕事に関与していくことを示唆している。
  • 2018.04.04 Wednesday
  • 10:54

新聞

『博多華丸・大吉さんの「あさイチ」スタート「違和感しかない」 “朝ドラ受け”もスポニチアネックス 2018年4月2日付』

初回ならではの緊張感がある中で、安定感を出しながら、さりげなく近江アナウンサーをフォローされていた姿に「さすが!」と思いました(^-^)以下は、原文のままです。


 お笑いコンビ「博多華丸・大吉」が2日、新MCに就任したNHK「あさイチ」(月〜金曜前8・15)に生出演。“朝ドラ受け”を見せるなど、落ち着いた進行で笑いをとった。
 番組冒頭、2010年の番組スタートから“朝の顔”を務めた名コンビ、V6の井ノ原快彦さん(41)とNHKの有働由美子アナウンサー(49)からバトンを受け取った2人は、近江友里恵アナ(29)と3人で登場。博多大吉さん(47)が「違和感しかないでしょ。悪気があって出ているわけではないんで」と話して、笑わせた。
 大吉さんが「スタジオもがらっと変わりまして…」と青を基調としたスタジオを見やると、博多華丸さん(47)が「だいぶ青いですね」と一言。大吉さんは「ドラマは『半分、青い』ですけど」とツッコみ、この日スタートした朝の連続テレビ小説について言及。井ノ原と有働アナの代名詞“朝ドラ受け”も見せた。
 大吉さんは「慣れるまでお互いに我慢のしどころだと思います。長い目で見ていただければ」と視聴者に呼びかけ、近江アナは「なるべくロスではなくてニューヨークで…」とジョークを織り交ぜ、意気込んでいた。
 ネットでは、安定感のある進行に「イノッチと有働アナがいなくて寂しいけど、これもまた面白いかも」「ローカル人気番組みたいな安心感」「朝ドラ受け継続かな。うれしい」など好評の声が相次いだ。
  • 2018.04.02 Monday
  • 12:35

新聞

『坂口憲二さん 芸能活動無期限休止へ 国指定難病「特発性大腿骨頭壊死症」を公表 デイリースポーツ 2018年4月1日付』

私は、この病気について記事を観るまで知りませんでしたが、皆様はいかがでしょうか?以下は、原文のままです。



 術後、一時的に車いすを使用する生活を送り、仕事は再開したが、TBS系「夢の扉+」(16年3月終了)のナレーションなど、画面に映らないものが中心となった。撮影を伴った仕事は17年3月まで放送されたDHCのCM出演のみ。今秋放送のドラマのオファーが届いていたが、体調を考慮し辞退した。
 現在は半年に1回のペースで通院。日常生活での歩行は問題ないが、走ることは控えている。軽減されたとはいえ痛みも残っており、持ち味だったアクションができるまでの“完全復活”は、見込みさえ立っていない。
 坂口さんは文書でコメントを発表し、「いつまた悪くなるかわからない状態でいざ仕事となったときに自分の力をセーブしながら続けるのも困難だと考え、この度の結論に至りました」と説明。当面は治療に専念する。今後については「自分のできることをやっていきたいと思っています。それが表現の世界なのか、また全く違った世界なのかは、今現在はわかりません…」とし、活動再開は未定とした。
 99年の芸能界デビュー時から所属していた事務所・ケイダッシュを退所することも決定。坂口さんは俳優業への熱意を失っておらず、復帰の時がくれば、同事務所はバックアップすることを約束している。
  • 2018.04.01 Sunday
  • 10:19