Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

【お試し特別版】「安楽死を遂げた日本人 宮下 洋一著 -小学館-」

重たいテーマなので、読むことがつらいと思われた方は、お控えくださいませ。



本書は、以下の通り内容となっております。

NHKスペシャルでも特集!

ある日、筆者に一通のメールが届いた。
〈寝たきりになる前に自分の人生を閉じることを願います〉

送り主は、神経の難病を患う女性だった。全身の自由を奪われ、寝たきりになる前に死を遂げたいと切望する。彼女は、筆者が前作『安楽死を遂げた日本人』で取材したスイスの安楽死団体への入会を望んでいた。

実際に彼女に面会すると、こう言われた。
「死にたくても死ねない私にとって、安楽死は“お守り”のようなものです。安楽死は私に残された最後の希望の光です」

彼女は家族から愛されていた。病床にあっても読書やブログ執筆をしながら、充実した一日を過ごしていた。その姿を見聞きし、筆者は思い悩む。
〈あの笑顔とユーモア、そして知性があれば、絶望から抜け出せるのではないか〉

日本では安楽死は違法だ。日本人がそれを実現するには、スイスに向かうしかない。それにはお金も時間もかかる。四肢の自由もきかない。ハードルはあまりに高かった。しかし、彼女の強い思いは、海を越え、人々を動かしていった――。

患者、家族、そして筆者の葛藤までをありのままに描き、日本人の死生観を揺さぶる渾身ドキュメント。




私は、6月2日に放送されたNHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」を、母とともに観て、このような人生の選択をされた方について知りました。そして先日、夜中の再放送も真剣に見入ってしまいました。

冒頭で、「重たいテーマなので」と、一言添えさせて頂きましたが、番組を観て、改めて、周囲の人に自分が希望する治療などを伝えておくことの重要性に直面するきっかけをもらったと、受け止めています。

これは、これまでにも少しふれた事ですが、我が家で仰々しく命について話したことはありませんが、私が特別支援学校に入学した頃から、母に「お葬式でどんな曲をかける?」という質問を折にふれてされるようになりました。ディズニーランドが大好きで「It's a small world.」とずっとリクエストしていました。そうすると、母がいつも「にぎやかに送って涙はないよ」という感じで答えてくれて、自然な会話の一つとして始まりました。

年齢を重ねるにつれて、「どんな治療まで受けたい?」というように、核心に迫る内容へと変化していきました。
葬送行進曲は、2003年に「世界に一つだけの花」に出会って、健聴な耳で聞いた最後の歌となった事から、自然に変更の意思を伝えました。
しかし、肝心な治療に対しては「どこまで希望する?」と、聴かれても逃げ腰の状況が続きました。その理由は、怖さではなく、「そんなに危機迫る時は、私は分からない状況だろうから決めて」というものでした。今思えば、答えが出し切れなかったのでしょうね。

ですが、最期をどう迎えるかにあたり、患者とその家族がどう過ごしたかというテーマの番組を観る度に、「このままでは家族を困らせるだけになってしまう」と、心境の変化が起こり始めました。

最近では、「意思疎通が不可能となったら、人工呼吸や胃ろうなどの延命治療はしなくていいよ。まぁ、一般に意識がない状況などになっても、私本人にはきっと、どこかで感じるものがあり、悔しさはあるだろうけど。どこかで区切りをつけないと、ママたちが困るだろうし、経済的にも大変だろうから。」と、伝えています。

命については、どこまで話しても「これでみんな納得」という形には到達しないと思いますが、話せるうちに少しでも伝えておく事が大切だなぁと、心底、染み入っています。

さらに、4月の脳外科診で以下の内容の会話をした事で、長生きできている1人として、自分の考えをまとめておかなければと、より一層、意識を高めています。

私:「変に死を意識しすぎてはいけないけれど、これだけの運動機能が重度な二分脊椎症としては長生きに入りますか?」

医師:「そうだね。お母さんと色んな病院に行けたことが大きい」


皆様は、大切な人にどのように伝えておきたいですか?



終わりに、ご一読くださった皆様に心よりお礼申し上げます。
  • 2019.06.16 Sunday
  • 23:29

「一麦 〜ICHIBAKU〜 詩:藤原一枝 訳:栗田桂子 -藤原QOL研究所-」

本書は、それぞれの状況がある中で、「誰かから頼まれたわけでもない、自分のための活動であるらしい作品」が集った一冊です。


言葉は、ほとんどありません。
使用されている素材は、紙・糸・布など一つ一つ異なります。

一針一針に、ひとかけらの紙に込めた思いとは、どんなものなんだろうか。

全体的に暗い配色だったら「この時は、苦しかったのかな?」と想像し、反対に明るい配色であれば「嬉しいことがあったのかな?」と、思いながら、じっくり味わっています。

さらに、中盤に紹介されている藤原医師の詩は、たくさんの人に向けて、優しさを届けてくれます。
  • 2019.06.13 Thursday
  • 17:37

『「モテる伝え方」の教科書 ayaka他1名共著 -ヒトツク出版-」

本書は、以下の通りの内容が書かれています。

「なぜか好かれる人」は、どんな伝え方をしているのか?
相手の印象が「ガラッと変わる」すごい伝え方がわかる!


「彼女に頼まれるとなぜか断れないのよね」

「彼が言うことって、当たり前のことなのに新鮮に聞こえる」

あなたはそんな経験をしたことはありませんか?
どんな業界や会社にも1人は、「すべてが上手くいっていうるスーパーマン」がいるはずです。 

「彼女はみんなに好かれる性格だから」

「彼は頭が切れるから」

あなたは、そうやって彼らのことを特別視していたはずです。
ところが、彼らは決して特別な存在ではありません。
もちろん、特別な能力を持った人も中にはいますが、ほとんどのスーパーマンは
「自分の意思を上手に伝えるスキル」や、「イエスを引き出すスキル」を使っているだけ。

だから、あなたも「伝え方スキル」さえ手に入れれば、彼らのように言葉の力で
人生をイージーモードにして、あなた自身を魅力的に見せることができます。

同じことを話していても「伝え方」一つで、全く別の答えを引き出すこともできますし、
あなたを超絶優秀なビジネスウーマンに見せることだってできるのです。

能力が同じでも、伝え方が上手い人は
周囲からの評価が高くなり、より多くのビジネスチャンスが訪れます。
伝え方をマスターすれば、不可能なお願いを可能にすることも難しくありません。

そこで本書では、読み終わったらすぐ身につく伝え方を
わかりやすく、シンプルにご紹介したいと思います。
より魅力的になりたい、できる女になりたい、楽しい人生にしたいと
考えているのであれば、ぜひ私が実践している「伝え方」をマスターしてください。




あなたの人生は驚くほど楽しく、豊かになるはず。
そしてその先には、ゆとりある暮らしが待っています。




「モテる」というキーワードは、個人的に抜きにしさせて頂きまして(笑)
より相手に伝わる話し方・書き方身につけたいです!


お読みになられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2019.06.01 Saturday
  • 18:28

「人間にとって病いとは何か 曽野綾子著 - 幻冬舎新書-」4回目の読了

本書は、以下の通りの内容となっています。

健康を願わない人はいないだろう。しかし、病気知らずの長寿が必ずしもいいとは限らない。なぜなら、人間は治らない病いを抱えることで自分の限界を知って謙虚になり、命をかけて成熟に向かうことができるからだ。「健康なだけの肉体なんて始末が悪い」「人間の心身は絶えず裏切りを繰り返す」「神経症的な異変は誰にでも起きる」「弱点のない人間はいない」「最期まで人間を失わないでいられるか」等々、病気に人生を振り回されず、満ち足りた一生を送るためのヒントが満載。




今回は、こちらの言葉に目を留めました。


「治らない病いを抱えることで人は謙虚になる」



私は謙虚になれていませんね。

お読みになられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2019.04.26 Friday
  • 10:24

『「腸の老化」を止める食事術 松生 恒夫?-青春新書インテリジェンス-』4回目の読了

本書は、以下の通りの内容となっています。

若い人と中高年では、腸の不調の原因が違う。腸の老化から来る中高年の腸の不調には、ヨーグルトよりキウイフルーツ、玄米よりもち麦が効果的だった!
腸が元気な人ほど長生きすることが医学的に明らかになったなか、便秘・下痢・腹部膨満感といった腸の不調を解消し、急増する大腸がんを予防し、腸の老化を防いでくれる最新医学にもとづいた食べ物・食べ方を大公開!





昨日、Ted Ed 「あなたの食生活が腸の健康に影響するか」をYouTubeで観たら、これまで我が家で体にいいと思って続けていた事の多くが推奨されていました。

なんだか、頭の中でボールが右往左往していて、少々混乱が続いております。

健康情報に限らず、見解が異なるのは当然ですけれど。

その中で、本書とTed Edの共通点だったのは、エキストラバージンオリーブオイルを摂取することの推奨でした。



お読みなられた方はいらっしゃいますか?






TED(英: Technology Entertainment Design) とは、アメリカ、カナダを中心に、世界中で毎年大規模な講演会を開催している非営利団体です。
YouTubeなどで、TEDが主催した多数の講演動画を、多言語での字幕付きで観られます。
講演者は学者、経営者、技術者、モデルなど幅広い分野からその道のスペシャリストが集められていて、講演内容も多岐にわたります。

さらに、「Ted Ed」はアニメーションでこちらも多言語での字幕付きで観られます。
  • 2019.04.21 Sunday
  • 11:15

「人間にとって病いとは何か 曽野綾子著 - 幻冬舎新書-」3回目の読了

本書は、以下の通りの内容となっています。

健康を願わない人はいないだろう。しかし、病気知らずの長寿が必ずしもいいとは限らない。なぜなら、人間は治らない病いを抱えることで自分の限界を知って謙虚になり、命をかけて成熟に向かうことができるからだ。「健康なだけの肉体なんて始末が悪い」「人間の心身は絶えず裏切りを繰り返す」「神経症的な異変は誰にでも起きる」「弱点のない人間はいない」「最期まで人間を失わないでいられるか」等々、病気に人生を振り回されず、満ち足りた一生を送るためのヒントが満載。



その時々で、できることに集中できることがあれば、少しでも積極的にやることが様々な面で大切ですよね。



お読みになられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2019.04.21 Sunday
  • 10:21

「人間にとって病いとは何か 曽野綾子著 - 幻冬舎新書-」2回目の読了

本書は、以下の通りの内容となっています。

健康を願わない人はいないだろう。しかし、病気知らずの長寿が必ずしもいいとは限らない。なぜなら、人間は治らない病いを抱えることで自分の限界を知って謙虚になり、命をかけて成熟に向かうことができるからだ。「健康なだけの肉体なんて始末が悪い」「人間の心身は絶えず裏切りを繰り返す」「神経症的な異変は誰にでも起きる」「弱点のない人間はいない」「最期まで人間を失わないでいられるか」等々、病気に人生を振り回されず、満ち足りた一生を送るためのヒントが満載。



健康だけの話だけではなくて、曽野さんご自身の人生も振り替えっておられる事に、より魅力を感じます。



お読みになられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2019.04.20 Saturday
  • 10:39

『「腸の老化」を止める食事術 松生 恒夫?-青春新書インテリジェンス-』2回目の読了

本書は、以下の通りの内容となっています。

若い人と中高年では、腸の不調の原因が違う。腸の老化から来る中高年の腸の不調には、ヨーグルトよりキウイフルーツ、玄米よりもち麦が効果的だった!
腸が元気な人ほど長生きすることが医学的に明らかになったなか、便秘・下痢・腹部膨満感といった腸の不調を解消し、急増する大腸がんを予防し、腸の老化を防いでくれる最新医学にもとづいた食べ物・食べ方を大公開!





以前、「腸は脳より賢い臓器」という話をテレビで観た事がありまして、本書を読むとよりその点に納得させられます。



お読みなられた方はいらっしゃいますか?
  • 2019.04.20 Saturday
  • 09:31

『「腸の老化」を止める食事術 松生 恒夫?-青春新書インテリジェンス-』


本書は、以下の通りの内容となっています。

若い人と中高年では、腸の不調の原因が違う。腸の老化から来る中高年の腸の不調には、ヨーグルトよりキウイフルーツ、玄米よりもち麦が効果的だった!
腸が元気な人ほど長生きすることが医学的に明らかになったなか、便秘・下痢・腹部膨満感といった腸の不調を解消し、急増する大腸がんを予防し、腸の老化を防いでくれる最新医学にもとづいた食べ物・食べ方を大公開!





いいと思っていた事が、良くなかったり。驚きの連続でした!



お読みなられた方はいらっしゃいますか?
  • 2019.04.19 Friday
  • 15:49

「人間にとって病いとは何か 曽野綾子著 - 幻冬舎新書-」


本書は、以下の通りの内容となっています。

健康を願わない人はいないだろう。しかし、病気知らずの長寿が必ずしもいいとは限らない。なぜなら、人間は治らない病いを抱えることで自分の限界を知って謙虚になり、命をかけて成熟に向かうことができるからだ。「健康なだけの肉体なんて始末が悪い」「人間の心身は絶えず裏切りを繰り返す」「神経症的な異変は誰にでも起きる」「弱点のない人間はいない」「最期まで人間を失わないでいられるか」等々、病気に人生を振り回されず、満ち足りた一生を送るためのヒントが満載。






まず、帯に書かれている「治らない病こそが、人間を完成させる。」という言葉に惹き付けられて、母に「この言葉からすると私は完成していることになるよね?」と、さっそく笑いをとりました!


そして本書の内容からは、その時々の体調に応じて一瞬一瞬をいかに楽しむかの重要性について、改めて教えて頂いた心境です!


お読みになられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2019.04.18 Thursday
  • 19:30