Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

君の膵臓をたべたい : 上【無料お試し読み増量版】 住野よる 他1名 共著 -アクションコミックス-

本書は、以下の通りの内容となっています。

【劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」大ヒット記念! 無料お試し読み増量版公開中!】
「君の膵臓を食べたい」
「その君っていうのは僕のこと?」
「他に?」
本屋大賞2位、至高の青春小説を「ひとひら」の名手が完全コミック化!高校生の【僕】は、クラスメイト・山内桜良が重病で余命いくばくもないことを偶然知ってしまう。ただし桜良は病人とは思えないほど元気で天真爛漫、内向的な【僕】とは正反対である。秘密を共有する2人の奇妙な交流が始まった…!読後、みんながこのタイトルに涙した…ベストセラーの感動をそのままコミックで!待望の第一弾。



我が家には原作もあり、数多くの読了感想を掲載しているので、お読み頂いた方もいらっしゃると思います。

私は2018年に「映画 君の膵臓をたべたい」を途中まででしたが、原作に重ね合わせながら楽しんだ事を、まるで昨日の事のように覚えています。
そして、これは「劇場アニメ 君の膵臓をたべたい」を観た事がない事が大きく関係していると思います。
今回、映画のシーンを頭の中で回想しながら本作を読み進めたところ、ワンシーン毎にのめり込むかの勢いでした!


一つずつは小さなことであっても、様々な事をやっておく事の重要性を改めて教えてもらえたような感覚です(^_^)




劇場アニメを観たり、本作をお読みなられた方は、どれほどいらっしゃいますか?


  • 2019.01.21 Monday
  • 16:04

「人生に笑いと涙と冒険を 4: 2010年モロッコ冒険記 犬星 憲典著 -ドッグスター出版-」

本書は、以下の通りの内容が書かれています。


世界には、日本では考えられないようなネタがゴロゴロ存在している。
そのネタに遭遇する度に笑い、怒り、そして、時に涙する。
本書は、2010年2月〜3月にモロッコ二人旅を敢行した著者の旅行記である。
訪問都市は、カサブランカ、マラケシュ、サハラ砂漠、フェズ、シャウエン。
別にトラブルに巻き込まれようと思ってないのに、なぜかトラブルに巻き込まれる。
しかし、そのトラブルが旅を一段と面白くする。
あー、トラブルよ、もう君なしでは生きていけない!
そういったトラブルを、できるだけ臨場感たっぷりとおもしろおかしく伝わるように書き上げました。
また、今作も著者が撮影した写真を充実させました。
「旅に出たい!」そう思っていただければ幸いです。
関西弁の会話調やネット特有の表現が多々あります。



スマホを操作するだけで、精神的には世界旅行を満喫したかのような感覚になれるなんて、なんて贅沢なのでしょうか!
皆様、ただいまー!


お読みになられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2019.01.11 Friday
  • 14:09

「人生に笑いと涙と冒険を 3: 2013年フランス旅行記 犬星 憲典著 -ドッグスター出版-」

本書は、以下の通りの内容が書かれています。

世界には、日本では考えられないようなネタがゴロゴロ存在している。
そのネタに遭遇する度に笑い、怒り、そして、時に涙する。
本書は、2013年6月〜7月にフランスを中心に一人旅を敢行した著者の旅行記である。
訪問国は、オランダ(アムステルダム)、イギリス(エジンバラ)、そして、フランス(アヴィニョン、マルセイユ、ランス、ストラスブール、カルカソンヌ、ボルドー、トゥール、モンサンミシェル、パリ)。
別にトラブルに巻き込まれようと思ってないのに、なぜかトラブルに巻き込まれる。
しかし、そのトラブルが旅を一段と面白くする。
あー、トラブルよ、もう君なしでは生きていけない!
そういったトラブルを、できるだけ臨場感たっぷりとおもしろおかしく伝わるように書き上げました。
また、今作も著者が撮影した写真を充実させました。
「旅に出たい!」そう思っていただければ幸いです。
関西弁の会話調やネット特有の表現が多々あります。



トラブルの時にはハラハラしましたが、今回も臨場感溢れる場面ばかりで面白かったです(^O^)



お読みになられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2019.01.11 Friday
  • 13:55

「人生に笑いと涙と冒険を 2 2012年欧州縦断旅行記 火星憲典著 -ドッグスター出版-」2回目の読了

本書は、以下の通りの内容が書かれています。

世界には、日本では考えられないようなネタがゴロゴロ存在している。
そのネタに遭遇する度に笑い、怒り、そして、時に涙する。
本書は、2012年6月〜9月にヨーロッパ(+モロッコ)を中心に一人旅を敢行した著者の旅行記である。
訪問国は、カタール、スペイン、ポルトガル、スウェーデン、フィンランド、エストニア、ラトビア、リトアニア、ハンガリー、イタリア、サンマリノ、そして、モロッコ。
別にトラブルに巻き込まれようと思ってないのに、なぜかトラブルに巻き込まれる。
しかし、そのトラブルが旅を一段と面白くする。
あー、トラブルよ、もう君なしでは生きていけない!
そういったトラブルを、できるだけ臨場感たっぷりとおもしろおかしく伝わるように書き上げました。
また、今作は著者が撮影した写真を充実させました。
「旅に出たい!」そう思っていただければ幸いです。
関西弁の会話調やネット特有の表現が多々あります。



より幅広い人に読んで欲しい時には、「笑い」を「w」と書いたり、「キタ━!!!!!」と、あると戸惑う方もいらっしゃるだろうなぁとは思います。
ただ著者と同じく、ネット社会がど真ん中にある時代に成長してきた私としては、書きたい気持ちに共感しています!
本作品は、旅行記として書かれているので、言葉にできないものも、伝わるように伝えるためには熱量も大切ですよね!

単語の羅列だけでは、伝わるものにはならないものの、どのように伝えたいのかを見つめる事が、重要だと感じました。



お読みになられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2019.01.11 Friday
  • 13:27

「人生に笑いと涙と冒険を 1: 2011年中欧旅行記 犬星 憲典著 -ドッグスター出版-」

本書は、以下の通りの内容が書かれています。


世界には、日本では考えられないようなネタがゴロゴロ存在している。
そのネタに遭遇する度に笑い、怒り、そして、時に涙する。
本書は、2011年2月に中欧を中心に一人旅を敢行した著者の旅行記である。
訪問国は、イタリア、ポーランド、バチカン市国、チェコ、オーストリア、スロヴェニア、クロアチア、モンテネグロ、そして、トルコ。
別にトラブルに巻き込まれようと思ってないのに、なぜかトラブルに巻き込まれる。
しかし、そのトラブルが旅を一段と面白くする。
あー、トラブルよ、もう君なしでは生きていけない!
そういったトラブルを、できるだけ臨場感たっぷりとおもしろおかしく伝わるように書き上げました。
「旅に出たい!」そう思っていただければ幸いです。
関西弁の会話調やネット特有の表現が多々あります。





本シリーズに出会ったのは2015年8月だったのですが、2冊目だけでした。汗

今回、改めてAmazonで検索したら、4冊揃ったので、2冊目の再読を含めて一気に読んでみようと思ったのです!
そして、テンポよく描かれている言葉達が飛び出してくるのでは?と、思うほどにワクワクしました(^_^)


私も文章を書く際に、書くことそのものだけを注視するのではなく、自分らしさが表現できるようになりたいです!


お読みになられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2019.01.11 Friday
  • 10:49

「140字小説 ショートショート 第二集 れんじ著」


以下の通りの内容が書かれています。

本書は140字以内で読める小説を70編集めました。電車の移動時間、待ち合わせ中、スマホゲームのダウンロード、様々な合間の時間にサクッと読めるように、様々なジャンルの話を用意しています。興味を持った方は是非一読ください。ちなみに140文字というのはこの文章のピリオドまでになります。





140字ずつを書き続け、それを10回繰り返せばエッセイになるなぁと、ぼんやり考えてみたり。
ただ、1,400字だと読み切ってもらう事を視野に入れた場合には、200字を削らなければ向いていないスタイルかなと思ったり。

まぁ、ここで「あーだのこーだの」と言っているだけでは、一向に何も仕上がりませんけれどね(-。-;

何か書いてみないことには、始まらない!



お読みになられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2019.01.10 Thursday
  • 11:38

「140字小説 ショートショート 第一集 れんじ著」


以下の通りの内容が書かれています。

本書は140字以内で読める小説を70編集めました。電車の移動時間、待ち合わせ中、スマホゲームのダウンロード、様々な合間の時間にサクッと読めるように、様々なジャンルの話を用意しています。興味を持った方は是非一読ください。ちなみに140文字というのはこの文章のピリオドまでになります。





ショートショートは、これまでにも読んだことがあり、いつも「生かす言葉」と「削する言葉」のバランスに、魅了されてしまいます。
そして、今回も「自然なテクニックは、どこから生まれる?」と思って程なく、読み終えてしまいました(^_^)



お読みになられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2019.01.10 Thursday
  • 11:20

期間限定お試し特別版 「14歳、明日の時間割 鈴木るりか著 -小学館-」

本書は、以下の通りの内容が書かれています。

2018年10月17日配信『14歳、明日の時間割』短編7作品中、「家庭科」が読める期間限定お試し特別版です。

文学界騒然の中学生作家待望の第2弾小説!

装画は大人気の矢部太郎さん(カラテカ)。小説への描き下ろしイラストは初となります。カバーイラストはもちろん、表紙や扉、各章終わりなど随所で素敵なイラストが愉しめます。

現在、青春時代のまっただ中にいる方はもちろん、学生時代が遠い昔という大人や遥か彼方という熟年世代まで、どんな世代も共感できる、笑える、そしてホロッと泣ける、全方位型エンジョイ小説の誕生です。
短編小説を学校の時間割に見立て、7つの物語が展開されます。
<1時間目 国語>
短編小説が入賞。作家となった少女への国語の先生のお願いとは。半分は私小説を思わせる作品。
<2時間目 家庭科>
家庭科を得意とする少年が抱える事情と、見守る少女の想い。思わずキュン涙必至です。
<3時間目 数学>
都会への転校を前に、孤独感に苛まれる少年の再生物語。少年の孤独と不安を癒やしたのは……。
<4時間目 道徳>
ダメな大人たちに囲まれた少年のピュアな成長ダイアリー。中学生目線の鋭い大人描写が胸に迫ります。
<昼休み>
孤独な少女の心の葛藤と青春。ヒリヒリした中学生ならではの複雑な感情に、誰もが共感を覚える一編。
<5・6時間目 体育>
体育が大の苦手な少女が決意した大きな挑戦と努力。彼女の周りの人々の生き様と「生きる」ことへの希望。
<放課後>
夢を持ち続ける大人、先生の苦悩とリアルな心情。大人はいつ まで夢をみていいのか。
全7編。(2018年10月発表作品)





〈2時間目 家庭科〉を読んだけなのに、隅々まで自然な書き口に驚き、あっという間に引き込まれました!





お読みになられた方は、どれくらいいらっしゃいますか?
  • 2019.01.10 Thursday
  • 10:29

「SUNNY 強い気持ち・強い愛 試し読み増量版 黒住 光著-幻冬舎文庫-」

本書は、以下の通りの内容が書かれています。


専業主婦の奈美は、かつての親友・芹香と二十余年振りに再会する。だが、彼女は末期ガンに冒されていた。「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」。彼女の最後の願いを叶えるため、奈美は高校時代の仲良し6人グループ〈サニー〉のメンバーを訪ねることにするが……。友情、初恋、夢……。共に過ごした輝いていた日々が、いま、よみがえる。




読んでいたら、90年代に好きになった曲が頭の中で流れるほどにワクワクしました(^O^)


また、全編読みたい物が増えてしまいました(笑)


お読みになったり、映画を観られた方は、どれほどいらっしゃるでしょうか?
  • 2019.01.09 Wednesday
  • 18:21

「ブログの成功技術:ブログ記事の書き方究極のガイドブック ブログSEOの入門書:個人ブロガーが勝てる唯一の戦略 與五澤憲一著 -株式会社イノバース-」2回目の読了

本書は、以下の通りの内容が書かれています。

ブログ記事における書き方の究極のガイドブックとなる
「ブログの成功技術」について明かす書籍が登場!

著者の経験をもとに、ブログで集客や
収益化を実現するためのアクセスを集める
SEOライティングの本質をお届けします。

この書籍を読むだけで、ブログ運営の本質と
圧倒的な成果を生み出す思考を
身に付けることができるでしょう。

まずは、「まえがき」と「目次」をご覧ください。

はじめまして。株式会社イノバースの
與五澤 憲一(よごさわけんいち)と申します。

「文章の書き方」や
「ブログの運営方法」などを
まとめた書籍は多くあります。

ただ、「ブログ記事の書き方」
だけに特化した本はありません。

もちろん、全ての本を見たわけではありませんが、
ブログ運営に必須となる
「文章能力を上達させる書籍」
を必死に探し回った結果、
参考になるものはありませんでした。

実は、ブログで集客をしたり
マネタイズ(収益化)をしたりするためには、
ブログ記事の書き方(ライティング)
を完璧にマスターする必要があります。

正しいライティングで
ブログ記事を書かなければ、
アクセスを集めることができないからです。

つまり、どれだけ努力をしても、
1円も生み出すことができないということです。

そこで、「ブログ(ウェブサイトを含む)記事の書き方」
だけに特化して、本書を執筆させていただきました。

これは私が実際に活用している手法であり、
私が初めて作った「見積り外構工事」は
月間16万PVを誇り、
1年間で1億円以上もの工事を契約できるほどに
成長しています。

たった一人でです。

しかも、お客様からは感謝しかされないため、
誰に対しても胸を張って誇ることができます。

これを実現できたのは、
ブログ記事の書き方を完璧にマスターして、
観覧してくれるユーザーを
ファン化できるようになったからです。

そこで、このノウハウを
私だけに留めておくのではなく、
書籍として公開することを決意しました。

一人でも多くの人が同じように実践することで、
社会貢献に繋がると考えたからです。

たとえば、世の中には
表に出ない技術や商品であっても、
素晴らしいものは驚くほど多いです。

これらを広める「きっかけ」として、
ブログを活用すれば、真面目に
頑張っている個人や会社に
利益が回るようになります。

この書籍では、たとえ初心者であっても、
確実に成果が出るように、
多くの具体例を盛り込み、
圧倒的にわかりやすく仕上げました。

実際に、弊社クライアントの
「MKプランニング」様に、
この手法を実践していただきました。

その結果、静岡県富士市という
田舎に所在する建設業者であるにもかかわらず、
このブログだけで月間2万PVものアクセスを誇り、
2017年3月現在、毎月20件以上ものお問い合わせを獲得しています。

ブログで集客したお客様だけの売り上げで言えば、
年間で2,000万円以上もの工事を行なっています。

しかも、勝手に検索されるので、
広告費は0円です。

今でもアクセスは増え続けているため、
今年はさらなる収益が上がることでしょう。

あなたも同じように実践していただくだけで、
莫大なアクセスが集められるようになります。

それだけではなく、
ファンとなる優良顧客を集められる
ようになることをお約束いたします。

これができるようになれば、
ブログやウェブサイトだけで
集客や収益化を全自動化が可能になります。

これは机上の空論ではなく、私自身はもちろん、
そしてクライアント様にも同じように
成果を出していただけていることが根拠です。

なお、本書で紹介するのは
「小手先のテクニック」ではありません。

10年、20年先も使える
ビジネスの本質となる考え方です。

検索順位を意図的にあげるような
手法は一切使わないため、時間が経過するほど
評価され、放置していても
アクセスは増え続けるからです。

実際に、先に紹介した「見積り外構工事」は、
途中から記事の更新をほとんどしていません。

それにもかかわらず、時間の経過とともに
アクセスは今でも増え続けています。

これは、ブログ記事の書き方を
完璧にマスターすれば半永久的に
稼ぎ続けることができることを意味します。

そのため、短期的な売上ではなく、
長期的に見て稼ぎ続ける「スキル」
となることは間違いありません。

ぜひ、あなたにも本書を手に取り、
お役立ていただければ幸いです。



今日、心に留めた言葉はこちら。

「宝くじは買わなければ当たらないように、文書も書かなければ上達しない」


やはり、基本があって先に続くのですよね。



お読みになられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2019.01.08 Tuesday
  • 14:35