Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

「PHP アーカイブス 心に響く一〇〇の言葉 -PHP出版- 」9回目の読了

本書は、これまでPHP出版さんが取材してきた様々な著名人たちの「座右の銘」とご本人による解説が書かれています。


「宗教」・「先人」・「日々」・「魂」・「人生」のカテゴリーに分けられていて、とても読みやすいです。


今回は、この言葉が心に深く染み入りました。


「どんなに悲しい涙でも いつかは乾く時がくる」



これは、俳優 ミヤコ蝶々さんが大切された言葉です。


ご自身の人生を振り返り、このような言葉を私たちに向けて発信して下さっていました。


「日にちぐすりで、時間が全て解決してくれますし、どんなくらい日々にでも、いつかは明るい光がさしてくるものです。

一時的な涙に流されることなく、その光をのがさずに頑張る、そんな繰り返しの中で、人間(ひと)は成長していくんでしょうね。」




年齢を重ねるにつれて、泣かないようにという流れはつきものです。確かに、泣きっぱなしでは先に進めない事が多くあるのも事実です。

しかし、涙は否定されるばかりのものではないと、今回改めて認識させて頂きました。

次へのエネルギーとするために、必要不可欠な場合もあると。





お読みになられた方はいらっしゃいますか?


  • 2018.09.15 Saturday
  • 11:04

「はるかな国からやってきた 谷川俊太郎著 -童話屋-」6回目の読了


本書は、私が生まれた時/世界は忙しい中を微笑んだ/私は直ちに幸せを知った/別に人に愛されたからでもない/私は只世界の中に生きるすばらしさに気づいたのだ… 詩人・谷川俊太郎さんの代表作を編んだ詞華集です。


今回は、特に大好きな詩「生きる」を熟読しました。その中でも、以下の部分に注目し、生きられていることに深く感謝しています。





「生きているということ

今生きているということ

泣けるということ

笑えるということ

怒れるということ

自由ということ」




お読みになられた方は、いらっしゃいますか?

  • 2018.09.10 Monday
  • 10:48

「文章力をつける極上ライティング術: これを知ればうまい文章が書ける -OKパブリッシング-」

本書は、以下の通りの内容が書かれています。


「最後まで読まれる文章を書く」

これは、ブログやサイトなどのコンテンツマーケティングにおいて、あなたが最初に取り組まなければいけない重要なことです。

読者にとって、あなたが書いた文章が「よくわからない」や「違和感がある」ということであれば、読むこと自体がストレスになってしまい、読み続けてもらうことは難しいでしょう。

あなたの言いたいことが読者に正しく伝わり、理解されなければ、せっかく書いた文章が全て無駄になってしまします。

そこで本書では、必要となる文章の基本、接続詞、句読点などの文書構成上、必要な部分に焦点をあて、例文を交えて解説しています。

本書で一生使える文章力を身につけ、読者に読んでもらえるライティングスキルを身につけることができるでしょう。



ずっと、私にとっての課題となっていることについて解説されていて、改善点を増やそうと意識させて頂きました。



お読みになられた方は、いらっしゃいますか?

  • 2018.08.21 Tuesday
  • 10:48

「ゼロから始めて自然と書ける、小論文の手引き: 大学入試の小論文をはじめ、採用試験の論作文、ビジネスや自己啓発にも必ず役立つ 飛田 弘一著 -パブフル-」

本書は、以下の通りの内容が書かれています。


?? 入試や採用試験で導入が進んでいる小論文。でも受験生からは、「どう書いたらいいの?」という声をよく聞きます。

そんな、小論文をゼロから練習する人のために、?? 本書では「小論文とは何か?」という超基礎から、実践に即した練習まで、この一冊ですべて行えるようになっています。

?? もちろん、ある程度学習が進んだ受験生をはじめ、会議や商談を成功させたいというビジネスパーソンにもオススメです。


★ 小論文試験に必須の一冊!

本書では、「小論文は初めて」という人から、ある程度学習が進んだ人まで、その人のレベルに合わせた練習が可能です。

もはや数万円もかかる「小論文の講座」を受ける必要はありません。これ一冊で小論文のお悩みすべて解決!







正直、このような本を読むのが遅すぎる面は認めた上で、以前の私であれば、こんなふうに書けないと止まって終わっていたことでしょう。
そして、今も小論文に対する抵抗を拭い切れたわけではありません。
ただ、書き続ける事で可能性はゼロではないと思えるところまでには、ようやく到達しました。



お読みになられた方はいらっしゃいますか?
  • 2018.08.21 Tuesday
  • 10:24

「君の膵臓をたべたい 住野よる著 -双葉社-」21回目の読了

昨日放送された映画をご覧になられた方はどれほどいらっしゃいますか?

私は母と22時20分まで観て、作品を味わいました!
頭の中で、原作を読みながら浸りました。

そして今日は、今までぼんやりしていた場面が映画を観たことで鮮明となり、より魅力が増えました(^-^)






本書は…

偶然、僕が病院で拾った1冊の文庫本。タイトルは「共病文庫」。
それはクラスメイトである山内桜良が綴っていた、秘密の日記帳だった。
そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて――。

病を患う彼女にさえ、平等につきつけられる残酷な現実。
【名前のない僕】と【日常のない彼女】が紡ぐ、終わりから始まる物語
  • 2018.08.20 Monday
  • 10:35

『東大首席が教える超速「7回読み」勉強法 山口真由著 -PHP文庫- 』11回目の読了

今回は、こちらに目を留めました。以下は、原文のままです。

「認知」と「理解」とは、似て非なるものです。
たとえばある文章を見て、「こんな言葉が書いてある」という視覚的に感じ取るものが「認知」。それに対して、イメージを、汲み取り、意味を読み取り、メッセージを把握するのが「理解」です。



以降、人との関わりに例えながら解説は続いています。




普段、自然に使っている言葉をわかりやすく解説することは難しいと思われたことは、ありませんか?

私は、頭では理解しつつも、いざ伝えるとなるとうまくいかないことが、未だに山積みです。





本書は…


試験でも仕事でも結果が出る!
センスも才能も必要ない、すごい勉強法を一挙公開。

頭がよくなるための最短距離――それは、自分に合った勉強法を確立すること。
本書は、東大を首席で卒業し、財務官僚、弁護士を経て、ハーバードに留学経験を持つ著者が、その経験をもとに一生使える勉強法を紹介したもの。
1日30分、本をサラサラと読み流すだけで、知識が最速で自分のものになる!

「飲みに行こう」と言いたくて「Drink me.(私を飲んで)」と言ってしまった……。そんな絶望的な英語力から、ハーバードのクラスで一番の人に贈られるディーン・スカラーを取得できるほどに急成長! その秘訣を書き下した、文庫版特典?ハーバードでも通用した! 英語版「7回読み」勉強法″収録されています。


お読みなられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2018.08.19 Sunday
  • 16:10

「君の膵臓をたべたい 住野よる著 -双葉社-」20回目の読了

桜良は、メールでも友人達と何気ない会話を楽しんでいます。皆様は、人とやり取りしたメールをずっと大切にしておく、それともすぐ削除されるタイプのどちらにあてはまるでしょうか?

私は、前者にあてはまり時々読み返しています。

その理由の1つには、流れ等が分からなくならないようにという確認ポイントとする事を目的として活用したいからです。ただ、この観点は一部だけです。

最大の理由はこちら。
そこに書かれている内容を読み返すことで、エネルギーをもらい支えられていることをより身近に感じられるからです。



昨日書いたように、あらかじめ意識してメールする場合もあれば、何気ない内容に救われることもありますよね。そして、それが最期となるケースも。
最期なってしまうと寂しいことですし、内容によってその想いへの差はあるでしょう。それでも、しなかった場合に比べたら、少し後悔が減る場合の方が多いのではないかと思っています。


このように話した私ですが、今日はまだ誰にもメールをしていません。
皆様は今日、どなたかにメールで何かお伝えになったでしょうか?





本書は…

偶然、僕が病院で拾った1冊の文庫本。タイトルは「共病文庫」。
それはクラスメイトである山内桜良が綴っていた、秘密の日記帳だった。
そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて――。

病を患う彼女にさえ、平等につきつけられる残酷な現実。
【名前のない僕】と【日常のない彼女】が紡ぐ、終わりから始まる物語
  • 2018.08.19 Sunday
  • 13:58

「君の膵臓をたべたい 住野よる著 -双葉社-」19回目の読了

今回は、山内桜良が友人達宛に綴った遺書に注目しました。

その内容は、彼女らしく自然でした。そして、遺された友人達はもちろん彼女を失った悲しみはあるものの、温かく包み込みその後の人生において支えとなっていきます。
私はここを読んでいる時にも、一番最初に込み上げてくる感情は感動です。


その次に、こんな事を読む度に考えています。


1:もし知っている人が亡くなり、このような形のものを受け取ったとしたら、何をどう感じるのだろう。

2:反対に、私が彼女のように命の限界を告げられたら、何をどのように伝えておきたいか。





いずれも、相手との関わり方等によってその内容はそれぞれにある事。そして、書く手段はスマホがベストですが、その状況はいつまで保てるのかなんて、誰にも分からないなぁという点まではなんとなく考えているのです。

そして、結果的にはとにかく今は書き続ける事が最優先と、いつもとなんら変わりないところに落ち着いています。

2017年にSNSにおいて発表した「合言葉『おまけの人生』」を仕上げた事で、1つの公の場に向けては伝えられたと考えており、その点は満たされています。一方で、個人的に伝えるものに関しては何も始めていない事を突きつけられたような感覚になっています。

この記事を、重たいイメージとして受け止められる方もいらっしゃるかもしれませんね。私は、今日も自分らしく過ごせているのでご安心ください。
それに、かなり前向きに考えているのです!
なんと言っても、普段「変な文章」からなかなか抜け出せないので(苦笑)
切羽詰まったら、余計に後悔しそうなのでゆとりを持とうと思いまして。


高校時代に絶不調の時に、当時のクラスメイトに宛てたラストメッセージという思いを詰め込んだ内容のメールを一度だけ送って、驚いた彼女たちが担任だったニッタンに報告していたことも、ふと思い出しました。



本書は…

偶然、僕が病院で拾った1冊の文庫本。タイトルは「共病文庫」。
それはクラスメイトである山内桜良が綴っていた、秘密の日記帳だった。
そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて――。

病を患う彼女にさえ、平等につきつけられる残酷な現実。
【名前のない僕】と【日常のない彼女】が紡ぐ、終わりから始まる物語


皆様は、どのような内容の言葉を遺したいですか?
  • 2018.08.18 Saturday
  • 14:29

「朝礼スピーチの例文集 vol.9 もう朝礼ネタに困らない! 千晴著 -今福出版 -」

本書は、以下の通りの内容が書かれています。


この本に興味をもってくださったあなたは、朝礼で話をしなければいけない立場の方でしょうか。

「立場的に、みんなの前で話をしないといけないけど、苦手だなぁ……。」
「どんな話をしたら、みんなが話を聞いてくれるのかわからない。」
「今まで話したことで、もうネタがつきてしまった。明日からどうしよう。これからも続くのに……。」

そんな方に、ぜひ目を通していただきたいのが本書です。

様々ジャンルのネタがつまっていますので、
必ずあなたの心に響く話、あなたの朝礼で話したくなるようなネタが見つかるはずです。
朝礼で話す立場の人にだけでなく、自分を変えるヒントが欲しい、モチベーションを上げて前向きに頑張りたい人にも、おススメできる一冊です。

<< 目次 >>
1. マーケットには必ず「空き地」がある
2. 劇団四季の発声法で営業トークが変わった
3. 理想と目標
4. 一億一心っていう言葉を知ってますか?
5. 昨今のハラスメントに対する意識改革に
6. 裸の王様
7. 仕事を定義することの大切さ
8. 営業の仕事はプラス思考でへこたれないことが大切
9. 小売業界でも顧客つくりはできる
10. デール・カーネギーの対人力を読んで思った事。
11. 固定概念について考える
12. 睡眠について 4つのなるほど
13. 50分に一回、10分休憩を取りましょう
14. ジェネレーションギャップ
15. 営業が楽しくなる方法
16. 人間関係で悩んでいる時に思い出したいことわざ
17. 忖度(ソンタク)
18. 渋沢栄一の名言について。
19. 猫にならってセルフケア、猫はストレッチの達人です
20. 決め付けない
21. 本当に大切なものは2割しかない
22. できる人は、1日1食を実践
23. 社内の宴会への参加の効果
24. ウォーキングで街の様子を知ることは仕事にもつながる
25. ダン・S・ケネディの世界一シビアな「社長力」養成講座を読んで思ったこと。
26. 声をしっかりだして挨拶をする
27. 暖かくなってきたので手頃な運動を
28. 道が二つあったのであれば、人の通っていない道を進みなさい
29. 中途半端な人、いい加減な人、真剣な人の違い
30. 「既成概念を破る」ということ
31. 何事もリカバリーが大切
32. 昨日と今日はどのくらい違うのか
33. もしもという口癖が安全意識を高める
34. 実は一番のスキルかもしれない「愛される」という能力
35. 近江商人《三方良し》について
36. 体と心の健康
37. ある朝スクランブル交差点で
38. 諦めたらそこで終わり
39. 3人のレンガ職人の話
40. 机の上になにも置かないその極意とは
41. 先読みで効率化を計る
42. 8対2の法則
43. イチロー選手の成功の秘訣について
44. 「友情」と「愛情」
45. ウサギとカメの続編
46. 挨拶から始めませんか?
47. 携帯は得意、固定は苦手?
48. 腰を回して、骨盤矯正
49. 私が実践しているダイエットについて
50. アンガーコントロール
51. リスクマネジメント
52. まずは平凡なことを忠実に
53. スキルアップする人としない人の違いについて
54. 早起きするこについて
55. りんごの木を育てるということとは。
56. 七夕祭りは大人になると何故やらないのか。
57. 大事な睡眠
58. コミュニケーションについて
59. 指示をするだけでは不十分
60. カリテキタネコ
61. イメージの力
62. 始業開始前におすすめします
63. やる気が出せるようになるスピーチ
64. 感銘を受けた名言
65. ゆっくりでもきっちり行きましょう。
66. ものを作る前に人をつくるという松下幸之助の素晴らしい言葉
67. 千里の道を進み切るためには
68. 気持ちのいい「はい」が言えない人は、何ごとに対しても腰が重い。
69. 信頼は次工程への思いやり
70. イチロー
71. 君子は和して同じず 小人は同じて和せず
72. 企業ブランドの維持
73. チャンスの神様
74. ハインリッヒの法則
75. 5分早く行動せよ
76. 逆境の中にこそチャンスがある。
77. 新しいという言葉のちから
78. 運勢をどう信じて業務に活かすか
79. 靴磨きの少年のエピソードから学べる事
80. 仕事の典型的な失敗例です。あなたはどう思いますか?
81. ミニマリストであるということ
82. 会社の規則やルールやマナーの教え方について
83. 90%のムダな仕事が大事
84. クレームは大きな宝物
85. 季節によって趣味を変えると1年中楽しめます
86. 超一流を目指す
87. 天は人の上に人を作らず
88. 上司よりも同僚、あるいは部下を大切に
89. 子供監督
90. 誰得ですか!
91. 映画を見ることで得られるもの
92. ネガティブな思考は人として当然
93. ニュースとの向き合い方を工夫することで効率的に情報収集
94. 女子ゴルフ観戦から学ぶこと
95. ショートスリーパーという生き方
96. 仕事を効率化するためのマネジメント能力が管理職には必要
97. 一流プロレスラーから学ぶ営業哲学
98. 雑談からアイデアは生まれる
99. 原因と結果の法則
100. 仕事がはかどるメモの取り方

以上



やっぱりこのシリーズ好きです!

今回、一番印象深かった話は「ある朝スクランブル交差点で」。

こ通勤途中だった著者は、白杖をついた視覚障害者の方が混雑するスクランブル交差点で、身動きがとれない状態になっている事に気づきました。
しかし、介助経験がないことを理由に近くで観ている事しかできませんでした。
すると、1人の女性がその困られている方の隣に行き、「良かったらお手伝いしましょうか?」と声をかけました。ホッとした様子視覚障害者の方が返事をされました。
この時、著者は「経験がある人が現れて良かった」と、思ったそうです。
ところが次の瞬間、「私には介助経験がないので、遠慮なく伝えてください」と、女性が話しているのを聞いて、経験の有無によって判断したのは間違っていたと気付かされる事になったのです。

このエピソードに私は、「あー、こういう事あるよね。」と、心の中で深く頷いてしました。
助けを求める事が多い立場として、子供の頃に比べたら、「声をかけやすくなった」と実感しています。
だけど、まだまだ双方でどうしようかと、戸惑ってしまうこともありますよね。
助けを求める側、求められる側もためらい過ぎない事が第一歩でしょうか?

「言葉で言うまではできても実行が、なかなかね。」という皆様の声が聴こえてきそうですね。

ご安心ください、私自身もその中の一人です!

今後、みんなが過ごしやすい日本にしたいですよね(^-^)



お読みになられた方はいらっしゃいますか?


  • 2018.08.17 Friday
  • 18:18

「君の膵臓をたべたい 住野よる著 -双葉社-」18回目の読了

今回は、主人公・山内桜良が最後まで力強く明るく生きられた理由について考えてみました。

もちろん、適切に治療を受けていた事は必ず関係性が多いと思います。ただ、この医学的観点だけで説明が足りるでしょうか?私は、足りないと思います。

彼女は、もう残り少ない時間を想定して、友人達との遊びや会話を全身で楽しみ続けています。その中には、飲酒しているシーンもあります。皆様もご存じの通り、10代での飲酒は法律で禁止されている事です。しかし、私にはこの行動を頭ごなしに責める事はできません。これもある意味では「治療」だと考えているからです。

ヒロインはあくまでも、大人になってみんなが味わう事を少し先取りし、やり残したという後悔を減らしたい一環として自然な事だというスタンスをとっています。

その姿が、私には強い生きるエネルギーだと感じるのです。皆様は、どのようにお考えでしょうか?

何度読んでも、最後まで自分らしく生き切ろうとする彼女から、眩しすぎるほどの輝きとカッコ良さを全身で感じています。



本書は…

偶然、僕が病院で拾った1冊の文庫本。タイトルは「共病文庫」。
それはクラスメイトである山内桜良が綴っていた、秘密の日記帳だった。
そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて――。

病を患う彼女にさえ、平等につきつけられる残酷な現実。
【名前のない僕】と【日常のない彼女】が紡ぐ、終わりから始まる物語


お読みなられた方は、どれほどいらっしゃいますか?




19日に本作品の映画が、テレビ地上波初登場しますね!
  • 2018.08.17 Friday
  • 09:41