Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

病院・医療福祉

新生児の聴覚検査 約10万人が受けず

赤ちゃんに耳が聞こえないなどの聴覚障害がないか調べるため、国が自治体にすべての赤ちゃんを対象に実施を求めている検査について、日本産婦人科医会が全国調査を行った結果、昨年度、回答があった施設だけでもおよそ10万人の赤ちゃんが検査を受けていなかったことがわかりました。聴覚の障害は早期に見つけて治療を始めれば影響を小さくできることから、産婦人科医会は自治体に対し早急な対応を求めています。

生まれたばかりの赤ちゃんに聴覚の障害があるか調べるため、国は全国の市町村に対してすべての赤ちゃんを対象に聴覚検査を実施するよう求めています。

日本産婦人科医会は全国およそ2400の分べんを扱う医療機関を対象に昨年度の聴覚検査の実施状況を調査し、およそ76%の施設から回答がありました。

その結果、回答があった施設で生まれた赤ちゃん73万4000人余りうち13.5%に当たるおよそ10万人の赤ちゃんが検査を受けていなかったことがわかりました。特に北海道、神奈川県、京都府、香川県、千葉県、東京都では20%を超える赤ちゃんが検査を受けていませんでした。

日本耳鼻咽喉科学会によりますと、聴覚に障害がある赤ちゃんは1000人に1人から2人の割合でいますが、早期に発見して治療を開始すれば言葉の発達の遅れが最小限に抑えられ、生活への影響が小さくできることから赤ちゃんの時の検査が非常に重要になるということです。

聴覚検査の費用について、国は市町村に地方交付税交付金として渡していることから、公費で負担するよう求めていますが、実際には平成27年度の時点で費用を補助している市町村はわずか6.8%にとどまっていました。

日本産婦人科医会の関沢明彦常務理事は「およそ10万人の赤ちゃんが検査を受けていない深刻な実態が初めてわかった。市町村は検査費用を補助する制度を整えるなど、早急に対策すべきだ」と話しています。

新生児の聴覚検査とは

新生児の聴覚検査は生まれた時から耳が聞こえにくい赤ちゃんを発見するための検査で、国は全国の市町村に対して原則として生後3日以内のすべての赤ちゃんを対象に実施するよう求めています。

検査は、赤ちゃんにヘッドホンから数分間、小さな音を聞かせ、額やほおに貼った電極で脳波の変化を見て耳が聞こえているか調べます。
検査は基本的に出産した施設で実施され、異常が疑われる場合は耳鼻科で精密検査が行われます。

日本耳鼻咽喉科学会によりますと、生まれた時から聴覚に障害がある赤ちゃんは1000人に1人から2人の割合でいて、遺伝子の変異やウイルスの感染などが原因とされています。
聴覚障害がある場合には生後半年以内に補聴器をつけるほか、症状が重い場合は耳の中に音声を電気信号に変換する「人工内耳」を取り付ける手術などが行われます。
日本耳鼻咽喉科学会の理事で東京大学の山岨達也教授によりますと、声を言葉として認識する脳の神経回路は5歳ごろまでに基礎が形成されてしまうため、聴覚障害の発見が遅れてよく聞こえないまま成長すると、その後に音が聞こえるようになっても言葉を聞き取ったり話したりすることがうまくできず、ふだんの生活への影響が大きくなることが分かっています。

厚生労働省の研究班が「人工内耳」の手術をした子どもたちを対象に調査した結果では4歳から6歳の間に手術を実施した子どもたちは、1歳から2歳半の間に手術した子どもたちと比べて、小学校入学時の聞き取り能力がおよそ40%低かったということです。
こうしたことから国は聴覚障害は早期に発見して治療を開始することが望ましいとしています。

山岨教授は「症状の重い子どもでも早く対処すれば普通に会話し、一般の小学校に通学しているケースも多い。早期に発見するための極めて重要な検査だ」と話しています。

検査未実施の背景は…

新生児を対象にした聴覚検査がすべての赤ちゃんに実施されていない背景として日本産婦人科医会は、検査費用を補助している市町村は1割未満しかないという実態が影響していると指摘しています。

国は全国の市町村に対して平成19年に新生児の聴覚検査を行うよう通知し、聴覚検査の費用は公費で補助できるよう国は市町村に地方交付税交付金として渡しています。
そして国は去年3月に市町村に対して改めて通知をだし、すべての赤ちゃんに検査を行うことが重要としたうえで費用については公費の負担を行うよう求めています。

しかし厚生労働省が平成27年度の状況を調査したところ、実際に検査費用の補助をしている市町村は全体のわずか6.8%にとどまっています。
9割以上の市町村ではおよそ5000円の検査費用を自己負担して受けています。
医会などは、市町村が聴覚検査の重要性を広く認識していないことが背景にあると見ています。

調査を行った日本産婦人科医会の関沢明彦常務理事は「9割以上の市町村で検査費用の全額を家庭で負担しなければならない状況が、この検査の重要性について理解されていないことを示している。検査費用が補助されている自治体では実施率が高い傾向があり、市町村は検査の意義を理解し早急にすべての赤ちゃんが検査を受けられるよう制度を整えるなど対策を行うべきだ」と指摘しています。

厚労省担当者「原因調べ 検査の普及につなげたい」

今回の調査結果について厚生労働省母子保健課の田口雅之課長補佐は「新生児聴覚検査の実施率はまだまだ低いと認識している。この検査はすべての赤ちゃんに受けてほしいので、自治体には検査費用を補助して家庭の経済的負担を軽減するなど、実施率を100%にするために積極的に取り組んでもらいたい」と話しています。

また国の今後の取り組みについて「今回の調査で検査の実施状況に地域格差があることがわかった。国としてはその原因を調べ、検査の普及につなげたい」と話しています。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2017.08.04 Friday
  • 18:25

病院・医療福祉

「小竹向原駅最寄りの病院にて」

耳鼻科を受診し、以下の内容を伝えてきました。

・前回受診から3ヶ月、この間の体調等の様子

・6月24日に放送されたTBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」「手話について」の書き起こしがある事を、LINE配信で知りサイトで読んで、内容をいれながら感想を書いたこと。
他の方にも広まったらという思いから、ブログ掲載した事。


短時間で終わりましたし、ドクターお望みの私自身がっつり書いているものを観せられたわけではありませんが…
「忙しくラジオも聞けないし、この内容は専門分野だからよく知っているけど報道などは知らないから、教えてください。」と言われて

「恐れず、また伝えてみます」と答えて終わりました(^_^)


これは余談ですが…今日母にヘアカットを軽くしてもらって、その後「耳に髪の毛が入っている」と言われたら困ると耳掃除もしてから受診。

そして、診察で耳を診てもらったら「耳がキレイ」
と言われたので、耳掃除をしてもらった事を伝えると…

満面の笑みで「営業妨害です!」と言われたました(笑)

母に伝えるとともに、ブログにも書くと伝えました(笑)

帰りの車内で母に伝えたら、笑ってました(^O^)
  • 2017.07.25 Tuesday
  • 17:20

病院・医療福祉

iPS細胞 心臓病治療で世界初の臨床研究を申請 大阪大

重い心臓病の患者に、iPS細胞から作製した心臓の筋肉の細胞をシート状にして貼り付けて治療を行う世界初の臨床研究を、大阪大学のグループが学内の審査委員会に申請しました。グループでは来年前半に最初の患者への手術を実施したいとしています。

大阪大学の澤芳樹教授らのグループは記者会見を開き、iPS細胞を応用した新たな治療法の臨床研究を20日付けで学内に設けられた専門の審査委員会に申請したことを公表しました。

それによりますと、グループは、拒絶反応が起きにくい特殊なiPS細胞を使って作製した心臓の筋肉の細胞およそ1億個を厚さおよそ0.1ミリのシートにして、18歳以上の重い心臓病の患者3人の心臓に直接、貼り付けて機能を回復させる治療を行います。これまで心臓移植しか治療法がない重い心臓病の患者にも効果が期待できるとしています。

グループによりますと、iPS細胞を使った治療は、国内では目の網膜の治療が神戸で2例行われているほか、脊髄損傷に対する臨床研究が慶応大学の倫理委員会に申請されていますが、心臓の病気を治療する臨床研究は世界で初めてです。

グループでは、学内の審査委員会のあとに行われる国の委員会の了承も得て、来年前半に最初の患者に手術を実施したいとしています。大阪大学の澤芳樹教授は「安全性を確かめながらこの治療が患者に届くよう着実に進めていきたい」と話していました。

NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2017.07.21 Friday
  • 16:22

病院・医療福祉

「小竹向原駅最寄りの病院にて」

脳外科を受診し、以下について話題となりました。

・前回からの体調・生活状況

・5月に特別支援学校時代の友人親子と会ったこと

・女子会や今後の予定

・関心をもった世の中の話題

・ブログ・Twitter 収入につながることはないか。

・松田祐樹さんのペーパークラフトカレンダーに、添えさせてもらっているコメントについて


色々、お話できてよかったです(^_^)
  • 2017.07.04 Tuesday
  • 16:00

病院・医療福祉

山中伸弥教授 iPS細胞10年語る

京都大学の山中伸弥教授がヒトのiPS細胞の開発を発表してからことしで10年になるのを記念したシンポジウムがアメリカで開かれ、講演した山中教授は「iPS細胞の技術が患者に届くよう引き続き取り組んでいきたい」と意欲を示しました。

アメリカ東部のボストンでは、14日、国際幹細胞学会が開会し、この中で、ヒトiPS細胞の開発10年を記念したシンポジウムが開かれました。

講演した山中教授は、iPS細胞から作った目の網膜の組織を「加齢黄斑変性」という重い目の病気の患者に移植する治療の現状について説明し、多くの患者に使えるよう、拒絶反応を起こしにくい細胞を使った移植に取り組んでいることを紹介しました。

また、患者の細胞から作ったiPS細胞を使って、筋肉が骨に変わる難病が起きる仕組みの解明を進める研究では、治療に効果がある可能性のある物質が見つかったと報告し、「iPS細胞の技術が患者に届くよう引き続き取り組んでいきたい」と意欲を示していました。

講演を聴いたチリ人の研究者は「山中教授は、iPS細胞を開発しただけでなく、研究成果を患者の治療に生かすべきだと訴え続け、研究者たちの考え方も変えている」と話し、その研究姿勢に敬意を表していました。

山中教授は「患者に届けるために、着実に一歩一歩進んでいるので、このまま進めていきたい」と話していました。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2017.06.15 Thursday
  • 08:00

病院・医療福祉

“かぜ”の治療が世界を救う

知ってますか?、恐ろしい推計があるんです。対策をとらないとおよそ30年後、”1000万人が死亡”。その対策が求められているのは薬が効かない「耐性菌」。抗生物質など抗菌薬を繰り返し使う中で、細菌自体が変化し出現することがあるんです。世界を救うために、いま、”かぜ”の治療から変わろうとしています。(名古屋局・松岡康子記者)。

わずか10分 グラム染色って?

奈良県橿原市にある「まえだ耳鼻咽喉科クリニック」は、かぜや中耳炎などの患者が訪れる、一見普通のクリニックです。14年前、院長の前田稔彦さんが開業しました。

ここでは抗菌薬を極力処方しないよう、診療に「グラム染色」と呼ばれる検査を取り入れています。患者の鼻水やたんを、特殊な染料など4種類の液体を使って染めたあと、顕微鏡でのぞきます。10分ほどで、細菌が原因かを推定することができ、検査結果をもとに、抗菌薬を処方するかどうか、どの抗菌薬を処方するかを判断します。

出発点 自身の治療への疑問

グラム染色を導入したのは、開業してまもない13年前。抗菌薬が効きにくい耐性菌の問題を知ったからでした。病状が悪化した時の責任や、患者が来なくなってしまうおそれなどから、患者や保護者に求められればもちろんのこと、かぜや中耳炎の患者のほとんどに、抗菌薬を処方していたみずからの診療に疑問を持ったからでした。

前田医師は「中耳炎の患者さんで、一見治った感じになっても、すぐに再発したり、抗生物質を次々に変えても、全く効かなかったりという事例が散見されました。中耳炎なら命に関わりませんが、例えば肺炎だと命に直結する。抗生物質は本当に必要な患者にだけと思うようになった」と当時を振り返ります。

実は日本では、抗菌薬の大部分が入院患者にではなく、かぜなどで訪れる外来患者に処方されているんです。

ウイルスか?細菌か?それが大事

検査の画像は、患者にも見せています。取材に訪れた日、のどの痛みと微熱、黄色い鼻水が出るという、40代の男性が診察を受けに訪れました。
検査したところ、画像には白血球は見られるものの、問題となる菌は見つかりませんでした。

前田医師は、細菌ではなくウイルス性のかぜと判断し、男性に「抗生物質は必要ありません。炎症を抑える薬で様子を見ていきましょう」と説明しました。
実は、かぜは、細菌よりもウイルスが原因であることが多く、しかも抗菌薬は、もともとウイルスには効かないのです。

男性は「細菌が原因でないことがわかって良かったです。むだに飲む薬がなくなっていいと思う」と話していました。

細菌がいたって元気なら処方なし

細菌が原因だと推定されても、患者が元気であれば、抗菌薬を処方せず様子を見ます。

この日、鼻水が長引き、少し咳が出る8か月の赤ちゃんが来ていました。検査をすると、「インフルエンザ菌」と呼ばれる細菌が原因の可能性が疑われました。
「インフルエンザ菌」は、まれに乳幼児に敗血症や髄膜炎を起こすこともある細菌です。

前田医師は、母子手帳でインフルエンザ菌による髄膜炎を予防するワクチンを打っていることも確認したうえで、次のように説明しました。

「菌がいましたけど、前回よりましな気がするし、そんなに悪くなっていないので抗生物質を出さずに、鼻水を吸っていきます。熱が出てきたとか、中耳炎になったとか、悪化した場合は、抗生物質の出番になってくるかと思います」。


どうしても必要な時は…

さらに、抗菌薬が必要な場合でも、耐性菌をできるだけ生まないよう薬を選んでいます。

同じ日、13歳の男の子が、とてもしんどそうな様子で受診していました。39度を超える熱があり、鼻水や咳、のどの痛みを訴えていました。検査の結果見えたのは、「肺炎球菌」。

前田医師は、肺炎を疑い、男の子は呼吸器に持病もあることから、肺炎球菌を“ターゲットにしぼった抗菌薬”を処方することにしました。
抗菌薬を途中で飲むのを止めたりすると、生き残った菌が耐性菌になるおそれがあるため、前田医師は「ペニシリン系の抗生物質を出しますので、量が多いけど頑張ってしっかり飲んで。帰ったらきょうの分、すぐ飲んで下さい」と、忘れずに飲むように指導しました。

抗菌薬6分の1に

抗菌薬の処方を慎重に行ってきた前田医師。抗菌薬の使用量は、12年間で6分の1に減り、治療期間も短縮したと言います。

前田医師は「こういう小さなクリニックですが、特にかぜに関しては、最前線の病院です。一番診る数も多いですし、少しでも耐性菌の脅威を減らすために、極力、抗生物質を出すのを控えて、診療していくことが大事だと思っています」と話しています。

厚労省”かぜの多くは抗菌薬不要”

厚生労働省が今月公表した手引きには、乳幼児以外、小学生以上の子どもと成人の、かぜと下痢への抗菌薬の対応について書かれています。

その中には、かぜには多くの場合、抗菌薬は不要であることが明記されています。また、抗菌薬が必要なのは、どのような状態の時なのか、そして必要な場合も、耐性菌をできるだけ作らないために、どの抗菌薬を使うべきかが、細かく記されています。

前田医師が実践してきた内容が盛り込まれているのです。手引きは、外来診療を行う医師向けに書かれていますが、細菌とウイルスの違いや、なぜ不要な場合には抗菌薬を飲まない方がいいかなどについて、患者の私たちにも分かりやすく説明されています。

対策とらねば1000万人死亡

イギリスの研究機関は、耐性菌に対して、何も対策がとられなければ、2050年には、世界で年間1000万人が耐性菌によって死亡すると推計しています。

その数は、がんで死亡する患者より多いというのです。耐性菌で死亡するというのは、どういうことなのか?。
なかなかイメージできないかもしれませんが、例えば、何かの手術を受けたり、がんなどの治療で免疫力が低下したりした際に、耐性菌による肺炎などを起こすと、使える薬がほとんどないために、命に関わることになります。
耐性菌によって、これまで治せたはずの病気が治せなくなるおそれがあるのです。

私たちが気をつけること

いざという時に使える抗菌薬がないということにならないためにも、私たち自身も気をつけるべきことがあります。

それは、医師に自分から「抗菌薬をください」と求めないことです。患者から求められると、必要がないと思っても処方してしまうという医師もいるからです。

また、家に残してあった抗菌薬を、自分の判断で飲んだり、他の人にあげたりしてはいけません。抗菌薬は、医師の指示に従って、必要な時だけ使う。安易に頼らないということを、私たちも心がけるべきだと思います。世界を救うためにも。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news


やはり、薬の服用の見極めは重要ですね。

  • 2017.06.13 Tuesday
  • 14:22

病院・医療福祉

障害者白書 “偏見や差別意識なくす取り組みを”

政府は13日の閣議で、ことしの障害者白書を決定し、去年7月に相模原市の知的障害者施設で起きた殺傷事件を最初に取り上げ、背景にある偏見や差別意識をなくすための取り組みを粘り強く展開することが求められているとしています。

ことしの障害者白書では、最初に、去年7月に相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件を取り上げ、「事件は障害者への一方的かつ身勝手な偏見や差別意識が背景となって引き起こされた」と指摘しています。

そのうえで、事件を受け、政府が再発防止策を検討し、措置入院患者の支援強化などを盛り込んだ法案を国会に提出したことを紹介するとともに、学校教育も含め障害者への理解の促進に向けた取り組みを粘り強く着実に展開することが求められているとしています。

一方、白書では、去年6月の時点で、民間企業で働く障害者が38万人を超え過去最多を更新したものの、法律で定められた雇用率を達成した企業の割合は48.8%と依然半分にとどまっているとして、障害者の雇用対策の充実の必要性を訴えています。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news


私自身も、より他病気の知識を増やす事の重要性を感じるとともに、差別や偏見が少なくなる事を希望しています。
  • 2017.06.13 Tuesday
  • 14:14

病院・医療福祉

「75頭 ・8年」

この数字が何に関係するか、お分かりになる方はいらっしゃいますか?

正解は、聴導犬の数と活動年数です。

今夜放送された「世界一受けたい授業」の2時限目「社会」で、取り上げられました。

私は一緒に生活している身ではないですが、その存在に感謝しながら、聴導犬の研ぎ澄まされた神経に、見入ったり、彼らの疲れを気遣いながら観ました(^_^)

「聴くこと と 聞くこと」内で紹介させていただいたり、「あさチャン」の特集で報道された時にも書かせていただきましたが、より聴導犬育成が推進される事に期待しています(^_^)


ご覧になられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2017.05.27 Saturday
  • 20:55

病院・医療福祉

「小竹向原駅最寄りの病院にて」

脳外科を受診し、以下の内容が話題となりました。

・前回からの2ヶ月間の様子

・ペーパークラフトカレンダーに添えさせて頂いたコメント

・今、気になるニュースなど


ポップな感じに話が進みました(^_^)


2回連続で「少しやせたね」という言葉を受けて、数年ぶりに体重も測ってきました(^_^)
  • 2017.05.02 Tuesday
  • 16:30

病院・医療福祉

笑いはがん治療に役立つ?落語や漫才で研究へ

笑いはストレスを和らげるなど、体によい効果があるとされていますが、がんの治療にも役立つか、落語や漫才などを通して検証する研究が、大阪国際がんセンターで進められることになりました。

この研究は、大阪国際がんセンターが、吉本興業、松竹芸能、米朝事務所の3つの芸能事務所の協力を得て行います。

来月からがんセンターのホールで、70人の通院患者に落語や漫才などを見てもらい、すべての回を見たグループと半分だけ見たグループで、体の免疫の機能などにどのような違いが出るか調べます。
また、看護師にも見てもらい、ストレスを和らげる効果があるか調べます。

記者会見した落語家の桂文珍さんは「患者の助けになればと思って一生懸命やります。笑うことで痛みを忘れることができればと思います」と話していました。

また、漫才コンビの酒井くにお・とおるさんは「僕たちは病気ネタが多いのですが、場所を考えて別のネタで笑わせます」と話していました。

NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

どのように、検証の研究がされていて解明結果がどんな内容として出されるのか、とても関心があります!


  • 2017.04.27 Thursday
  • 19:32