Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

病院・医療福祉

手話通訳が足りない!

最近テレビやネットを見ていると、画面の片隅に身ぶり手ぶりをしている人の姿をよく見かけるようになりました。そう、この方たちの職業は「手話通訳」。聴覚障害者には欠かせない存在です。さらには各地で手話を広めようという動きもあり、手話通訳のニーズは高まる一方です。しかし取材を進めてみると通訳にとっては、いいことばかりでもないようで…。(ネットワーク報道部記者 郡義之)

大学では…

去年12月、東京 日野市にある首都大学東京の研究室。
10人ほどの学生が学ぶ中に、聴覚に障害のある男子学生の姿がありました。

傍らには手話通訳の女性。
教員やほかの学生たちの会話を、素早く身ぶり手ぶりで伝えていきます。



この大学では聴覚障害者が授業を受けやすい環境を整えようと、パソコンや筆記による文字情報の伝達も行っていますが、男子学生は「手話通訳は人の話し声とほぼ同時に情報を伝えてくれるので、グループディスカッションなどでとても助かっています」と話します。

実は聴覚障害者の大学などへの進学は、年々増加傾向にあります。

日本学生支援機構によると、おととし5月の時点で、大学などに進学した聴覚障害者は1900人余りと、10年前に比べて1.4倍に増えました。



それに伴い、手話通訳もどんどん必要になっていたのです。

こうした状況もあり、大学の中には手話通訳の確保に苦労するところもあるといいます。



首都大学東京ダイバーシティ推進室 横山正見さん
「急に手話通訳が必要になった時に対応が難しかったこともあり、手話通訳が足りていないと感じています」

手話通訳は “引く手あまた”

近年、手話の認知度は少しずつ高まっています。
手話を言語として広めようと、「手話言語条例」が各地で相次いで制定。

全日本ろうあ連盟によると、その数は今月23日現在、300の自治体に上っています。


さらに、各地の主要空港には手話で利用できる公衆電話が設けられているほか、去年からは気象庁の緊急会見に手話通訳がつくようになりました。

手話通訳は、今や “引く手あまた” の状態です。
私が取材するようになったのも、最近、地方議会で聴覚に障害のある議員が誕生し、手話通訳が議会の場でも頻繁に見られるようになったことがきっかけでした。

そして、こんな素朴な思いもありました。
「ニーズが高いのはいいことだけど、本当に足りているの?」

「手話通訳 足りないんです」

私は状況を知ろうと、東京 新宿にある手話通訳の派遣元を訪ねました。

この団体に寄せられる依頼は年間延べ3万人。
この3年間で5000人増えたそうです。



派遣されるのは、官庁や企業だけでなく学校や個人など多岐にわたります。

私が訪ねたこの日も事務所には依頼の電話がひっきりなしにかかってきていました。



「手話通訳が足りないんです」
開口一番、切り出したのは東京手話通訳等派遣センターの高岡正センター長です。

高岡さんによると、この団体に登録されている手話通訳は160人余り。
5年前と比べ、わずか30人ほどしか増えておらず、依頼に対応しきれていないというのです。

東京手話通訳等派遣センター 高岡正さん
「緊急の依頼については、本当に申し訳ないのですが受けられないのが現状。のどから手が出るほど、手話通訳がほしい」

結構ハードなんです

なぜ手話通訳が増えないのか徹底的に探りたい。
そう考え、手話通訳の仕事がどのようなものなのか密着させてもらうことにしました。



「おはようございまーす!」

待ち合わせ場所にさっそうと登場したのは手話通訳の萩埜友美さん(37)。
最近は政府の記者会見などでも活躍する通訳歴12年のベテランです。



この日訪れたのは、都内の大手旅行会社。
社内研修の一環として行われる講演会で手話通訳をします。

講師の話に合わせ、素早く身ぶり手ぶりで手話を繰り出す萩埜さん。
「手話は体全体で表現する言語」というだけあって、内容に応じて表情も豊かに出席者へ伝えます。



その様子に見入っていたのもつかの間、開始からわずか15分で萩埜さんは別の通訳と交代してしまいます。
待機場所へ戻る萩埜さん。
あらら、どうして

実は手話通訳の仕事は体力勝負。
常に腕などを動かすため、長時間の通訳が難しいのです。

このため、萩埜さんの職場では必ず2人1組で15〜20分ほど通訳すると交代がルールになっていて、これを繰り返しているのです。



手話通訳の中には手や首、肩の痛みなどを訴えるケースは毎年多くあり、「けい肩腕障害」として社会問題にもなっています。
中には重い症状を患い、精神的な病気になった人もいるといいます。

実際、待機中の萩埜さんも首や肩をさする場面が見られ、「脳の疲労がすごいので、仕事が終わったあとはもう何もしたくない時があります」と話します。

養成も楽じゃない

さらに、手話通訳の養成にも課題があります。

都道府県認定の手話通訳になるには、厚生労働省認可のカリキュラムにのっとって技術を身につけていく必要があります。
養成期間は各自治体によって異なりますが、講習会に3〜6年ほど通って、「全国統一試験」と、自治体の「手話通訳者認定試験」を受けなければなりません。

時間がかかるだけでなく、国内の養成機関も限られ、プロの通訳が育ちにくい環境にあるのです。

“救世主” 登場!?

手話通訳の不足にどう対処するか。
その解決に一役買おうと登場したのが、AIを活用した手話通訳です。

北海道大学や民間企業などが連携して開発したこのシステム。
どのようなものか、訪ねてみました。



大学の研究室に置かれていたのはカメラが付いた2台のディスプレー。
薬局で薬を買い求めるシーンを想定し、店員役と聴覚に障害のある客役に分かれて、デモンストレーションをしてもらいました。

「きょうはどうしましたか?」
店員役の男性がそう話し出すと、AIが瞬時に手話に変換。
画面を通して伝えます。

続いて客役が症状を手話で伝えると、画面には文字が表示されます。



このシステム、AIが約1000パターンの手話を学んでいて、現在も学習は続いているということです。

実用化にはまだ課題がありますが、将来的にはスマートフォンで手軽に通訳できるシステムの開発を目指しています。

開発に携わっている北海道大学大学院の山本雅人教授が目指すのは、手話通訳者とAIの共生です。



北海道大学大学院 山本雅人教授
「AIが代替できるところは代替し、手話通訳の方を支援するシステムとして普及させていきたいです。そして将来は、手話通訳ができる方が増えるようになればいいと思っています」

もっと支える仕組みを

「手話は大事だ」
「手話をもっと広めよう」
「多様性のある社会を」

そんな思いが広がる世の中。

ただ、私が今回、厚生労働省や障害者団体などを取材したかぎりでは、全国に手話通訳のできる人がどれほどいるのか正確に把握しているところが無く、驚きました。

背景の1つには「手話通訳になりたい」と思っても、その道筋が全国一律ではなく、バラバラになっていることもあるのではないでしょうか。

人手は確かに足りていません。
でも、いったいどの程度必要なのか。

手話に対して広がる理解を大事にしながら、障害の有無に関係なく安心して過ごせる社会を目指し、一刻も早い全体像の把握と、さらなる支援の充実が必要だと感じました。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2020.01.27 Monday
  • 19:02

病院・医療福祉

新幹線のバリアフリー対策不十分 国交相が改善求める

新幹線のバリアフリー対策の見直しが検討される中、赤羽国土交通大臣は東海道新幹線の新型車両を視察し、対策は不十分だとしてJR各社に対し、さらに改善するよう求めました。

赤羽国土交通大臣が視察したのは、JR東海がことし7月から導入する東海道新幹線の新型車両「N700S」で、車いすの利用者と一緒に新横浜駅から東京駅まで乗車しました。

この新型車両には、車いすのまま乗れるスペースが1編成につき2か所設置され、スペースの脇の通路の幅は45センチと、従来の車両よりも車いすの利用者に配慮した設計になっています。

赤羽大臣は車内を確認しながら、利用者から「車いす用のスペースの数が少ない」とか、「トイレや多目的室の広さが不十分だ」といった意見を聞き取りました。

新幹線のバリアフリー対策をめぐっては、国土交通省がJR各社や障害者団体を集めた検討会を設置して、対策の見直しを進めています。



視察を終えたあと、赤羽国土交通大臣は「まだまだ改善されていないというのが正直な感想だ。障害者も差別なく快適に乗れるということが鉄道事業者の使命と責任だ。JR各社は、もう一度、根本的に対策を検討してほしい」と述べ、バリアフリー対策をさらに改善するよう求めました。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2020.01.16 Thursday
  • 22:10

病院・医療福祉

新型コロナウイルス 遺伝子の型「SARS」と類似

中国内陸部の湖北省武漢で検出され、国内でも確認された新型コロナウイルスについて、遺伝子の型が2003年に中国やアジア各地で広がった新型肺炎「SARS」のウイルスと似ている点が多いことが分かりました。専門家は現時点ではSARSより感染力や病原性は低いとみられるものの、今後、ヒトからヒトへ感染しやすいよう遺伝子が変化しないか監視する必要があると指摘しています。

中国・武漢では先月以降、肺炎の患者から新型のコロナウイルスが検出され、国内でも武漢から帰国した30代の中国籍の男性で同じウイルスへの感染が確認されました。

このウイルスについて、アメリカなどの研究者はWHO=世界保健機関などが公表した遺伝子の配列を分析し、SARSなどと同じ「ベータコロナウイルス」の一種だとする見解をツイッターで示しました。

また、ヨーロッパ疾病対策センターもSARSのウイルスと似ているという見解を示し、イギリスの研究者はSARSのもととなったコウモリが持つウイルスに遺伝子配列の89%が一致しているとしています。

海外の感染症に詳しい東京医科大学の濱田篤郎教授は「遺伝子はSARSに似ていると言えるが現時点では感染力や病原性は低い」としています。

そのうえで、「SARSも最初はヒトからヒトへの感染は限定的だったのが、ウイルスが効率的かつ持続的に感染するように変化したと考えられている。今回のウイルスについて過度に恐れる必要はないが、今後、どのように変化するのか注意深く監視する必要がある」と指摘しています。


NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2020.01.16 Thursday
  • 21:40

病院・医療福祉

「東京パラは心のバリアを取り除く力」 JPC新委員長

東京パラリンピックを前にJPC=日本パラリンピック委員会の委員長に新たに就任した河合純一氏がNHKのインタビューに応じ、「日本選手が大活躍する環境を作ることに全力で頑張りたい。大会は心のバリアを取り除く力になる」と述べ、パラリンピックの意義を強調しました。

河合純一氏はパラ競泳、視覚障害のクラスで2012年のロンドンパラリンピックまで6大会連続で出場し、金メダル5個を含む合わせて21個のメダルを獲得した元選手で、今月1日にパラアスリートとして初めてJPCの委員長に就任しました。

ことし8月に開幕する東京パラリンピックに向けて「まずは会場を満員にしていくということと、日本選手が大活躍する環境を作ることに全力で頑張りたい」と意欲を示しました。

日本代表として金メダル22個獲得を目標に掲げていることについては、「いま、精査している」と述べるにとどめました。

そして、パラリンピックの意義について「実際のアスリートのパフォーマンスを見たときに驚きや感動に出会い、無意識のうちに持っているかもしれない心の中のバリアを取り除く力になる。オリンピックは平和の祭典とされるが、パラリンピックは人間の可能性の祭典だ。人々が持っている可能性に出会う場としてパラリンピックは非常に価値がある」と強調しました。

そのうえで、「誰1人取り残さない社会を作ることが共生社会の本質で、ハードのバリアをハートで超えていくことが必要だ。そのためには人々の気付きが必要で子どもたちの教育なども通じて促していきたい」と述べ、東京パラリンピックを通じた共生社会の実現に意欲を示しました。

  • 2020.01.04 Saturday
  • 12:58

病院・医療福祉

障害者虐待 昨年度3300人余 家庭や福祉施設で増加

虐待を受けた障害者の数は昨年度全国で3300人余りに上り、職場での虐待が減った一方で、家庭や福祉施設などでは増加したことが厚生労働省のまとめで分かりました。

障害者への虐待は、実際に目撃した場合のほか、疑いであっても自治体に通報することが義務づけられています。

厚生労働省によりますと、通報などを受けて調査した結果、虐待が確認された障害者の数は昨年度全国で3303人で、前の年度に比べて200人ほど減りました。

誰から虐待を受けたかの内訳は、
▽家族などが最も多く1626人、
▽次いで職場の上司や経営者などが900人、
▽福祉施設の職員などが777人でした。

職場での虐待は前の年度と比べて3割以上減少した一方、家庭や福祉施設などでは増えています。

虐待の内容は、
▽殴る蹴るなどの「身体的虐待」が64%と最も多く、
▽次いで暴言を浴びせるなどの「心理的虐待」が29%、
▽年金を渡さないといった「経済的虐待」が21%などとなっています。

厚生労働省は「虐待を受けた障害者は減ってはいるものの、依然として3000人以上が被害を受けている。早い段階で対応するためにも軽微な事案でも通報してもらいたい」と話しています。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.12.28 Saturday
  • 07:10

病院・医療福祉

保育園に障害ある子の専用クラス

港区は、たんの吸引などの医療的なケアが日常的に必要な子どもや、障害のある子どもを、専用のクラスを設けて保育する新たな区立保育園を、来月開園すると発表しました。

これは、19日港区の武井雅昭区長が記者会見で明らかにしたものです。
それによりますと、新たな保育園は港区元麻布に来月開園する「元麻布保育園」で、医療的ケアが必要な子どもと障害のある子どもを一緒に保育する専用のクラスを設けるということです。
このクラスには、5人の看護師と2人の保育士が配置されるほか、遊ぶためのスペースと安静に過ごすためのスペースを分けて、子どもの体調に合わせて保育することができるということで、定員はあわせて20人ですが、すでに6人が入園する予定になっているということです。
また自力での登園が難しい子どもは、福祉車両での送迎も行うということです。
区によりますと、区立保育園で専用のクラスを設けてこうした子どもたちを受け入れるのは、東京23区では初めてだということです。
武井区長は「障害がある子どもの集団保育への要望は、これまでも寄せられていたので待機児童対策と同様に、需要に応じてふさわしい保育環境を整えることは大事なことだ」と話していました。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.12.19 Thursday
  • 20:57

病院・医療福祉

流産や死産を繰り返す「不育症」 検査費用助成へ 東京都

妊娠はするものの、流産や死産を繰り返す「不育症」について、東京都は5万円を上限に検査にかかる費用を助成する事業を新たに始め、1月から申請を受け付けることになりました。

厚生労働省によりますと、妊娠はするものの、流産や死産を繰り返す「不育症」は、年間3万組が発症していると推計されています。

東京都は、検査を受けることで適切な治療や出産につながることが期待できるとして、5万円を上限に不育症の検査にかかる費用を助成する事業を新たに始め、1月から申請を受け付けることになりました。

対象となるのは、検査の開始日の時点で妻の年齢が43歳未満であることや、2回以上の流産や死産、もしくは生後1週間以内に子どもが亡くなったことがあるなど、一定の条件を満たした夫婦で、医療機関が作成する証明書などを都に提出することで助成を受けることができます。

申請期限は、原則として検査終了日から6か月以内で、東京都では今年度800件の申請を見込んでいます。





NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.12.13 Friday
  • 17:40

病院・医療福祉

「半年毎のレントゲン検査へ」

新大塚駅最寄りの病院にて、泌尿器科を受診しました。

口頭による、体調確認をされたので以下の通りに答えました。

「術後もバルーンカテーテルが詰まりやすい事は変わらないものの、一時期よりは良くなって、術前に頻繁に発生していたレッグバックの変色は一切なくなりました。」

洗浄の際に必要となる物品を受け取り終了しました。次回は、前回のレントゲン検査から半年なるので、受けることになりました。

  • 2019.12.04 Wednesday
  • 15:30

病院・医療福祉

「チャンスにつなげて!」

小竹向原駅最寄りの病院にて脳外科を受診しました。

主な内容は、以下の通りです。

【contents】

1 体調について
2 カルテ作成に向けて
3 チャンスにつなげて



1【体調について】

開口一番に珍しく、いや初めて?「少しやつれているね」と言われてしまいました。
緊急性を伴う症状はなく、毎日でもなかったものの、ストレスが溜まり、11月は夜間に眠れない事が多く最近やっと落ち着いてきたところだと伝えたら、「睡眠障害」と電子カルテに記載されました。


2【カルテ作成に向けて】

前回、「都立病院にカルテを作りたいのでよろしくお願いします」と伝えていたので、診察の前に頭部のCTを撮って、紹介状を作成してもらいました。
CTの結果を観て、「シャントは機能していると思います」と診断されてホッとしました。しかし、その後の触診で「バルブが随分と分かりにくいほど埋まっている」。さらに2019年4月に撮った腹部のレントゲン画像を観ながら、「過去に使っていたシャントチューブがずっと腹部にある状態だから、臓器を傷つけないか心配。いつでも治療できるように、都立病院の早期受診を」と勧められました。
シャントトラブルを起こしている時とは異なり、緊急性とまではならないものの、「今度は来年にも脳外科で入院治療かな?」と、意識し始めました。


3【チャンスにつなげて】

病院への紹介状は、一般的に症状について書くものですが、「ブログを長く書いていて、書くことで働きたい!」と考えている事も記述して頂いた事を聴いて、嬉しくなりました!
いつも気にかけて頂いていることに対してお礼とともに、次のように話しましました。
「2019年の夏、泌尿器科に入院した際に、ブログを書いていることは看護師さんに伝えたものの、その先どう切り出していいか分からず、困っていたんです。母にももっと積極的に伝えれば良いじゃんと言われたものの。先生からご縁を頂いて書き出したままで、ご存知通り、どこかの会社に所属した事もないので、どの程度伝えたらいいのか分からなくて」。
そうしたら、「自分で伝えるのは難しいよ。先生を使っていいんだよ!」と安心させてもらいました!

脳外科の観点からすると、そんなに頻繁な受診は要りませんが、「話がしたいから来てよ」と気にかけてもらえる患者になりたいという願望を口にしたら、「ペーパークラフトカレンダーのコメントやエッセイを通して、確実に意見などを伝えられるようになっているから、チャンスを掴めるといいね!」と、エールを送られました!





この他に気になったのは、いつまで、小竹向原駅最寄りの小児病院での脳外科が受診できるかという点でした。以前から脳外科を受診する患者が減少していて、「今日はあなただけ」という日も多い状況だとは聴いていました。
さらに今回、「終了に向けて病院側と話し合いをしている」と話されて、時の流れを感じました。
  • 2019.12.03 Tuesday
  • 16:20

病院・医療福祉

「節目を感じた診察」

小竹向原駅最寄りの病院にて耳鼻科を、受診しました。

前回からのこの2ヶ月の体調を聴かれて、「重大な症状はなかったものの、今月に入り微妙な不調が続き、やっと落ち着いてきたところです。先生は、今日はお元気そうですがいかかですか?」と伝えました。

すると、主治医は次のようにご自身の体調と今後の予定を教えていただけました。「体調は少しずつ回復しているものの、病気以前のようにはいかないので今、全部辞めようと準備しているところです。」

この内容を聴いた私は、「とうとうこの時が訪れたか」と、とても落ち着いたものでした。しかし、耳掃除してもらっている間に「全部辞めるってここも入る?」と、ものすごく気になってきたのです。そのため、終わってからすぐに「先生、さっき全部辞めると言われてましたが、ここも入るという事でしょうか?」と確認しました。
その結果、「ここ、一番重視していて、30年以上になるので辞めません。安心してください。」という一言を頂きました。
聴いた直後に私の心の中で、二つの事を強く思いました。一つは、私はこの病院で診察を今後も受けられる事への感謝。もう一つは、他の病院でも同医師の診察を受けられると知って、ここから離れた患者さん達のこの先について。この事は医師にも話しました。
時期についての具体的な発言ありませんでした。ただ、医師自らここまで現実的に伝えてくれたことを考えると、もう近未来なのだろうと感じました。

そして、いつも私が普段している事を注目されていて、特に「新しい文章は?」と、気にかけてくださるので、「私と同じタイプの聴覚障害の症例を認識されている医師は、現在どれほど増えているのか知りたいです。これまで先生と色々話していますが、私の立場からどんな事を伝えたら、より広がりやすくなったり、少しでも多く人にとって、いい情報になりそうなのか。これら点について、実際にどの程度表現できるかは不明ですが、次回以降、アドバイス等を頂けますか?」と伝えました。最後に「わかりました」と理解していただき、診察が終わりました。




  • 2019.11.26 Tuesday
  • 17:00