Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

情報

《スマホからできる仕事情報を求む!》

2019年10月29日に、NHK 総合テレビで放送された「プロフェッショナル仕事の流儀」を、ご覧になった方はどれほどいらっしゃいますか?
私は、久しぶりに同番組を観て心を動かされました!
放送内容は以下の通りで、NHK公式サイトに掲載されている原文のままです。


「あなたらしく、笑顔で生きて 精神科医・本田秀夫さん」

“見えにくい障害”として社会的な注目を集める「発達障害」。文科省の調査では小中学生の15人に1人が発達障害の可能性があるとされるが、「こだわりが強い・空気が読めない・じっと座っていられない」など、大なり小なり誰にでもある特徴のため、周囲に気付かれないまま苦しみ、心の病で不登校やひきこもりになるケースも多い。
そんな中、31年にわたって発達障害と向き合い続ける不屈の医師がいる。信州大学医学部附属病院の精神科医・本田秀夫さん(55)。発達障害を専門にする日本屈指のスペシャリストで、乳幼児期から成人期まで長期にわたって診察を続けるという世界的にもまれな臨床経験を持つ。
本田さんの診察室には、自閉スペクトラム症(ASD)や注意欠如・多動症(ADHD)、学習障害(LD)など、様々なタイプの発達障害のある人たちがやってくる。そこで本田さんは、自信を失った人たちの生き方を肯定し、「相手のすべてをリスペクト」してカウンセリングする。
「発達障害の特徴は決してゼロにはならない。それは優劣ではなく、病気とも限らない、あなたの個性そのものだ」と語る本田さん。「“普通”とは何か?」「“幸せ”とは何か?」そんな根源的な問いを胸に、生きづらさを抱えた人々を笑顔で包み、寄り添い続ける本田さんの流儀に迫る。







私は、発達障害と診断された経験はありませんが、なんだか怪しい所は子供の頃からずっとある中で、過ごし続けて今に至っています。番組を観ている最中、本田医師に会ってみたいと思いました!
その理由は診断目的でなく、楽しそうな診察風景を観て「仕事につながる何か情報が得られそう」と、感じたからです。
しかし、残念ながら病院が遠すぎて、現実的ではないと断念しました。
ただ、ここで終わったら何も変えられません。そうかといって、アフィリエイトをできるかといえば、ざっくり広告収入で成り立っている仕事とだけ理解しているだけで、リスクが高すぎて危険。不向きなのは明白です。そのため、やろうとも思っていません。

毎年恒例となっている「ご挨拶」の中で、以下の通りに呼びかけていますが、前進できず。

《スマホで詩やエッセイなど書き、直接応募などが可能な情報をご存知でしたら、ぜひ教えて頂きたいので、よろしくお願いいたします!》

まず、スマホから実行しようという時点で狭き門。そして、文章センスがいい方が数え切れないほどいらっしゃるのは、重々承知しております。
これまでに、私が書いた記事をお読みになられた方は、問題山積だと思われた事も多いと思います。
私自身、毎回「どうなるんだろうか」と予想がつきません。こんな調子なので、書く楽しみを味わい始めてからも、ずっと「書けない人に変わりない」と考え続けていました。
ところが、2018年に「IT技術とともに」を作成中、ご協力して下さった編集者さん・脳外科医・心友 かずちさんとのやり取りを通して、「この方法もあってもいいんだ」と思えるようになったのです!
この経験を機に自信がついたものの、その先の方法を見つけられず、困り果てていました。
この記事を書いたところで、すぐにご縁につながるだなんて、甘すぎる考えはありません。
けれど、振り返ると初めて脳外科医に「ご挨拶メール」を送った事がきっかけとなり、「ブログを書き続けるわけ」を掲載させてもらえる結果となったのです。
あの時、母の「脳外科医にもメールを送ってみなよ」の一言がなければ、おそらく実行していなかったと思います。
そして、これまで雑誌に掲載されたものは全て、脳外科医からのお誘いによるものです。ありがたいですし、出版社などとのつながりがある方は、私の周りには他にはいらっしゃいません。
とはいっても、彼女の患者は当然私だけではありません。
母からも、この点を再三にわたって指摘されています。
「介助が多く必要なのは仕方ないけど、スマホで書くことは寝ててもできるでしょ?」とごもっともな指摘です。

どうしようかと固まったままだった私に、番組がパワーをくれた事で、とにかく書き尽くす選択をしました。
情報提供を、ぜひともよろしくお願いします。

長くなりましたが、お読み下さった皆様に感謝致します。

【ブログ real voice】http://pure-voice-e.jugem.jp/





【主な作品】

《雑誌掲載エッセイ》
「ブログを書き続けるわけ」(2013年)
「楽しく過ごせているわけ」(2013年)
「IT技術とともに」 (2018年)

《SNS掲載エッセイ》
「再び笑い合えるまで」 (2018年)
「ニッタンと出会って」 (2018年)
「『動』と『静』の体育」 (2018年)

《SNS掲載長編》
「聴くこと と 聞くこと」 (2016年)
「合言葉は『おまけの人生』 (2016年)

  • 2019.10.30 Wednesday
  • 07:31

情報

「私の運動機能が悪すぎて、母の介助が多く必要ですが…」

ハンディキャップルームに2つあるベッドのうち1つは電動ベットで、マットレスも沈み込みすぎることもなくて寝やすいです。
ただ、電動機能を利用せず過しました。

お風呂は、自宅でもずっと浸かっていないし、引き上げてもらうのが大変すぎるため宿泊の際も、シャワーをする程度の状態が続いています。このスタイルになってから相当長くて、成人後は湯船に浸かるというほとんど習慣がありません。
なので、2009年の運動機能が低下して以来、初めての外泊となった母との天橋立での宿泊旅行では、部屋付き露天風呂に入れてくれましたが、あくまでもとってもラッキーなレアケースです。

今回は、電動車椅子を座面とバッテリーなどが濡れない程度に、ギリギリまで中に入りました。その状態からバスチェアに座らせてもらい、浴槽の縁や電動車椅子の足台付近を掴みながら、シャンプーなどをしてくれました。
さらに、座っている状況では洗えない部分に関しては、足台に膝を付いて、へっぴり腰で頼りないものですが、膝立ちをさせてくれて残りの部分を洗い流してくれました。
終わったら、バスタオルが敷いておいた座面と背もたれに体をしっかり乗せて着替えなどをしてくれました。
母が重労働してくれたのは間違いないですが、ティルト式電動車椅子でなければ、これも実現不可能だったなぁと実感しました。
  • 2017.09.29 Friday
  • 07:00

情報

「字幕ビデオ制作希望調査アンケート」に参加されましたか?

「岐阜県聴覚障害者情報センター」のLINE公式アカウントから、配信された内容を読んで知り早速、回答しました。

配信された内容は以下の通りです。

字幕ビデオ制作希望のアンケートを実施しております。締切は9月24日(日)まで。
たくさんの意見をいただきたいので、多くの方の協力をお願いいたします。
アンケートは下記のアドレスをクリックして下さい。

https://goo.gl/forms/IV4RV9CvEIjBa2Rj2
  • 2017.09.04 Monday
  • 17:38

情報

「Googleマップ、近所のバリアフリー情報追加がより簡単に ITmedia 2017年7月7日付」

先程知って、早速やってみようと思いました!!
以下は、原文のままです。

Googleマップのバリアフリー情報の追加が従来よりやりやすくなった。「不足している情報の提供」をタップすると現在地の近くで情報追加が必要なビジネスが表示される
 米Googleは7月6日(現地時間)、「Googleマップ」のビジネスがバリアフリーかどうかの情報を一般ユーザーが追加しやすくしたと発表した。

 同社は2015年から、ユーザーがマップに情報を追加する「ローカルガイドプログラム」を提供しており、これまでも自分が訪れたビジネス(ショップやレストラン)についての情報を追加できるようになっていた。

 新機能では、ユーザーはAndroid版Googleマップのメニュー(≡)→「自分の投稿」→「不足している情報の提供」をタップすることで、現在地の地図上に、情報が不足しているビジネスのスポットが(+)アイコンで表示される。

 ここで「バリアフリー」を選び「バリアフリーの設備はありますか?」などの質問に答えていく。

 こうして集められたバリアフリー情報は、Web、iOS、Android版Googleマップのビジネス検索結果の「バリアフリー」という項目に表示される。
  • 2017.09.02 Saturday
  • 13:53

情報

「サイレントラジオ」の情報に出会えました!!

先日お伝えしたJ-WAVEの「サイレントラジオ」、私はやっぱり寝てしまい、せっかくの機会を逃してしまいました。
何か情報はないものかと今検索したところ、「音のある世界と音のない世界」の著者である松森果林さんのブログに、喜びの声が掲載されているのを発見!
とっても、嬉しくなりました!!
松森果林さん、ありがとうございます!!
また、チャンスがありますように!

以下は、松森果林さんのブログの原文のままです。


「25年ぶりのラジオとの再会は」

25年前に音を失うまで、ラジオは身近なものでした。

好きなアイドルの声が聞きたくて、深夜まで耳を傾けていたり

聴力の低下が進行しても、ラジカセを耳に密着させて聞いていました。

「ジェットストリーム」とかも好きだったなぁ。


聞こえなくなって一度だけラジオに出演しましたが

それ以外では、縁がないものだと思っていたラジオです。



ところが、2017年8月13日、25年ぶりにラジオを聴きました。

耳ではなく、瞳で。

音声とともに、YouTubeで手話と文字も一緒に。

J-WAVEの「サイレントラジオ」です。


8月1日から20日まで、言葉の壁を超えた対話を楽しむエンターテイメント

「ダイアログ・イン・サイレンス」に関わっています。

私が大尊敬する主催者の志村真介さんは

聞こえない私たちと関わる中で

「耳の聞こえない人たちはラジオを楽しめているのか?」という

素朴な疑問から

「そうだ、ラジオの内容が見えればお互いにもっと楽しくなる?!」と

思い切りハートを膨らませたのだとか。

いつもカッコよくて粋で、グッドデザインをテーマに放送を続けるJ-WAVEなら!と

一緒にチャレンジする機会を作っちゃった真介さん、やはりスゴイ。

新たなチャレンジを生み出すまでのエネルギーと覚悟は

相当なものだったと想像します。

加えて、

監修の森本さんと私にも一緒にアイデアを出す機会をくれました。

「サイレントラジオ」のコンセプト

「だれも取り残さない情報保障」…話しを聞いて鳥肌が立つくらいワクワクしました。

真介さんと季世恵さんの熱い想いに、周りのスタッフの想いも乗っかって二倍三倍五倍増し!

無謀ともいえるアイデアや提案の数々に

だれもが「できない」とはいわず

「どうすればできるか」を一生懸命考えている打ち合わせ現場に

涙が出そうになりました。

真介さんと季世恵さんが周りを巻き込んでいくときって、とても静かで柔らかで丁寧なんです。

そして心地よい。


そうして実現したJ-WAVEの「サイレントラジオ」

瞳で聴きながら、

「このラジオ、いま聞こえる人も聞こえない人も一緒に楽しめているんだよね??」

「リアルタイムで楽しめているんだよね??」

「もう一度言うけどラジオだよね??」と

何度も確認したくなるほど、素敵な時間でした。


時折入るCMは協賛企業の清水建設さん。

もちろん、ラジオCMも字幕付きです。

私は、「テレビCMにも字幕を」と20年も活動をしており

現在約13社がCMに字幕をつけて放送している中、

清水建設さんは数年前からスポンサー番組のCMには全て字幕をつけています。

ラジオCMまで字幕なんてすっごく新鮮で画期的。


手話は単なる手話通訳ではなくて、声の出演者に合わせた雰囲気に

成り切っての手話通訳。海外ではよく見かけますよね。




そして何よりも私が

「あ、やっぱりラジオなんだ!!」と実感したのは

お話の途中で曲をはさむこと。

そうそう、ラジオってこうだったよね!と。

音楽が流れている間は、曲のタイトルや選曲の理由、エピソードなどが

文字表示されているのです。

まるで一緒に聴いている感覚でした。


三曲目には

私の「夜空を見上げて、星の音が聴こえる気がする」という言葉を受けて

ビートルズの宇宙をテーマにした曲が。

どれだけ想像しても想像しきれないくらい素敵な曲なんだろうなと胸がいっぱいに。



言語を超えたコミュニケーションの先にあるもの

言葉なんていらないと思える次元の世界

あらゆる壁をなくせば世界はとてもシンプルなんだ
  • 2017.08.16 Wednesday
  • 11:33

情報

「12歳で量子力学の本を書いた少年!」

皆様は、TBSラジオで毎週土曜日、午後1時から放送している「久米宏 ラジオなんですけど」がお好きでしょうか?

8月12日(土)放送のゲストコーナー「今週のスポットライト」では、『12歳の少年が書いた量子力学の教科書』という本を先月(2017年7月)を出版した近藤龍一さんをお迎えして、久米さんとお話された事を、ご存じの方はどれほどいらっしゃいますか?
私は、先ほど父から聴いてTBSラジオサイトで内容を読んだところです!


その中で、一番次元の違いを感じたのはこちらです!原文のままです。

近藤さんは2001年、東京都生まれ。現在15歳の高校1年生。量子力学の本を書き始めたのは小学6年生、12歳ということですから驚きです。

小学校に上がった頃から、歴史・文学・天文学・哲学・医学・経済学…と、あらゆる学問分野の本を読みあさり、小学3年の時にはトランクを持って近隣5つの市の図書館をめぐり、年間3000冊もの学問書を読んだそうです。その9歳のときに「理論物理学」の独学を始め、「量子」のことを知ります。元々、日本史より世界史、日本地理より世界地理というように、遠い世界のことに興味があった近藤さんにとって、現実の常識がまったく通用しない量子の分野は、究極の遠い世界。その不可解なものをなんとしても理解したい! と思ったのだそうです。そして10歳で、物理学者にとっても難解な「量子力学」の独学を開始。

独学する中で近藤さんは、量子力学には入門書から専門書への架け橋になるような中間レベルの本がないと実感し、それなら自分で本を書こうと決意。それが11歳の時。本当はすぐにでも書き始めたかったのですが中学受験を控えていたので、1年間は本の構想をひたすら練るだけにして受験勉強を優先。そして2014年2月、中学受験の翌日から執筆に取りかかり、7ヵ月で原稿用紙400枚以上を一気に書き上げたのです。


驚きの連続で、なんと表現しようかと考えても「すごい!」というありきたりの言葉しかなく、圧巻です!

さらに本書は、これはあくまで「中間本」ですから、入門書レベルをクリアしていないとやはり少しハードルが高い のも事実と紹介されています。

やっぱり、すごい才能の持ち主は、いるものですね!!

将来的には、アメリカの大学院を目指すそうです。
  • 2017.08.16 Wednesday
  • 10:12

情報

「薬師寺みちよ議員の手話での国会質問」

おとといの様子YouTubeで、注目されている方々が多いことを昨日知りました!!

ご覧になられた方々、ご感想いかがでしょうか?
  • 2017.03.08 Wednesday
  • 10:14

情報

体操ができました!2014年10月に紹介させて頂いた、「ちょうかいちょうのキョウコちゃん 藤原一枝作 岩永泉絵 -偕成社-」を覚えていらっしゃいますか?

本書は、便秘解消法をおばあちゃんから教わった男の子が、動物園で便秘で苦しんでいたニシキヘビのキョウコちゃんのおなかを優しく押し、便を出す物語の絵本です。

男の子とキョウコちゃんは便秘予防のため一緒に体操もしていて、子供から大人まで楽しく読めて、実行できる作品となっています(^-^)

便秘解消法には、いろいろな方法がありますが「自然が1番!」 を強く推奨されていて、私も共感しています!

皆様も、ぜひお読みくださいね(^O^)


この絵本から、2016年11月に「スーパーヘルシーきょうこちゃんたいそう」が誕生していた事を、今日の診察で知りましたのでお知らせいたします!

楽しく、わかりやすいのでYouTubeで観て、試してみてはいかがでしょうか?

さらに、拡散をぜひともよろしくお願い致します(^O^)

https://youtu.be/dxaHCIn8NdQ
  • 2017.03.07 Tuesday
  • 20:40

情報

「フレンドシップキャンプ」とは

「社会福祉法人 日本肢体不自由児協会」のホームページに以下の通りに紹介されています。

このキャンプは「自立と共生」をテーマとした、肢体不自由児と健常児の交流統合キャンプです。
一般に、肢体不自由児は、特別支援学校に通学する場合が多いため、自宅近隣には友人も少なく、地域生活の中で多くの課題があるといわれています。
一方、健常児は、学校でも地域でも肢体不自由児と接する機会が少なく、街角で出会ってもどのように接すればよいかわからない状況になっています。このキャンプは、こうした実情を変えていきたいと願って計画されています。
参加者はキャンプ中、美しい自然の中で生活を創りあげていきます。その過程で、自分でできることは自分で行い、できないことは助け合いながら、お互いの存 在を認めあい、共に生きることの大切さを体験します。この貴重な経験は、一生忘れられないものとなり、日常生活の中で思いやりのある生活をつくるための動 機づけとなることでしょう。
この夏、心の成長の機会として、このキャンプに参加してください。

●このキャンプの特徴
・ 肢体不自由児と健常児が、ほぼ同数になるように構成された6〜7人のグループを、研修を受けたリーダーが担当します。グループ担当のリーダーの他に、 生活全般やプログラム活動を支援する複数のリーダーもいます。また、教育・医学・心理・福祉などの専門家が全体を運営しています。
・ リーダーは大学生または大学院生、もしくは同等の年齢で特に希望される方、約50人を以て組織します。
・ 肢体不自由児の申し込み・受付は、日本肢体不自由児協会でいたします。但し、健常児の募集・事務局はNPOフレンドシップキャンプ が担当します。


さらに詳細をお知りなりたいと思われた方は、協会ホームページ等をご覧下さい。
  • 2017.01.16 Monday
  • 15:13

情報

「本屋大賞 2015」

19時から発表を楽しみにしていて、西加奈子さん著書 「サラバ!」・伊坂幸太郎さん著書 「 アイネクライネナハトムジーク 」阿部和重さん・伊坂幸太郎さん共著 「 キャプテンサンダーボルト」をノミネート作の中でも特に読みたいです(^O^)

皆さんはノミネート作品の中に読みたい作品はありますか?
  • 2015.04.07 Tuesday
  • 17:20

1