Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ニュース

震災テーマで芥川賞 作品の背景は

第157回芥川賞と直木賞の選考会が今月19日、東京で開かれました。このうち芥川賞には、盛岡市在住の沼田真佑さんの小説「影裏」が選ばれました。この作品は、東日本大震災をきっかけに浮かび上がる人間の内面を抑えた表現で描いています。震災がテーマになった作品が芥川賞に選ばれるのは、今回が初めてです。作品がどのように生まれたのかを取材しました。
(盛岡放送局 渡邉真佑子キャスター)

沼田真佑さんの小説「影裏」とは

作者の沼田真佑さんは、北海道小樽市出身で盛岡市在住の38歳。大学を卒業後、福岡市で塾の講師を務めながら小説を執筆してきました。
親の実家がある盛岡市に移り住んだのは震災の翌年、5年前です。
20代の頃から本格的に小説を書き始めましたが、デビューには至りませんでした。当時から書きためてきた「構想ノート」は10冊ほどに上るといいます。

今回の作品、「影裏」の舞台は岩手県です。盛岡市の会社に異動してきた男性が主人公で、元同僚で釣り仲間の“日浅”との交遊をみずみずしい自然を背景に描きました。
その人間関係に不穏な側面が浮かび上がってくるきっかけは、東日本大震災でした。
震災を軸に展開する物語ではありませんが、物語の後半、消息が途絶えた“日浅”の家族のもとを訪れた主人公が気付いてしまった、元同僚の危うい一面を読者に提示します。


震災の時、福岡市にいた沼田さんは、テレビやインターネットからあふれる被災地の映像にがく然としたといいます。かつて民宿に泊まったことがある岩手県大船渡市の海が一変した姿を見た当時を食い入るように見た記憶を沼田さんは次のように語っています。

「博多に住んでいる時から岩手の沿岸を2回ほど訪れ、大船渡市の民宿に泊まったこともあるが、そのときの海の景色は、瀬戸内海のように波一つない穏やかな海だった。その海のギャップに衝撃を受けた」

小説で表現した“震災”


小説の中では、主人公に、津波に直面する友人の姿を語らせました。

「日浅の目は茫然として、はるか沖の一点に向けられている。海の向こうから海岸線いっぱいに膨れあがった防潮堤が、次第に自分のいるほうへ近づいて来るのをただただ見ている」

沼田さんにこの表現について振り返ってもらうと、次のように述べています。

「震災を扱う時に、リアリティが必要。特に津波のシーンは、結構時間がかかった。震災に関して俺はまだ一行もひとことも書いていない思いのまま、ほかにいけない。岩手に身を置いているうちに、やっぱりあの震災のことは避けて通れないと思った」

同時に沼田さんの作品には、被災地から離れて暮らし、直接的な被害を受けなかったこその表現も盛り込まれています。テレビから流れる死者行方不明者の情報をただ聞くだけの主人公は、節電や備蓄にも意識が高くなっていくのです。
それを沼田さんは、被災者ではない自分が感じた「『世間でいう震災』とは別の『庶民的な感覚における被災の形』」と表現しています。

震災テーマの作品で初の芥川賞に

盛岡市での生活を踏まえて、構想2年をかけて描かれた「影裏」。選考会の後、選考委員の1人、高樹のぶ子さんは、芥川賞に選んだ理由について、委員の意見が割れたことを明らかにしたうえで、作品を高く評価しました。

高樹さん自身は「大震災を踏まえて、人間の外と内の崩壊というものを描いている。大震災を小説にするには、こういう大小の対応しかない。震災をこれだけのテーマでつないで書いたのは、本当に初めてすごいものに触れたという思いがある」などと述べ、強く推したとしています。
一方で、別の委員からは「そもそも3.11は必要ない。出てきたらだめだ」という意見も強力にあったということです。

震災がテーマになった作品は、これまでノミネートされたことはありますが、受賞作として選ばれるのは初めてです。

“震災文学”の1つの形

1万8000人を超える人が犠牲になった東日本大震災からまもなく6年半になります。この間、震災や被災地を舞台に、自然災害や人の死と向き合うことに影響を受けた小説や詩などが相次いで発表され、「震災文学」とも呼ばれています。

今回の芥川賞の選考理由を説明する中で、高樹さんは「震災文学」についても触れ、「あれだけの大きい震災を文学化するのは時間がかかるし大変だ。いくら震災のすごみ、破壊力をかいてもドキュメンタリーに及ばない」と指摘しました。

そして、沼田さんが表現した、消息がわからなくなった主人公の元同僚の描写を例にあげ、「人間の崩壊、不気味さ、人間の内面が、どんどんあらわになっていく怖さがある。大自然にも何が起きているかわからない、という目に見えない怖さがつながっている。決して震災というものを押し出した小説ではなく、ひそやかに一歩引いているが、人間の関係を描くことで、それを取り囲む大きな自然の怖さというものに言及していると感じた」と述べました。

沼田さんが考える「震災と文学」



こうした評価について、沼田さんは、NHKの取材に対し「いろんなジャンルや、“震災文学”というものもひっくるめて“文学”だと思っているので、自分としてはピンと来ていない。震災文学とは違うかなと思っています」と話しています。

一方で、文学以外にもさまざまな分野で震災に影響された作品が相次いでいることは自然なことだとして、「いろんな表現者、皆さんがそういう思いを持っている。僕も、自分がそういう思いがあったのだとあとから気づいた」と振り返っています。

インタビュー取材の際には、執筆が続かず、気が塞ぐことも多いと語り、表情が曇ることもあった沼田さん。
今後について尋ねると、「影裏」でも表現した、人間関係にこだわりたいとして、「興味としてベースに憂鬱がある人のことだけを書きたい。憂鬱でもいいんだと思ってほしい」と最後は笑顔で語りました。

震災を自分の表現で描写し、芥川賞に結びついた沼田さんの次回作以降に期待が高まります。

  • 2017.07.21 Friday
  • 18:14

ニュース

台風6号が発生 日本のはるか南東の太平洋

21日午後、日本のはるか南東の太平洋で台風6号が発生しました。

気象庁の観測によりますと、21日午後3時、日本のはるか南東のミッドウェー諸島の近海で、熱帯低気圧が台風6号に変わりました。

中心の気圧は1008ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心の北側330キロ以内と南側220キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

台風は1時間に15キロの速さで西北西へ進んでいて、気象庁は今後の台風の情報に注意するよう呼びかけています。

NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2017.07.21 Friday
  • 16:49

ニュース

富士山頂の鳥居 76年ぶり建て替え

今月、夏山シーズンが始まった世界遺産、富士山。毎年30万人近くの登山者が訪れます。日本一の頂で登山者を迎えるのは、高さ4メートルの大きな鳥居です。多くの登山者に山頂の“シンボル”として親しまれてきたこの鳥居が、ことし、老朽化により76年ぶりに建て替えられました。風雪に耐えながら、登山者を見守り続けた鳥居を見つめました。
(静岡放送局・奥田紀久カメラマン、野村祐介カメラマン)

突然ですが、富士山に登ったことはありますか?
実際に登ってみると「思っていた以上に頂上が遠いなあ」と感じた方が多いのではないでしょうか?

独立峰の富士山。登山中、周囲の景色はほとんど変わりません。山頂に目をやっても、頂はいつもはるかかなた…。自分の一歩一歩は本当に意味があるのか、疲労とともに気持ちが重くなります。さらに頂上直下で待ちうける胸突き八丁。傾斜は急になり、足場も一層悪くなっていきます。頭痛や吐き気といった高山病の影響が出ることも。意識がもうろうとする中で、ようやく山頂にたどりついた登山者を出迎えるのが浅間大社奥宮の鳥居です。
「やっと山頂に着いた」
リュックをおろして座り込む人、手を合わせて柱に触れる人…。
山頂に無事到着したことを、実感するときです。

風雪に耐えた76年

静岡県側の山頂にある鳥居が76年ぶりに建て替えられると聞き、歴史的な瞬間を記録しようと、私たちは今月、富士山に登りました。高精細4Kカメラなど撮影機材は60キロを超えました。

山頂に近づくと高山病の影響か、強烈な頭痛に襲われました。息苦しく、わずか100メートル進むのも、とても遠く感じました。
私たちは2日かけて、鳥居が建つ頂上に到着。すぐそばで鳥居を見上げたとき、とてもホッとしたのを覚えています。

76年の歳月を経た鳥居は、周囲の岩の色に同化して、山頂の風景に溶け込んでいるようにも見えました。鳥居に近づいてみると、木の節が飛び出るほどすり減って、凸凹しているのがわかりました。ところどころひび割れも目立ちます。手で触れてみると、見た目から想像できないほどどっしりとしていて、表面は堅く、とても滑らかなことに驚きました。流木の表面をもっと滑らかにしたような、独特の手触りでした。

この鳥居が建てられたのは、1941年(昭和16年)。太平洋戦争が始まった年です。登山者の安全を願って、富士宮口の標高3720メートルの地に建立されました。

真冬の富士山頂は、氷点下30度にまで冷え込みます。鳥居がすっぽりと雪に埋まってしまうこともあります。毎秒40メートルを超える猛烈な風で飛ばされた石が鳥居にぶつかり、木の皮が剥がれ、徐々に削られていきました。76歳となった鳥居の柱は、元の太さより5センチもやせ細ってしまいました。
それでも、山頂の過酷な環境に耐えながら、鳥居は76年もの間、倒れることなく、立ち続けてきました。

耐える姿に励まされて

この鳥居を特別な思いで見続けてきた人がいます。神奈川県に住む佐々木茂良さんです。年齢は76歳、鳥居と同い年です。これまでに1402回も富士山に登頂しました。自宅には、登山のたびに欠かさずつける登頂日誌がありました。
「3時間で登頂成功!」
「強風で手がかじかむ」
「本日もシンドイ」
決して楽ではない富士山登山の様子が伺えます。

それでもなぜ、富士山に登り続けるのか。佐々木さんに聞いてみました。

「それはね、自分自身を変えたいと本気で思ったからです」

佐々木さんは、中学校の教員として35年間、無欠勤で勤め上げました。しかし、定年を迎え、自分の人生を振り返ったとき、つらいことがあるとすぐに気持ちが折れそうになる自分の性格を変えて、″生きなおしたい″と感じるようになったと言います。

それまで最も苦手だった山登り、しかも日本一高い富士山に登り続けていけば、自分を変えることができるのではないだろうか…。
佐々木さん、63歳のときの大決意でした。

富士山に登りはじめて13年。登頂の証に撮った写真に写る佐々木さんの背後には、いつもあの″鳥居″がありました。

「登るとね、“きょうも無事山頂まで来れました、ありがとうございました″と、感謝の気持ちでいつも鳥居に軽く触るんです」

雨の日も、雪の日も、風の日も、76年もの間、山頂に立ち続ける鳥居。佐々木さんは、鳥居に自分の人生を重ねるようになったと言います。

今回、老朽化で建て替えられることになった鳥居について尋ねると、残念そうな表情でこう話してくれました。

「76年間、朽ち果てないで、倒れないで、すごいじゃないですか。僕もこうありたいと何回願ったことか。今は、無事に務めを果たしたことに″ご苦労様″と声をかけたいですね」

これから100年のために

鳥居の建て替えは、地元の静岡県富士宮市で社寺建築を専門に手がける塩澤宏章さんが担当することになりました。

塩澤さんが、76年前と全く同じ鳥居を再現しようと過去の資料を探したところ、富士山ふもとの富士山本宮浅間大社に、手書きで書かれた当時の資料と図面が唯一残されていました。
しかし、上部に反りがある「明神鳥居」と呼ばれる伝統的な建築であることはわかりましたが、資料に記されていたのは、材木の種類や簡単な工程のみ。76年前、どのように木を削り出し、どうやって山頂まで運んだかについては謎のままでした。

縮尺図面を頼りに計測し、実際の大きさを割り出してみると、1本の柱だけで、長さ5メートル、重さは250キロにもなることがわかりました。これには担当した塩澤さんも驚いたと言います。

「昔はすべて手作業でしょう。重機なんてものもないし、1本250キロもある柱をどうやって運んだのか。先人たちの偉業には感心させられるばかりです」

建て替えのため、ご神木として使うヒノキは、直径40センチ、樹齢150年程の堅くて丈夫なものが必要になります。通常の神社で使用するものより直径で10センチも太いものです。塩澤さんは、さまざまな取引先と掛け合い、城の補修のために切り出していたヒノキの中から希望のサイズの木材を特別に譲り受けることができました。


さらに、山頂の雨風に耐えられるよう、かんなだけで極限まで丸く削り、水を弾きやすい形に仕上げました。塗料は一切使いません。

「これから先、70年、80年、もっと先まで立ち続けてほしいと願って作りたいと思います」

役目を終えた鳥居

静岡県側の山開きとなった7月10日、古い鳥居の解体が始まりました。御来光を目当てに訪れた登山者のほとんどが下山した午後、静かになった山頂に重機の音が響き始めました。
作業は順調に進み、1時間ほどで鳥居は姿を消しました。神社と山小屋の関係者たちが、76年間山頂にあった鳥居の最期の姿を見守りました。

しばらくして、解体され横たわる柱に近づいていく塩澤社長の姿がありました。木にそっと触れながらたたずむその背中からは、古い鳥居への“畏敬″と、工事完成に向ける“決意″をひしひしと感じました。

新しい鳥居

7月11日、新しい鳥居の設置作業が始まりました。
今回、山頂には、鳥居に使うヒノキなど1.4トンの材料を荷揚げ用のブルドーザーで運びました。

今後100年、鳥居が過酷な環境に耐えるために最も神経を使うのが、土台を設置する作業です。寸分の狂いも許されません。足場が悪い中、測量計で傾きなどを確認しながら慎重に進めます。
鳥居はクレーンでつりあげ、土台に据え付けます。
最後に鳥居の根元には動かないよう石をしっかり固定しました。

作業開始から2日。富士山頂の青空に向かってそびえるように新しい鳥居が完成しました。

新たな姿で見守り続ける

7月13日、登山道には1403回目の富士登山に挑む佐々木さんの姿がありました。右手にストックをついて、左手でロープをつかみながら岩場を進みます。そのペースはゆっくりですが、決して歩みを止めず、一歩一歩踏みしめながら登っているようでした。
自分を変えたいと富士山に挑み続けた佐々木さん。その姿からは、最後まで諦めない強さを感じました。

雨に打たれ、時折強い風が吹くなか登り続けて、およそ5時間。
1403回目の頂上で佐々木さんを迎えたのは、真新しく生まれ変わったばかりの鳥居でした。工事用のロープが張られ、いつものように鳥居を手で触れることはできません。佐々木さんは、しばらく無言で鳥居を見つめていましたが、おもむろに帽子を取ると手を合わせました。少し寂しげな表情の中に、76歳にして新たな目標に向かう決意をかいま見たように感じました。

「少しずつですけど、自分が我慢強く変われてきたのは鳥居のおかげだと思っています。これからもこの新しい鳥居を目指して登り続けたいと思います」

富士山頂で、登山者を見守り続けた鳥居。日本一の頂から、新しい姿でこれからも私たちを励ましてくれるに違いありません。

NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2017.07.21 Friday
  • 16:27

ニュース

エーゲ海で地震 2人死亡 100人以上けが

トルコとギリシャの国境に近いエーゲ海で21日未明、マグニチュード6.7の地震があり、複数のメディアによりますと、震源に近いギリシャの島で崩れた建物の下敷きになって2人が死亡し、100人以上のけが人が出ています。

アメリカのUSGS=地質調査所によりますと、21日午前1時半ごろ(日本時間の21日午前7時半ごろ)、トルコ南西部の沖合のギリシャとの国境に近いエーゲ海でマグニチュード6.7の地震がありました。震源の深さはおよそ10キロと推定されています。

複数のメディアによりますと、震源に近いギリシャ南東部のコス島では、崩れた建物の下敷きになって2人が死亡し、100人以上のけが人が出ていて、地元の市長は死亡した2人は外国人だとしています。

外務省によりますと、これまでのところ、日本人が巻き込まれたという情報は入っていないということです。

地元からの映像では、潮位が上がって海沿いの道路が水浸しになり、暗闇の中、住民が屋外に避難している様子や、建物の石垣が崩れて地面に散乱している様子が確認できます。
また、震源からおよそ10キロ離れたトルコ南西部のボドルムの映像では、大勢の住民が悲鳴を上げながら避難する姿がうかがえ、市内の複数の地区で停電が起きたということです。

今回の地震の震源に近いエーゲ海では、先月12日にもマグニチュード6.3の地震があり、ギリシャ側の島で1人が死亡しています。

NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2017.07.21 Friday
  • 15:45

ニュース

将棋 藤井四段が公式戦2敗目

先月、将棋の最多連勝記録を達成した中学生棋士の藤井聡太四段が21日、東京で、15歳となって初めての対局となるトーナメント制の大会に臨みましたが、若手の強豪、三枚堂達也四段に敗れ、デビュー以来2度目の黒星を喫しました。藤井四段の公式戦での成績は、これで31勝2敗となりました。

藤井聡太四段は、去年10月に史上最年少の14歳2か月でプロ棋士となったあと、公式戦では今月2日の対局で初めて敗れるまで29連勝し、将棋の最多連勝記録を30年ぶりに更新しました。

19日に15歳の誕生日を迎えた藤井四段は、21日、東京・渋谷区の将棋会館でトーナメント制の大会「上州YAMADAチャレンジ杯」の4回戦に臨み、若手の強豪、三枚堂達也四段と対局しました。

持ち時間がそれぞれ20分の早指しで行われましたが、双方譲らない激戦となり、開始からおよそ1時間50分後、219手までで藤井四段が投了しました。

藤井四段が負けたのは、今月2日に佐々木勇気六段に敗れて以来、2度目です。

勝った三枚堂四段は「プロになってからだいぶ強くなっているようだったので、対局が楽しみでした。負けたくないと思っていたので、気持ちを入れて臨みました」と話していました。

一方、藤井四段は「こちらが先に崩れてしまい、負けたのは残念ですが、今は強くなることが最優先です」と話していました。

21日の対局の結果、藤井四段の公式戦の成績は31勝2敗となりました。

NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2017.07.21 Friday
  • 15:42

ニュース

《Can't do anything… Pray for Turkey and Greece》エーゲ海で地震 2人死亡 けが人多数か

トルコとギリシャの国境に近いエーゲ海で21日未明、マグニチュード6.7の地震があり、複数のメディアによりますと、震源に近いギリシャの島で崩れた建物の下敷きになって2人が死亡し、多数のけが人が出ているもようです。

アメリカのUSGS=地質調査所によりますと、21日午前1時半ごろ(日本時間の21日午前7時半ごろ)、トルコ南西部の沖合でギリシャとの国境に近いエーゲ海でマグニチュード6.7の地震がありました。震源の深さはおよそ10キロと推定されています。

複数のメディアによりますと、震源に近いギリシャ南東部のコス島では、崩れた建物の下敷きになって2人が死亡し、多数のけが人が出ているもようです。

地元からの映像では、暗闇の中、住民が屋外に避難している様子や、建物の石垣が崩れて地面に散乱している様子が確認できます。

また、震源からおよそ10キロ離れたトルコ南西部のボドルムの映像では、大勢の住民が悲鳴を上げながら避難する姿がうかがえます。

また、ボドルムの市長は地元のメディアに対し、市内の複数の地区で停電が起きていると話しています。

今回の地震の震源に近いエーゲ海では、先月12日にもマグニチュード6.3の地震があり、ギリシャ側の島で1人が死亡しています。

NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2017.07.21 Friday
  • 13:06

ニュース

九州北部豪雨など 激甚災害に指定へ

九州北部豪雨など梅雨前線の大雨による農業関連の被害について、松本防災担当大臣は、これまでに判明した被害額が「激甚災害」の指定基準を上回ったことを明らかにしました。今後、各地の梅雨明けを待って被害額を確定させ、正式に閣議決定する予定です。

これは、21日の閣議のあとの記者会見で松本防災担当大臣が明らかにしました。それによりますと、九州北部豪雨などの梅雨前線による大雨で、農地や農業施設などの農業関連の被害額は20日までに、福岡県でおよそ27億円、大分県がおよそ15億円など、全国で合わせておよそ66億円に達し、「激甚災害」の指定基準を上回ったということです。

また、九州北部豪雨では、道路や橋、堤防などの土木施設の被害についても、20日までに、大分県日田市でおよそ56億円、いずれも福岡県の朝倉市でおよそ50億円、東峰村でおよそ10億円、添田町でおよそ7億円に達し、それぞれ「局地激甚災害」の指定基準を上回ったということです。今後、各地の梅雨明けを待って被害額を確定させ、正式に閣議決定する予定です。

松本大臣は「国と自治体が一体となって被害状況の把握を早期に行うよう努めてきた結果、基準額を上回ることがわかり、指定の見込みとなった。自治体は財政面を不安にせず、迅速な災害復旧に取り組んでほしい」と話していました。

NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2017.07.21 Friday
  • 12:58

ニュース

台風5号が発生 南鳥島の近海

21日午前、南鳥島の近海で台風5号が発生しました。



気象庁の観測によりますと、21日午前9時、南鳥島の近海で、熱帯低気圧が台風5号に変わりました。中心の気圧は1008ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心から半径220キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

台風は1時間に10キロの速さで西へ進んでいて、気象庁は今後の台風の情報に注意するよう呼びかけています。

NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2017.07.21 Friday
  • 11:08

ニュース

「1週間程度続く見込み」東・西日本の高温

東日本と西日本では今月上旬ごろから気温が高くなっていて、今後1週間程度続く見込みです。気象庁は「長期間の高温に関する全般気象情報」を出して、熱中症や農作物の管理などに十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、東日本と西日本では今月上旬ごろから高気圧に覆われて晴れる日が多くなっているほか、暖かい空気が流れ込みやすく、気温の高い状況が続いています。

今月1日から19日までの各地の平均気温は、いずれも平年と比べて、東京の都心で3度、福岡市で2.4度、名古屋市で2.3度、新潟市で2度、高松市で1.7度、大阪市で1.6度、広島市で1.5度高くなっています。

また、20日までに東京の都心と群馬県館林市では、16日連続で30度以上の真夏日となり、このうち館林市は35度以上の猛暑日になった日数が12日に達しました。

この気温の高い状態は東日本と西日本で今後1週間程度続く見込みで、気象庁は「長期間の高温に関する全般気象情報」を出して、熱中症や農作物の管理などに十分注意するよう呼びかけています。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2017.07.21 Friday
  • 08:52

ニュース

西・東日本各地で猛烈な暑さ あすも熱中症に注意

20日も広い範囲で晴れて気温が上昇し、近畿で37度まで上がるなど西日本と東日本の各地で猛烈な暑さとなりました。21日も猛暑が続く見込みで、気象庁は各地に高温注意情報を出して引き続き熱中症に十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと日中の最高気温は、兵庫県豊岡市で37度ちょうど、大阪市で36度4分、鳥取市で36度2分、群馬県館林市で36度ちょうど、甲府市と福井市で35度1分と猛烈な暑さとなりました。

また、大分県日田市で34度6分、高松市で34度5分、山形市で33度9分、福岡県朝倉市で33度6分、名古屋市で32度8分、東京の都心で32度3分などと厳しい暑さとなりました。

九州北部ではこの先1週間も晴れる日が多くなる見込みで、気象庁は20日午前、「九州北部と山口県が梅雨明けしたと見られる」と発表しました。

21日も暑さが続く見込みで、日中の最高気温は兵庫県豊岡市で37度、大阪市と福井市、鳥取市、大分県日田市で36度、京都市と長野市、埼玉県熊谷市、それに山形市で35度と猛暑日が予想されています。

気象庁は、各地に高温注意情報を出して、こまめに水分を取り、適切に冷房を使うなどして熱中症に十分注意するよう呼びかけています。特に九州北部豪雨の被災地では、屋外で作業する際などは、十分な注意が必要です。

NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2017.07.20 Thursday
  • 19:21