Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ニュース

台風20号 あす以降西日本・東海に近づくおそれ

強い台風20号は、小笠原諸島の南西の海上を北西へ進んでいて、あす23日以降は、強い勢力を保ったまま西日本や東海に近づく見込みで、四国や近畿、それに東海では降り始めからの雨量がところによって1000ミリ前後の記録的な大雨になるおそれがあります。土砂災害や川の氾濫などに厳重に警戒が必要で、早めの避難を心がけてください。

気象庁の観測によりますと、強い台風20号は、22日午前6時には、小笠原諸島の父島の南南西430キロの海上を1時間に30キロの速さで北西へ進んでいます。

中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで、中心の東側170キロ以内と西側110キロ以内では、風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風は、22日は小笠原諸島の南西の海上を発達しながら北西へ進む見込みです。

台風は23日以降、強い勢力を保ったまま西日本や東海に近づき、西日本や東海を中心に23日午後から非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。

23日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽四国で300ミリ
▽九州南部で200ミリ
▽東海と九州北部で150ミリ
▽近畿と鹿児島県の奄美地方で120ミリと予想されています。

その後、台風本体の雨雲が近づくため、23日朝から24日朝までの24時間には、
▽四国、近畿、それに東海で600ミリから800ミリ
▽中国地方と北陸と関東甲信で100ミリから200ミリ
▽九州南部と九州北部で100ミリから150ミリなどと予想されています。

台風19号の影響ですでに大雨となっている地域など四国や近畿、それに東海の南東斜面を中心に、降り始めからの雨量が1000ミリ前後の記録的な大雨となるおそれがあります。

土砂災害や川の氾濫などに厳重に警戒が必要で、ハザードマップなどで自分の住んでいる地域の危険性や避難場所を確認しておき、事態が悪化する前に避難できるよう、早めに備えをしておくことが必要です。

また、風も強まり、23日にかけて予想される最大風速は
▽四国と中国地方で35メートル
▽近畿で30メートル
▽東海と北陸で23メートル
▽小笠原諸島で20メートル
最大瞬間風速は
▽四国と中国地方で50メートル
▽近畿で45メートル
▽東海と北陸で35メートル
▽小笠原諸島で30メートルと予想されています。

波の高さは
▽四国で10メートル
▽近畿で9メートルの猛烈なしけが予想されているほか
▽小笠原諸島と東海で8メートル
▽伊豆諸島で6メートルに達する見込みで暴風や高波にも厳重な警戒が必要です。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2018.08.22 Wednesday
  • 07:51

ニュース

ベネズエラでM7.3の地震 日本への津波影響なし

USGS=アメリカの地質調査所から気象庁に入った連絡によりますと、日本時間の22日午前6時31分ごろ、中米のベネズエラ沿岸を震源とするマグニチュード7.3の大きな地震がありました。

気象庁によりますと、この地震による日本への津波の影響はないということです。

ハワイにある太平洋津波警報センターは、この地震でベネズエラなどの沿岸で津波が発生するおそれがあるとして注意を呼びかけていましたが、その後、津波のおそれはなくなったと発表しました。





NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2018.08.22 Wednesday
  • 07:48

ニュース

台風19号 奄美 暴風域抜ける 暴風 高波 大雨に厳重警戒

非常に強い台風19号は、鹿児島県の奄美地方の北西の海上を北上しています。九州南部や奄美地方を中心にこのあと数時間、猛烈な風が吹くおそれがあり、気象庁は暴風や高波のほか、大雨に厳重に警戒するよう呼びかけています。

気象庁の発表によりますと、非常に強い台風19号は、午前7時には、鹿児島県の奄美大島の北西250キロの海上を、1時間に20キロの速さで北西へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径150キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

さきほど、鹿児島県の奄美地方が暴風域から抜け、この時間、暴風域に入っている地域はなくなりました。

風の非常に強い状態が続いていていずれも午前3時20分ごろに鹿児島県の枕崎市で36.2メートル、奄美市笠利で29.8メートル、霧島市福山で25.9メートルの最大瞬間風速を観測しました。

雨も強まり、午前6時までの1時間には、鹿児島県の十島村中之島で51ミリの非常に激しい雨を観測しました。

これまでの雨で、鹿児島県奄美市では土砂災害の危険性が非常に高まり、土砂災害警戒情報が発表されています。

台風は、このあとも非常に強い勢力を保ったまま北西へ進む見込みで、このあと数時間、九州南部や奄美地方を中心に猛烈な風が吹くおそれがあります。

23日にかけて予想される最大風速は
▽奄美地方で35メートル
▽九州南部で30メートル
▽九州北部で25メートルで
最大瞬間風速は
▽奄美地方で50メートル
▽九州南部で45メートル
▽九州北部で35メートルに達する見込みです。

海上の波の高さは
▽九州南部と奄美地方で9メートルの猛烈なしけが
▽九州北部で8メートルの大しけが続く見込みです。

台風本体の雨雲がかかる九州南部や奄美地方で、このあと数時間は局地的に雷を伴って1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。

23日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽九州南部で200ミリ
▽九州北部で150ミリ
▽奄美地方で120ミリと予想されています。

その後も雨が続き、23日朝から24日朝までの24時間には九州南部と九州北部で100ミリから150ミリの雨が降ると予想されています。

気象庁は、暴風や高波のほか、大雨による土砂災害、低い土地の浸水、川の増水に厳重に警戒し、台風から離れた地域でも、落雷や竜巻などの突風に十分注意するよう呼びかけています。

鹿児島県内 2万3100戸が停電

九州電力によりますと台風19号の影響で鹿児島県内では午前6時現在、2万3100戸余りが停電しています。

停電しているのは
台風の暴風域に入っている
奄美地方の
▽奄美市が8500戸
▽喜界町が4200戸
▽龍郷町が3900戸
▽大和村が1400戸
▽十島村が500戸
▽瀬戸内町が100戸となっています。

また、種子島・屋久島地方の
▽屋久島町が1300戸
▽南種子町が1000戸
▽中種子町が100戸となっています。

このほか、
▽鹿児島市が1000戸
▽南大隅町が700戸
▽三島村が200戸
▽志布志市が100戸で停電しています。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2018.08.22 Wednesday
  • 07:45

ニュース

台風20号 あさって西日本接近か 大雨のおそれ

強い台風20号は22日には小笠原諸島の南西の海上に進む見込みで、強風や高波に十分な注意が必要です。さらに23日以降西日本に近づくおそれがあり、気象庁は台風の進路など最新の情報に十分注意するよう呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、強い台風20号は午後6時には小笠原近海を1時間に30キロの速さで北西へ進んでいます。

中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35m、最大瞬間風速は50mで、中心から半径110キロ以内では風速25m以上の暴風が吹いています。

台風は発達しながら北西へ進み、22日には小笠原諸島の南西の海上に進む見込みです。

台風の接近に伴って小笠原諸島の海上はうねりを伴いしけとなっていて、22日朝からは非常に強い風が吹き、21日夜遅くから海上はうねりを伴って大しけとなるおそれがあります。

小笠原諸島で22日予想される最大風速は23m、最大瞬間風速は35m、波の高さは8mで、強風や高波に十分な注意が必要です。

伊豆諸島でも23日は強い風が吹き、海上はうねりを伴って大しけとなるおそれがあります。

台風20号は北西へ進んだあと次第に北寄りに進路を変えて、23日以降、勢力を保ったまま西日本に近づくおそれがあります。

西日本や東海では台風19号からの湿った空気の影響ですでに雨が降っていて、20号と合わせて大雨になるおそれがあります。

気象庁は最新の情報に十分注意するよう呼びかけています。





NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2018.08.21 Tuesday
  • 19:20

ニュース

台風19号 奄美が暴風域に 暴風 高波 大雨に厳重警戒

非常に強い台風19号は、勢力を保ったまま北西に進んでいて、鹿児島県の奄美地方が暴風域に入っています。気象庁は、暴風や高波、大雨に厳重に警戒するよう呼びかけています。

気象庁の発表によりますと、非常に強い台風19号は午後7時には鹿児島県の奄美大島の北東90キロの海上を1時間に25キロの速さで北西へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45m、最大瞬間風速は60mで、中心から半径150キロ以内では風速25m以上の暴風が吹いています。

この時間、鹿児島県の奄美地方が暴風域に入っています。

鹿児島県の奄美地方では猛烈な風が吹いていて
▽奄美市笠利で午後6時半前に43.2m
▽喜界島で午後6時前に40.6m
▽十島村中之島で午後6時20分ごろに35.2m
の最大瞬間風速を観測しました。

台風本体の雨雲がかかり、奄美地方では雨も強まっていて、午後6時半までの1時間には喜界島で32ミリの激しい雨が降りました。

台風はこのあとも非常に強い勢力を保ったまま北西へ進む見込みで、22日にかけて九州南部や奄美地方を中心に猛烈な風が吹いて、猛烈にしけるおそれがあります。

22日にかけての最大風速は
▽奄美地方で45m
▽九州南部で40m
▽九州北部で25m、
最大瞬間風速は
▽奄美地方で60m
▽九州南部で55m
▽九州北部で35m
に達すると予想されています。

波の高さは
▽九州南部と奄美地方で11mの猛烈なしけ、
▽九州北部で8m
▽四国、近畿、東海で6mの大しけとなる見込みです。

これから22日の昼前にかけて、台風本体の雨雲がかかる九州南部や奄美地方では局地的に猛烈な雨が降るおそれがあるほか、台風から暖かく湿った空気が流れ込んで、九州北部や西日本の太平洋側を中心に大気の状態が不安定になり、局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあります。

22日の夕方までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで
▽九州南部と奄美地方で300ミリ
▽四国で250ミリ
▽九州北部と東海で150ミリ
▽近畿で100ミリ
と予想されています。

その後、23日夕方までの24時間には
▽四国で300ミリから500ミリ
▽九州北部と東海で200ミリから300ミリ
▽近畿で100ミリから200ミリ
▽九州南部で100ミリから150ミリ
などと予想され、各地で大雨となるおそれがあります。

気象庁は、暴風や高波、大雨による土砂災害、低い土地の浸水、川の増水に厳重に警戒するよう呼びかけています。

鹿児島県内 1万2900戸停電

九州電力によりますと、台風19号の影響で鹿児島県内では午後6時現在、およそ1万2900戸が停電しています。

停電しているのは
▽種子島の南種子町で1800戸
▽奄美市と喜界町でそれぞれ5300戸
▽龍郷町が300戸
▽大和村が200戸
となっています。

最大瞬間風速60m 屋外は極めて危険

台風19号は非常に強い勢力で鹿児島県の奄美地方に近づいていて、奄美地方では猛烈な風が吹き、最大瞬間風速は60mに達するおそれがあります。

気象庁によりますと、最大瞬間風速が60m以上に達すると、古い木造住宅やプレハブの建物が倒壊する危険性があるほか、多くの樹木や電柱が倒れたり、走行中のトラックが横転したりすることがあります。

5年前に台風24号が接近した際、50mを超える最大瞬間風速を観測した鹿児島県の与論島では電柱が倒れるなどの被害が出ました。

屋外での行動は極めて危険で、外出を控える必要があります。

また、台風が通過しいったん風が弱まっても吹き返しの猛烈な風のおそれがあります。

気象庁は安全が十分確認できるまで不要な外出を控えるよう呼びかけています。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2018.08.21 Tuesday
  • 19:18

ニュース

台風20号 今週半ば以降に西・東日本に接近のおそれ

台風20号は22日には小笠原諸島の南西の海上に進む見込みで、強風や高波に十分な注意が必要です。今週半ば以降、西日本や東日本に近づくおそれがあり、気象庁は台風の進路など最新の情報に十分注意するよう呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、台風20号は午後3時には小笠原近海を1時間に30キロの速さで北西へ進んでいます。

中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35m、最大瞬間風速は50mで、中心から半径110キロ以内では風速25m以上の暴風が吹いています。

台風は発達しながら北西へ進み、22日には小笠原諸島の南西の海上に進む見込みです。

台風の接近に伴って小笠原諸島の海上はうねりを伴いしけとなっていて、22日の昼前からは非常に強い風が吹き、22日の明け方から海上は大しけとなるおそれがあります。

小笠原諸島で22日予想される最大風速は23m、最大瞬間風速は35m、波の高さは8mで、強風や高波に十分な注意が必要です。

伊豆諸島でも23日は強い風が吹き、海上はうねりを伴って大しけとなるおそれがあります。

台風20号は北西へ進んだあと次第に北寄りに進路を変え、今週半ば以降、西日本や東日本に近づくおそれがあります。

西日本や東海では台風19号からの湿った空気の影響ですでに雨が降っていて、20号と合わせて大雨になるおそれがあります。

気象庁は最新の情報に十分注意するよう呼びかけています。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2018.08.21 Tuesday
  • 16:21

ニュース

貴乃花親方 意識失い病院搬送も意識回復 命に別状なし

大相撲の貴乃花親方が、21日午前、夏巡業が行われていた秋田市の会場で意識を失って倒れ、病院に搬送されましたが、関係者によりますとその後、意識は回復し、命に別状はないということです。

日本相撲協会の関係者によりますと、貴乃花親方は、21日午前10時すぎ、夏巡業が行われていた秋田市の県立体育館の外で、自分の部屋の若い力士を指導していた際に意識を失って倒れ、救急車で病院に搬送されたということです。

関係者によりますと、搬送中には意識が回復し、会話ができる状態だったということで、病院で手当てを受けていますが、命に別状はないということです。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.08.21 Tuesday
  • 14:56

ニュース

台風20号 今週半ば以降に西・東日本に接近のおそれ

台風20号は22日には、小笠原諸島の南西の海上に進む見込みで、強風や高波に十分な注意が必要です。さらに、今週半ば以降、西日本や東日本に近づくおそれがあり、気象庁は台風の進路など最新の情報に十分注意するよう呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、台風20号は、21日午前9時には日本のはるか南の太平洋を1時間に25キロの速さで北西へ進んでいます。

中心の気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心から半径110キロ以内では
風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風は発達しながら北西へ進み、22日には小笠原諸島の南西の海上に進む見込みです。

台風の接近に伴って、小笠原諸島の海上はうねりを伴いしけとなっていて、
▽22日の昼前からは非常に強い風が吹き
▽22日の明け方から海上は大しけとなるおそれがあります。

小笠原諸島で22日に予想される
▽最大風速は23メートル
▽最大瞬間風速は35メートル、
波の高さは8メートルで、強風や高波に十分な注意が必要です。

また、伊豆諸島でも23日は強い風が吹き、海上はうねりを伴って大しけとなるおそれがあります。

さらに台風20号は北西へ進んだあと、次第に北寄りに進路を変えて今週半ば以降、西日本や東日本に近づくおそれがあります。

西日本では先に台風19号が接近する見込みで、2つの台風による大雨などの影響が長引くおそれもあり、気象庁は最新の情報に十分注意するよう呼びかけています。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2018.08.21 Tuesday
  • 11:03

ニュース

台風19号 今夜からあす明け方 九州南部や奄美地方に接近か

非常に強い台風19号は鹿児島県の奄美大島の東の海上を西寄りに進んでいて、21日夜から22日明け方にかけて勢力を保ったまま奄美地方や九州南部にかなり接近するおそれがあります。気象庁は、暴風や高波、大雨に警戒するよう呼びかけています。

気象庁の発表によりますと、非常に強い台風19号は、21日午前11時には
鹿児島県の奄美大島の東南東240キロの海上を1時間に20キロの速さで西北西へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径150キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風の接近に伴って鹿児島県の奄美地方では風が強まっていて、奄美市笠利では午前10時20分ごろに21.6メートルの最大瞬間風速を観測しました。

台風は、このあとも西寄りに進み21日夜から22日の明け方にかけて非常に強い勢力を保ったまま鹿児島県の奄美地方や九州南部にかなり接近するおそれがあります。

台風の接近に伴って、22日にかけて九州南部や奄美地方を中心に猛烈な風が吹き、猛烈にしけるおそれがあります。22日にかけての最大風速は、奄美地方で45メートル、九州南部で35メートル、九州北部で25メートル、沖縄地方で23メートル、最大瞬間風速は奄美地方で60メートル、九州南部で50メートル、九州北部と沖縄地方で35メートルに達すると予想されています。

また、波の高さは、九州南部と奄美地方で11メートルの猛烈なしけ、九州北部で8メートル、沖縄地方と四国で6メートルの大しけ、近畿、東海で5メートルのしけとなる見込みです。さらに、22日にかけて九州南部や奄美地方では台風本体の発達した雨雲がかかり、局地的に猛烈な雨が降るおそれがあるほか、西日本の太平洋側や東海を中心に台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定になり、局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあります。

22日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで九州南部と奄美地方で300ミリ、四国で250ミリ、東海で200ミリ、九州北部で150ミリ、近畿で120ミリと予想されています。

その後、23日朝までの24時間には、四国と九州北部で200ミリから300ミリ、九州南部で100ミリから200ミリ、近畿と東海、それに奄美地方で100ミリから150ミリと予想され、各地で大雨となるおそれがあります。

気象庁は、暴風や高波、大雨による土砂災害、低い土地の浸水、それに川の増水に警戒するよう呼びかけています。台風が近づく地域では、自分が住む地域でどのような災害が起きやすいかや避難場所の位置を確認するなど備えを進めてください。

また、自治体からの避難に関する情報に注意し、風や雨が強まって事態が悪化する前に早めに避難することを心がけてください。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2018.08.21 Tuesday
  • 11:01

ニュース

秋田犬も応援! 金足農はきょう決勝戦 秋田 大館

夏の全国高校野球で秋田の金足農業が決勝に進出したことを受けて、秋田犬のふるさととして知られる大館市のホテルでは、金足農業を応援する飾りを身につけた秋田犬が宿泊客を出迎えています。

このホテルでは秋田犬2頭が飼育されていて、ふだんから宿泊客を出迎えていますが、金足農業の活躍を受けて、それぞれ19日から金足農業を応援する飾りを着けています。

このうち、メスの1歳の秋田犬「比菜」は紫色のカチューシャを、オスの1歳の秋田犬「栄斗」は金足農業を表す「K」の文字がついた飾りを着けています。

飼育を担当するホテルの従業員の女性は「秋田犬のパワーを選手に送りたいと思い、紫色で飾ってみました。私たちも話題になっているマサルや吉田くんに負けないよう秋田を盛り上げたいです」と話していました。





NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.08.21 Tuesday
  • 07:12