Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ニュース

東京パラ チケット申し込み開始 順番待ちなし

東京パラリンピックの観戦チケットの抽せん販売の申し込みが、22日から始まり、大会組織委員会によりますと、パラリンピック専用の公式サイトに午後6時までに、延べ11万人のアクセスがありましたが、順番待ちは発生していないということです。

パラリンピックのチケットの申し込みの受け付けは22日午前1時半ごろから始まり、組織委員会によりますと、午後6時までにサイトにアクセスした人数は延べ11万人だったということです。

これをオリンピックの観戦チケットの時と比べますと、オリンピックは午前10時から午後5時までの7時間で、延べ130万人がアクセスしたのに対して、パラリンピックでは午前1時半から午後6時までのおよそ16時間で、延べ11万人で、10分の1以下にとどまっています。

また、オリンピックの時と同様、アクセスが集中した際は順番待ちのページに誘導するシステムがありますが、これまでに順番待ちは発生せず、スムーズに申し込めているということです。

組織委員会は、オリンピックの申し込みの際、午前10時の受け付け開始直後からアクセスが集中して公式販売サイトに接続しにくくなったことを受けて、今回は申し込みの開始時刻を事前には明らかにせず、こうしたことからアクセスが集中しなかったとみられるということです。

チケットの申し込みの受け付け開始時刻について、組織委員会は、事前の段階では「きょう未明から」としていました。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.08.22 Thursday
  • 21:44

ニュース

広範囲で大気不安定 局地的に非常に激しい雨のおそれ 警戒を

前線や低気圧の影響で、西日本から北日本の広い範囲で大気の状態が不安定になり、局地的に雨雲が発達しています。23日にかけて北陸を中心に広い範囲で大気の状態が不安定になって、局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあり、土砂災害や浸水に警戒が必要です。

気象庁によりますと、前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、西日本から北日本の広い範囲で大気の状態が不安定になり、この時間は北陸や東北で雷雨となっています。大気の不安定な状態は23日も続き、広い範囲で激しい雨が降り、北陸を中心に東日本と北日本では局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあります。23日夕方までの24時間に降る雨の量は、北陸で150ミリ、北海道と東海、近畿で120ミリ、東北と中国地方で100ミリと予想され、その後、24日夕方までの24時間には、北海道と近畿、四国で50ミリから100ミリの雨が降る見込みです。気象庁は、すでに雨量が多くなっている地域では土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2019.08.22 Thursday
  • 18:20

ニュース

東京五輪・パラ期間中 不定期便を中部など3空港に振り分け

東京オリンピック・パラリンピックの期間中、チャーター便などの不定期の航空便が増えるため、国土交通省は羽田空港と成田空港で受け入れきれない便を、中部空港、新千歳空港、仙台空港の3つの空港での発着に振り分ける方針を決めました。

大会の期間中は世界各国から選手や観客を運ぶチャーター便やビジネスジェットなどの不定期の航空便が増え、羽田空港と成田空港の利用を希望すると予想されています。

しかし、羽田、成田ともに発着枠の余裕がないため、国土交通省は、来年7月から9月末までの間で受け入れきれない便については、ほかの地域の3つの空港に振り分ける方針を決めました。

振り分け先は首都圏に最も近い大規模な空港である中部空港のほか、一部の競技が開催される地域にある新千歳空港と仙台空港を活用します。

また首都圏近郊の空港を強く希望する便に対しては、例外的な運用として茨城空港に振り分けることも検討しています。

国土交通省は今月から不定期便の受け入れを一元的に管理する本部を東京空港事務所に設置していて、空の混雑に対応するための調整を行うことにしています。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.08.22 Thursday
  • 18:09

ニュース

「はやぶさ2」のカプセル 来年末ごろ豪の砂漠に帰還へ

小惑星への2度の着陸に成功した探査機「はやぶさ2」の帰還用のカプセルについて、JAXA=宇宙航空研究開発機構は、来年の末ごろに初号機と同じオーストラリアの砂漠に落下させる計画を明らかにしました。



地球からおよそ3億キロ離れた小惑星「リュウグウ」で、去年6月から探査を続けている「はやぶさ2」は、これまでに2度の着陸に成功し、小惑星の岩石が入ったと見られるカプセルを地球の大気圏に突入させ回収する計画です。

JAXAは記者会見を開き、このカプセルを来年11月から12月ごろに、初号機と同じオーストラリアのウーメラという砂漠に落下させる計画を明らかにしました。

落下させる場所は軌道の関係から南半球にする必要があり、初号機の実績もあるため、オーストラリアの宇宙機関と交渉を重ね、大筋で合意ができたということです。

JAXAの吉川真ミッションマネージャは「手続きは最後まで慎重に進め帰還に備えていきたい」と話しています。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.08.22 Thursday
  • 18:07

ニュース

東京パラ チケット申し込み開始 選手が購入呼びかけ

来年の東京パラリンピックの観戦チケットの抽せん販売の申し込みが22日から始まり、競泳のエースで悲願の金メダル獲得を目指す木村敬一選手が「最大限のパフォーマンスを発揮するので、ぜひ生で見てもらいたい」と呼びかけました。

東京パラリンピックの観戦チケットの抽せん販売の申し込みの受け付けは、22日から新たに設けられた専用の公式サイトで始まりました。

受け付け開始を受けて午後、都内で開かれたイベントには競泳の日本のエースで視覚障害が最も重いクラスの木村敬一選手と陸上、走り幅跳びの義足のクラスで世界記録を持つドイツのマルクス・レーム選手、それにリオデジャネイロパラリンピック銅メダリストの重本沙絵選手が参加しました。

イベントには、お笑いタレントの上田晋也さんも参加して、レーム選手の世界記録、8メートル48センチを体感し、歩くと11歩かかることが分かると驚きの声をあげていました。

来年の東京大会に向けて木村選手は「今までパラリンピックでとれていない金メダルをしっかりとりたい。最大限のパフォーマンスを発揮するので、ぜひ生で見てもらいたい」と話し、会場での応援を呼びかけていました。

チケットの抽せん販売の受け付け期間は、来月9日の午前11時59分までで、抽せんの結果は10月2日に発表されます。

パラへの関心6割程度で横ばい

NHK放送文化研究所の最新の世論調査によりますと、パラリンピックに「関心がある」と答えた人は、およそ60%にとどまりこの3年間、ほぼ変わっていません。

NHK放送文化研究所は、ことし6月29日から先月7日にかけて20歳以上の男女、3600人を対象に調査を行いおよそ70%にあたる2442人から回答を得ました。

その結果、東京パラリンピックに「大変関心がある」と答えた人は14%、「まあ関心がある」と答えた人は48%となっています。

一方で「あまり関心がない」が32%「全く関心がない」が7%で「関心がない」とした人は39%となりました。

NHK放送文化研究所では平成28年10月から5回にわたって調査を行っていますが、この3年間「関心がある」と答えた人の割合は60%前後でほぼ変化がありません。

一方、東京オリンピックについては、過去の調査でおよそ80%の人が「関心がある」と答えていて、オリンピックと比較するとパラリンピックへの関心は依然として低い状態で推移しています。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.08.22 Thursday
  • 18:05

ニュース

“パラアスリートも活用を” バリアフリーのトレーニング施設

東京パラリンピックの開幕までまもなく1年になるのを前に、パラアスリートの練習環境を充実させようと、東京 北区のナショナルトレーニングセンターに、バリアフリーの新しいトレーニング施設が完成しました。



新たに設けられたのはパラアスリートも活用できるバリアフリーのトレーニング施設で、東京 北区のナショナルトレーニングセンターの新たな施設として国が工事費およそ194億円をかけて完成させました。

地上6階、地下1階建てで延べ床面積は2万9000平方メートル余りとなっています。

館内の通路は車いすを使う選手がゆとりを持ってすれ違えるように、幅がおよそ2メートル50センチとなっていて、手すりには点字で館内の案内が表示されています。



1階から4階までには、車いすバスケットボールやシッティングバレーボール、ボッチャなどが共同で使えるコートが設置され、このほか卓球などの専用の練習場も設けられています。

こうした練習場などはすべて入り口が引き戸になっていて段差もなく、パラアスリートの使用を想定した設計になっています。

JSC=日本スポーツ振興センターの勝田隆理事は「オリンピック、パラリンピック両方の選手に活用してもらい、2020年に向けて成果をしっかり出したい」と話していました。

新しいトレーニング施設はすでに運用が始まっていて、来月10日に開所式が行われます。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

  • 2019.08.22 Thursday
  • 08:49

ニュース

西・東日本で22日にかけて大気不安定 土砂災害や浸水に注意

前線の影響で、西日本や東日本を中心に大気の状態が不安定になっています。22日にかけて局地的に雷を伴って激しい雨が降るおそれがあり、土砂災害や低い土地の浸水などに十分な注意が必要です。

気象庁によりますと、西日本から東日本に延びる前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で、西日本や東日本を中心に大気の状態が不安定になっています。

20日の夕方にかけては、関東甲信などで雨雲が発達し、局地的に雷を伴って激しい雨が降りました。

西日本と東日本では、大気の不安定な状態が22日にかけて続く見込みで、局地的に雷を伴って激しい雨が降るおそれがあります。特に前線が停滞する北陸では断続的に雨が強まる見込みで、21日夕方から22日夕方までの24時間に、多いところで100ミリから150ミリの雨が降ると予想されています。

気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、落雷、それに竜巻などの突風に十分注意するよう呼びかけています。

急に冷たい風が吹くなど発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、建物の中へ移動するなど、安全の確保を心がけてください。

  • 2019.08.20 Tuesday
  • 18:54

ニュース

天皇ご一家 栃木県の那須御用邸で静養

天皇ご一家は静養のため、19日から栃木県を訪れ、那須御用邸の敷地内で散策を楽しまれました。

天皇ご一家は19日午後1時前、新幹線で栃木県のJR那須塩原駅に到着されました。

駅前では、およそ450人が出迎え、天皇皇后両陛下と長女の愛子さまは、笑顔で手を振って応えられました。

そして、天皇陛下は地元の人に「ことしの夏はこちらも暑いですか」と親しくことばをかけられ、皇后さまは観光客に「こちらには時々いらっしゃるのですか」とにこやかに尋ねられました。

また、高校3年生で夏休み中の愛子さまは、緑のしま模様のワンピース姿で、「那須を楽しんでください」と言う声に、笑顔で「はい」と応えられていました。



このあとご一家は、栃木県那須町にある那須御用邸に入り、愛犬の「由莉」とともに敷地内を散策されました。

天皇陛下は、報道陣からの「ごゆっくりできそうですか」という問いかけに、「山の空気を吸ってゆっくりできればいいと思います」と応えられ、愛子さまは、高校最後の夏休みの過ごし方を尋ねられると、「満喫したいと思います」と話されていました。

ご一家は、10日間程度、那須御用邸に滞在される予定です。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.08.19 Monday
  • 17:48

ニュース

さくらももこさんの「特別展」死去から1年

静岡市出身の漫画家、さくらももこさんが亡くなってから1年になるのに合わせて、静岡市で地元ゆかりのイラストなどを集めた特別展が始まり、大勢の家族連れなどが訪れています。



静岡県の旧清水市、現在の静岡市清水区出身で、人気漫画「ちびまる子ちゃん」で知られる漫画家のさくらももこさんは去年8月15日、乳がんのため亡くなりました。

亡くなってから1年になるのに合わせて、静岡市はさくらさんが描いた市内の観光名所など、地元への思いがうかがえるイラストなどを集めた特別展を19日から清水区役所で開いています。

このうち、さくらさんが日本平動物園に寄贈したイラストでは、女の子が動物たちに囲まれてほほえんでいる様子が描かれています。

また、「ちびまる子ちゃん」に登場する「はまじ」というキャラクターのモデルになった男性に、さくらさんが贈ったイラストには「清水の皆さんによろしくお伝えくださいね」と書かれた直筆のはがきが添えられています。

1歳の子どもと訪れた地元の30代の女性は「子どもが大きくなったら、さくらさんが温かいタッチで描いた静岡の風景を見てほしいです」と話していました。

特別展は、土日を除いて今月30日まで清水区役所で開かれています。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.08.19 Monday
  • 16:27

ニュース

ウイスキー54本で約1億円 国産では過去最高の落札額

埼玉県で製造されたウイスキー54本のセットが、香港で行われたオークションで、およそ1億円で落札され、国産ウイスキーの落札額としては過去最高を更新しました。

落札されたのは、埼玉県で製造されたウイスキー「イチローズモルト」の「カードシリーズ」54本のセットで、16日、香港で行われたオークションで、日本のウイスキーとしては過去最高の719万香港ドル(約1億円)の値が付きました。

このウイスキーは、かつて埼玉県内にあった蒸留所で、1980年代から2000年にかけて蒸留、熟成されたもので、たるによって風味が異なる原酒をトランプのカードにちなんで、54種類の商品に分けて「カードシリーズ」として販売されました。

このシリーズは、2015年に香港で行われたオークションでも、日本円でおよそ5000万円で落札され、注目されていました。

国産ウイスキーは、世界的に評価が高まっていて、高値で取り引きされるようになっている一方、ウイスキーは年数がたつほど希少価値が高まることなどから投資の対象にもなっています。

このウイスキーを販売した埼玉県にあるウイスキーメーカーの肥土伊知郎社長は、NHKの取材に対し、「商品が高く評価されることはうれしいですが、作り手としては、飲んで楽しんでもらいたいので、値段が値段で飲んでもらえるか心配です」と話していました。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.08.17 Saturday
  • 15:05