Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

映画

「17歳のエンディングノート」

本作は2012年アメリカ映画で、ストーリーは以下の通りです。

白血病で余命わずかの少女テッサは、わずかに残された人生のなかでやりたいことをリストにし実行していくことにしました。そんなある日、予測をしていなかった恋に落ち、人生や生きることについて考えなおしていきます。
生きているうちにやりたいことをリストにしたテッサは、親友のゾーイと一緒に実行していきます。セックスや、薬物、犯罪など普通に生きていて必要としないこともテッサには貴重なものとなっていました。薬物を使いハイになったテッサたちに会ったアダムは、二人を森へと連れて行きました。木に登り、自然の中でなら病気のことも考えずに暮らしていけるというテッサの言葉を聞きアダムはテッサの病を知りましたが、お互いに惹かれあっていきました。その後も二人の気持ちは近づいてきますが、テッサが父にアダムを紹介すると「娘の人生から消えてくれ」と冷たくあしらわれてしまいました。


それでもテッサにとってアダムは大切な存在でした。正式なデートをしようと決めた夜、テッサは大量の出血で倒れてしまいます。たまたま居合わせた母は何もできずアダムを呼びましたが、テッサの様子に驚いたアダムは何もできずテッサは救急車に運ばれました。一命は取り留めましたが、テッサの出血は悪い予兆でした。死は確かにちかづいていました。自分の嫌なところを見られアダムに嫌われたと思ったテッサでしたが、家路に着くまでの町中にテッサの名前がアダムによって刻まれていました。



気づいた時にはだいぶ時間が経っていて、後半を観ました。
テーマは重たく、テッサが経験する症状も壮絶なものでした。しかし、病気と向き合い、残された時間にしたい事を精一杯やろうとする姿を観て、心が温かくたくさんの愛を感じる作品でした。
私とは違い、健康体で産まれたからこその苦しみや葛藤は、想像を遥かに超えたものに違いありません。
もし、私自身が最期が近いと判明したら、何をしたいと思うのか。誰に何を伝えたくなるのか。
そして、いつも意識している「今、無事だからこそ様々な事を伝えておこう」、という基本に立ち返っています。

ご覧になった方は、いらっしゃいますか?


  • 2018.10.18 Thursday
  • 11:42

映画

「映画 聲の形」

今観て、この作品の素晴らしさが身体に染み入りました(^-^)

硝子と将也がそれぞれに経験したいじめは過酷。
さらに、将也が中心となって硝子をいじめたことは決して許されてはいけないものです。
そのような過去があった2人の間に、高校3年の時にあのような大きな出来事が発生し、硝子が将也を支える側になるとは思いもしていなくて感動しました(^-^)
そして、ヒット作品となった事に心底納得しました(^O^)



ご覧になられた方は、どれほどいらっしゃいますか?



  • 2018.08.25 Saturday
  • 23:16

映画

「THE SHAPE OF WATER」《邦題:シェイプ・オブ・ウォーター》

本作品は…

エリザ・エスポジートは、子供の頃の怪我が原因で、発話することができない障害を負った。その女性は、1960年代、ボルチモアにある政府機関であるオッカム航空宇宙研究センターで管理人として夜勤に就いていた。

ある日、リチャード・ストリックランド大佐が南アメリカの川で捕獲したという、「アセット」が施設に運ばれてくる。アセットは、水陸両方で生活できる魚人(ヒューマノイド)だった。

エリザは強い好奇心を持つ女性であり、水槽に忍び込む。彼女は、ゆで卵をアセットに与え、音楽を聴くなどして、一緒の時間を過ごすようになり、次第に親しくなっていくのだった。

ストリックランド大佐の上司、ホイト将軍は、アセットに興味を持っていた。ホイト将軍は、宇宙旅行の技術進歩のため、アセットを研究材料として欲しがっていたのだった。

ソ連のスパイであるロバート・ホフステレル研究員は、「研究のため、アセットを殺すべきではありません」と訴えていた。だが、ロバートの意見は無視され、エリザはその会話を盗み聞きしていた。ロバートの上司は、アセットを安楽死するよう指示する。

ショックを受けたエリザは、アセットが安楽死される日、隣人のジャイルズに一緒にアセットを逃がして欲しいと依頼する。ロバートが安楽死させようと準備していると、エリザのアセット脱出計画に気づき、ロバートは彼女を手助けしようと考える。その中で、同僚のゼルダに見つかってしまい、アセットの存在をゼルダに明かさざるを得なかった。

エリザは、アセットを自宅アパートに連れていき、浴槽に入れる。ロバートが提供した物質により、アセットは元気でいられた。翌日の夜、ストリックランド大佐は、エリザとゼルダを尋問するが、すぐさまその疑惑は晴れた。

エリザ不在の時、ジャイルズはアセットのことを見張っていた。そんな中、アセットはジャイルズの猫を食べてしまう。驚いたジャイルズが注意をすると、その過程の中で、アセットはジャイルズの腕を爪で傷つけてしまう。翌朝、驚くことに、薄くなっていたジャイルズの頭髪が生え、腕の傷は完全に癒えていた。

エリザは、アセットと結ばれる。だが、エリザはいつかアセットを逃がしてやらなければならない、と考える。そこで、近くの運河に、目撃者がないことを見計らってアセットを逃がすことを計画していた。

一方、ホイト将軍は、ストリックランド大佐に「36時間以内にアセットを見つけ出せ」と命じる。ロバートの上司は、ロバートのことを疑っていた。そこで、ロバートのことを庇う代わりに、2日後に解雇することにしたのだった。

アセットの必要な物質を与えることができず、彼は日に日に弱っていた。そんな中、エリザはアセットを逃がす日を迎える。一方、ストリックランド大佐はロバートの上司を殺した上で、ロバートを拷問してアセットの行方を聞き出す。

ストリックランド大佐は、ゼルダの家に侵入し、脅して居場所を吐かせようとする。その上で、カレンダーに書かれた情報から、ゼルダがエリザのところにいると気付くのだった。

エリザとジャイルズがアセットに別れを告げていると、そこにストリックランド大佐がやってくる。ストリックランド大佐は、ジャイルズを殴りつけた上で、アセットとエリザを撃つ。

アセットはすぐさま傷を癒し、ストリックランド大佐の喉を爪で切り裂く。ゼルダと警察が到着すると、アセットはエリザを運河へと連れて行く。そして、アセットはエリザの首の傷をエラに変化させ、水中で呼吸できるようにする。そして、彼らは永遠に一緒にいられるようになったのだった。

というストーリーのアメリカ映画です。





先ほど「王様のブランチ」の映画でこの作品の存在を知りました。最初は「ちょっと怖いかも」と警戒してしまいました。ところが、声が出して話すことができないヒロインが手話で話す姿に一目惚れし、ぜひ全編を観たい思いました!

ご覧になられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2018.02.24 Saturday
  • 11:44

映画

映画 「マリーとマルグリット」

本作品は…


あなたに伝えたい。 言葉の力、世界の輝き、そして生きる喜びのすべてを――。
ふたつの魂が出会い奇跡を起こした、もうひとつのヘレン・ケラー物語
聴覚障害の少女たちが暮らす修道院に、目も耳も不自由な少女マリーがやってきた。教育を一切受けずに育ったマリーは野生動物のように獰猛で誰にも心を開かない。不治の病を抱え余命いくばくもない修道女マルグリットは、残された人生をかけてマリーに"世界"を与えるべく教育係となる。困難の末ついにマリーが言葉を知る日がやってくるが、二人の別れの時間は目前に迫っていた――。母のように惜しみなく愛を注ぎ、知識を分かち、命をつなぐ―。迫りくる死の気配を感じながらマルグリットがマリーに与えたのは「喪う悲しみ」より多くの「生きる喜び」だった。19世紀末、フランスポアティエ地方に実在したふたりの女性による感動のトゥルー・ストーリー。

ストーリーは…
今日 魂に出会った。小さくもろい魂。驚くべき魂。
ある日、ラルネイ聖母学院に目が見えず、耳も不自由な少女マリーがやってきた。生まれて以来14年間、しつけも教育も一切受けずまるで野生動物のように獰猛なマリーが放つ、強い魂の輝きに惹かれた修道女マルグリットは、自ら彼女の教育係となる。そしてふたりのむき出しの魂がぶつかり合う「戦い」とも呼ぶべき教育が始まった。
素晴らしい進歩。言葉がほとばしる、まるで奇跡のようだ。
マリーがやってきて8か月目、ついに奇跡が起こる。ふとしたことから、ようやくマリーは、物には名前があることを理解したのだ。最初の1語こそ苦労したものの、その後は次々と言葉を精力的に会得していくマリー。学ぶことの喜びを知り、日に日に成長するマリーと、母親のように惜しみなく愛情を注ぎ、教育を続けるマルグリット。ふたりの絆はより強いものとなった。もともと体が弱く不治の病を患っていたマルグリットだったが、静養を進める医者の反対を押し切って、マリーとともに生きることを誓う。
彼女は私の喜び。私の魂の娘。私の人生の光だ。
しかし、ふたりの別れの時間は刻々と迫っていた――。

というもので、私は最後の20分ほどしか観られなかったのですが、暖かい雰囲気に惹き込まれました。

触手話で話している場面が多く、力強さと優しさの両面を観られて感動したので、またチャンスがあれば全編を味わいたいです(^-^)


ご覧になられた方は、いらっしゃいますか?




Keywords《触手話》

手話を表現している手に直に触れ、手話の形を触覚的に認識することで、手話の表現する文意を読み取るというコミュニケーション方法。盲聾者(視聴覚二重障害者)のコミュニケーションを取る方法として用いられることがある。
  • 2017.12.13 Wednesday
  • 16:01

映画

「プロヴァンスの休日」

この映画のあらすじは…

レア、アドリアン、テオの3兄姉弟は、祖父のポール(ジャン・レノ)に会いに南フランスのプロヴァンスへと向う。彼ら3兄姉弟の母とポールとの間には確執があった為、ずっと疎遠な関係が続いており、彼らにとっては今回が初めての対面だった。頑固で気難しいポールに、なかなか馴染めなかった3兄姉弟だったが、末っ子で生まれつき聴覚障害のあるテオ(ルーカス・ぺリシエ)が、徐々に慕いはじめたのをきっかけに、ポールと3兄姉弟の距離は縮まって行った。ある日、長男のアドリアンが悪戯でSNSにポールを登録してしまう。すると若き日のバイク仲間が彼らの前に現れる。そこには、懐かしさから笑顔と優しさを取り戻したポールの姿があった。


偶然母が見始めて、手話に気づいてくれて惹き込まれました(^O^)

私は、聴覚障害者にしてはまだまだ手話を知らない方です。より日本と海外の手話を覚えたいなぁと思いながら観た本作。テオが、家族の表情と心を読み取って家族の輪を引き寄せる姿に、心温まりました(^O^)

ご覧になられた方は、いらっしゃいますか?
  • 2017.12.03 Sunday
  • 20:45

映画

「アナと雪の女王」続編、2019年11月公開へ 公式が発表 シネマトゥデイ 2017年4月26日付」

どんな展開が待っているのか、楽しみですね!

以下は、原文のままです。


アニメ映画「アナと雪の女王」の続編が、2019年の11月27日に現地公開されることが明らかになりました。アメリカのウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが日本時間26日、公式Twitterで発表しました。
『アナと雪の女王』続編、2019年11月公開へ! - シネマトゥデイ 大ヒット映画『アナと雪の女王』の続編が、2019年の11月27日シネマトゥデイ
同アカウントは、同作に登場する人気キャラクター・オラフの可愛いGIF画像と共に公開日を宣言。続編のストーリーの詳細は明かされていませんが、1作目でエルサやアナの声を演じた声優陣や、監督の続投が決まっています。
  • 2017.04.26 Wednesday
  • 13:37

映画

「聲の形」 興行収入が19億円に 35mmフィルムの再配布決定

2016年9月17日より公開している「聲の形」の興行収入が、19億円を突破したことが明らかになりました。これを記念した35mmフィルムの再配布も決定し、11月5日より入場者にプレゼントされます。



バンザイ!
  • 2016.10.27 Thursday
  • 15:15

映画

「映画『聲の形』公式サイトを見て知りました!!」

以下は、原文のままです。

映画『聲の形』の日本語字幕付上映が決定!
この度、映画『聲の形』の日本語字幕付上映を行うことが決定しました。
公開2週目となる9/24(土)〜9/30(金)の期間、
全劇場にて1日1回、日本語字幕付上映を実施致します。
9月30日以降の字幕上映に関しては、決定し次第お知らせ致します。


より期間と上映場所が、増えないかな(^O^)

  • 2016.09.02 Friday
  • 16:15

映画

「上映場所を増やして欲しいです!!」

以下は、岐阜県聴覚障害者情報センターのLINE公式アカウントのままです。

【字幕付き映画情報】

【ルドルフとイッパイアッテナ】
http://www.rudolf-ippaiattena.com/ 公式ホームページ

岐阜県(岐阜市)
2016年8月27日(土)〜8月29日(月)
上映時間:3日間ともに18:50〜20:30

TOHOシネマズ岐阜
岐阜県岐阜市柳津町丸野3-3-6(カラフルタウン内)
FAX:058-388-7261
TEL:050-6868-5010
  • 2016.08.24 Wednesday
  • 19:33

映画

「原作にも、まだ出会えていませんが…記事を目にしたとたん、本作を見たくてたまりません!!」

以下は、原文のままです。
映画「聲の形」小6の将也を演じる松岡茉優に、大今良時も「将也そのもの」

大今良時原作による劇場アニメ「映画『聲の形』」で小学生時代の石田将也役を演じる松岡茉優のコメントが到着した。


「聲の形」は、耳の聞こえない西宮硝子と、耳の聞こえる石田将也の再会と成長を描く物語。ガキ大将だった小学6年生の将也は、転校生の聴覚障害者・硝子への好奇心から彼女を傷つけてしまう。松岡は「声優のお仕事は3本目になるのですが、一番リアルに近かった作品で、普段実写でやっている役作りをしてみようと思いました」と演技について語る。「自分自身にとっても新しい試みで、はじめは声だけに演技を乗せるのがこんなに大変なのかとすごく悔しかったですが、徐々に山田監督との信頼関係も築けたと思います。声優と俳優というお仕事に繋がる架け橋の兆しが見えた気がして、本当に光栄です。将也君は私にとってかけがえのない少年になりました」と思いを明かした。

山田尚子監督は松岡のアフレコを振り返り、「テイクを重ねる毎にたくさんの将也を見せてくださいました。松岡さんの中で将也がどんどん呼吸し始めて、動きまわっているのが手に取るように見えきて、本当にわくわくしました。その間、松岡さんはずっと将也と対話されているようでした」と感嘆。大今も「投げ出すような感じというか、放り投げるような感じというか、本物の小学六年生のような喋り方が、私のイメージする子供時代の将也そのものでした」と太鼓判を押した。

「映画『聲の形』」は9月17日より新宿ピカデリーほかにて全国ロードショー。高校生の石田将也役は入野自由、西宮硝子役は早見沙織が演じる。
  • 2016.08.10 Wednesday
  • 16:33