Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

スポーツ

大リーグ挑戦の菊池投手 今月後半からLAで移籍先交渉

プロ野球・西武からポスティングシステムを使って大リーグ移籍を目指す菊池雄星投手について、代理人のスコット・ボラス氏は12日、移籍先決定に向けて「今月の後半から、獲得に興味を持つ球団とロサンゼルスで交渉することになる」という見通しを示しました。

大リーグでは、今月13日までネバダ州ラスベガスで球団と選手の代理人が移籍交渉を集中的に行うウインターミーティングが開かれていて、西武から大リーグ移籍を目指す菊池投手の代理人、スコット・ボラス氏が12日、報道陣の取材に応じました。

ボラス氏は、これまでにヤンキースやレンジャーズの球団幹部と接触していますが、交渉経過について「プレーオフに進出した球団や発展途上の球団など、あらゆるレベルの球団が菊池投手には興味を持っている。各球団が十分に調査していて、よく知られている」と説明しました。

そのうえで「今月の後半から、菊池投手の獲得に興味を持つ球団と、ロサンゼルスで交渉することになる。菊池投手と直接会いたい球団にはその場を設ける」と話し、移籍先決定に向けた交渉の見通しを示しました。

菊池投手と大リーグ球団との交渉期限は年明けの2日までで、菊池投手が渡米を予定している来週以降、交渉が本格化するものとみられます。


NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.12.13 Thursday
  • 09:30

スポーツ

大相撲 引退の貴ノ岩関が会見「自分の気持ちが弱かった」

大相撲の平幕で、付け人への暴行の責任を取って引退した貴ノ岩関が都内で記者会見し、元横綱・日馬富士の傷害事件の被害者でありながらみずから暴行をした理由について「自分の気持ちが弱かった」などと説明しました。

貴ノ岩先生の引退会見は7日夜、東京・台東区の千賀ノ浦部屋で師匠の千賀ノ浦親方が同席して行われました。

会見の冒頭で貴ノ岩関は、10秒以上にわたって深々と頭を下げ、「弟弟子に手を上げてしまい、大変つらい思いをさせた。部屋の親方や大相撲のファンの皆様などに大変なご迷惑をおかけしたことを心よりおわびします。本当に申し訳ございませんでした」と謝罪したうえで、引退の理由について「相撲を続けたい気持ちはありますが、引退して責任を取る気持ちが強かった」と述べました。

そして、元横綱・日馬富士の傷害事件の被害者でありながらみずから暴行をした理由について、「自分の気持ちが弱かった」などと説明しました。

また、入門からことし10月まで師匠だった元貴乃花親方に対しては、「育ててくれた感謝の気持ちと迷惑をかけて申し訳ないという気持ちです」と話しました。

さらに、突然の引退となったことで今後については、「今のところ考えていない」とだけ述べました。

そして、最後に「もし時間が戻せるなら」と聞かれると、「新弟子になりたい」と述べ、みずからの行為を深く悔やんでいる様子で、再び深々と一礼して会見を終えました。

一方、師匠の千賀ノ浦親方は「暴力という形で引退するのは残念だ。本当に申し訳ない。責任を感じているので2度と起きないように力士を指導していきたい」と話していました。

日本相撲協会によりますと貴ノ岩関は今月4日の夜、冬巡業のために滞在していた福岡県行橋市のホテルの部屋で、23歳の付け人を素手で数回殴ったことを認め、7日午後、暴行の責任を取って引退しました。

モンゴル出身の貴ノ岩関は、去年10月、元横綱・日馬富士に鳥取市内の飲食店でカラオケのリモコンなどで殴られてけがをした傷害事件の被害者ですが今度は、貴ノ岩関自身が加害者となって、現役を引退する事態となりました。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.12.07 Friday
  • 21:38

スポーツ

フィギュア GPファイナルSP 女子 紀平選手首位 男子 宇野選手2位

フィギュアスケートのグランプリファイナルは6日、カナダで女子シングル前半のショートプログラムが行われ、16歳の紀平梨花選手が今シーズンの世界最高得点を更新する82.51をマークしてトップに立ちました。

フィギュアスケートのグランプリファイナル、男女のシングルには、10月から行われたグランプリシリーズの成績上位、それぞれ6人が出場します。
6日はカナダのバンクーバーで前半のショートプログラムが行われました。

初出場の紀平選手は冒頭、得意のトリプルアクセルを成功させると、続く3回転フリップと3回転トーループの連続ジャンプを決め、スピンも3つのうち2つで最高評価のレベル4を獲得しました。

紀平選手は、ほぼ完璧な演技で、ロシアのアリーナ・ザギトワ選手が持っていた今シーズンのショートプログラムの世界最高得点を更新する82.51をマークしてトップに立ちました。

ピョンチャンオリンピック金メダルのザギトワ選手は77.93で2位、坂本花織選手は70.23で4位、宮原知子選手は67.52で6位となっています。

男子は宇野選手が2位

男子シングルはオリンピック2連覇の羽生結弦選手が右足首のケガで欠場しましたが、ピョンチャンオリンピック銀メダルの宇野昌磨選手が出場しました。

宇野選手は、冒頭の4回転フリップで失敗しましたが、その後のジャンプには成功し、91.67で2位につけました。

去年のこの大会を制したアメリカのネイサン・チェン選手が92.99でトップに立ちました。

後半のフリーは、男子が現地の7日、女子が8日に行われます。

宇野選手「驚くくらい調子悪かった」

ショートプログラムで2位につけた宇野昌磨選手は、「日本でいい練習ができ、調子も上げてきたところだったがけさの練習と演技直前の練習がひどい内容だった。フリップもトーループも失敗し、安心できるジャンプが何一つなく、自信を喪失してしまった。久々に試合に行きたくないと思ってしまったし、自分でも驚くくらい、過去になかったほど調子が悪かった」と振り返りました。

フリーの演技については、「試合でいい演技をするために、きょうまでいろいろな練習をしてきたが、残念ながらショートプログラムでは、それがかなわなかった。フリーまで時間はないが、できるだけ切り替えてよりよい演技ができるように頑張りたい」と話していました。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.12.07 Friday
  • 17:03

スポーツ

貴ノ岩関が現役引退 付け人暴行問題で

大相撲の平幕 貴ノ岩関が、巡業先で付け人に暴行した責任を取って現役を引退しました。

これは、日本相撲協会が発表しました。

平幕の貴ノ岩関は、日本相撲協会の調査に対し、今月4日の夜、冬巡業のために滞在していた福岡県行橋市のホテルの部屋で、一緒にいた23歳の付け人を平手やこぶしで数回殴ったことを認めて、冬巡業を途中休場していました。

相撲協会では、貴ノ岩関と暴行を受けた付け人に事情を聴くなどして調査結果をまとめたうえで、今後、理事会で処分を検討することにしていましたが、7日午後、暴行の責任を取って相撲協会に引退を届け出て、受理されました。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.12.07 Friday
  • 16:58

スポーツ

フィギュアスケート 羽生選手 けがでグランプリファイナル欠場

フィギュアスケートの羽生結弦選手が右足首のけがのため、来月開かれるグランプリファイナルを欠場することになりました。

これは29日、日本スケート連盟が発表しました。

羽生選手は、今月開かれたグランプリシリーズのロシア大会の演技の前の練習中、ジャンプの着地の際に転倒し、右足首をけがしました。羽生選手は、大会にはそのまま出場して優勝し、グランプリシリーズの上位6選手が出場権を獲得するグランプリファイナルへの出場を決め、大会のあと、「ファイナル出場に向けて全力で治療する」とコメントしていました。

日本スケート連盟によりますと、大会後に精密検査を受けた結果、右足首のじん帯の損傷などで3週間の安静とおよそ1か月のリハビリが必要だと診断されたということで、来月、カナダで開かれるグランプリファイナルを欠場することになりました。

グランプリファイナルの2週間後に大阪で開催される全日本選手権への出場については態度を明らかにしていません。

羽生選手は昨シーズンも右足首のけがで全日本選手権を欠場していて、今後の判断が注目されます。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.11.29 Thursday
  • 15:14

スポーツ

フィギュア ピョンチャン五輪銅のフェルナンデス選手 引退表明

ピョンチャンオリンピックのフィギュアスケート 男子シングルの銅メダリスト、スペインのハビエル・フェルナンデス選手が現役を引退することを明らかにしました。

これはフェルナンデス選手がインスタグラムなどで明らかにしました。

フェルナンデス選手は「私は競技をやめますが、スケートをやめるわけではありません。このクリスマスには皆さんに直接会って、すばらしいショーをお見せします」と述べて、スケートを続けるものの競技からは引退することを明らかにしました。
スペインのメディアは、来年1月のヨーロッパ選手権限りで引退すると伝えています。

フェルナンデス選手は27歳、4回転ジャンプや豊かな表現力を持ち味に、2015年からは世界選手権2連覇を達成しました。

オリンピック2連覇の羽生結弦選手とは同じコーチのもとで指導を受けるなど親交があります。

ことし2月のピョンチャンオリンピックでは、羽生選手、宇野昌磨選手に次ぐ銅メダルを獲得しましたが、今シーズンはグランプリシリーズに出場していませんでした。


NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.11.29 Thursday
  • 13:09

スポーツ

大相撲九州場所 小結 貴景勝関が初優勝 小結優勝は18年ぶり

大相撲の小結 貴景勝関が九州場所千秋楽の25日、初めての優勝を果たしました。日本相撲協会によりますと、小結の優勝は、平成12年夏場所の魁皇以来18年ぶりです。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.11.25 Sunday
  • 17:38

スポーツ

大相撲 貴景勝関に殊勲賞と敢闘賞

大相撲九州場所は、千秋楽の25日、三賞選考委員会が開かれ、優勝争いを引っ張る小結 貴景勝関が殊勲賞と敢闘賞に選ばれました。

三賞の選考委員会は、千秋楽の25日、九州場所が行われている福岡市の福岡国際センターで開かれ、小結 貴景勝関が殊勲賞と敢闘賞に選ばれました。
殊勲賞は去年の九州場所以来、3回目の受賞で、敢闘賞は去年の春場所以来、2回目です。

貴景勝関は、幕内で最年少の22歳で、低い姿勢からの攻めや相手をよく見ての強烈ないなしで白星を重ね、14日目を終えた時点で12勝2敗として大関 高安関とならび優勝争いのトップで、三横綱・一大関が不在となった場所を盛り上げました。

このほか、14日目までに10勝をあげた平幕の阿武咲関は25日の豊山関との一番に勝って11勝目をあげれば、敢闘賞に選ばれることになりました。

今場所の技能賞の受賞者は、いませんでした。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.11.25 Sunday
  • 15:31

スポーツ

「チームを引っ張れる選手に」吉田輝星投手 日本ハム入団会見

プロ野球・日本ハムの新人選手の入団会見が札幌市内で行われ、金足農業高校からドラフト1位で入団した吉田輝星投手が「長く活躍してチームを引っ張れる選手になりたい」と抱負を述べました。

吉田投手など日本ハムの新人選手8人は札幌市の観光名所「羊ヶ丘展望台」を訪れ、1年目の目標や将来の夢をクラーク博士像に設置されているポストに投かんしたあと、入団会見に臨みました。

吉田投手は背番号が「18」に決まり、会見の冒頭で「1年目から1軍で活躍できるように頑張ります。ユニフォームに袖を通して日本ハムの選手になるという自覚が強くなった」と述べました。

そのうえで「セールスポイントのストレートで打ち取れるピッチャーになりたい。先発を任される投手になって長く活躍し、チームを引っ張れるような選手になっていきたい」と抱負を話しました。

会見に同席した栗山英樹監督は「選手たちには『来シーズン優勝するために年齢は関係ない。チームに貢献してもらいたい』と伝えた。若い力を含めて来シーズンは優勝する」と期待を寄せていました。

吉田選手など8人の新人選手は24日、札幌ドームで行われる球団のイベントでファンにお披露目されます。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.11.23 Friday
  • 19:16

スポーツ

東京五輪・パラのテスト大会 追加日程発表 世界選手権活用も

2020年東京オリンピック・パラリンピックのそれぞれの競技で、運営の手順を確認するテスト大会の追加スケジュールが発表され、柔道とトランポリンは世界選手権がテスト大会となりました。

オリンピックとパラリンピックのテスト大会は、大会組織委員会が本番に備えて運営の手順を確認したり課題を探ったりすることを目的に行うもので、競技団体が主催する大会を活用するケースと組織委員会がテスト大会として新たに設けるケースがあります。

大会1年前にあたる来年夏から本格的に行うことにしていて、すでに発表されている16のテスト大会に加えて、22日に新たに20のテスト大会の日程が発表されました。いずれも本番と同じ会場で行われ、来年は7月にウエイトリフティング、自転車のロード、バドミントンが行われます。8月は柔道の世界選手権がテスト大会となります。

9月はパラリンピックのパワーリフティングとゴールボール、10月はレスリング、自転車のマウンテンバイクとBMXレーシング、11月はハンドボールとトランポリンが行われ、トランポリンは世界選手権がテスト大会となります。

そして、東京大会が行われる再来年は、3月にパラリンピックの車いすラグビー、4月に自転車のトラック、水球、競泳、飛び込み、それにパラリンピックの競泳が行われます。

このうち、オリンピックの競泳は代表選考会を兼ねる日本選手権の直後に行われ、日本代表選手などは出場せず、観客も入れずに計器の動作確認などを行います。

そして、4月から5月にかけてアーティスティックスイミング、5月はいずれも新国立競技場で、パラリンピックの陸上とオリンピックの陸上が行われます。オリンピックの陸上は、仮称で「東京チャレンジ陸上2020」として、日本陸上競技連盟が日本や海外のトップ選手を招集する方向で調整しています。

組織委員会は残りのテスト大会についても、早ければ来年1月中に発表することにしています。


NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.11.22 Thursday
  • 17:31