Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

スポーツ

陸上 アジア大会代表に山縣選手など49人選出

ことし8月にインドネシアで行われるアジア大会の陸上の代表に、日本選手権の結果を踏まえて男子100メートルで優勝した山縣亮太選手など、男女合わせて49人が選ばれました。

日本陸上競技連盟は、24日まで山口市で行われた日本選手権などの結果を踏まえ、8月のアジア大会の代表に、すでに発表されているマラソンと競歩を除く、男子29人、女子20人の合わせて49人を選びました。

このうち男子100メートルは、今月、中国の選手が9秒91のアジア記録に並ぶタイムをマークするなど、アジアでも9秒台が相次いでいてレベルの高いレースになることが予想されます。

2枠の代表には日本選手権で優勝した山縣選手と2位に入ったケンブリッジ飛鳥選手が選ばれました。
一方で日本選手権で3位に終わった9秒98の日本記録を持つ桐生祥秀選手は、条件を満たせず去年の世界選手権に続いて個人種目での出場を逃してリレーのみの代表となりました。

また男子200メートルは、日本選手権で優勝した飯塚翔太選手が2回目の代表に、2位に入った23歳の小池祐貴選手が初めて代表に選ばれました。

このほか女子100メートルと200メートルの代表に短距離のエースの福島千里選手が3大会連続で選ばれたほか、いずれも日本選手権で日本記録を更新した男子110メートルハードルの金井大旺選手と男子円盤投げの湯上剛輝選手も初めての代表に選ばれました。

日本陸連では、東京オリンピックを見据えて、ことしはアジア大会を最も大切な国際大会に位置づけていて、2年後に向け選手たちがどのような成果を出せるか注目されます。

山縣選手「アジア1になれば世界近づく」

会見に出席した山縣亮太選手は「日本代表に選ばれて身が引き締まる思いだ。中国を中心にアジアのレベルも高くなっていて、ここで1番になれば世界にも近づくと思うのでいいレースをしたい」と意気込みを話しました。

また、10秒05をマークして優勝した日本選手権で手応えを感じているとしたうえで「自己ベストも狙えなくはない。課題だったスタートも気にならなかったので大きく変えずに、大会までにベースアップを図りたい」と話していました。

ケンブリッジ選手「もう一段上の走りを」

ケンブリッジ飛鳥選手は「アジア大会は初出場だが自分の走りをしていいレースをしたい。中国の選手が9秒台を出しているし、レベルの高いレースになる。このままでは勝つことが難しいのでもう一段上の走りをしたい。2年後の東京オリンピックで決勝に行くという目標に近づけるようアジア大会で勝負したい」と話していました。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.06.25 Monday
  • 17:30

スポーツ

本田選手の地元では寄せ書き飾られる 大阪 摂津

サッカーワールドカップで貴重な同点ゴールをあげた本田圭佑選手の地元、大阪・摂津市の市役所には、本田選手への思いをつづった寄せ書きが飾られました。

25日未明に行われたセネガル戦での本田選手の活躍を受けて地元の摂津市役所では、本田選手が卒業した小学校や小学生時代に所属していたサッカーチームなどから集めた寄せ書きが1階のロビーに飾られました。

寄せ書きは縦1メートル60センチ、横90センチほどの大きな布、合わせて14枚に書かれていて「ワールドカップでMVPをとってください」などという、およそ500人からのメッセージが、びっしりと書き込まれています。

摂津市では今月18日の地震で震度5強の揺れを観測し、200棟余りの住宅などに被害が出ました。

中には「ありがとう。元気が出た」というメッセージを記す人もいて本田選手の活躍に被害を受けた人たちも元気づけられています。

森山一正市長は、「本田選手のゴールは、復旧に向けて大きな勇気を与えてくれたと思います」と話していました。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.06.25 Monday
  • 17:09

スポーツ

西野監督の恩師が采配をたたえる「奇跡ではない」

サッカーのワールドカップロシア大会で日本代表を率いる西野朗監督について、選手時代に指導した元日本代表監督も、ワールドカップでの采配をたたえています。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.06.25 Monday
  • 17:05

スポーツ

プロ野球オールスター 中日の松坂選手 12年ぶりファン投票で選出

来月行われるプロ野球のオールスターゲームのファン投票の結果が発表され、中日の松坂大輔投手が12年ぶりに選ばれました。

ことしのオールスターゲームは、第1戦が来月13日に京セラドーム大阪で、第2戦が14日に熊本市の藤崎台県営野球場で行われます。

25日はファン投票の結果が発表され、セ・リーグの先発投手では、今シーズンから中日でプレーし、ここまで3勝を挙げている松坂投手が39万票余りを集めて12年ぶりに選ばれました。

また、中継ぎ投手は今シーズン、大リーグから巨人に復帰した上原浩治投手で11年ぶり、外野手では同じく大リーグからヤクルトに復帰した青木宣親選手が7年ぶりに選ばれました。

パ・リーグでは首位の西武から両リーグ最多の6人が選ばれ、ファーストではリーグトップ18本のホームランを打っている山川穂高選手が、5年目で初めて選ばれました。

また、ソフトバンクの外野手、柳田悠岐選手はおよそ62万票を集め、3年連続で両リーグを通じて最多得票となりました。

オールスターゲームの出場選手は、今月28日に選手による投票、来月2日に監督推薦、さらに来月10日にリーグでそれぞれ最後の1人を選ぶ投票の結果が発表され、すべての出場選手が決まります。





NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.06.25 Monday
  • 17:02

スポーツ

米女子ゴルフ 畑岡選手がツアー初優勝

女子ゴルフのアメリカツアーの大会は24日、アーカンソー州で最終ラウンドが行われ、19歳の畑岡奈紗選手が通算21アンダーで初優勝を果たしました。

最終ラウンドを首位でスタートした畑岡選手は、前半の9ホール、安定したパットで4つのバーディーを奪いました。

後半も、13番ではティーショットが乱れたもののパーで抑え、4つのバーディーを奪いました。

畑岡選手は最終ラウンド、バーディー8つ、ボギーなしで回り、スコアを8つ伸ばして通算21アンダーとして、2位のアメリカのオースティン・アーンスト選手に6打の差をつけてアメリカツアー初優勝を果たしました。

女子ゴルフのアメリカツアーで日本選手が優勝したのは、去年4月の野村敏京選手以来1年ぶりです。

この大会では、畑岡選手のほか、野村選手が通算6アンダーで47位でした。

「自分のプレーに集中 最後まで貫くことできた」

畑岡選手は「けさ起きたときは緊張していたが、プレーに入ってからは自分のプレーに集中し、最後まで貫くことができた。実力者と回った中で自分のプレーができたのは大きい」と24日の試合を振り返りました。

さらに、「去年苦しんだ分、この結果はすごくうれしい。次の週はメジャー大会があるので、また気を引き締めて頑張りたい」と、次の全米女子プロ選手権を見据えていました。

持ち味は250ヤード超のドライバーショット

畑岡奈紗選手は茨城県笠間市出身の19歳。ゴルフ場で働いている母親の影響で小学生でゴルフを始め、中学生になってからは、中嶋常幸選手の主宰するゴルフアカデミーに参加して腕を磨いてきました。

小学生の時には野球、中学校の部活動で陸上の短距離にも取り組み、強い下半身を生かした250ヤードを超えるドライバーショットが持ち味です。

名前の奈紗はNASA=アメリカ航空宇宙局からとっていて、誰にもできないことができるようにという願いが込められているということです。

畑岡選手は、女子ゴルファー日本一を決めるおととしの日本女子オープンでアマチュアの選手として初めて国内メジャー大会で優勝し、17歳8か月と、日本の女子ツアーでは引退した宮里藍さんの記録を抜いて史上最年少でプロに転向しました。

プロ転向後、すぐにアメリカツアーに挑戦し、昨シーズンは慣れない環境や難しいコースに苦しんで、18試合のうち予選を通過できたのは6試合だけでした。

その後、スイングの修正を図るとともに体全体をバランスよく鍛える筋力トレーニングにも取り組み、去年9月の国内ツアーの大会でプロ初優勝を果たすと、日本女子オープンで40年ぶり史上2人目となる連覇を達成しました。

今シーズンのアメリカツアーでは12試合に出場し、ことし4月のハワイ州での大会では、最終日、最終組で優勝争いを経験しました。

カリフォルニア州での大会では初めてのトップ10入りとなる7位、先月のバージニア州の大会では初めてプレーオフを経験して2位に入るなど、メジャー大会を含めたトップ10入りを合わせて4回経験するなど調子を上げていました。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.06.25 Monday
  • 08:46

スポーツ

サッカーW杯 グループHは第3戦まで1次リーグ突破決まらず

グループHは、各チームが2試合ずつを終えました。

日本とセネガルが勝ち点「4」で並び、得失点差、ゴール数も同じですが、警告のポイントの差で、日本が首位となっています。

勝ち点を「3」としたコロンビアが3位となり、決勝トーナメント進出の行方は第3戦に持ち越されました。

2連敗のポーランドは、1次リーグ敗退が決まりました。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.06.25 Monday
  • 05:45

スポーツ

サッカーW杯 日本 次戦引き分け以上で決勝トーナメントへ

サッカーワールドカップ ロシア大会で、日本は24日、1次リーグ、グループHの第2戦でセネガルに2対2で引き分けました。日本はセネガルとともに勝ち点を4に伸ばし、次のポーランド戦に勝つか引き分けるかで、ほかのチームの結果によらず、グループHでの2位以上が確定し、2大会ぶりの決勝トーナメント進出が決まります。

日本は24日の第2戦でセネガルに2対2で引き分け、セネガルとともに勝ち点を「4」に伸ばしました。
一方、ポーランド 対 コロンビアは、コロンビアが勝って、勝ち点を「3」とし、ポーランドは勝ち点「0」で1次リーグ敗退が決まりました。

日本は次のポーランド戦に勝つか引き分けるかで、ほかのチームの結果によらず、グループHでの2位以上が確定し、2大会ぶりの決勝トーナメント進出が決まります。

日本が次のポーランド戦で敗れた場合、もう1試合のセネガル 対 コロンビアの結果が影響します。

セネガルが勝った場合

勝ち点を「7」に伸ばすセネガルが1位、勝ち点「4」のままの日本が2位で決勝トーナメントに進みます。

コロンビアが勝った場合

コロンビアが勝ち点「6」で1位となり、勝ち点「4」のままの日本とセネガルが、得失点差などで決勝トーナメント進出を争います。

セネガルとコロンビアが引き分けた場合

セネガルが勝ち点「5」で1位となります。

コロンビアと日本は、勝ち点「4」で並びますが、コロンビアは得失点差が「2」のままとなり、2試合を終えて得失点差が「1」の日本は、コロンビアを上回ることができないため、日本は決勝トーナメント進出を逃すことになります。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.06.25 Monday
  • 05:42

スポーツ

サッカーW杯 日本と同組 コロンビアがポーランドに快勝

サッカーワールドカップ ロシア大会の1次リーグで、日本と同じグループHの第2戦、ポーランド 対 コロンビアは、コロンビアが3対0で快勝しました。敗れたポーランドは2連敗で、日本との第3戦を前に1次リーグ敗退が決まりました。





NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.06.25 Monday
  • 05:06

スポーツ

サッカーW杯 海外メディアでは本田選手が見出しに

サッカーワールドカップ ロシア大会の日本 対 セネガルの試合について、海外メディアはのきなみ、同点のゴールを決めた本田圭佑選手の名前を見出しにとり、その活躍を伝えています。

このうちロイター通信は、「本田が試合終盤の一撃で日本を引き分けへと救った」という見出しで、「32歳のベテランの本田がワールドカップ3大会連続でゴールを決めた初めての日本人選手となった」と伝えています。

またAFP通信は、セネガルが後半の終盤まで優勢を保ち勝利に近づいていたと試合展開を分析したうえで、「それまでたった6分間しかピッチにいなかった本田が同点のシュートを浴びせた。日本にとってのヒーローだ」と本田選手を高く評価しました。

さらにAP通信は、日本が後半、素早い動きで攻撃を展開し、本田選手らを投入することでさらによい効果を生み出したと分析したうえで、「本田のゴールが日本に引き分けをもたらした」として、本田選手が価値ある引き分けの立役者になったと伝えています。

長友選手「ワールドカップに愛された男」

左サイドバックでフル出場した長友佑都選手は、日本代表で長くともに戦ってきた本田圭佑選手のゴールについて「大会前は、年長の選手があまり評価されていなかった中で、彼が決めてくれたので、自分のことのようにうれしい。彼はやっぱり何か持っている。ワールドカップに愛された男だと思う」と笑顔で話していました。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.06.25 Monday
  • 04:42

スポーツ

サッカーW杯 日本 セネガル相手に価値ある引き分け

日本代表は、1次リーグ2連勝で決勝トーナメント進出を決めることはできなかったものの、相手にリードされる苦しい展開でも磨いてきたパスワークから引き分けに持ち込み、強豪から価値ある勝ち点「1」をもぎ取りました。

日本は試合開始直後、スピードと体格に勝るセネガルの選手たちに前線から激しくプレッシャーをかけられてボールを奪われ、ゴール前に押し込まれる時間が続きました。

そして前半11分にはゴールキーパーの川島永嗣選手が弾いたボールをセネガルのエース、マネ選手に押し込まれ、先制されました。

それでも日本は、このあと守備的ミッドフィルダーの長谷部誠選手や柴崎岳選手を起点に前後左右にパスをつなぎ、徐々に流れを引き寄せました。
そして34分、柴崎選手からのロングボールが左サイドの長友佑都選手に通り、最後は乾貴士選手がゴールを決めて同点に追いつきました。

試合後、西野監督は「リードされてから中盤の選手を中心としたパスによる組み立てができるようになった」と振り返りました。

また日本は後半も丁寧にパスをつないでボールをキープし、主導権を握り、繰り返しチャンスを作りました。

26分に守りの隙を突かれて失点したものの、西野監督はこのあと本田圭佑選手や岡崎慎司選手といった攻撃的な選手を投入して主導権を渡しませんでした。
そして33分に本田選手のゴールで再び同点に追いついたあとも、西野監督は攻撃が持ち味の宇佐美貴史選手を投入して、あくまで勝利にこだわる姿勢を崩しませんでした。

コロンビア戦に続く2連勝はなりませんでしたが、西野監督は「次につながる結果と内容」と話し、決勝トーナメント進出がかかる第3戦のポーランド戦での勝利を誓いました。





NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.06.25 Monday
  • 04:33