Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

スポーツ

フィギュア団体戦 坂本選手3位 紀平選手5位 国別連覇ならず

福岡市で開かれているフィギュアスケートの団体戦、世界国別対抗戦は、3日目の13日、女子シングルのフリーが行われ、坂本花織選手が今シーズンの自己ベストを更新する146.70をマークして3位に入りました。一方、紀平梨花選手はジャンプで転倒するミスが続いて5位にとどまり、連覇を目指した日本は国別の順位で2位でした。

今シーズンを締めくくる世界国別対抗戦は6つの国で争う団体戦で男女シングルとペア、アイスダンスの4つの種目の合計で順位を競います。

3日目の13日は、女子シングルのフリーとペアのフリーの演技が行われました。

女子シングルでは、ショートプログラムで3位だった坂本選手が演技の序盤、3回転ジャンプにミスが出たものの、徐々に流れに乗り、後半の3連続ジャンプや3回転フリップからの連続ジャンプを次々と決めました。
坂本選手は今シーズンの自己ベストを更新する146.70をマークして3位に入りました。



一方、ショートプログラムで今シーズンの世界最高得点を更新した紀平選手は冒頭のトリプルアクセルで転倒すると、中盤の3回転の連続ジャンプの2本目で再びバランスを崩して転倒しました。
紀平選手はジャンプで2回転倒するミスが響いて自己ベストより16点以上低い138.37で5位に終わりました。



ペアのフリーでは、三浦璃来選手と市橋翔哉選手のペアがジャンプでミスが続き92.98で6位でした。

この結果、日本の最終順位は2位で、大会連覇はなりませんでした。優勝は、男子シングルのネイサン・チェン選手などの活躍で得点を伸ばしたアメリカでした。

坂本選手「来シーズンはさらに上に」

女子シングル後半のフリーで自己ベストを更新して3位に入った坂本花織選手は「世界選手権の後から疲れが取れていないが、みんな同じ条件なので、ベストを尽くそうと臨んだ。四大陸選手権や世界選手権ではフリーでジャンプが抜けてしまうことがあったが、きょうはそれがなかったので、少しは成長したと思う。演技前半はジャンプのミスがあり、耐えに耐えたという感じだったが、後半は落ち着いてできたと思う」と演技を振り返っていました。

そして、来シーズンについては「今シーズンは波が大きかったが、全日本選手権以来、3か月ぶりに表彰台に乗ってうれしい気持ちがわいてきた。来シーズンはもっとこの気持ちを味わえるようにしたい。このできで自己ベストを更新できたということは、ちゃんとできればもっと上にいけるということなので、来シーズンはさらに上がっていけるよう頑張りたい」と話していました。

紀平選手「チームをもっとひっぱりたかった」

フリーで5位に終わった紀平梨花選手は、「どのジャンプももっともっと準備を万全にしていなければいけなかったが、それができず、とてもきつい演技になってしまった。日本のチームをもっと引っ張りたかったが、それができなくて申し訳ないです」と試合を振り返りました。

フリーのジャンプで2回、転倒をしたことについては、「冒頭のトリプルアクセルは練習から成功率が低く、いいイメージがなかった。中盤の3回転の連続ジャンプは精神的なことではなく、体力的にきつくてうまく跳ぶことができなかった。演技の中の2つの難しいジャンプをともに失敗してしまったので、もっと練習して軽く跳べるくらいにならないといけない」と厳しい表情で話していました。

そして、グランプリファイナル優勝など大きな成果を残したシニアデビューのシーズンを振り返り、「シニア1年目で私の演技にどのような点数がつくのかわからないなかでの試合だったが、想像よりもいい成績を残せたと思う。それでもまだまだ頑張らないといけないし、とても多くの期待をしてもらっているので、その期待に応えられるよう力をつけていきたい」と話しました。

シーズンオフについては、「4回転ジャンプを練習したいし、もっと体力もつけたい。アイスショーへの出場などがあるが、その合間をぬってフリーの演技を通すなどの練習で体力をつけて完全な、ミスのない演技がねらえるように成長したい」と話していました。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.04.13 Saturday
  • 21:20

スポーツ

貴景勝関の大関昇進 正式決定

日本相撲協会は番付編成会議と臨時の理事会を開き、春場所で10勝をあげた貴景勝の大関昇進を正式に決めました。

貴景勝関は東の関脇で迎えた春場所、大関昇進の重圧の中で持ち味の突き押し相撲を徹底的に貫き、10勝5敗の成績をあげて直近3場所の勝ち星の合計が昇進の目安とされる33勝を上回り34勝となりました。

日本相撲協会は27日、大阪市の大阪府立体育会館で次の夏場所に向けた番付編成会議と、臨時の理事会を開き貴景勝の大関昇進を正式に決めました。

貴景勝関は平成26年秋場所に前相撲で初土俵を踏んでから28場所での大関昇進です。

年6場所制となった昭和33年以降では6番目のスピード昇進で、師匠だった元横綱 貴乃花の30場所を上回りました。

新大関が誕生するのは、去年の夏場所後に昇進した栃ノ心以来です。

このあと日本相撲協会の使者が、貴景勝と師匠の千賀ノ浦親方が待つ大阪市内のホテルに向かい、大関昇進の伝達式が行われる予定です。

貴景勝がどのようなことばで大関としての決意を述べるのか「口上」が注目されます。

貴景勝関とは

大関に昇進した貴景勝関は、兵庫県芦屋市出身の22歳。
幕内では最年少です。

身長1メートル75センチで下から突き上げるような鋭い立ち合いと突き押しを得意とし、土俵上でほとんど表情を変えない冷静さも強みです。

小学生で相撲を始め、中学時代には全国大会の決勝で現在、幕内の阿武咲を破り、中学生横綱のタイトルを獲得しました。

高校は多くの関取を輩出した埼玉栄高校に進み、卒業後に貴乃花部屋に入門しました。

平成26年の秋場所の前相撲で初土俵を踏み、順調に番付を上げておととしの初場所、20歳で新入幕を果たし、しこ名をそれまでの「佐藤」から「貴景勝」に改名しました。

しこ名は、当時の貴乃花親方が尊敬しているという戦国時代の武将、上杉謙信のあとを継いだ上杉景勝にちなんでいます。

幕内でも上位をうかがうなど順調に力をつけたものの、去年3月の春場所では右足のけがで、初土俵以来、初めての休場を経験しました。

さらに、去年9月の秋場所後には、貴乃花親方が日本相撲協会を退職し所属していた貴乃花部屋が消滅したため千賀ノ浦部屋に移籍するなど環境に大きな変化がありました。

こうした経験も精神面の成長につなげ、去年11月の九州場所は横綱・大関陣が相次いで休場する中、場所を引っ張る活躍を見せ初優勝を果たしました。

迎えた今月の春場所は、大関昇進の重圧がかかる中で押し相撲を貫いて横綱 鶴竜関や大関 高安関などの上位陣を破って10勝をあげ安定した実力を示していました。

日本出身力士で最速の大関

貴景勝関は、平成26年秋場所に前相撲で初土俵を踏んでから28場所での大関昇進となり、年6場所制となった昭和33年以降では、幕下付け出しなどを除いて6番目のスピード昇進です。

これは、師匠だった元横綱 貴乃花の30場所や横綱 白鵬関の31場所を上回っていて、日本出身力士としては最速となります。

また、22歳7か月22日での大関昇進は、昭和33年以降に初土俵を踏んだ力士として9番目の若さとなりました。

大相撲では、個人トレーナーを雇ったり科学的な方法でコンディションを調整したりして以前に比べ、長く現役を続ける力士が増えていて現在の横綱 大関の平均年齢は、31.8歳となり30歳を超えています。

今回、幕内最年少の貴景勝関が大関に昇進したことで一気に世代交代が進むのか、それとも先輩力士たちが意地を見せるのかが、新元号で迎える大相撲の焦点となりそうです。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.03.27 Wednesday
  • 09:38

スポーツ

陸上 桐生選手「世界選手権で実力発揮を」合宿終え意気込み

陸上男子100メートルで9秒98の日本記録を持つ桐生祥秀選手がオーストラリアでの合宿を終えて24日帰国し、「ことしの世界選手権で実力を発揮したい」と意気込みました。

23歳の桐生選手は、先月からオーストラリアで合宿を続け、23日は現地で今シーズンの初戦に臨み10秒08の好タイムをマークしました。

24日午後成田空港に到着した桐生選手は今回の合宿では瞬発力を鍛えるトレーニングに力を入れたことを明かしたうえで、初戦のレ−スを振り返り「落ち着いてレースができたし、最低限、去年のシーズンベストを初戦から超えられたのは大きかった」と話しました。

そのうえで、今シーズンに向けては「6月の日本選手権でしっかりと世界選手権の代表に内定をもらい、ことしの世界選手権で実力を発揮したい」と来年の東京オリンピックを見据えて抱負を話しました。

また桐生選手は、合宿中に引退を発表したイチロー選手について「イチロー選手と比べたら、レベルも現役の年数も全然違うが、ぼくも長く陸上選手でいられるように頑張りたい」と話していました。


NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.03.25 Monday
  • 10:21

スポーツ

フィギュア 羽生選手がエキシビションで表現力豊かな演技披露

さいたま市で開かれたフィギュアスケートの世界選手権は、すべての競技を終えてエキシビションが行われ、男子シングルで2位だった羽生結弦選手が表現力豊かな演技を披露し、会場を沸かせました。

フィギュアスケートの世界選手権は24日、各種目の選手たちが参加してエキシビションが行われました。

このうち、男子シングルで2位に入った羽生選手は、白とピンクを基調にした衣装で松任谷由実さんの「春よ、来い」の曲に合わせて演技を披露しました。羽生選手は、「桜」や「春」をイメージしたピンク色の照明でリンクが照らされる中、華麗なステップやスピン、それに表現力豊かな振り付けで観客を魅了しました。

また、女子シングルで4位だった16歳の紀平梨花選手は、濃い紫色の衣装で演技に臨み、落ち着いた音楽に合わせて大人びた演技を披露しました。

そして、エキシビションの最後には、観客の手拍子のなか、選手全員がリンクをまわり、大会は幕を閉じました。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.03.25 Monday
  • 10:20

スポーツ

ジャンプ男子W杯 小林陵侑選手今季最終戦で優勝 通算13勝目

スキージャンプ男子の小林陵侑選手が、24日、スロベニアで行われたワールドカップの最終戦で優勝しました。

小林選手は、ワールドカップ通算13勝目で、男子の日本選手としてワールドカップ初の総合優勝を果たすなど大きく飛躍した今シーズンを優勝で締めくくりました。

ジャンプ男子のワールドカップ最終戦は24日、スロベニアのプラニツァでラージヒルより大きいヒルサイズ240メートルのフライングヒルで行われました。

小林選手は、1回目で、ジャンプ台記録を50センチ更新する252メートルの大ジャンプを見せて2位に12.2ポイント差をつけトップに立ちました。

2回目は、230メートル50で飛距離は伸びなかったものの、2位の選手に逆転を許さず合計464.9ポイントで優勝を果たしました。

小林選手は、ワールドカップ通算13勝目で、1シーズンの優勝回数としては男子で通算最多の53勝をほこるオーストリアのグレゴア・シュリーレンツァウアー選手に並び歴代2位となりました。

小林選手は、岩手県八幡平市出身の22歳。今シーズンのワールドカップ第2戦で初優勝したあと、年末年始に行われたヨーロッパ恒例のジャンプ週間で史上3人目となる完全優勝を達成するなど圧倒的な強さを見せ、そのままの勢いで男子の日本選手で初となるワールドカップ総合優勝を成し遂げ、最終戦も優勝で締めくくりました。

最終戦の日本勢の成績は佐藤幸椰選手が14位、小林選手の兄の小林潤志郎選手が15位、伊東大貴選手が21位でした。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.03.25 Monday
  • 10:18

スポーツ

ジャンプ女子W杯 高梨選手は今季総合4位 初めて表彰台逃す

スキー、ジャンプ女子のワールドカップは、24日、ロシアで今シーズンの最終戦が行われ高梨沙羅選手は8位で、シーズンの総合順位は4位となりました。

高梨選手は2011年から始まった女子ワールドカップで初めて、総合順位での表彰台を逃しました。

ジャンプ女子ワールドカップの今シーズン最終戦は、ロシアのチャイコフスキーで開かれヒルサイズ140メートルのラージヒルで行われました。

高梨選手は1回目、116メートル50と飛距離を伸ばせず、14位と出遅れました。それでも2回目は、力強い踏み切りを見せ不利な追い風の中でも130メートルと飛距離を大きく伸ばし合計221ポイントで順位を8位にあげました。

高梨選手は今シーズンのワールドカップで1勝を挙げて自身が持つワールドカップの男女を通じた最多優勝記録を56勝に伸ばしましたが、総合順位は4位となりました。

高梨選手は2011年から始まった女子のワールドカップで初めて総合順位での表彰台を逃しました。

最終戦で、このほかの日本勢は、伊藤有希選手が7位、丸山希選手が14位、勢藤優花選手が16位、岩渕香里選手は、20位でした。
優勝は、2シーズン連続の総合優勝を決めているノルウェーのマーレン・ルンビ選手で今シーズン12勝目をあげました。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.03.25 Monday
  • 10:16

スポーツ

大相撲春場所 横綱 白鵬関が優勝 3場所ぶり42回目

大相撲春場所は千秋楽の24日、横綱 白鵬関が結びの一番で勝って全勝として、3場所ぶり42回目の優勝を果たしました。


NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.03.24 Sunday
  • 17:40

スポーツ

大相撲春場所 栃ノ心関が負け越し 大関陥落へ

大相撲春場所を角番で迎えていた大関・栃ノ心関が千秋楽の24日の一番に敗れて負け越し、大関の座から陥落することになりました。

栃ノ心関は、新大関となった去年の名古屋場所からわずか5場所での陥落となりました。栃ノ心関は、関脇で臨む次の夏場所で、10勝以上の成績を残せば大関に復帰できます。


NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.03.24 Sunday
  • 17:30

スポーツ

大相撲春場所 貴景勝関が10勝目 大関昇進に前進

大相撲春場所は千秋楽、大関昇進がかかる関脇・貴景勝関は、大関・栃ノ心関に勝って10勝目を挙げ、白星をふたけたに乗せました。

これで大関昇進の議論を預かる日本相撲協会審判部の阿武松審判部長が場所前、昇進に必要だという認識を示していたふたけたの白星をあげただけでなく、大関昇進の目安となる直近3場所の勝ち星が33勝を上回る34勝となりました。

貴景勝関は、今場所、一横綱・二大関を破ったことから求められている相撲内容も評価されるとみられ、大関昇進に大きく前進しました。


NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.03.24 Sunday
  • 17:03

スポーツ

貴景勝関の大関昇進 “きょうの相撲を踏まえ判断” 審判部長

大相撲春場所でここまで9勝を挙げている関脇貴景勝関について、日本相撲協会の審判部は、24日の千秋楽の相撲を踏まえたうえで、大関に昇進させるかどうか判断することになりました。

貴景勝関は、小結だった去年の九州場所で13勝を挙げて初優勝を果たし、新関脇で迎えたことし1月の初場所で11勝を挙げましたが、大関昇進の議論をあずかる日本相撲協会審判部は「もう1場所見たい」としていました。

大関昇進を懸けて迎えた今場所は、横綱鶴竜関を破るなど23日の14日目までに9勝を挙げて、直近3場所の勝ち星の合計を大関昇進の目安とされる33勝にまで伸ばしています。

日本相撲協会審判部の阿武松審判部長は24日午後、貴景勝関の大関昇進について「きょうの相撲を見ないわけにはいかない。最後まで相撲を見たい。勝ち星の数も内容も両方求められると思う」と述べ、千秋楽の取組を踏まえたうえで、昇進について判断する考えを明らかにしました。

貴景勝関は24日、角番でここまで7勝7敗の大関栃ノ心関と対戦します。両力士にとって大関の座が懸かる大きな意味を持つ一番になります。

審判部が貴景勝関を大関に昇進させるべきと判断した場合、昇進に向けた臨時理事会の開催を八角理事長に要請することになります。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

  • 2019.03.24 Sunday
  • 16:04