Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

スポーツ

日本代表 スクラムで引き寄せた初のベスト8

ラグビーワールドカップで日本が再び強豪に勝利し、初の決勝トーナメント進出を引き寄せた要因の1つに重点的に強化してきたスクラムがあります。

スコットランド戦で日本は、マイボールのスクラムの成功率が85.7%と安定していました。
特に前半は4回すべてを成功させたほか、相手ボールのスクラムでも反則を奪うなどスコットランドが得意とするセットプレーでも優位に立ちました。

プロップのグ・ジウォン選手が脇腹を痛め、涙を見せながら交代した直後の前半20分のスクラムでは、グラウンドを去ったグ選手の思いに応えるかのように相手からペナルティーを奪いました。

この場面について同じプロップの稲垣啓太選手は「スクラムは前半から押せる感触はあった。交代で入った選手にとっては初めてのスクラムだったので、うまくサポートしようと思ったらうまくいった」と話しました。

また、グ選手と交代で入ったプロップのヴァル アサエリ愛選手も「日本はフィットネスが高いので、スクラムではとにかく反則を取られないことを意識した。前半でそれを相手から取れたことは大きかった」と振り返りました。
そのうえでスコットランドが得意とするスクラムで前半から互角以上の力を示したことで、「試合を優位に進めることができた」と話しました。



これまで日本にとってスクラムやラインアウトといったセットプレーは伝統的に得意とするヨーロッパの強豪に比べ、体格で劣るため、弱点だとされてきました。
しかし、スクラムを担当する長谷川慎コーチを中心に、大会直前の代表合宿では、本来8人ずつで組み合うスクラムの相手を10人に増やして練習を重ねるなど、ワールドカップに向けては特に力を入れて強化してきました。



その結果、歴史的勝利を挙げたアイルランド戦でも日本はスクラムで互角に渡り合い今回のスコットランド戦でもその力を証明しました。
今大会、「日本のラグビーは成長した」と各チームのヘッドコーチや選手が口をそろえる要因の一つには、間違いなくスクラムの充実ぶりが挙げられます。

トンプソンがW杯日本最多の13試合出場



4大会連続のワールドカップ出場でチーム最年長の38歳のロック、トンプソン ルーク選手はスコットランド戦にフル出場して、チームで最も多い16回のタックルをマークするなど持ち味の体を張った守備でチームを支えました。

トンプソン選手はこれでワールドカップの通算出場試合数を13とし、3大会に出場した小野澤宏時さんと並んでいた記録を更新して日本代表では歴代単独最多となりました。



トンプソン選手は「きょうは台風の被害にあった人たちのためにプレーしたいと思っていた。記録はうれしいけど、それが僕のモチベーションではない。きょうの結果が僕のモチベーション。よい仲間とよい試合をして勝つことができて本当にうれしい」と笑顔で話していました。

トンプソン選手は今シーズン限りでの現役引退を表明していますが「新しい歴史を作れてうれしいけど、まだ終わっていない。きょうの結果は喜んで、でも明日からは次の試合に向けて準備したい」と準々決勝に意欲を見せていました。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

  • 2019.10.14 Monday
  • 04:44

スポーツ

ラグビーW杯 グループAの最終成績 日本は1位で決勝Tへ

ラグビーワールドカップ日本大会で日本が入った1次リーグ、グループAの最終成績です。

日本は4連勝で勝ち点「16」を得た上、ボーナスポイントも「3」獲得して、合わせて勝ち点「19」でグループ1位となり、初めての決勝トーナメント進出を果たしました。
勝ち点「19」は、グループDのウェールズと並んで今大会最多です。

2位は、アイルランドで通算成績は3勝1敗、ボーナスポイントを「4」獲得して勝ち点「16」で、こちらも決勝トーナメントに進みました。

日本に敗れたスコットランドが3位で、2勝2敗でボーナスポイント「3」を合わせて勝ち点は「11」でした。
スコットランドは第1回大会から9回連続でワールドカップに出場していますが、1次リーグで敗退するのは、2011年のニュージーランド大会以来、2回目です。

4位はサモアで通算成績1勝3敗、ボーナスポイント「1」を合わせて、勝ち点「5」でした。
5位はロシアで4連敗で勝ち点「0」でした。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.10.14 Monday
  • 04:34

スポーツ

体操 世界選手権 萱選手が平行棒で銅メダル

ドイツで開かれている体操の世界選手権は13日、男女の種目別決勝が行われ、男子の「平行棒」で萱和磨選手が銅メダルを獲得しました。この種目の日本選手のメダル獲得は、2014年の大会で加藤凌平選手が銅メダルを獲得して以来です。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_newsi
  • 2019.10.13 Sunday
  • 23:00

スポーツ

日本 勝利初のベスト8 日本28−21スコットランド(試合終了)

ラグビーワールドカップ日本大会で日本は1次リーグの最終戦で、
スコットランドに28対21で勝って、9回目の出場で初めてのベスト8進出を決めました。日本は1次リーグ4連勝でグループAの1位となり、今月20日に東京 調布市の東京スタジアムで行われる決勝トーナメント初戦の準々決勝で、グループB2位の南アフリカと対戦します。
(※時間は速報値)

スコットランドが点差詰める 日本28−21スコットランド



日本は後半14分、スコットランドにトライを決められました。
このあとゴールも決められ、28対21と追い上げられています。

スコットランドがトライ 日本28-14スコットランド

日本は後半9分、スコットランドにトライを決められました。
このあとのゴールも決められ、日本は28対14と点差を詰められました。

日本 福岡選手が再びトライ 日本28−7スコットランド



日本は後半2分、福岡堅樹選手がトライを決めました。
このあと、田村優選手がゴールを決め、28対7とリードを広げました。

後半開始 日本21−7スコットランド



日本対スコットランドは、日本が21対7とリードして、午後8時50分すぎに後半が始まりました。
この試合で、日本は、「勝つ」か「引き分け」で決勝トーナメント進出が決まり、「負け」でも7、点差以内の接戦に持ち込むなどしてボーナスポイントをスコットランドより多く取れば、決勝トーナメント進出が決まります。

日本 福岡選手がトライ 日本



日本は前半終了間際に今大会、初先発となる福岡堅樹選手がトライを決めました。さらに田村優選手がゴールを決め、21対7とリードして前半を終えました。

日本 稲垣選手がトライ 日本14−7スコットランド



日本は前半25分、稲垣啓太選手が勝ち越しのトライを奪いました。
さらに田村優選手がゴールを決めて、日本が14対7とリードしました。

日本 松島選手がトライ 日本7−7スコットランド



日本は前半17分に松島幸太朗選手が、トライを決めました。
さらにこのあと田村優選手がゴールも決め、7対7の同点に追いつきました。

スコットランドが先制 日本0−7スコットランド



日本は前半6分、スコットランドにトライを奪われ先制されました。このあとのゴールも決められ、日本は0対7とされました。

試合開始



試合は、横浜市の横浜国際総合競技場で午後7時45分過ぎから始まりました。

日本 ウイング福岡選手が今大会初先発



スコットランド戦に臨む日本代表の先発メンバー15人です。
フォワードです。
プロップは、稲垣啓太選手(29)とグ・ジウォン選手(25)。
フッカーは、堀江翔太選手(33)。
ロックは、トンプソン ルーク選手(38)とジェームス・ムーア選手(26)。
フランカーは、キャプテンのリーチ マイケル選手(31)とピーター・ラブスカフニ選手(30)。
リーチ選手は、開幕戦以来のゲームキャプテンを務めます。
ナンバー8は、姫野和樹選手(25)です。

バックスです。
スクラムハーフは、流大選手(27)。
スタンドオフは、田村優選手(30)。
ウイングは、今大会、初先発となる福岡堅樹選手(27)と松島幸太朗選手(26)。
センターは、中村亮土選手(28)とラファエレ ティモシー選手(28)。
フルバックは、けがから復帰したウィリアム・トゥポウ選手(29)です。

控えの8人は、坂手淳史選手(26)、中島イシレリ選手(30)、ヴァル アサエリ愛選手(30)、ヘル ウヴェ選手(29)、ツイ ヘンドリック選手(31)、田中史朗選手(34)、松田力也選手(25)、山中亮平選手(31)です。

福岡選手「日本代表の11番として…」



今大会初先発となる福岡選手は、12日、自身のツイッターにスコットランド戦に向けて「この4年間、全てはここで歴史を創るため。日本代表の11番として、記憶に残るプレーができるよう全力を尽くします。応援よろしくお願いします!」と投稿しました。

また、控えの山中亮平選手は自身のツイッターに「ONETEAMで勝って絶対決勝トーナメントにいきます!」と意気込みを投稿しました。

スコットランドはベストメンバー



スコットランドは先発メンバーを9日のロシア戦から12人を入れ替えました。
スクラムハーフは、グレイグ・レイドロウ選手。
司令塔のスタンドオフは、フィン・ラッセル選手。
フルバックはスチュアート・ホッグ選手など
ベストメンバーです。





NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.10.13 Sunday
  • 21:47

スポーツ

日本 トライ許す 日本28−14スコットランド(試合速報)

ラグビーワールドカップ日本大会。
日本代表のベスト8がかかるスコットランド戦は、日本が21対7とリードして後半が始まりました。
試合の速報です。
(※時間は速報値)

スコットランドがトライ 日本28-14スコットランド

日本は後半9分、スコットランドにトライを決められました。
このあとのゴールも決められ、日本は28対14と点差を詰められました。

日本 福岡が再びトライ 日本28−7スコットランド



日本は後半2分、福岡堅樹選手がトライを決めました。
このあと、田村優選手がゴールを決め、28対7とリードを広げました。

後半開始 日本21−7スコットランド

日本対スコットランドは、日本が21対7とリードして、午後8時50分すぎに後半が始まりました。
この試合で、日本は、「勝つ」か「引き分け」で決勝トーナメント進出が決まり、「負け」でも7、点差以内の接戦に持ち込むなどしてボーナスポイントをスコットランドより多く取れば、決勝トーナメント進出が決まります。

日本 福岡がトライ 日本



日本は前半終了間際に今大会、初先発となる福岡堅樹選手がトライを決めました。さらに田村優選手がゴールを決め、21対7とリードして前半を終えました。

日本 稲垣がトライ 日本14−7スコットランド



日本は前半25分、稲垣啓太選手が勝ち越しのトライを奪いました。
さらに田村優選手がゴールを決めて、日本が14対7とリードしました。

日本 松島がトライ 日本7−7スコットランド



日本は前半17分に松島幸太朗選手が、トライを決めました。
さらにこのあと田村優選手がゴールも決め、7対7の同点に追いつきました。

スコットランドが先制 日本0−7スコットランド



日本は前半6分、スコットランドにトライを奪われ先制されました。このあとのゴールも決められ、日本は0対7とされました。

試合開始



試合は、横浜市の横浜国際総合競技場で午後7時45分過ぎから始まりました。

日本 ウイング福岡選手が今大会初先発



スコットランド戦に臨む日本代表の先発メンバー15人です。
フォワードです。
プロップは、稲垣啓太選手(29)とグ・ジウォン選手(25)。
フッカーは、堀江翔太選手(33)。
ロックは、トンプソン ルーク選手(38)とジェームス・ムーア選手(26)。
フランカーは、キャプテンのリーチ マイケル選手(31)とピーター・ラブスカフニ選手(30)。
リーチ選手は、開幕戦以来のゲームキャプテンを務めます。
ナンバー8は、姫野和樹選手(25)です。

バックスです。
スクラムハーフは、流大選手(27)。
スタンドオフは、田村優選手(30)。
ウイングは、今大会、初先発となる福岡堅樹選手(27)と松島幸太朗選手(26)。
センターは、中村亮土選手(28)とラファエレ ティモシー選手(28)。
フルバックは、けがから復帰したウィリアム・トゥポウ選手(29)です。

控えの8人は、坂手淳史選手(26)、中島イシレリ選手(30)、ヴァル アサエリ愛選手(30)、ヘル ウヴェ選手(29)、ツイ ヘンドリック選手(31)、田中史朗選手(34)、松田力也選手(25)、山中亮平選手(31)です。

福岡選手「日本代表の11番として…」



今大会初先発となる福岡選手は、12日、自身のツイッターにスコットランド戦に向けて「この4年間、全てはここで歴史を創るため。日本代表の11番として、記憶に残るプレーができるよう全力を尽くします。応援よろしくお願いします!」と投稿しました。

また、控えの山中亮平選手は自身のツイッターに「ONETEAMで勝って絶対決勝トーナメントにいきます!」と意気込みを投稿しました。

スコットランドはベストメンバー



スコットランドは先発メンバーを9日のロシア戦から12人を入れ替えました。
スクラムハーフは、グレイグ・レイドロウ選手。
司令塔のスタンドオフは、フィン・ラッセル選手。
フルバックはスチュアート・ホッグ選手など
ベストメンバーです。


NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.10.13 Sunday
  • 21:08

スポーツ

卓球女子 ドイツオープン 伊藤美誠選手が決勝進出

ドイツで開かれている卓球の国際大会、女子シングルスの準決勝で、世界ランキング7位の伊藤美誠選手がシンガポールの選手にストレート勝ちして、決勝に進みました。

国際卓球連盟が主催するワールドツアーのドイツオープンは13日、女子シングルスの準決勝が行われました。

前の週のワールドツアーの大会で準優勝の伊藤選手は、3試合に勝って13日の準決勝に臨み、世界12位のシンガポールの選手と対戦しました。

伊藤選手は巧みなサーブと強烈なスマッシュでポイントを重ねてゲームカウント4対0のストレート勝ちで決勝進出を決めました。

伊藤選手は、この後の決勝で前の週の大会の準決勝で対戦した世界6位の中国、孫穎莎選手と対戦します。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.10.13 Sunday
  • 21:07

スポーツ

ラグビー 日本対スコットランド 7時45分キックオフ

ラグビーワールドカップ日本大会。
日本代表のベスト8がかかるスコットランド戦は、横浜市の横浜国際総合競技場で午後7時45分から開始予定です。
この試合で、日本は、「勝つ」か「引き分け」で決勝トーナメント進出が決まり、「負け」でも7、点差以内の接戦に持ち込むなどしてボーナスポイントをスコットランドより多く取れば、決勝トーナメント進出が決まります。

日本 ウイング福岡が今大会初先発



スコットランド戦に臨む日本代表の先発メンバー15人です。
フォワードです。
プロップは、稲垣啓太選手(29)とグ・ジウォン選手(25)。
フッカーは、堀江翔太選手(33)。
ロックは、トンプソン ルーク選手(38)とジェームス・ムーア選手(26)。
フランカーは、キャプテンのリーチ マイケル選手(31)とピーター・ラブスカフニ選手(30)。
リーチ選手は、開幕戦以来のゲームキャプテンを務めます。
ナンバー8は、姫野和樹選手(25)です。

バックスです。
スクラムハーフは、流大選手(27)。
スタンドオフは、田村優選手(30)。
ウイングは、今大会、初先発となる福岡堅樹選手(27)と松島幸太朗選手(26)。
センターは、中村亮土選手(28)とラファエレ ティモシー選手(28)。
フルバックは、けがから復帰したウィリアム・トゥポウ選手(29)です。

控えの8人は、坂手淳史選手(26)、中島イシレリ選手(30)、ヴァル アサエリ愛選手(30)、ヘル ウヴェ選手(29)、ツイ ヘンドリック選手(31)、田中史朗選手(34)、松田力也選手(25)、山中亮平選手(31)です。

福岡「日本代表の11番として…」



今大会初先発となる福岡選手は、12日、自身のツイッターにスコットランド戦に向けて「この4年間、全てはここで歴史を創るため。日本代表の11番として、記憶に残るプレーができるよう全力を尽くします。応援よろしくお願いします!」と投稿しました。

また、控えの山中亮平選手は自身のツイッターに「ONETEAMで勝って絶対決勝トーナメントにいきます!」と意気込みを投稿しました。

スコットランドはベストメンバー

スコットランドは先発メンバーを9日のロシア戦から12人を入れ替えました。
スクラムハーフは、グレイグ・レイドロウ選手。
司令塔のスタンドオフは、フィン・ラッセル選手。
フルバックはスチュアート・ホッグ選手など
ベストメンバーです。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

  • 2019.10.13 Sunday
  • 19:33

スポーツ

セ・リーグは巨人 6年ぶり日本シリーズ進出

プロ野球、セ・リーグのクライマックスシリーズ、ファイナルステージ第4戦は、巨人が阪神に4対1で勝ちました。この結果、巨人はリーグ優勝のチームに与えられたアドバンテージとあわせた対戦成績を4勝1敗とし、6年ぶりの日本シリーズ進出を決めました。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.10.13 Sunday
  • 18:56

スポーツ

ソフトバンク 4連勝で3年連続で日本シリーズへ

プロ野球、パ・リーグのクライマックスシリーズ、ファイナルステージ第4戦でソフトバンクが西武に9対3で勝って4連勝としました。この結果、ソフトバンクは、リーグ優勝した西武に与えられている1勝のアドバンテージを含めて対戦成績を4勝1敗として、3年連続の日本シリーズ進出を決めました。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.10.13 Sunday
  • 18:54

スポーツ

ラグビーW杯 日本対スコットランド戦 今夜実施へ

ラグビーワールドカップ日本大会で台風19号の影響で開催できるか懸念されていた日本のベスト8がかかるスコットランド戦は予定どおり実施されることになりました。

日本は、この試合で「勝ち」か「引き分け」、もしくは「負け」でもボーナスポイントの獲得状況によっては初めての決勝トーナメント進出、ベスト8入りが決まります。

日本対スコットランドは、13日夜7時45分から横浜国際総合競技場で行われます。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.10.13 Sunday
  • 11:23