Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

スポーツ

大関 豪栄道関 現役引退の意向を固める

大相撲の大関 豪栄道関が現役を引退する意向を固めたことがわかりました。

大関 豪栄道は、去年11月の九州場所を左足首のけがで途中休場して負け越し、初場所を角番で迎えていました。

しかし初日から3連敗するなど精彩を欠き、12日目に朝乃山に敗れて負け越し来場所、関脇に陥落することが決まっていました。

豪栄道は、千秋楽まで土俵に上がり5勝10敗の成績でした。

日本相撲協会の広報部長を務める芝田山親方によりますと、豪栄道は師匠の境川親方を通じて相撲協会に対し引退の意向を伝えたということです。

豪栄道は、大阪 寝屋川市出身の33歳。

埼玉栄高校から境川部屋に入門し、低く当たって前に攻める相撲で順調に番付を上げ、平成26年の名古屋場所のあと大関に昇進しました。

平成28年の秋場所で初優勝を果たしましたが、最近はけがが続き、本来の相撲を取れていませんでした。

豪栄道は、史上10位の長さとなる33場所、大関を務め、通算成績は、696勝493敗66休で、幕内では587勝442敗66休でした。

地元では惜しむ声 大阪 寝屋川

大関 豪栄道の地元の大阪 寝屋川市では、豪栄道が現役を引退する意向を固めたことを惜しむ声が聞かれました。


大関 豪栄道関 これまでの歩み

大関 豪栄道関は、大阪 寝屋川市出身の33歳。

強豪の埼玉栄高校で高校総体で優勝するなど活躍したあと、境川部屋に入門し平成17年初場所で初土俵を踏みました。

低い当たりから左の前まわしを取って前に攻める相撲を持ち味に順調に番付を上げ、平成18年の九州場所で十両に昇進しました。

新入幕を果たした平成19年の秋場所では、終盤戦まで優勝争いに絡み、12年ぶりに新入幕力士として横綱戦が組まれたほか、平成20年九州場所では新小結に昇進しました。

関脇に昇進後は、大関が期待されながらも足踏みが続きました。

昭和以降では歴代単独1位となる14場所連続で関脇を務めました。

そして、12勝3敗の好成績を残した平成26年の名古屋場所のあと大関に昇進し、平成28年の秋場所では15戦全勝で初優勝を果たしました。大関の在位は史上10位となる33場所です。

しかし、たび重なるけがに悩まされ、負け越せば大関から関脇に陥落する角番で迎えた場所は、現行の制度となった昭和44年の名古屋場所以降では3番目に多い9場所で、このところは、なかなか優勝争いに加わることができていませんでした。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news


  • 2020.01.27 Monday
  • 22:13

スポーツ

大相撲 優勝の徳勝龍関「ふわふわしている」喜びの心境語る

大相撲の幕内で最も下位の番付、幕尻の力士としては、20年ぶりの優勝を果たした徳勝龍関が初場所の千秋楽から一夜明けて会見し「全然実感がなく夢のようだ。ふわふわしている」と笑顔で喜びの心境を語りました。

大相撲初場所は両横綱が途中休場して不在の中、幕内で最も下位の番付、幕尻の徳勝龍関が「突き落とし」での逆転勝ちなどで白星を重ね14勝1敗の好成績で初めての優勝を果たしました。幕尻の力士が優勝するのは20年ぶりです。

初場所の千秋楽から一夜明けた27日、徳勝龍は東京 墨田区にある木瀬部屋で会見し「昨夜は興奮してあまり寝られなかった。実感は、全然ない。夢のようで、今も自分が自分ではないようでふわふわしている。優勝できる力士とは思っていなかったのでびっくりだ」と笑顔で喜びの心境を語りました。

10日目から終盤にかけて白星を重ねた逆転の「突き落とし」については場所中に急死した母校、近大相撲部の伊東勝人監督からの教えが影響しているということで、「普通は『前に出ろ』と指導されるが、伊東監督からは『はたいていい。ただ、前に出てはたけ』と指導された。そのことばで楽になった。周りからは逆転と言われるが、自分の中ではしっかり前に出ているから技が効いているんだと思う。伊東監督がいなかったら今の自分はない」と恩師に対して感謝のことばを述べました。

来場所の目標については「優勝をさせてもらったが、これからが大事だ。いい成績を残さないと笑われてしまう。ただ具体的なことは、ゆっくり休んでから考えます」と最後までマイペースを崩しませんでした。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2020.01.27 Monday
  • 13:04

スポーツ

大相撲初場所 優勝の徳勝龍関 敢闘賞と殊勲賞も

大相撲初場所は千秋楽の26日、三賞選考委員会が開かれ、初優勝した平幕の徳勝龍関が敢闘賞と殊勲賞に選ばれました。

三賞の選考委員会は千秋楽の26日、東京 両国の国技館で開かれ、14日目を終えて単独トップの前頭17枚目の徳勝龍関と、星の差1つで追う前頭4枚目の正代がともに敢闘賞に選ばれました。

敢闘賞に初めて選ばれた徳勝龍関は幕内で最も下の番付、幕尻ながら土俵際の逆転勝ちなどで白星を重ね、14日目までにただ1人1敗を守りました。

千秋楽に大関 貴景勝関を破って初優勝し、殊勲賞にも選ばれました。

先場所に続いて4回目の敢闘賞の受賞となった正代関は、圧力が増した立ち合いと腰の重さを生かした相撲で千秋楽まで優勝争いをしました。

さらに敢闘賞には、今場所新入幕で二桁の勝ち星を挙げた霧馬山関も初めて選ばれました。

殊勲賞は、今場所二横綱一大関を破った遠藤関が初めての受賞です。

技能賞は、持ち味の押し相撲で白星を重ね、11勝で今場所を終えた北勝富士関が、3年前の九州場所以来となる2回目の受賞です。


NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

  • 2020.01.26 Sunday
  • 19:35

スポーツ

「幕尻」徳勝龍関が初優勝 大相撲初場所 千秋楽

大相撲の平幕 徳勝龍関が初場所千秋楽の26日、初めての優勝を果たしました。

幕内で最も下位の番付、幕尻の力士が優勝するのは20年ぶりです。

また、奈良県出身力士の優勝は大正11年春場所の鶴ヶ浜関以来98年ぶりになります。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2020.01.26 Sunday
  • 17:33

スポーツ

大相撲 元幕内の荒鷲関が引退

大相撲の元幕内、モンゴル出身で峰崎部屋の荒鷲が現役を引退しました。

西幕下48枚目の荒鷲は、モンゴル出身の33歳。平成14年九州場所の前相撲で初土俵を踏み、平成23年名古屋場所で新十両に昇進したあと、平成26年夏場所で新入幕を果たしました。持ち味はスピードのある相撲で、平成29年初場所では白鵬と鶴竜の二横綱を破るなど、これまで3つの金星を獲得しました。

しかし、その後は左ひざのけがなどに苦しみ、幕下に陥落した去年の秋場所の途中から休場が続き、今場所を幕下48枚目で迎えていました。

荒鷲は24日、日本相撲協会に引退を届け出て現役を引退しました。このあと東京・両国の国技館で記者会見した荒鷲は、「上を目指せる気持ちや体の状態ではなく、このまま申し訳ない相撲を取ってはいけないと思った」と引退の理由について説明したうえで「何度もやめようと思ったことはあったが、自分なりに精いっぱいやった。十両で初めて勝ち越した時はうれしくて泣き崩れた。結びの一番で勝つことも1つの夢だったのでよかった。日本に来てよかったです」と話していました。

荒鷲の断髪式は、ことし5月31日に国技館で予定されているということです。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2020.01.24 Friday
  • 17:01

スポーツ

センバツ高校野球 21世紀枠に3校

ことし3月に甲子園球場で開幕するセンバツ高校野球の出場校が発表され、困難な状況を克服した学校などが対象となる「21世紀枠」で、北海道の帯広農業と福島の磐城高校、それに島根の平田高校の3校が選ばれました。

センバツ高校野球の選考委員会は、24日大阪市内で開かれ、はじめに「21世紀枠」の3校が発表されました。

北海道の帯広農業は初めてのセンバツ出場です。

ことしで創立100年を迎える伝統校で、農業科学科や酪農科学科など5つの学科で地域の基幹産業である農業の担い手を育成しています。

去年、放送されたNHKの連続テレビ小説、「なつぞら」のヒロインが通った高校のモチーフとなった学校としても知られていて、部員36人の多くは地元出身の農業後継者です。

選手たちは乳牛の世話や園芸など時間外の実習と部活動を両立し、去年秋の北海道大会でベストフォーに進出したことが評価されました。

福島の磐城高校は46年ぶり3回目のセンバツ出場です。

ことしで創立124年を迎える進学校です。短い練習時間の中、部員みずからがメニューを考えて効率的な練習で力をつけ、去年秋の東北大会でベストエイトまで勝ち進みました。

また、去年10月の台風19号のあと浸水被害を受けた地元で、ボランティア活動にも取り組みました。

島根の平田高校は春夏通じて初めての甲子園出場です。

練習は1日2時間ほどで、グラウンドも他の運動部と共用しています。

このため、練習内容を工夫し、戦術の習得に力を入れていて去年秋の中国大会でベストエイトに進出しました。

また、毎年、地元の幼稚園と保育園に呼びかけて、校内で野球の体験会を開くなど野球の普及活動に積極的に取り組んできたことも評価されました。

ことしのセンバツ高校野球は、3月19日に甲子園球場で開幕し、2日間の休養日を含めて13日間の日程で行われます。





NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2020.01.24 Friday
  • 16:00

スポーツ

大関 豪栄道関 関脇に陥落へ 大相撲初場所で負け越し

大相撲初場所を角番で迎えていた大関 豪栄道関が23日の朝乃山関との一番に敗れて負け越しが決まり、関脇に陥落することになりました。

平成26年7月の名古屋場所のあと大関に昇進した豪栄道関は、在位33場所での関脇への陥落となります。

豪栄道関は、ことし3月に大阪で行われる次の春場所で10勝以上を挙げれば大関に復帰することができます。





NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2020.01.23 Thursday
  • 18:33

スポーツ

八村塁選手のけが “練習での体の動かしかた 制限なくなる"

NBA=アメリカプロバスケットボールのウィザーズ、八村塁選手のけがからの回復状況について、チームのスコット・ブルックスヘッドコーチは22日、練習での体の動かしかたに制限がなくなったことを明らかにしました。



八村選手は、先月16日の試合でリバウンドを争った際に、味方と接触して足の付け根をけがしました。

その後は、18試合連続で欠場が続いていますが、22日にマイアミで行われた試合の前にブルックスヘッドコーチが報道陣の取材に応じ、八村選手の回復状況について、「すべての動作をしてもよくなった」と話し、練習での体の動かしかたに制限がなくなったことを明らかにしました。

八村選手は、試合前の午前中のシュート練習にはすべて参加したということです。体の接触を伴う練習はこれから徐々に再開していく方針です。

ブルックスヘッドコーチは、復帰の時期について「まだ分からない。来月中旬のオールスターゲームの前に戻ることを望んでいるがこれまでずっとプレーしていなかったので、急がせるようなことはしない」と、明らかにしませんでした。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2020.01.23 Thursday
  • 18:30

スポーツ

大坂なおみ選手 2回戦もストレート勝ち 全豪オープン

テニスの四大大会、全豪オープンは女子シングルスの2回戦が行われ、去年この大会を制した大坂なおみ選手が中国の選手にストレートで勝ち、3年連続で3回戦に進みました。

世界ランキング4位の大坂選手は、去年のこの大会で優勝して全米オープンに続く四大大会連覇を果たしました。

大坂選手は1回戦をストレートで勝ち、22日行われた2回戦で世界42位、中国の鄭賽賽選手と対戦しました。

大坂選手は第1セット、持ち味の力強いショットで主導権を握り、変化をつけたさまざまな種類のショットを打つ相手の攻撃にも落ち着いて対応して6−2で奪いました。第2セットは、出だしから緩急をつけたショットで積極的に仕掛けてくる相手にペースを乱されましたが、深く力強いストロークで勢いを取り戻してポイントを重ね、6−4で取りました。

大坂選手は初戦に続いてセットカウント2対0のストレートで勝ち、3年連続で3回戦に進みました。

大坂選手「この先も勝ち続けたい」

全豪オープン、女子シングルス2回戦をストレート勝ちで制した大坂なおみ選手は、試合の後、「勝ててよかった。第1セットはとてもよかったが、第2セットは少し受け身のプレーになっていたので、最後まで戦い続けると自分に言い聞かせてプレーした。過去の記憶もあり、フルセットの試合にはしたくないと思っていた。3回戦は誰が相手でも準備できている。この先も勝ち続けたい」と話しました。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2020.01.22 Wednesday
  • 15:05

スポーツ

テニス全豪オープン 大坂なおみ選手 5年連続2回戦へ

テニスの四大大会、全豪オープンが20日開幕し、去年この大会を制した大坂なおみ選手が、女子シングルスの1回戦でチェコの選手にストレートで勝ち、5年連続で2回戦に進みました。

大坂選手は、去年、この大会で優勝して全米オープンに続く四大大会連覇を果たし、男女を通じてシングルスでアジア初の世界ランキング1位になりました。

ことしの全豪オープンは、先月、新たに迎えたベルギー人のウィム・フィセッテコーチとともに臨む最初の四大大会で、開幕初日の20日、世界ランキング4位として、女子シングルス1回戦で、世界59位、チェコのマリエ・ボスコバ選手とセンターコートで対戦しました。

大坂選手は第1セット、ラリーでライン際をつくフォアハンドの鋭いクロスを見せるなどコースをねらった精度の高いショットで相手を上回り、6−2で奪いました。

第2セットは、相手に先にサービスゲームをブレークされる展開となりましたが、相手に前後に揺さぶられても素早い反応を見せて軽快なフットワークで対応したほか、要所では連続でサービスエースを奪うなど落ち着いた試合運びで、6−4で取りました。

大坂選手はセットカウント2対0のストレートで勝ち、5年連続で2回戦に進みました。

大坂選手は、2回戦で世界42位、中国の鄭賽賽選手と対戦します。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2020.01.20 Monday
  • 11:29