Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

スポーツ

フィギュア 羽生選手がショートプログラムで世界最高得点を更新

フィギュアスケートのグランプリシリーズロシア大会は16日、前半のショートプログラムが行われ、羽生結弦選手が前回大会で自身が記録した今シーズンの世界最高得点を更新する110.53をマークしてトップに立ちました。

オリンピック2連覇の羽生選手は16日、今シーズンの自身のグランプリシリーズ2戦目となるロシア大会、前半のショートプログラムの演技に臨みました。

羽生選手は冒頭の4回転サルコーをほぼ完璧に決めて勢いに乗り、続く得意のトリプルアクセルと得点が1.1倍になる後半の4回転トーループと3回転トーループの連続ジャンプもスムーズに着氷しました。

羽生選手は、スピンとステップでも最高評価のレベル4を獲得し、前回のフィンランド大会のショートプログラムで自身が記録した今シーズンの世界最高得点をおよそ4点上回る110.53をマークして、2位に20点以上の差をつけてトップに立ちました。

カナダ大会で9位だった20歳の友野一希選手は、ジャンプで着氷が乱れ、82.26で4位でした。

後半のフリーの演技は、17日に行われます。

「ノーミスと胸を張って言うことができる」

羽生結弦選手は、ショートプログラムで前回のフィンランド大会で記録した今シーズン世界最高得点を更新したことについて「今大会では、フィンランド大会と同等の記録が出れば満足かなと思っていたので、頑張れたのかなと思う。後半のトーループのジャンプの着氷がぐらついたが、きょうの演技だったら自分でもノーミスと胸を張って言うことができる」と笑顔で話していました。

また、フィンランド大会から10日ほどの間隔での大会だったことについて「思ったより時間がなかったが、休むところは思い切り休み、練習するところはしっかり練習して、自分でコントロールしてコンディションを整えることができた」と話しました。

また、後半のフリーのプログラムがロシアのオリンピック金メダリスト、エフゲニー・プルシェンコさんが使用した曲を使っていることを踏まえ「ロシアはシニアになって4回目だが、今シーズンのプログラムはロシアにゆかりがあるものだし、自分のスケートのルーツでもある。あすもファンに喜んでもらえる演技ができるよう、調整したい」と意気込んでいました。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

  • 2018.11.17 Saturday
  • 09:51

スポーツ

横綱 稀勢の里関 きょうから休場へ

大相撲九州場所で横綱 稀勢の里関が5日目の15日から休場することになりました。一人横綱として今場所に臨んだ稀勢の里関は、横綱として87年ぶりに不戦敗を除いて初日から4連敗を喫していました。

稀勢の里の休場は、ことしの名古屋場所以来で10回目です。今場所は、初日から白鵬関と鶴竜関が休場していて横綱不在の場所となります。

  • 2018.11.15 Thursday
  • 09:09

スポーツ

大谷翔平選手が大リーグ新人王受賞 日本人で4人目

大リーグ1年目のシーズンに投打の二刀流で活躍したエンジェルスの大谷翔平選手が12日、アメリカンリーグの新人王に選ばれました。日本選手が大リーグの新人王を受賞したのは2001年のイチロー選手以来、4人目です。

大リーグのアメリカンリーグとナショナルリーグの新人王は、全米野球記者協会の会員となっている記者30人ずつの投票で決まります。

このうちアメリカンリーグでは、投打の二刀流でプレーして、ピッチャーで4勝、バッターでホームラン22本をマークした24歳の大谷選手のほか、ヤンキースのサードを守り、ホームラン27本、打率2割9分7厘を残した23歳のミゲル・アンドゥハー選手、同じくヤンキースのセカンドでホームラン24本を打った21歳のグレイバー・トーレス選手が最終候補の3人になっていました。

そして、12日に今シーズンの受賞者が発表され、大谷選手がアメリカンリーグの新人王に選ばれました。

日本選手が大リーグの新人王を受賞したのは1995年の野茂英雄投手、2000年の佐々木主浩投手、2001年のイチロー選手に続いて大谷選手が4人目です。

大リーグの新人王は1947年に全米規模での表彰が始まりましたが、ピッチャーとバッターの両方で本格的にプレーする選手が受賞するのは大谷選手が初めてです。

大谷選手は、100年前に投打で活躍したベーブ・ルース以来となる「二刀流」の選手として、鮮烈なデビューを果たすとともに今回の受賞によって大リーグに新たな歴史を刻みました。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news


  • 2018.11.13 Tuesday
  • 09:28

スポーツ

がんから復帰の赤松選手 来季も広島と契約「少しでも貢献したい」

プロ野球で、ことし胃がんから2シーズンぶりに実戦復帰した広島の赤松真人選手が来シーズンも広島と契約を結びました。

赤松選手は、おととしのオフに胃がんが見つかり、手術で胃の半分を切除し抗がん剤治療などをへて、ことし2シーズンぶりに実戦復帰しました。

1軍の出場はありませんでしたが、副作用とみられる症状もある中、2軍では55試合に出場し、持ち味の俊足を生かして5つの盗塁を決めるなど、復活への一歩を刻み、来シーズンも現役を続行することが決まっていました。

赤松選手は12日、広島県廿日市市の球団施設で契約交渉を行い、年俸は、野球協約の減額制限いっぱいとなる25%ダウンの推定2025万円で契約を更改しました。

赤松選手は「戦力としてみていると言ってもらったので、ありがたく思う。成績も出していなかったので危機感が強かったが、うれしかった」と話していました。

来シーズンへ向けては「ことしはスタートからなかなか体が動かなかったが、夏を越えて動くようになってきた。1軍で2年やっていないので自信があるとは言えないが、これまでの経験はあるので、それをどう行動に移せるかだと思う。リーグ4連覇に少しでも貢献できるよう、力になりたい」と今後を見据えていました。


NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.11.12 Monday
  • 17:33

スポーツ

テニス ツアーファイナル 錦織選手がフェデラー選手に勝ち白星スタート

ロンドンで始まったテニスの男子ツアーの年間成績上位8人による大会、ツアーファイナルで、錦織圭選手は1次リーグの初戦でスイスのロジャー・フェデラー選手にセットカウント2対0でストレート勝ちし、白星スタートとなりました。

ツアーファイナルは、4人ずつ2つのグループに分かれて総当たりで1次リーグを戦い、各グループの上位2人が準決勝に進みます。

世界ランキング9位の錦織選手は2年ぶり4回目の出場で、初日の11日、1次リーグの初戦で世界3位、スイスのロジャー・フェデラー選手と対戦しました。

錦織選手はフェデラー選手に6連敗中でしたが、第1セットをタイブレークの末、7−6、第2セットは6−3のセットカウント2対0でストレート勝ちし、ツアーファイナル白星スタートとなりました。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

総理官邸 公式Twitter:@Kantei_Saigai
  • 2018.11.12 Monday
  • 07:52

スポーツ

NHK杯フィギュア 男子は宇野昌磨選手が優勝

広島市で開かれているフィギュアスケートのNHK杯は男子シングル後半のフリーが行われ、ピョンチャンオリンピック、銀メダリストの宇野昌磨選手が優勝を果たしました。

ショートプログラムでトップに立った宇野選手は、最初の4回転サルコーは回転不足と判定されましたが、2つめの大技、4回転フリップと続く4回転トーループは成功させました。

その後、2本目の4回転トーループは着氷でバランスを崩して予定していた連続ジャンプにできず、最後の連続ジャンプも1つめの3回転サルコーの着氷が乱れて2つめのジャンプを跳ぶことができませんでした。

それでも演技終盤のステップでは今シーズン初めて最高レベルの評価を得ました。

宇野選手はフリーで183.96、ショートプログラムとの合計、276.45で2位に22点以上の大差をつけて優勝を果たしました。

宇野選手はグランプリシリーズ1戦目のカナダ大会でも優勝していて、来月、カナダで開かれるグランプリファイナルに4年連続の出場を決めました。

このほか山本草太選手が合計213.40で6位。佐藤洸彬選手が合計185.18で。10位でした。

宇野昌磨選手「失敗あったが後味は悪くない」

男子シングルで優勝した宇野昌磨選手は、「体力が持つように練習してきたので、そこは心配せず、普通の自分が出せればと臨んだ。失敗はあったが、後味は悪くないし、いい演技に一歩近づいた内容だった」と納得した様子で話していました。

その上でショートプログラムに続いてフリーでも4回転トーループでミスが出たことについて、「試合になると興奮したり集中したりして力が入りすぎてしまう。気持ちのコントロールが難しければ、練習で体を疲れさせるなどいろいろな対処方法を考えていきたい」と話していました。

そして、4年連続の出場となる来月のグランプリファイナルに向けて、「最善を尽くして頑張ります」と話しました。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.11.10 Saturday
  • 22:00

スポーツ

NHK杯 女子シングル 16歳の紀平選手が優勝 宮原選手2位

フィギュアスケートのNHK杯が広島市で行われ、女子シングル後半のフリーで、16歳の紀平梨花選手が女子では大技となるトリプルアクセルを2本成功させる演技で、シニアのグランプリシリーズのデビュー戦で優勝を果たしました。

ショートプログラム5位の紀平選手は、冒頭のトリプルアクセルと3回転の連続ジャンプを成功させると、続く単独のトリプルアクセルも決め、出来栄えでも高い評価を得ました。

そのあともすべてのジャンプを成功させたほか、スピンやステップでも最高評価のレベルフォーを獲得し、自己ベストを7点余り上回る154.72をマークし、ショートプログラムとの合計で224.31で優勝しました。

ショートプログラム2位の宮原知子選手は予定していたすべてのジャンプを着氷させましたが、2本のジャンプで課題としていた回転不足を取られました。

フリーで143.39、ショートプログラムとの合計で219.47で2位となりました。

グランプリシリーズ1戦目のアメリカ大会で優勝している宮原選手は、来月、カナダで開かれるグランプリファイナルの出場を決めました。

ショートプログラム3位の三原舞依選手は、フリーで133.82、ショートプログラムとの合計は204.20で4位に入りました。

紀平梨花選手とは

フィギュアスケート、女子シングルの紀平梨花選手は、兵庫県出身の16歳。

14歳だったおととし9月のジュニアの国際大会で、女子選手では世界で7人目となるトリプルアクセルを成功させて注目を集めました。

さらに、去年12月のジュニアのグランプリファイナルでは、国際スケート連盟の公認大会で女子初となるトリプルアクセルと3回転トーループの連続ジャンプを成功させました。

ことし2月のピョンチャンオリンピックは年齢制限のため出場資格がありませんでしたが、代表の最終選考会となった去年12月の全日本選手権では、ショートプログラムとフリーで合わせて3本のトリプルアクセルを決めて3位に入り、表彰台に上がりました。今シーズンからシニアに参戦し、今回のNHK杯がグランプリシリーズのデビュー戦でした。

紀平選手「自分の記憶残る演技できた」

シニアのグランプリシリーズデビュー戦ながら逆転優勝を果たした16歳の紀平梨花選手は「トリプルアクセルは少し不安があったが、きょうの朝の練習で何回も確認して決めることができたので、本当にうれしい。集中することと絶対にやってやるという気持ちを頭に入れて臨んだ結果、いい演技ができた。自分の記憶に残る演技ができたが、これを続けることが大事なので、満足せずに、すぐに練習したい」と優勝にも浮かれた様子はなく、次を見据えていました。

そして、グランプリシリーズ2戦目となる2週間後のフランス大会に向けて「トリプルアクセルを不安なく踏み切れるように練習してグランプリファイナルも目指したい」と意気込みました。

宮原選手「悔しい思いもあるが刺激になった」

女子シングルで2位だった宮原知子選手は、「きのうのショートプログラムがよかったので、フリーもいい演技をしたいという思いから緊張が出てしまった。紀平選手が優勝し、悔しい思いもあるが、まだまだ頑張らないといけないと刺激になった」と話していました。

そして、グランプリファイナルに向けて「せっかくつかんだ出場権なので、きょうのミスをしっかり修正して臨みたい」と意気込んでいました。

三原選手「もっとレベルアップしたい」

女子シングルで4位だった三原舞依選手は「緊張がすごかったが、観客のほうの手拍子と声援が力になったし、温かい雰囲気の会場に来られて幸せだなと感じた。3回転の連続ジャンプの2つめのジャンプが回転不足を取られてしまったので、次の試合ではどこから見てもクリーンに降りられるようにもっともっとレベルアップしたい」と話していました。

グランプリシリーズ2戦目となる2週間後のフランス大会に向けて「今回見つかった課題をすべて克服して、完璧な状態で臨めるようにしたい」と抱負を話しました。


NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.11.10 Saturday
  • 19:00

スポーツ

サッカーJ1 川崎が優勝 2年連続2回目

サッカーJ1で川崎フロンターレの2年連続2回目の優勝が決まりました。J1での連覇は2013年のサンフレッチェ広島以来で5チーム目です。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

  • 2018.11.10 Saturday
  • 16:13

スポーツ

横綱 鶴竜関も九州場所を休場へ

大相撲の横綱 鶴竜関が右足を痛めた影響で、今月行われる九州場所を休場することになりました。これは師匠の井筒親方が明らかにしました。鶴竜関が休場すれば、ことしの名古屋場所以来、2場所ぶり11回目になります。横綱の休場が明らかになったのは白鵬関に続いて2人目です。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.11.08 Thursday
  • 18:06

スポーツ

横綱 白鵬関が九州場所を休場へ

大相撲の横綱 白鵬が右ひざなどを手術した影響で今月行われる九州場所を休場することになりました。これは、8日、師匠の宮城野親方が明らかにしました。白鵬の休場は、ことし7月の名古屋場所以来、2場所ぶり10回目になります。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2018.11.08 Thursday
  • 09:57