Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

スポーツ

イチローさん 学生野球指導の資格研修受講へ

プロ野球と大リーグで数々の記録を打ち立て、ことし3月に引退したイチローさんが、13日から始まる高校生と大学生に指導するのに必要な学生野球の資格回復の研修を受講することがわかりました。

ことし3月に引退した46歳のイチローさんは、現在、マリナーズの球団特別アシスタントとインストラクターを務め、今月1日には神戸市で行われた草野球の試合でプレーする姿を見せていました。

球界関係者によりますと、イチローさんは13日から3日間、東京都内で行われる、プロ野球経験者が学生野球の資格を回復するための研修を受講することがわかりました。

この研修は高校と大学での指導に必要なもので、プロとアマチュアの関係の歴史や高校生のけがの予防法、それに部活動の位置づけや安全対策などプロ側とアマチュア側のそれぞれが用意した講義を合わせて3日間受け、小テストやレポートの提出が求められています。

その後、日本学生野球協会から認められれば高校生と大学生に指導ができるようになります。

通常、資格回復はプロ球団を退団したあとでないと認められませんが、NPB=日本野球機構と日本学生野球協会は、野球殿堂入りした人や殿堂入りに準ずるような野球界に大きな功績を残した人については球団に所属したまま資格回復を認めることで合意していて、イチローさんはマリナーズに所属したまま資格回復が認められる見通しだということです。

イチローさんは、3月の引退会見では「小さな子どもなのか中学生か高校生か大学生かはわからないが、そこには興味がある」とアマチュア選手への指導に意欲を示していました。





NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.12.14 Saturday
  • 09:06

スポーツ

ザギトワ選手 活動の一時停止を発表 事実上の現役引退か

ピョンチャンオリンピックの金メダリスト、ロシアのザギトワ選手がスケート選手としての活動を一時停止すると発表し、事実上の現役引退と受け止められています。

アリーナ・ザギトワ選手は13日、国営テレビに出演し、「今月開催されるロシア選手権には出場しない」と述べたうえで、スケート選手としての活動を一時的に停止し、今後ヨーロッパ選手権や世界選手権といった国際大会への出場を見送る考えを示しました。

ザギトワ選手は活動停止の理由について「私は人生に求めるすべてを手に入れたが、人生とは常に何か満たされないものがあるべきだ。何かを手に入れたいと再び思えるよう、スタート地点に戻りたい」と述べました。

そのうえで、今後はアイスショーなどに専念する考えを示しました。





NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.12.14 Saturday
  • 07:32

スポーツ

フィギュアGPファイナル 羽生選手は2位 ネイサン・チェン選手が優勝

イタリアで開かれているフィギュアスケートのグランプリファイナルは7日、男子シングル後半のフリーが行われ、前半2位の羽生結弦選手は2年ぶりに演技に取り入れた難度の高い4回転ルッツを着氷したものの、後半のジャンプにミスが出て、逆転での優勝はならず2位でした。

優勝は、アメリカのネイサン・チェン選手で、大会3連覇を達成しました。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.12.07 Saturday
  • 22:15

スポーツ

羽生選手トップに NHK杯男子SP フィギュアスケート


フィギュアスケートのNHK杯は、札幌市で男子シングル前半のショートプログラムが行われ、オリンピック2連覇の羽生結弦選手は4回転からの連続ジャンプを着氷するなど、ほぼミスのない演技でトップに立ちました。島田高志郎選手は6位、山本草太選手は7位につけています。


NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

  • 2019.11.22 Friday
  • 21:42

スポーツ

フィギュアスケートNHK杯 女子SP 紀平選手は2位

フィギュアスケートのNHK杯は女子シングル前半のショートプログラムが行われ、大会連覇を目指す紀平梨花選手はトリプルアクセルや3回転の連続ジャンプを成功させ、2位につけました。

フィギュアスケートのグランプリシリーズ、NHK杯は22日、札幌市で開幕し、男女シングル前半のショートプログラムなどが行われました。

女子シングルに出場した紀平選手は演技冒頭のトリプルアクセルをきれいに決めると、3回転フリップと3回転トーループの連続ジャンプも成功させました。

単独の3回転ループでは着氷が乱れるミスがありましたが、スピンやステップではすべて最高評価のレベル4を獲得し、79.89で2位につけました。

トップに立ったのは今シーズン、シニアデビューしたロシアの16歳、アリョーナ・コストルナヤ選手で、トリプルアクセルなどすべてのジャンプを成功させ、これまで紀平選手が持っていた世界最高得点を更新する85.04をマークしました。

ピョンチャンオリンピック金メダルのロシアのアリーナ・ザギトワ選手はジャンプにミスが続くなど精彩を欠き、66.84で4位でした。

山下真瑚選手は65.70で5位、横井ゆは菜選手は62.67で8位でした。

NHK杯女子シングル後半のフリーは23日に行われます。

紀平選手「焦らずに対処できたのは成長」

女子シングル前半のショートプログラムで2位につけた紀平梨花選手は、「きょうのトリプルアクセルは100点満点に近かった。演技直前の練習で思うようなジャンプが跳べなかったが、靴ひもを固く結び直して修正した。焦らずに対処できたのは成長したということだと思う」と振り返っていました。

フリーに向けては「きょうミスが出た3回転ループを確認して、トリプルアクセルも予定している2本とも出来栄えが評価されるような着氷をしたい」と意気込みました。

また初めて演技に組み込むか注目される4回転サルコーについては、「4回転サルコーを入れることでほかの要素でミスが出ないようにしたい。あすの練習で調子を確認して自信を持てる4回転サルコーが跳べたら演技に入れる可能性はある」と話していました。

女子シングルのショートプログラムで4位となったロシアのアリーナ・ザギトワ選手は22日の演技について「不満です」と悔しそうな表情で振り返りました。

冒頭に予定していた連続ジャンプが失敗したことがその後の演技に影響したか聞かれると「影響はしていない。演技の次の要素に行くことしか考えていなかった。きょうはジャンプに対して落ち着きすぎていたのかもしれない」と話していました。

23日のフリーに向けては「見事な演技を見せて、すべてのジャンプを跳びたいと思う」と気持ちの切り替えに努めていました。

コストルナヤ選手「まだまだ頑張りたい」

女子シングルのショートプログラムで世界最高得点を更新してトップに立ったロシアのアリョーナ・コストルナヤ選手は「満足している。やることはできたが、まだまだ頑張りたいと思っている。あすのフリーでは最大限に集中して臨みたい」と笑顔も見せながら話しました。

一方、会場で多くのファンから声援を受けたことについて「きょうの演技で日本の方に伝えたいことを伝えることができたと思う。初戦のフランス大会を終えてから、あと何日で日本に来られるか楽しみにしていた」とうれしそうに話していました




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.11.22 Friday
  • 21:38

スポーツ

競泳 瀬戸選手 専門種目ではない200m平泳ぎで自己ベスト

来年の東京オリンピックで、競泳の日本代表に内定している瀬戸大也選手が、都内で行われた大会に出場し、専門種目ではない男子200メートル平泳ぎで、自己ベストとなるタイムをマークしました。

21日から東京辰巳国際水泳場で始まった競泳の「東京都オープン」にはトレーニングの一環として日本代表クラスの選手たちが出場しています。

このうちことし7月の世界選手権で個人メドレー2種目で金メダルを獲得し、東京オリンピックの日本代表に内定した瀬戸選手が専門種目ではない男子200メートル平泳ぎに出場しました。

瀬戸選手は前半の100メートルをこの種目の日本記録保持者の渡辺一平選手に次ぐ2番手で折り返すと、最後の50メートルではテンポを上げて渡辺選手を追い上げる泳ぎを見せ、2位でフィニッシュしました。

タイムも2分8秒98と自己ベストを1秒以上更新するなど、トレーニングが順調に進んでいることをうかがわせる内容でした。優勝した渡辺選手のタイムは2分8秒47でした。

瀬戸選手は男子100メートルバタフライにも出場し、52秒60で3位でした。

また今シーズン一時休養していた萩野公介選手は2種目に出場し、男子200メートル自由形で1分48秒79で2位、男子200メートル背泳ぎでは1分57秒79で2位でした。

瀬戸選手「後半タイムを落とさずスパート」

瀬戸大也選手は専門種目ではない男子200メートルで日本記録を持つ渡辺一平選手に次ぐ2位だった結果について「いったん渡辺選手が見えたが、やはり平泳ぎが専門の選手、自分はまだまだだと思った。いい刺激になった」と振り返りました。

そのうえで自己ベストを1秒以上更新したタイムについて「練習でかなり疲労がたまり決勝のレース前はかなり体がきつかったが、後半タイムを落とさずスパートをかけられた。スピードはまだまだなので、22日からはキレも出していきたい」と話していました。

渡辺選手「後半の体力面で課題」



男子200メートル平泳ぎで優勝した渡辺一平選手は瀬戸大也選手にラストで追い上げられたレース展開について、「先輩の瀬戸選手が後ろからどんどん迫ってきているのは感じていたが、最後に勝ち切れてよかった」と話していました。

そのうえで、「最後の50メートルでバテてしまい、後半の体力面で課題が残った。ストロークやテンポなどさらに泳ぎを見直し、来年4月の日本選手権では世界記録を再び更新できるよう、残りの5か月でできることはすべてやりたい」と気を引き締めていました。

萩野選手「しっかり次につなげたい」

?

萩野公介選手はレース後、「自分の足りない部分を確認したり、レースでしか学べないことを学べたりできたのでよかった。本番はここではない。しっかり次につなげたい」と話しました。

今シーズンは一時休養し、8月にレースに復帰してからは思うようなタイムを出せないレースが続きましたが、今月10日に行われた国内大会で日本代表候補として強化指定を受けられる基準タイムを突破しました。

21日は出場した2種目とも前回のレースよりもタイムを縮めていて、萩野選手は「少しずつ泳ぎはましになっているが、まだまだだと感じる。安定してきれいな泳ぎで泳げていないが、これからの冬場で頑張っていく部分だと思う」と話していました。

今大会では23日、およそ10か月ぶりに男子400メートル個人メドレーに出場する予定で、「自分でもどれくらいのタイムが出るかわからないが、それも楽しみにして、深く考えることなくいいレースをしたい」と話し、リオデジャネイロオリンピックで金メダルを獲得した得意種目に向けて意気込んでいました。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.11.22 Friday
  • 08:41

スポーツ

フィギュア NHK杯きょう開幕 羽生選手と紀平選手の演技に注目 札幌

フィギュアスケートのNHK杯が22日、札幌市で開幕します。男子シングルでは、グランプリシリーズの自身の初戦で自己ベストの高得点を出した羽生結弦選手の演技が、また、女子シングルでは紀平梨花選手とピョンチャンオリンピックの金メダリスト、ロシアのアリーナ・ザギトワ選手などとの優勝争いが注目されます。

フィギュアスケートのNHK杯は世界6か所で開かれるグランプリシリーズの1つで、ことしの大会は今シーズンの第6戦として22日から札幌市で行われます。

日本勢は、男子シングルにオリンピック2連覇の羽生選手をはじめ、山本草太選手、島田高志郎選手が出場します。

このうち、羽生選手は、自身のグランプリシリーズ初戦となった先月のカナダ大会で、4回転からの連続ジャンプを成功させるなど、世界最高に迫る自己ベストの高得点をあげて優勝しました。

NHK杯に向けて「コンディションはすごくいい」と話していて、磨きがかかった演技で3年ぶりの優勝なるか期待が集まります。

一方、女子シングルでは、昨シーズンのNHK杯を制した紀平選手のほか、山下真瑚選手と横井ゆは菜選手が出場します。

トリプルアクセルが持ち味の紀平選手は、先月のカナダ大会で4回転ジャンプを決めたロシアの15歳、アレクサンドラ・トゥルソワ選手に敗れて2位。

今大会はザギトワ選手や、トゥルソワ選手と同じく今シーズン、シニアデビューしてグランプリシリーズのフランス大会を制したロシアのアリョーナ・コストルナヤ選手と優勝を争うことになります。

21日の練習で着氷した4回転ジャンプを紀平選手が初めて演技に組み込みかも注目されます。

このほか、日本勢はペアで三浦璃来選手と木原龍一選手が出場します。

NHK杯は22日と23日、競技が行われます。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.11.22 Friday
  • 08:39

スポーツ

ラグビー ジョセフHCの続投決定 フランス大会の2023年まで

ラグビーワールドカップ日本大会で日本を史上初のベスト8に導いたジェイミー・ジョセフヘッドコーチが、次のフランス大会が行われる2023年まで引き続き代表チームを指揮することが決まりました。

これは、日本ラグビー協会が18日発表しました。それによりますと、日本代表のジョセフヘッドコーチについて、来月までになっていた契約を次のフランス大会が行われる2023年まで更新しました。

ジョセフヘッドコーチについて日本協会は、ワールドカップ日本大会で強豪のアイルランドやスコットランドを破るなどして史上初のベスト8を達成した手腕を高く評価し、続投を要請して交渉に当たってきました。

契約更新についてジョセフヘッドコーチは「私たちは目標のベスト8を達成したが、その先を見据えると課題がある。そのためにも私はもう一度、日本代表と一緒にチャレンジする道を選んだ。今まで以上にチームを強化していきたい。次のワールドカップに向けての準備はきょうから始まっている」とコメントしています。

また、日本協会の森重隆会長は「日本代表を世界レベルにまで強化した手腕を高く評価している。世界一の背中が見え、これからの4年間、さらに日本代表を強化してくれることを期待している」とコメントを出しました。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.11.18 Monday
  • 16:41

スポーツ

巨人 山口投手 ポスティングで大リーグ挑戦へ

プロ野球、セ・リーグで今シーズン最多勝など3つのタイトルに輝いた巨人の山口俊投手が、このオフにポスティングシステムを利用して、大リーグ移籍を目指すことが関係者への取材でわかりました。巨人は山口投手の意向を容認する方針で、球団としてポスティングシステムの利用を認める初めてのケースとなります。

山口投手は3年前のオフに国内に限ったFA=フリーエージェントの権利を行使してDeNAから巨人に移籍しました。

今シーズンは15勝4敗、188奪三振で、最多勝と最高勝率、それに最多奪三振の3つのタイトルに輝き、巨人の5年ぶりのリーグ優勝に貢献しました。

関係者によりますと、山口投手は日本が大会初優勝を果たした「プレミア12」の代表合宿に合流する直前に球団に対し、ポスティングシステムを利用した大リーグ移籍の希望を伝えたということです。

巨人はこれまでポスティングシステムでの移籍を認めておらず、過去に大リーグに移籍した松井秀喜さんや、上原浩治さんは海外も含めたFAの権利を行使したものでした。

巨人は今回、山口投手の意向を容認する方針で、球団としてポスティングシステムの利用を認める初めてのケースとなります。

山口投手は18日午後、原辰徳監督と球団社長とともに会見を開き、大リーグ挑戦を決意した理由などについて説明することにしています。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.11.18 Monday
  • 16:33

スポーツ

プレミア12初優勝 稲葉監督 東京五輪「金」へ決意

東京オリンピックの前哨戦となる野球の国際大会「プレミア12」で初優勝を果たした日本代表の稲葉篤紀監督が決勝から一夜明けて取材に応じ「またきょうからオリンピックへ向けていい準備をしていきたい」と金メダル獲得への決意を示しました。

2回目の開催だった「プレミア12」で、日本は17日夜、東京ドームで行われた決勝で4年前の前回大会優勝の韓国に5対3で逆転勝ちし、初優勝を果たしました。

一夜明けて稲葉監督が都内で取材に応じ、「優勝できてほっとした気持ちだ。みんなが勝ちたいという思いで1打席1球に全力で魂を込めてやった結果だと思う」と改めて喜びを語りました。

そのうえで稲葉監督は「きのうで大会は終わった。オリンピックでは韓国もメキシコも悔しさを持ってわれわれを倒しに来る。きょうからしっかりと準備できるようにやっていきたい」と来年夏の東京オリンピックを見据えて気を引き締めました。

一方、今大会では海外のピッチャーの「動くボール」や、独特のフォームで投げてくるピッチャーへのタイミングの取り方に苦しむバッターも多かったことについて「アジアの投手と南米の投手の違いも感じたが、バッターがそれぞれ工夫してフォアボールを選んだり、なんとかうしろにつなごうとやってくれた。国際大会では連打で点をとるのは難しく、機動力やバントをしっかり使うことが大事だと感じたので、オリンピックへ向けて考えてやっていきたい」と話していました。

野球日本代表が次に招集されるのはプロ野球の来年のシーズンが中断されるオリンピック直前となる予定です。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.11.18 Monday
  • 14:35