Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

カレンダー

「大きな発表となるでしょうか?」


こちらは、ペーパークラフト作家 松田祐樹さんのカレンダーの4月に掲載されている作品です。




天文学者として宇宙を訪れたイノシシがサルを発見した様子が衛生中継されています!


イノシシは、サルからどんな話を聴くのでしょうか?彼らの行動も中継で観られそうですね!


サルはイノシシに気づいて驚いたり、自分の事に夢中になるなどそれぞれですね✩

  • 2019.04.01 Monday
  • 07:00

カレンダー

「今日も美しい声を響かせているでしょうか?」



こちらは、ペーパークラフト作家 松田祐樹さんのカレンダーの3月に掲載されている作品です。



中央にいる黒柏鶏は、島根県と山口県でかなり古くから飼育されてきた中型の鶏です。現在山口県内では、山口・防府・徳山の三市及びその付近の町村だけで飼育されています。

鳴き声は普通7〜8秒続き、中には10秒に達するものもあるそうです。果たして今日は、どれほど声を響かせるのでしょうか?

そして、黒柏鶏の両側にはそれぞれ1頭ずつイノシシがいます。頭にあしらわれているのは黒柏鶏の羽のようですね。


ところで、今回の光景を観て2017年10月の尾長鶏を思い出されている方もいらっしゃるかもしれませんね!
この時にアルファベットが示していたのは方角でしたが、今回は四大元素である 土(Earth)、火(Fire)、水(Water)、土(Air)です!
  • 2019.03.01 Friday
  • 08:00

カレンダー

「みんなの幸せを願って!」

こちらは、ペーパークラフト作家 松田祐樹さんのカレンダーの2月に掲載されている作品です。

エジプトの神・アヌビスに3頭のイノシシが密着中!

アヌビスは、様々な魂が来世へとつながる事を願っています。

そして、その魂がつながるためには1人では足りないので、イノシシ達が神使として選ばれたのです。

天秤の皿の上に座っている2頭、神の後ろから覗くように背中を見つめる1頭。偉大な神を目の前にして、きっと緊張していることでしょう。

全体的な厳かさと、イノシシの体の模様が馴染みのものとは違う事がとても印象的ですよね。


  • 2019.02.01 Friday
  • 09:42

カレンダー

「猪鹿蝶!」

こちらは、ペーパークラフト作家 松田祐樹さんのカレンダーの1月に掲載されている作品です。


親イノシシが、花札の箱の上から辺りを眺めています。

そして、2匹のウリ坊がそれぞれ獲得した札の上に座っていますね!

1匹は蝶と共に描かれた牡丹。

2匹目は鹿と共に描かれた紅葉。

箱に書かれたたくさんの言葉から、好きな一言を選ぶ事に夢中になったり!

親と同じ方向を見つめていたり!

そして、多くの言葉は「ありがとう」・「一期一会」・「希望」・「勇気」など温かさを伝えてくれたり、前向きにさせてくれるものばかりですね(^_^)

その中で「マジ」の文字を目にした時の思いは「意外!」でした(^O^)



  • 2019.01.01 Tuesday
  • 08:00

カレンダー

「お宅訪問!」




こちらは、ペーパークラフト作家 松田祐樹さんのカレンダーの12月に掲載されている作品です。


ここは、とても立派なお家ですね!エレベーターもあるのですね!!


庭では、2匹の仔犬が楽しそうにボール遊びをしていますね。
その庭の端で、様子を見守るように観ているラブラドールレトリーバー。
すぐ側にいる1匹を含む3匹と、きっと親子でしょうね。
黄色もので、運気もアップ?!

エレベーターで2階に上がってすぐ、そして隣の部屋にそれぞれ、ゴールデンレトリバーの姿があります。

2階に上がったところにいる1匹は、何か話したいのようですね!

一方、隣の部屋の1匹は絶景を堪能しているのか、とても静かですね。

ところで、金色に輝く足跡は表札?
表札だとしたら、数が多いのでこれもデザインでしょうか?




自慢の豪邸で、のんびりと過ごさせてもらいました(U⌒▽⌒U)
  • 2018.12.01 Saturday
  • 07:00

カレンダー

「はい、ポーズ!」




こちらは、ペーパークラフト作家 松田祐樹さんのカレンダーの11月に掲載されている作品です。



トイ・プードルは、上段からブラウン・ホワイト・カフェオレカラーの子がそれぞれ、こちらに
注目していますね。


ブラウンの子の横にあるのは、本。そして、ドックフードでしょうか?

ホワイトの子の隣には、スタンドライトと液晶テレビがありますね。テレビの斜め前にある赤いボールは、きっと遊び道具ですね!

カフェオレの子の向かって左には観葉植物、右にはまた本がありますね。どんなことが書かれていて、誰が読むのでしょうか?そして、言語はもしかしてフランス語?




そして、ティーカップ・プードルも2匹いますね。
ホワイトの子は、ティーカップの中でリラックスタイムのようですね!
ブラックの子は、書類ケースがお気に入り!
少し見下ろしたところにある、観葉植物からの癒し効果も得られるのかもしれませんね!

ホワイトのティーカップ・プードル以外は、全員正面を向いているので、撮影などしているのかなと想像しています(^-^)
  • 2018.11.01 Thursday
  • 07:00

カレンダー

「我が家へようこそ!」






こちらは、ペーパークラフト作家 松田祐樹さんのカレンダーの10月に掲載されている作品です。



今月は、柴犬の集合住宅に来ています。



最上階にいるコは、自分の家の良さをより多くの人に伝えたいようです!

2階にいる一頭は、遠くの景色を眺めています。

1階では、誰かを招待したのでしょうか?楽しい時間を過ごせそうですね!

この建物の屋根は赤が多いので、きっと彼らのラッキカラー!
  • 2018.10.01 Monday
  • 07:24

カレンダー

「リーダーになるのはどちらか?」

こちらは、ペーパークラフト作家 松田祐樹さんのカレンダーの9月に掲載されている作品です。





中央では、ブラウンとホワイトのブルドッグが見合って緊迫した空気が流れています。

今日は、何かを決定しなければならない日なのでしょうか?



その様子を、目の前で静かに見守っているのはボストンテリア。審判としている事も考えられます。

フレンチブルドッグは、熱戦中の2頭の様子を高所から見渡せる場所に座っていますね。

パグも、別の場所で同じように観戦中ですね。


他の2頭は、おもちゃ遊びに夢中なったり、どこか遠くを見つめています。もしかしたら、勝負事が苦手なのかもしれませんね(^-^)



  • 2018.09.01 Saturday
  • 07:30

カレンダー

「栄冠に輝くのは誰でしょうか?」






こちらは、ペーパークラフト作家 松田祐樹さんのカレンダーの8月に掲載されている作品です。


今日はより美しいのは誰なのかが決定される日のようです!
トリマーさんによって、整えられたスタイルはどの子もお似合いですね!

参加している犬種のうち、スタンダード・プードルとアメリカン・コッカー・スパニエルは、特に手入れが必要のようです。

調べた資料によれば、お手入れについて以下のように推奨されていました。

【スタンダード・プードル】
《独特の細かいカールにより絡まりやすいため、ブラッシングをしないとフェルト状になってしまいます。
できれば毎日、少なくとも週に2〜3回はブラッシングを》。

【アメリカン・コッカー・スパニエル】
《アメリカン・コッカーには、足元に向かって毛のボリュームを広げる独特のスタイルのトリミングが施されることがあります。家庭でこの形を作ることは難しいため、月に1度くらいのトリミングが必要です。
特別なトリミングをしなくても、ダブルコートで被毛が厚くトップコートが長いため、週に3回以上のブラッシングを》

会場では、前列に左からスタンダード・プードル、アメリカン・コッカー・スパニエル、イングリッシュ・コッカー・スパニエル。後列には左からヨークシャーテリア、ポメラニアンが楽しそうに壇上にいます。

ポメラニアンは、ヨークシャーテリアのいる方向に少し見上げるような様子ですが、もしかしたら、ヨークシャーテリアのふんわり綿菓子のような毛並みに驚いているのでしょうか?


コンテストが終わったらさっそく、お出かけするのでしょうか?



最後に、今年は連日猛暑・酷暑が続いているので、彼ら自身とお世話をされるトリマーさんや飼い主さんたちが体調不良とならないことを、心より願っています。
  • 2018.08.01 Wednesday
  • 06:15

カレンダー

「どこまで行くのでしょうか?」

こちらは、ペーパークラフト作家 松田祐樹さんのカレンダーの7月に掲載されている作品です。

ドライバーのダルメシアンは、安全運転をするのはもちろん、お客さんを楽しませる事についても好評で、いつも満員のようですよ!
この日は、パピヨンとシーズーがドライブを楽しんでいますね!
離れた場所から、その光景を眺めているのはミニチュア・シュナウザーです。
だけど、その心境は乗れなくて残念なのか、このように観て楽しむのが好きなのかは不明です。
皆様は、どのように思われますか?
そして、ミニチュア・シュナウザーの辺りにたくさんあるのは積み木でしょうか?ここでも、いっぱい遊べそうですね!

彼らのように、皆様も充実した1日でありますように(^-^)


  • 2018.07.01 Sunday
  • 06:50