Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

食事

今夜は

・米なすの洋風田楽

・そら豆の蒸し焼き

・ウインナー

・ミニトマト

・キンカン


に、


・特茶ハイ



の晩酌付きで、安全においしくいただきました(^O^)
  • 2019.03.18 Monday
  • 20:54

ニュース

はやぶさ2 クレーターつくる実験 来月5日に 星の内部調査へ

小惑星「リュウグウ」への着陸に成功した探査機「はやぶさ2」についてJAXA=宇宙航空研究開発機構は、次は小惑星の内部を調べるため、上空から金属の塊を撃ち込んでクレーター状の穴をつくる世界初の試みを来月5日に実施する、と発表しました。

はやぶさ2は先月22日、地球からおよそ3億4000万キロ離れた小惑星、リュウグウへの着陸に成功し、JAXAは計画どおり岩石を採取できた可能性が高いとしています。

JAXAは18日、次のミッションの詳細を発表し、小惑星の内部を調べるため、上空から金属の塊を撃ち込みクレーター状の穴をつくる世界初の取り組みを来月5日に実施する、と発表しました。

計画でははやぶさ2は高度500メートル付近で金属の塊を発射する「インパクタ」と呼ばれる装置を分離、「インパクタ」は降下して高度300メートルから200メートルの間で金属の塊を秒速2キロの高速で発射し、小惑星表面にクレーター状の穴をつくります。

はやぶさ2はこの間、「インパクタ」の破片や飛び散る岩石にあたって機体を損傷しないよう、小惑星の裏側に移動します。

JAXAでは、穴をつくったあとカメラなどで内部の様子を観測するほか、可能と判断すれば5月以降、穴の内側や周辺を狙って2度目となる着陸を行い、小惑星内部の岩石の採取を試みる計画です。

JAXAの佐伯孝尚プロジェクトエンジニアは「大量に飛散する装置の破片や岩石のかけらが探査機に当たってしまうと機体がダメになってしまう。先月の着陸とは違った運用となり、次も難しい挑戦になる」と話しています。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.03.18 Monday
  • 18:49

ニュース

新元号 誰が発表するか「検討中」首相

2週間後に控えた皇位継承に伴う新しい元号の発表について、安倍総理大臣は参議院予算委員会で、発表者は検討中だとしたうえで、総理大臣談話を出すことも含めて検討していることを明らかにしました。また菅官房長官は安定的な皇位継承の確保などの課題について、皇太子さまの即位後、早い時期から検討を始める考えを示しました。

この中で安倍総理大臣は2週間後に控えた皇位継承に伴う新しい元号の発表について、「発表者も含めて現在検討中だ。新たな元号が広く国民に受け入れられ、日本人の生活の中に深く根ざしたものとなるよう、国民にわかりやすい形で伝わるようにしていきたい」と述べました。

そのうえで、「総理大臣談話を出すのか」と質問されたのに対し「どういう形で発表していくのがいいのか、今、言われたことなども含めて現在検討しているところだ」と述べました。

また菅官房長官は安定的な皇位継承の確保などの課題について、国家の基本に関わる極めて重要な問題であり、慎重かつ丁寧に検討を行う必要があるとしたうえで、検討を始める時期について、「即位されたのちと考えている。そんなに時間は待たないでと思っている」と述べました。

さらに宮内庁の西村次長は、皇太子さまが新しい天皇に即位されたことをお祝いする一般参賀を5月4日に行うことを決めた理由について、「即位後なるべく早く実施したほうが多くの国民が喜ぶのではないかとの声を受け宮内庁で検討して決定した。両陛下の日程や、10連休の間がいいだろうということなど、さまざまなことを総合的に勘案した」と述べました。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.03.18 Monday
  • 18:47

ニュース

両陛下 皇居の生物調査などの企画展に 国立科学博物館

天皇皇后両陛下は、18日、皇居で行われてきた生物調査の結果や、天皇陛下のハゼやタヌキの研究を紹介する企画展をご覧になりました。

この企画展は、天皇陛下の即位30年を記念して、東京の国立科学博物館で開かれているものです。

会場では、天皇陛下の意向をきっかけに平成8年から皇居で行われてきた生物調査の結果のほか、天皇陛下が長年取り組まれてきたハゼの分類や、皇居に生息するタヌキの生態に関する研究の成果が紹介されています。

このうち、皇居で採集されたトンボやチョウなどを紹介するコーナーでは、都心部ではほとんど見られない絶滅のおそれのある種が見つかったと説明を受けると、天皇陛下は「調査をやっていただいてよかったわけですね」と述べられ、皇后さまは「昔はよく飛んでいたけど」と話されていました。

両陛下は、18日は、皇居で行われた即位30年を記念する雅楽の演奏会にも足を運ばれました。

皇太子さまや秋篠宮ご夫妻などの皇族方も出席され、宮内庁の楽部の職員が演奏を披露すると、両陛下は、伝統的な雅楽の調べに、じっと耳を傾けられていました。





NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.03.18 Monday
  • 18:22

ニュース

「オリンピックおじさん」山田直稔さん死去 92歳

1964年の東京オリンピック以来、半世紀にわたって会場から羽織はかま姿で選手を応援し続け、「オリンピックおじさん」の愛称で親しまれてきた富山県出身の山田直稔さんが今月9日、東京都内の病院で心不全のため亡くなりました。92歳でした。

富山県南砺市出身で、東京で会社を経営する山田さんは1964年の東京オリンピック以来、1度も欠かすことなく夏の大会の会場を訪れ羽織はかま姿で選手を応援し続け、「オリンピックおじさん」の愛称で親しまれてきました。

また来年の東京オリンピック・パラリンピックの機運を盛り上げようと、3年前から南砺市の道の駅で山田さんが撮りためた写真や記念品などおよそ200点を紹介する企画展を開くなど、PR活動にも取り組んできました。

会社によりますと、山田さんは来年に迫った東京オリンピックの観戦を楽しみにしていたということですが、ことし2月に体調を崩し東京都内の病院に入院し今月9日に心不全のため亡くなったということです。92歳でした。

葬儀は今月15日に親族で執り行ったということで、来月16日に東京でお別れの会が開かれるということです。

東京五輪を楽しみに…

山田さんが亡くなるまで会長を務めていた東京都内の会社の担当者によりますと、山田さんは大相撲の大ファンで、ことし1月の初場所はほぼ毎日、東京 両国の国技館を訪れ、金色のシルクハットにオリンピックのマークが入ったジャンパーというおなじみの服装で観戦を楽しんでいたということです。

来年の東京オリンピックについては「自分にとって集大成だ」と話し、試合会場で応援することを楽しみにしていたということです。

吉田沙保里さん「ご冥福をお祈り」

山田さんが亡くなったことを受けて、レスリング女子でオリンピック3連覇、4大会連続でメダルを獲得し、ことし1月に現役を引退した吉田沙保里さんが18日夕方、自身のツイッターを更新し「オリンピックおじさんの突然の訃報に驚いています」と心境を記しました。

そのうえで吉田さんは、「毎回、オリンピックの会場でお見かけした時には、勇気をもらっていました。今度は一緒に東京オリンピックの会場で応援できると思っていたのでとても残念です。ご冥福をお祈りいたします」とつづっています。

福原愛さん「大きな声援に感謝」

オリンピックの卓球で2大会連続のメダルを獲得し、去年、現役引退を表明した福原愛さんは18日午後、自身のツイッターを更新し「とても悲しいです」と心境を投稿しました。

そのうえで福原さんは「オリンピック会場の観客席にオリンピックおじさんを見つけると異国の地でも、なぜだかほっとしたのを覚えています。東京オリンピック楽しみにしていただろうなあ。心より御冥福をお祈りいたします。大きな大きな声援、ありがとうございました」とコメントを寄せました。

有森裕子さん「多くの選手の背中を押した」

バルセロナオリンピックとアトランタオリンピックの女子マラソンで2大会連続でメダルを獲得した有森裕子さんは、NHKの取材に対し、「多くのオリンピアンが山田さんの応援で背中を押され、大舞台で輝くことができたと思います。心よりご冥福をお祈りいたします」とコメントを寄せました。

岩崎恭子さん「天国で応援してくれる」

山田さんは先月NHKの取材に応じた際、平成のオリンピックで一番印象に残ったシーンに、1992年のバルセロナ大会の競泳で当時14歳の岩崎恭子さんが金メダルを獲得したことをあげ、「神がかっていた」と話していました。

山田さんが亡くなったことを受けてNHKの取材に応じた岩崎さんは「世界各地で開かれているオリンピックに毎回来てくれたのは、本当に日本選手団のことを思って応援してくれていたんだなと感じる」と話したうえで、岩崎さんの金メダルを平成のオリンピックで最も印象に残ったシーンにあげていたことについては、「平成に入って30年以上がたって、いろいろな名場面があり、たくさんの名場面を見てきた山田さんが私の金メダルの場面を選んでいただいたのは、非常に光栄なことだと思う」と話しました。

また来年の東京オリンピックを前に亡くなったことについて、「日本の選手団は全員が山田さんのことを知っていると思うので、選手たちも活躍を見ていただきたかったのではないかなと思う。本当に残念だが、来年の東京大会は天国で応援してくださると思う」と話しました。

ネット上にも悼む声

山田さんが、来年の東京オリンピックを前に亡くなったことについて、ネット上では、悼む声が広がっています。

ツイッターには
「オリンピックおじさん山田直稔さんの訃報来年の東京五輪ではもうお姿を拝見できないんですね。空から見守ってください」
「来年の東京五輪観たかっただろうに。とても残念」
「オリンピックおじさん亡くなったのか…2020年東京オリンピックで応援する姿が観られないのは悲しい」など、来年の東京オリンピックで応援する姿を見ることができないことを残念がる投稿が相次いでいます。

また山田さんは大相撲をたびたび観戦するなど、相撲好きとしても知られていて、テレビ中継で山田さんを見たという人も多く、
「大相撲の初場所で見たんだけどな。残念です」
「最近は大相撲で旗を振る姿をみかけないと思っていたのだが。東京五輪を楽しみにしていただろうに」
「大相撲中継の時にいつも向正面に映ってましたね。土俵入りの時には必ず扇子を上から下に。ご冥福をお祈りします」
「大相撲放送に映るお姿をいつも楽しみにしていたのに。父と同い年92歳、御冥福をお祈りします」などという投稿も目立ちました。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.03.18 Monday
  • 17:36

ニュース

小説家が「ドラえもん」に込めたもの

毎年春休みになると映画館で決まって上映される「ドラえもん」シリーズ。1980年に第1作『のび太の恐竜』が上映され、ことしで実に39作目です。世代や家族ごとに、思い出があるのではないでしょうか。
この春の最新作で脚本を手がけたのが、直木賞作家の辻村深月さん。去年「本屋大賞」も受賞した人気作家ですが、実は大のドラえもんファンなんです。敬愛する藤子・F・不二雄さんの作品を書き継ぐことを、“聖書の続きを書くようなもの”と表現した辻村さん。ドラえもんから教わったこと、そして映画に込めたメッセージについて、たっぷりと語ってくれました。(科学文化部記者 河合哲朗)

舞台は初めての“月面”



3月1日に公開された『映画ドラえもん のび太の月面探査記』。
舞台は、ドラえもん映画では初めての“月面”です。のび太たちが月の裏側に作り出した「ウサギ王国」を舞台に、友情と冒険の物語が繰り広げられます。

幼少期からドラえもんに夢中

小説家の辻村深月さんがどんな脚本を書くのか、ぜひ話を聞いてみたくインタビューを申し込みました。

スタジオに現れた辻村さん。
ドラえもんカラーの青色のワンピースに、ドラえもんの指輪、ネックレスも“どら焼き”がモチーフと、トータルコーディネートで来てくれました。



辻村さんは、幼い頃からドラえもんの大ファン。初めての劇場映画は小学校に上がる年の春休みに見た『のび太と鉄人兵団』で、その後も、コミックスや映画で描かれる少し不思議な世界に夢中になってきたんだそうです。



小説にもドラえもんの影響が

辻村さん、実は小説家としても、ドラえもんからの影響を受けています。

去年「本屋大賞」を受賞した『かがみの孤城』。
主人公の中学生たちが、部屋の鏡を入り口に不思議な世界へ迷い込む物語で、まるで「どこでもドア」のように“日常”と“不思議”が入り交じります。



不思議な世界が日常の地続きにあるっていう考え方って、ドラえもんを読んでいなければ出てこなかったと思うんです。鏡がただ鏡だけで終わらずに、「その先に世界があるかもしれない」って考えられるのは、ドラえもんから教えてもらった想像力なので。ドラえもんがいなかったら、私は今と同じ形で作家になっていることはまずなかったと思います。

ことしは自分が「走る係」に

それほどまでに愛するドラえもんの脚本、さぞうれしかったのでは?聞いてみると、意外な答えが返ってきました。

まさかこんな日が来るとは思わなかったというのが正直なところですけど、実は6年ほど前に初めて脚本の依頼を頂いたとき、「すごく光栄だ」と思うのと同時に、仕事として関わると、ただ好きなだけではいられない場面も出てくると思って、かなり悩んで、結局その時はお断りさせて頂いたんです。

それでも、原作者の藤子・F・不二雄さんが亡くなったあとも自分がファンでいられたのは、現在まで作品をつないできた人たちがいたからだと思うようになり、気持ちが変わっていったそうです。

みんなが大事につないだバトンをもらって、ことし1年、走る係をやるということなんだなと分かってきて。じゃあ、ドラえもんに育ててもらった作家として、精いっぱい藤子先生のお手伝いをしようと思いました。


NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.03.18 Monday
  • 16:40

ニュース

本木雅弘さん「ただただ感謝」 義父の内田裕也さん死去

ロック歌手の内田裕也さんが亡くなったことを受けて、内田さんの長女、也哉子さんの夫で、俳優の本木雅弘さんがコメントを出し、「ただただ感謝しかありません」と別れを惜しみました。

コメントによりますと、本木さんは、仕事で滞在していたロンドンで妻から電話で訃報を伝えられたということです。

内田さんと最後に会ったのは、今月10日に長男と次男を連れて病院に見舞いに行ったときで、そのときの様子について、熱はあったもののとても穏やかで、孫たちの話にもうれしそうにうなずいていたと記しています。

そのうえで、「容体を見守る日々の中で、私も妻もどこかで覚悟はしておりました。時代を切り開いてきた業界の先駆者を失くしたという事においても非常に残念ですが、岳父として、常に紳士的に接してくれた事に、ただただ感謝しかありません」とコメントしています。

NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.03.18 Monday
  • 16:23

ニュース

次世代通信規格「5G」 空港での活用方法探る

高速で大容量のデータをやり取りできる次世代の通信規格「5G」のサービス開始に向け、日本航空とKDDIは空港での活用方法を探る実験を始めました。

日本航空とKDDIは18日、実験の一部を報道陣に公開しました。このうち、航空機の機体整備では作業員のヘルメットにつけた4Kカメラから5G回線で送られる映像を見て、離れた場所にいる熟練の整備士が指示をするという実験が披露されました。

5Gは高速で大容量のデータをやり取りできるため、ハイビジョンよりはるかに鮮明な4Kの映像を円滑に送ることができ、整備士が細かな部品の状況も確認できるということです。

また、搭乗ゲートではゲートの上に設置された5Gのアンテナと利用者が持つタブレット端末の間で、チケットの情報を瞬時にやり取りしてタッチをしないでも扉が開き、通過できる「タッチレスゲート」の実験が行われました。

記者会見をした日本航空イノベーション推進本部の西畑智博本部長は「5Gによってできることが広がっていく。こうした手触り感のある実験を行って、いろいろなシーンでも活用の可能性を探りたい」と話していました。

5Gをめぐっては来年から本格的に運用が始まるのを前に、通信各社がサービスの開発を急いでいます。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.03.18 Monday
  • 16:22

ニュース

RADWIMPS なぜ “震災” 歌う?

映画『君の名は。』の主題歌を手がけたことでも知られる人気ロックバンド「RADWIMPS」。ほぼ毎年、東日本大震災をテーマにした曲をネット上に無料で公開してきました。震災で直接被害にあうことはなかったメンバーたち。どんな思いで曲を作り続けてきたのでしょうか。(社会番組部 ニュース7ディレクター 松元泰祐)

多忙の人気バンドなぜ震災の曲を?

「前前前世」「なんでもないや」などを発表してきた人気ロックバンド「RADWIMPS」。

ライブやレコーディングなどで多忙を極めるメンバーですが、毎年この時期に行っているのが震災をテーマにした曲を発表することです。曲はCD販売などはせず、より多くの人に聴いてもらうようネット上に無料公開しています。



ほぼすべての作詞作曲を手がけているのが野田洋次郎さんです。

まさにことしの曲作りの真っ最中にもかかわらず、インタビュー取材の時間をいただきました。

被災地の出身ではなく、震災発生時も東京にいた野田さんは、直接、震災の被害は受けませんでした。

しかし、震災から受けた衝撃から歌を作らずにはいられなかったといいます。



野田さんが震災の発生から1週間ほどで曲を作り、翌年3月に発表したのが最初の曲『白日』でした。

「やはりあのとき日本に住んでいたすべての人がその前日3月10日とは全く違う自分になったと思うんですよね。あの出来事を経験して僕自身も当然そうだったし。この気持ちは残さないとと思ったんですよね。ただただ自然なこととして」(野田さん)

作りつづける忘れないために

その後もほぼ毎年、震災についての思いを曲にして発表してきました。

『ブリキ』(平成25年)
『カイコ』(平成26年)
『あいとわ』(平成27年)
『春灯』(平成28年)

そして、去年春には『空窓』(平成30年)を発表。
おととし(2017年3月)休校した福島県立浪江高校の最後の卒業生となった生徒たちから受け取った文章をもとにした曲です。



「あれからお前は どうしているか 見慣れぬ景色は もう慣れたか」(空窓・歌詞)

これらの曲には、被災した人々はもちろん被災しなかった人たちからも多くの反応がバンドの公式サイトに寄せられています。

「避難場所で別れた友達は津波に飲まれました。これまで何度も救われました。ありがとうございます(岩手)」

「聴いてうれしくなりました。私達を忘れてないんだと(福島)」

「自然に涙が出ました あの日のことをしっかりと覚えておこうと思いました」

野田さんは、作った曲が人々の心に届いたことは純粋にうれしいと感じています。

しかし、被災した人たちに「寄り添っている」などと思うつもりはないといいます。

「被災地に寄り添えるという感覚はなくてどこかおこがましいなと思って。だからぼくはもう被災しなかった人なのでそこから歩み寄るというよりは僕からみたいまの生の姿、被災地もそうだしこの日本の姿を僕の位置から歌い続けるしかないんだなと思う」

感じ始めた違和感新たな方向へ

野田さんは曲を作り続けるなかで迷いも生じてきたといいます。

ブログのなかでこうつづっています。

「来年以降も曲を作るかはわかりません。当たり前にやるかもしれません。ただ3月11日の、あの悲しみだけを切り取って一つの作品を作ることに少しずつ、違和感が生まれてきました」(2016年3月11日バンド公式ブログより)

こうした違和感を感じるようになってきたなか、去年は西日本豪雨など自然災害が相次ぎました。



特に昨年9月に北海道地震が起きた日の夜、野田さんはSNSでファンから寄せられる不安な声にこたえようとすぐにつくった曲をスマホを通じて発信しました。

ことし3月11日に発表した曲「夜の淵」は、こうして昨年災害のたびに感じて発信したことをかさねあわせ、1つの曲にしたといいます。



『夜の淵』

静かな 夜の淵
真っ黒な 空にぽつり
ひとつまた ひとつ光る
あれは いつかの光

もう少しで 朝がくる
眩しいほどの 光連れて
それまでは 心の中
小さなロウソク 大事に灯し
夢で手をつなぎ 一緒に眠ろう

あんなに近くで光る 隣同士の星よりも
僕らは ずっと近くで 息をする

運命めいて結ばれた あの美しい星座よりも
僕らは ずっと近くで 想いあう

何のため 生まれたのか
わからない 僕たちだけど
涙を流すためじゃ
ないことだけは たしかさ

それだけは たしかだ
あんなに近くに見える 隣同士の星よりも
僕らは ずっと近くで 息をする

運命めいて結ばれた あの美しい星座よりも
僕らはずっと近くで 想いあう
僕らは ぎゅっと手を 繋ぎあう

3月11日に発表されたこの曲にも、ネット上などで多くの反応が寄せられています。

「洋次郎さんは素敵な人だな 」
「あの日、道内は暗闇でした。地震、明日は我が身。ホントに。マジでね。洋次郎さん、ありがとう」
「どれだけの人が勇気をもらい、生きている当たり前を幸せだと感じたのかな」

起き続ける災害をみずらのことと受け止め曲として記憶にとどめておこうという営み。被災した人も被災しなかった人も曲をきいて、災害が起きたことに思いをめぐらせてくれたらうれしいと野田さんはいいます。



「被災した人たちも毎年毎年いろんな新しい思いが生まれるだろうし僕と同じように7年前、6年前とふりかえって自分の感情に決着をつけてここまでこれたんだと思ってもらえるなら本当にうれしい」

またみずからと同じ被災しなかった人たちにも。

「被災しなかった僕らみたいな人は曲をきっかけで本当にとてつもないことが日本で起きたことを忘れないでほしいしいつか自分の身に起きるなにか、毎年思いを新たにする日であってほしいと強く思っています」


忙しい音楽活動のなかにあって毎年のように起きる災害をわがことと受け止め、その思いを素直に音楽にしてきた野田さん。それに賛同し曲作りを一緒に行ってきたほかのメンバーやスタッフ。真摯(しんし)に社会に向き合いながら活動されていると感じました。

今回「RADWIMPS」が作ってきた震災の曲を何度も聴き、野田さんにインタビューをさせていただきました。

その取り組みや、作ってきた音楽は被災した人たちに癒やしや希望を与えるだけでなく、私自身も含め震災の被害を受けなかった者がどう震災と向き合っていけばよいのか、そのヒントを与えてくれているように感じました。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.03.18 Monday
  • 16:17

ニュース

電動車いすで東京 丸の内を観光 実験始まる

電動の車いすで移動しながらタブレットを使って、東京 丸の内エリアを観光してもらおうという実験が18日から始まりました。

NTTドコモなどが企画したこの実験では介護用に開発された1人乗りの電動車いすを観光客らに無料で貸し出し、案内役の先導で東京 丸の内エリアをおよそ15分間、移動します。

利用者には専用のタブレットも貸し出し、ドコモが開発した観光客向けのアプリで明治生命館など丸の内の歴史的な建造物を日本語と英語で案内したり、近くの飲食店などをAR=拡張現実の技術で紹介したりします。

ドコモなどは今回の実験でアプリの利用状況を確かめたうえで、実用化を検討していくことにしています。

NTTドコモ第一法人営業部の齋藤武部長は「車では入りにくい丸の内界わいの観光を車いすを使うことで、よりスムーズに楽しんでもらいたい」と話していました。

この実験は22日までの5日間、行われます。


NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2019.03.18 Monday
  • 16:13