Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

「心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣 長谷部誠著 -幻冬舎-」(サンプル)

本書は、以下の通りの内容となっています。

心は鍛えるものではなく、「整える」もの。安定した心を装備することで、常に安定した力と結果を出せる。チームで干されても腐らずにレギュラーを奪い返した。ワールドカップ予選では主将としてチームを束ね、本戦への切符を掴んだ。結果を出し続ける長谷部だからこそ、多くの読者の胸を打つ。誰もが実践&応用できるメンタル術。



本作は、以前から知っていましたが、20時から放送されているBS1「スポーツ×ヒューマン」に長谷川選手が出演している姿を観て、読むきっかけが引き寄せられました!!

自身に対して、しなやかなストイックさを持ち合わせている方だとこれまで以上に印象づけられました。


お読みになられた方は、どれほどいらっしゃいますか?
  • 2020.09.28 Monday
  • 20:39

「スティーブ・ジョブズ(2) ヤマザキ マリ 他1名共著 -KCデラックス-」(サンプル)

本書は、以下の通りの内容となっています。


アタリを辞め、悟りを求めてインドを放浪していたジョブズは、アメリカ帰国後も禅センターで知野弘文から禅を学んだ。その後、アタリに再就職したジョブズは夜間勤務を続けながら、HPで働くウォズと新たなチャレンジをしていく。ついにアップル誕生を描く、公式伝記の漫画化待望の第2巻発売!!(以下続刊)


座禅も経験あるとは思ってもいませんでした(^O^)


お読みになられた方は、どれほどいらっしゃいますか?

  • 2020.09.28 Monday
  • 15:50

スポーツ

大相撲 正代関の大関昇進が確実に

日本相撲協会は秋場所後に関脇 正代関の大関昇進に向けた臨時の理事会を開催することを決め、正代の大関昇進が確実になりました。

正代関は今場所、13勝2敗の成績で初優勝を果たし、直近3場所の勝ち星の合計は32勝となっていました。



公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2020.09.27 Sunday
  • 18:07

スポーツ

大相撲秋場所 関脇 正代関が初優勝

大相撲の関脇・正代関が秋場所千秋楽のきょう、13勝2敗で初優勝を果たしました。
熊本県出身の力士が優勝するのは初めてです。



公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2020.09.27 Sunday
  • 17:24

ニュース

佳子さま “手話甲子園”ことしはオンラインで出席

秋篠宮ご夫妻の次女の佳子さまは27日、高校生による手話パフォーマンスの全国大会を、インターネットを通じてご覧になりました。



「手話パフォーマンス甲子園」は、全国の高校生が手話を取り入れた演劇やダンスなどの出来栄えを競うもので、佳子さまは例年、会場となる鳥取県を訪ねられています。

ことしは新型コロナウイルスの影響で、倉吉市の開会式の会場と各地を結んで行われた大会のもようがインターネットでライブ配信され、佳子さまもお住まいでご覧になりました。

開会式では、事前収録されたビデオによるおことばが上映され、佳子さまは手話を交えながら、「困難を乗り越えて開催されることしの大会が、皆様にとってすてきな思い出になるとともに、本大会のすばらしい舞台がインターネットを通じて多くの人に楽しまれますことを願います」などと述べられました。

このあと、予選を勝ち上がった全国の15チームが紹介され、選手の代表が宣誓をして大会が始まりました。

大会では、高校生たちが手話を交えながら熱のこもった演劇や合唱を披露すると、佳子さまは時折うなずいたり拍手をしたりして、熱心にご覧になっていました。



公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2020.09.27 Sunday
  • 17:14

ニュース

俳優 竹内結子さん死去 40歳

俳優の竹内結子さんが27日、都内でなくなっているのが見つかりました。40歳でした。関係者によりますと自殺とみられるということです。

「日本いのちの電話」
▽ナビダイヤル「0570−783−556」午前10時〜午後10時
▽フリーダイヤル「0120−783−556」毎日:午後4時〜午後9時毎月10日:午前8時〜翌日午前8時


NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news

  • 2020.09.27 Sunday
  • 08:50

テレビ

《SWITCHインタビュー 達人達》

この番組は、異なる分野で活躍する2人の“達人”が登場。
番組の前半と後半でゲストとインタビュアーを「スイッチ」しながら、成功への道筋や、独自の哲学を語り合う。
それぞれの“顔”が見えるだけでなく、通常インタビュー番組にはない“化学反応”が醍醐味のクロストーク。



そして、今回は以下の通り内容でした。

「鈴木おさむさん×中邑賢龍さん」

数々のヒット番組をはじめ舞台や映画など多岐にわたり活躍する放送作家・鈴木おさむさんと、不登校などの子どもたちの才能を伸ばす教育を行う中邑賢龍さん・東大教授が語り合う。

前半、鈴木の人気小説「芸人交換日記」に基づく朗読劇を観た中邑さん。その後の対談で、エンターテイントな企画を次々とヒットさせてきた鈴木さんの才能の源に迫る。後半は鈴木さんが東大を訪問。発達障害などがあり「周りと違う」として学校になじめない子どもたちにさまざまな学びの場を提供する「異才発掘プロジェクト」について中邑に聞く。型にはまらない教育の「面白さ」を語り合ううちに2人の人生観に共通のキーワードが浮かびあがる。



2020年9月26日の放送内容は、昨年の再放送なのでご覧になられた方も多いと思います。

今回、私は母と2人の対談を初めて観ました。
内容を観る前は、お二人の共通点がどこなのか思い浮かびませんでした。
しかし、鈴木さんの身内に障害児がいることや、障害者と一緒お仕事を結構されている事を知り、納得すると同時に今までよりずっと身近な存在に感じる事ができました。
時間的にそろそろ寝ようとしていた事もあり、眺めるような感覚で観ていたのですが、一番知りたいところをしっかり観られて、良かったです☆
  • 2020.09.27 Sunday
  • 08:42

「増補新訂版 アンネの日記 -文春文庫 -」(サンプル)

本書は、言うまでもなく名作なので説明だと思いますが、以下の通り内容となっています。

1926年、ドイツで裕福なドイツ系ユダヤ人家庭の二女として生まれたアンネはナチスの迫害を逃れ、一家でオランダのアムステルダムに移住。1944年、姉マルゴーの召喚を機に一家で隠れ家生活に入る。ついに1944年、ナチにより連行され、最後はベルゲン=ベルゼン強制収容所でチフスのため15歳で亡くなった。ナチスに捕らわれる前まで書き続けていた日記には、自分用に書いた日記と、公表を期して清書した日記の2種類がある。本書はその二つを編集した「完全版」に、さらに新たに発見された日記を加えた「増補新訂版」。ナチ占領下の異常な環境の中で、13歳から15歳という多感な思春期を過ごした少女の夢と悩みが瑞々しく甦る。ユネスコ世界記憶遺産。

先程、Eテレ『#アンネ・フランク 時を越えるストーリーSNSと生存者の証言でつづる「アンネの日記」の空白のページ』を観ている時に、以前、AmazonKindleで本作をダウンロードしていた事を思い出しました。
過酷な日々の記録なので、面白いだなんて言えませんがこのタイミングで読めたことはよかったです。


お読みになられた方は、どれほどいらっしゃいますか?
  • 2020.09.26 Saturday
  • 17:29

ニュース

障害のある子も無い子も一緒に遊べる公園オープン 東京 池袋

障害のある子も無い子もともに遊べる「インクルーシブ」な公園が東京 豊島区にオープンしました。



池袋駅から東に1キロほどの造幣局東京支局の跡地にできた「としまキッズパーク」は、小さな子どもを対象にした公園です。

JR九州の豪華寝台列車、「ななつ星」を手がけた工業デザイナー・水戸岡鋭治さんがデザインを手がけ、障害のある子も無い子も一緒に遊べる遊具を整備しました。

車いすに乗ったまま楽しめる砂場や、一定の幅しかこげないようになっている安全なブランコが設置されています。ほかにも、親子が並んで滑れるように幅を広くした滑り台や、直射日光を浴びずに過ごせる屋根付きのキッズハウスには絵本をそろえたミニ図書館もあります。

脳の難病がある4歳の男の子と訪れた母親は、「車いすでも遊べる砂場があるとみんなと楽しめるので、こういう公園が増えてほしいです」と話していました。

新型コロナウイルスの感染防止のため、当面はホームページで予約を受け付け、利用時間は1時間、人数を80人に制限して運営するということです。



NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2020.09.26 Saturday
  • 14:47

ニュース

「聞こえているのに聞き取れない」対処法などオンラインで共有

「雑音があると、ことばが聞き取れない」「聞き返しや聞き間違いが多い」聴力は正常でも人混みなど雑音の多い場所だと必要な話を選び取れず理解できなくなってしまう、APD=聴覚情報処理障害と呼ばれる症状があります。症状に悩む人たちがオンライン上で交流会を開いて聞き取れなかった時にどう状況を改善させているか対処法を話し合いました。

この交流会は、症状がある人たちでつくる当事者会のメンバーが仕事や日常生活で抱える悩みを共有しようと開いたもので、高校生や主婦、それに会社員らが参加しました。

交流会では参加した人たちから新型コロナウイルスの影響で「職場でオンライン会議が増えて話の内容を聞き取れず、理解できない」とか、「買い物ではレジのあるカウンターに透明のカーテンがつるされたり、店員がマスクを付けたりしていてうまくやり取りできない」といった声が相次ぎました。

また、「話の内容がわからないまま相手の気分を損ねないよう、相づちを打って話を聞いているふりをしている」といったエピソードが紹介されると、大きくうなずく参加者の姿も見られました。

このほか、10年以上症状に悩んできたという58歳の女性が「職場で電話をうまく取りつげなかったり、上司の指示が聞き取れず転職を繰り返した」と悩みを打ち明ける場面もありました。

そして、うまく聞き取れなかった時はなるべく丁寧なことばで聞き返すほか、聞き取れなかった部分を確認する、また、症状があることを周りに伝えてなるべくゆっくり、はっきりと話してもらうなどといった対処法をそれぞれ紹介しました。

APD=聴覚情報処理障害は、脳の神経機能の問題などが原因とも指摘されていますが、詳しい原因はわかっておらず明確な治療法もありません。日本ではあまり知られておらず、周囲に理解されにくいことから悩みを抱えている人も多いとして、APD当事者会は、今後も定期的に交流会を開いて悩みや対処法などを共有したいとしています。




NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jp

NHK 公式Twitter:@nhk_news
  • 2020.09.26 Saturday
  • 14:45